SS速報VIP:【ミリマス】P「このあと滅茶苦茶…」



1: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 01:31:04.16 ID:B85S6ncSO

[豊川風花の場合]

風花「今日は何のレッスンなんですか?」

P「今日はセクシーポーズの練習だけど?」

風花「ええ~っ!またセクシーポーズなんですかぁ…?」

P「そうだな。まあ、頑張ってくれ」

風花「ううっ…もう嫌です!決めました!今後はセクシーは禁止します!」

P「どうしても?」

風花「どうしてもです!!」

P「……絶対に嫌か?」

風花「絶対に嫌です!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430325064




2: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 01:33:03.39 ID:B85S6ncSO


P「…分かった。俺も風花のためにと思ってやってきたが、嫌々やらせるわけにはいかないな…」

風花「わ、分かっていただければいいです」

P「それじゃあ、今後の仕事を見直してみるよ。はぁ…」シュン

風花「う…。そ、そんな悲しそうな顔するの止めてください…」

P「残念だなぁ…。俺も風花のセクシーな姿を見たかったな…」

風花「え…?」

P「……」

風花「……」




3: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 01:37:24.56 ID:B85S6ncSO


風花「あ、ええと…。その、少しならセクシーなレッスンをやってもいいかなーって…」

P「……!」

風花「あ、あの!自分勝手かもしれませんが…」

P「…」

P「つ ま り、セクシー大歓迎ってことで良いんだな?」

風花「はい?」




4: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 01:40:41.94 ID:B85S6ncSO


P「なるほど、要するに風花は俺とセクシーなレッスンをすることが喜びだったと」

風花「えっ!?い、いや、そんなこと言って…」

P「それで俺がレッスンを急に止めるとか言い出すから体を持て余してしまったと」

風花「そ、そんなつもりじゃないです~っ!!」

P「それならしょうがないな」フニッ

風花「きゃあっ!?ってどこを触ってるんですか!!」

P「セクシーポーズの練習のためだから仕方ないだろ」フニフニ

風花「あっ…だ、ダメですぅ…」ビクッ

P「よいではないか、よいではないか」フニフニ

P「…っと、レッスンするなら仮眠室に行かないとな!!」

風花「な、なんで仮眠室なんですかぁ~…」



このあと滅茶苦茶レッスンした。




8: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 02:05:33.58 ID:B85S6ncSO


[百瀬莉緒の場合]

莉緒「ねえ、プロデューサーくん」

P「お、莉緒じゃないか。どうした?」

P「…って何だその格好は!?」

莉緒「前のイベントで来たパジャマだけど?」

P「いや、それは分かってるんだが…」

莉緒「たまたま衣装ケースに入ってるのを見つけたの」

莉緒「懐かしかったからつい着てみたんだけど、どう?」

P「どうって言われても…」

莉緒「ドキドキしたでしょ?正直に言ってくれたら、今日はこれ着て一緒に寝てあげるわよ?」

P「!!」




9: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 02:14:10.71 ID:B85S6ncSO


莉緒「あの、プロデューサーくん?」

P「スゲードキッとした。今夜はおかげで眠れそうにない」

莉緒「へ?」

P「さーて正直に言ったし、今日は一人じゃ寝れそうにもないから一緒に寝てもらおうかな」ガシッ

莉緒「えっ?えっ!?」

P「いやー、ちょうど仮眠室に布団が敷いてあるんだよなー。偶然って怖いなー」

莉緒「ちょ、ちょっとプロデューサーくん!ま、待って!!これは冗談で…」

P「ん?『プロデューサーくん、待てないわ。これは冗談じゃないの』だって?」サワサワ

莉緒「ちっ…違うわよぉ…」

P「莉緒のおかげで今夜はぐっすり眠れるな」サワサワ

莉緒「んっ…何言ってるのよ…」ビクン



このあと滅茶苦茶仮眠した。




14: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 15:45:27.52 ID:EHMwLCUvO


[馬場このみの場合]

