1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 17:00:00.00 ID:nmjfDlR00

春香「…はぁ」

千早「ダメね」

真「うん」

伊織「…」

春香「黙ってちゃわからないよ?」

伊織「…」

伊織「…したことないわよ」

春香「ホント?オナニーしたことないの?アイドルなのに…」

真「みんなアイドルだからしたことあるのに」

春香(まぁ私はしたことないけど)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 17:41:48.82 ID:AQzkG3zfP

真「伊織、別に僕たち責める気はないんだ」

千早「ま、真……そ、それってオナニーだけに……ぷふっ!」

春香「千早ちゃんは黙ってて。とりあえずどうしてしたことないのか、聞こうよ」

伊織「……だって、そんな変態みたいで……」

春香(変態、かぁ。しちゃったら変な感じになるとか聞くけどまあ変態っぽいか)

真「僕たちはアイドルなんだよ?こんなことで恥ずかしがってたらダメじゃないか」

千早「そうよ、やってみないとわからないこともあるの。や、ヤってみないとね……」プルプル

春香「千早ちゃん肩つつくのやめて。でも、どういうことか知ってるんでしょ?」

伊織「……えぇ」

春香「それなら、どうして」

伊織「そ、それじゃあ逆に聞くけど!春香たちは怖くなかったの?」

春香「え?」

春香(まあ怖いからやってないんだけどさ)

春香「もちろん怖かったけど、一回やったら全然。ね、真?」

真「あ、うん。意外とすんなりイけるよ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 17:46:42.11 ID:AQzkG3zfP

千早「私も最初は不安だったの。でもね、ちゃんと調べれば問題なく終わらせたわ」

春香(あ、あれ?なんか皆結構玄人な感じ?私、ヤバイ?あ、でも伊織がいるし)

春香「で、どうするの伊織?ま、まあ無理にとは言わないけどさ、アイドルの価値は落ちるよね」

伊織「……」

春香(ど、どうして私煽ってるの!でも、伊織はたぶんやらないだろうし大丈夫……)

伊織「……わかったわ。やるわ、やればいいんでしょ」

3人「え?」

伊織「な、何よ」

春香「え、ほ、ホントにやっちゃうの?」

真「よく考えた?伊織、自分のことだから真剣になった方が……」

千早「やってからじゃ、遅いのよ?それでもいいの?」

春香(あれ?何このみんなの反応?さっきのやっぱりハッタリだったの?」

伊織「……そうね、やっぱり怖いわ。そのうちにするから、今はやめておく」

真「えぇ!?いやいやいや!ここまで来てそれはないよ伊織!」

千早「そ、そうよ!あ、大丈夫!やっちゃえばすっきりするから!ね、春香?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 17:51:28.76 ID:AQzkG3zfP

春香「え?あ、うん!そうそう!」

伊織「……わかったわよ。それじゃあ……」

春香「……」ゴクリ

春香(ここで見ておいて、帰ったらすぐやってみよう……)

伊織「……あ、あの春香?」

春香「え!?あ、えっと何?伊織?」

伊織「……さっきあんなこと言ったけど、実はあまりやり方を知らないの……」

春香「え、あ、そ、そっかーそれなら真!」

真「えぇ?ぼ、僕!?」

伊織「ごめんなさい、真。流れだけでいいから教えてもらえないかしら?」

真「あぁ、えっとねぇ、ぼ、僕の方法はちょっと特殊でさ!伊織にはちょっと辛いかも!あ、千早!」

千早「あ、わ、私?」

伊織「千早、お願い。私もアイドルとして、成長したいから」

千早「あ、えっと、そうね……ま、まずは……そう!パンツを下すの!そう!」

春香(真、千早ちゃん……これはどっち……?)




