SS速報VIP:やよい「私がハイタッチする理由」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:10:16.48 ID:WAX6ZjE60


私は、気遣いが出来る子だとよく言われる。

人のことをよく見ているんだね、偉いねと。



私は、実を言うとそんなに相手の顔を見ていない。


なぜ気づくかというと、ハイタッチかなーって。






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442826616




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:15:32.91 ID:WAX6ZjE60


数日前のある日―――。



やよい「おはようございます、ぷろでゅーさー!」

P「ああ、おはよう、今日は、春香と一緒の仕事だ。朝からだから春香が来るしだい現場に行くぞ。準備はしといてくれ」

やよい「分かりましたー!朝のハイタッチです!」

P「ああ」

やよい「いえい!」パチン



ぷろでゅーさーの手は、あったかくて大きい。

徹夜の時は、少し温度が低くなってる。昨日は、帰ったみたい。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:22:04.56 ID:WAX6ZjE60


やよい「今日も調子最高です!ぷろでゅーさーもですか?」

P「そうだな、俺も昨日は徹夜せずにすんだからな、調子はいいよ」

やよい「良かったです!この前みたいに、かろりーめいとばっかり食べてちゃだめですよ」

P「大丈夫だよ、もう夜はきちんと食べるようにしたから」

やよい「また作りますよ?」

P「そこまでしてもらわなくていいよ、やよいも大変なんだから」

やよい(ちょっと残念です)



―――――――ガチャ


春香「おはようございます」





5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:26:32.95 ID:WAX6ZjE60


P「おう、来たか春香。現場に行く準備しといてくれ」

春香「はい」


やよい「春香さん、おはようございます!」

春香「おはよう、やよい」

やよい「朝のハイタッチですー」パチン!





春香さんの手は柔らかくて、いつもちょうどいい温度・・・



やよい(今日の春香さんの手、少し熱い?)




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:34:04.55 ID:WAX6ZjE60


やよい「春香さん!」

春香「何?やよい」

やよい「ちょっとおでこ貸してください」凸ピターン

春香「え?え?」

やよい「春香さん少し熱いです、小鳥さん体温計ありますかー?」

小鳥「熱でもあるの?」

春香「やよいいいよ。熱なんてないから」

やよい「ダメです!体が悪くなって倒れたら春香さん大変ですから!!」








温度計「37.6度だな」ピヨーピヨー!

やよい「微熱ありました」

春香「」のワの





7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:45:53.72 ID:WAX6ZjE60



小鳥「あらー、少し熱があるわね。仕事はちょっとPと相談してきなさい」

春香「はーい」




この日は、私たちもアイドルなので休むというわけにはいかず、春香さんの仕事を極力軽くするようぷろでゅーさーが調整してくれた。

代わりに、私が頑張り仕事は終えることが出来た。





P「春香、明日はレッスンだがこなくていいぞ、体をちゃんと休めておけ」

春香「はい、すみません」

P「謝ることはない。けど、無茶はしなくてはいけないこともあるが、無理はよくないからな」

小鳥「やよいちゃんのおかげね」

P「俺も気づかずに仕事に送り出すところだったよ、よく気づいたな。やよい」

小鳥「気遣いが出来るやよいちゃんだからね」

やよい「そんなことないです。たまたまです」





たまたまハイタッチをしたおかげ。


私が、相手を感じることが出来るハイタッチのおかげ。





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 18:48:31.16 ID:WAX6ZjE60


終わりです。

簡潔に、短く終わらせました。読んで下さった方々、ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:やよい「私がハイタッチする理由」