このみ「あ~っ!もう失礼しちゃうわ!!」ヒック

P「はい?」

このみ「さっきの居酒屋の店員です!!」

P「ああ、あの人ですか…」

このみ「なにが『すいません、18歳未満の方はお断りなんで…』よ!!」

このみ「私はれっきとしたオトナなんですからね!!」

P「はあ、そうですね」

このみ「ちょっと、プロデューサー!ちゃんと私の話聞いてるの!?」

P「聞いてます聞いてます」

このみ「ホントかしら…。さあ、次のお店に行きますよ!」




15: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 15:50:10.92 ID:EHMwLCUvO


P「まだ飲むつもりですか…。それにもう帰らないと警察に『補導』されちゃいますよ」

このみ「むっ…」

P「レディが補導なんて恥ずかしいだろうなー、かわいそうだなー」

このみ「…わ、私は立派なレディですから、そんなことにならないよう帰ります!」

P「そりゃ良かったです。…でも終電終わっちゃいましたけど」

このみ「あ、あれ?そうなの?」

P「はい。どうしましょうか?タクシー呼びます?」

このみ「タクシーで帰るにしても…ちょっと遠いかしら…」

このみ「…あ!あそこにホテルがあるから、そこに泊まりましょう!」

P「ホテル…。ん?あれって…」

このみ「ちょっとプロデューサー、早く行きますよ!」




16: ◆Q.sfy1jmzs 2015/04/30(木) 15:57:46.72 ID:EHMwLCUvO



このみ「……この部屋、明らかにいかがわしい感じね…。もしかしてホテル違い?」

P「オーディションバトルで有名なホテルですねっと…」ガシッ

このみ「きゃっ…!?」ドサッ

このみ「な、なんでベッドに押し倒すのかしら…!?」

P「えっ?オーディションバトルしないんですか?」

このみ「ちょっ、ちょっとお姉さんそういうつもりじゃなかったんだけどな~…」

P「まあ、来た以上バトルは免れませんし」

P「さて、俺の発動スキルはAP極大UPってところですね。じゃ、いきますよー」

このみ「あっ、ちょっと…やっ…」ピクッ


このあと滅茶苦茶オデバした





26: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/03(日) 02:38:09.62 ID:iWVg+hQbO


[二階堂千鶴の場合]

P「はぁ…。随分と遅くなってしまった…。打ち合わせが長すぎるんだよなぁ…」

P「ただいま戻りましたー」ガチャ

千鶴「あらプロデューサー、お帰りなさいませ」

P「あれ?千鶴さんじゃないですか。どうしてこんな時間まで?」

千鶴「わたくしは撮影が長引いてしまって…」

P「そうだったんですか…。お疲れ様でした」

千鶴「もう少し計画的にやっていただきたいものですわね…」

P「ホントですよね。俺なんてこれから事務仕事もあるっていうのに…これじゃ夕飯も食べれないですよ」





27: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/03(日) 02:42:18.42 ID:iWVg+hQbO


千鶴「それは大変ですわ…って、ええ!?まだ仕事するつもりですの!?」

P「仕方ありませんよ。終わらせないと先に進まないんですから」

P「まあ、徹夜で仕事はさすがにしませんけど」

千鶴「なら良いのですけど…」

千鶴「……!そういえば貴方、夕飯はまだですわよね?」

P「はい?…ええ、そうですけど」

千鶴「でしたら、わたくしが特別に夕飯を作って差し上げますわ!!」

P「千鶴さんが、ですか?」

千鶴「ええ。事務所じゃあまり大したものは作れませんけども。…まさか、イヤとは言いませんわよね?」

P「あ、いえ…そんなことないです。助かります」

千鶴「それではしばらく待っててくださいませ」




28: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/03(日) 02:48:57.43 ID:iWVg+hQbO




千鶴「みんな輪になって~♪」トントン

P「……」ジーッ

P(しかしあれだな~)

P(千鶴さんのエプロン姿って若奥さまって感じだな)

P(しかも手料理作ってくれてるって、まさに新婚みたいでなんか良いな)

千鶴「いざ近づくドキドキ~♪ひざちょっとガクガク~♪」

P(それにエプロン越しでもわかるスタイルの良さ)

P(やっぱ良いよな~…。深夜のテンションじゃないけどドキドキしてきた)

P(あー……我慢できないや)




29: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/03(日) 02:53:20.42 ID:iWVg+hQbO