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 18:05:49.40 ID:AQzkG3zfP

伊織「これで……いいのかしら。やっぱり少し恥ずかしいわね……」

春香「……待って」

伊織「え?」

春香「な、なんで!伊織k……」

真「どうしたの春香?」

春香(待って私!毛が、生えてないのは伊織だけじゃないかも……危うい……)

春香「あ、いえ続けて千早ちゃん!」チラッ

千早「え、えぇ……そ、そしたらね……えっと……」

真「……」ゴクリ

春香「……」ツーポトッ

千早「……す、座るの!やりやすいように!」

真「……ふー」

春香「はぁ……ん~……」

伊織「こ、こうかしら」

春香(い、伊織が丸みえだ……うわぁ、あぁなってるんだ……)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 18:10:02.72 ID:AQzkG3zfP

伊織「それで?これで終わりじゃないわよね?」

千早「んっ……くっ……春香……?」チラッ

春香「っ!」フイッ

千早「ま、真……」ジッ

真「あ~体がなまってきたな~ちょっと運動してこようかなー!」

伊織「ねぇ、千早……?」

千早「……」タラー

春香(ごめん、千早ちゃん……教えるのは大変かもだけど、私に振られちゃまずいの……)

千早「……いえ、ここからは私より、春香の方がいいわ」

春香「え?えぇ!?」

千早「前にね、座った後からが本番だ。って春香が言ってたの。絶対そのほうがいいわ」

伊織「そうなの、それじゃあ春香お願いするわ」

春香「……!」キッ

千早「……ふぅ」

春香(くっ、一生恨んでやる……!言ったけど、私確かに言ったような覚えがあるけど!!)



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 18:14:24.02 ID:AQzkG3zfP

春香「んーっとね、あぁんと、これはさ~」

伊織「えぇ」

春香(思い出せ、確か見ようと思ってすぐ止めたあのAVに!思い出せ……そうだ!)

春香「そう!と、とりあえず自分で舐めてみて!」

伊織「な、舐める?」

真「っ!」バッ

千早「……」チラッ

春香「そ、そう!だから体が硬いとできないんだけど、アイドルの私たちなら!だからこそのアイドル!」

伊織「なるほどね、わかったわ……んっ」

春香(……ま、まずい……これが嘘だとばれたらあの二人に……ならこっちから!)

春香「ど、どうかな真?この流れでいいよね?」

真「え?あ、うん!僕はこれ最後にやるんだけどさ!全然いいと思うよ!ねぇ千早?」

千早「あ、そ、そうね!えぇ!いいと思うわ!」

春香(……合ってた、のかな?それともつじつま合わせられた……?でも、もうこれ以上は……)

伊織「んっ……ふぅ、それでこのあとどうするの?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 18:19:25.16 ID:AQzkG3zfP

春香(こ、ここはもう……賭けにでるしか……!)

春香「こ、これで終了だよ!結構、簡単なもんでしょ!?」チラッ

真「……そ、そうだね。最初だしこんなもんだと思うよ!」

千早「え、えぇ!私なんてもっと淡泊なときあるもの!」

伊織「そう……ふふっ、あはは!」

春香「え、えっ?い、伊織……?」

伊織「ごめんなさい、春香。いや正直ね私したことあるんだけど言うの恥ずかしくって」

春香「……」

伊織「それで話を聞いてたらやらされる流れになったけど、まさかこんな方法もあるのね」

春香「……うん」

伊織「ためになったわ。できれば二人のも聞いておきたいんだけど」

真「え?あ、えっと……」

千早「……」

伊織「まあ、言いたくないわよね。私のはその、いわゆるオーソドックスなやつだから」

春香「……」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 18:21:41.47 ID:AQzkG3zfP

伊織「あ、それじゃあ私レッスンがあるから。ありがとね、三人とも」

ガチャン

春香「……」

千早「……」

真「……ねぇ春香、僕」

春香「言わなくていいわよ真」

真「あ……うん」

千早「……今日はもう帰りましょうか」

春香「……そだね。じゃまた」




そんな3人がおなぬーの虜になってしまうのはまた別のお話

終わり


元スレ
春香「伊織には失望したよ」