P「千鶴さん」

千鶴「Welcome!!君に~……ってあら?まだ夕飯は出来ていませんわよ、プロデューサー」

P「そうなんですけど、ちょっと我慢できなくて少しつまみ食いをさせてもらえればと思って」

千鶴「もう…、あと少しで出来ますからもうしばらく我慢してくださ」ギュッ

千鶴「ひゃあ!?あっ、な、なんで抱き着いてくるんですか!?」

P「言ったじゃないですか、つまみ食いをさせてほしいって」ムニュムニュ

千鶴「きゃっ…!どこをさわって…」ピクッ

P「それに千鶴さんも『Welcome!!』って歌ってましたし、問題ないですよね?」ムニュムニュ

千鶴「そ、そういう意味じゃありませんわ…!」

P「それじゃいただきまーす」

千鶴「あっ…」ビクン


このあと滅茶苦茶つまみ食いした



37: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/10(日) 01:52:01.14 ID:DohC9n6VO


[北上麗花の場合]

麗花「プロデューサーさ~ん!」

P「はいはい、なんでしょうかね」

麗花「昨日のテレビでやってた動物の番組なんですけど、観ましたか?」

P「動物の番組…?ああ、確かにやってたな。あんまり観てなかったんで内容覚えてないけど」

麗花「すごく面白かったですよね!」

P「いや、だから観てないって…」

麗花「特集でやってた仔馬さん、ちっちゃくてかわいかったな~♪」

P「はあ…」

麗花「それにあの仔馬さんを観てると、なんだか馬に乗りたくなってきました!」

P「乗りたくなったって…。乗馬したことあるの?結構難しいと聞いたけど」

麗花「いいえ!乗馬したことないですけど!」

P「ええ~…」





38: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/10(日) 01:54:50.89 ID:DohC9n6VO


麗花「あっ!…でも、う~ん…」

P「どうした?」

麗花「えーっと、テレビに出てた仔馬さんなんですけど、なんだかプロデューサーさんにそっくりな気がして…」

P「なんじゃそりゃ。馬に似ているって言われたの今日が初めてだぞ」

麗花「…でも、やっぱりそっくりな気がします。なんだかプロデューサーさんがかわいく見えてきちゃいました!ですから…」

P「ですから?」

麗花「ぎゅってしちゃいます!!」ギュッ

P「おおうっ!?」

麗花「えへへ♪苦しくないですか?」ギュー

P(それよりも当たってます…主に柔らかいものが)ムニュ

麗花「プロデューサーさん?」

P「あ、いや…その柔ら…じゃなくて苦しくないよ」




39: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/10(日) 02:01:19.97 ID:DohC9n6VO


P(…しかし、こうしていると麗花も大きいってことがよく分かるな。84は伊達じゃない…。おかげでムラムラしてきた…)

麗花「あ!せっかくなんで、私の元気を分けてあげますね♪」ムニュン

P(他の場所が元気になりそうです!)

麗花「どうですか?」

P(オマケに上目使い…。駄目だ、これは我慢できないですわ)

P「…ありがとう麗花。おかげで元気になれたよ」

P(こっちも当たっちゃうけどしかたないね)

麗花「それなら良かっ…?」

麗花「プ、プロデューサーさん…。あの…」

P「急にどうしたんだ麗花?」




40: ◆Q.sfy1jmzs 2015/05/10(日) 02:05:55.30 ID:DohC9n6VO


麗花「プ、プロデューサーさんのが、ええと…」

P「だって麗花が元気にしてくれたんだろ?」

麗花「そ、そうなんですけど」

P(…そういえば、さっき乗馬がしたいとか言ってたよな)

P(……これを使わない手はないな)

P「せっかく元気にしてもらったんだから、お礼に何かしてあげないとな。さっき麗花は乗馬がしたいって言ってなかったけ?」

麗花「は、はい」

P「だったらそこの仮眠室に行くか。気のすむまで乗馬させてあげるよ」

麗花「そ、それって…」

P「楽しませてあげるよ。さあ、おいで」ギュッ

麗花「あっ…。は、はい…」ピクッ


このあと滅茶苦茶乗馬した



元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】P「このあと滅茶苦茶…」