1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:34:25.43 ID:HUizXsrdi

P「なんとも不思議な体験だった」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:37:15.18 ID:HUizXsrdi

P「おーい、雪歩」

雪歩「はい?」


こねこね


雪歩「ふみゅ……んぅ」

雪歩「ふ…ふぁい?」

P「ほっぺ柔らかいなぁ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:43:24.83 ID:HUizXsrdi

……



P「…はっ!」

雪歩「ふぁい?」

P「もうこんな時間だ…」

雪歩「ほうへふか…」

P「雪歩のほっぺは魔法のほっぺだ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:45:55.36 ID:HUizXsrdi

P「なんて事があったんだ」

律子「ふうん」

P「あ、信じてないだろ!」

律子「ほっぺをこねこねしてたら日が暮れたなんて…そんな」

P「律子もやってみればいい」

律子「はあ…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:49:19.27 ID:HUizXsrdi

律子「ちょっと失礼するわね」

雪歩「はい?」


こねこね


雪歩「ふゅ……ん?」

律子「……」


こねこね


律子(あ、これ止まらない)

雪歩「ふぇ…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:55:26.54 ID:HUizXsrdi

……



律子「あ、もうこんな時間」

雪歩「うう…ほっぺが…」

律子「ごめんなさい…つい夢中に」

雪歩「いえ、平気ですぅ」



P「な?」

律子「あれは良いものですね」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:58:11.65 ID:HUizXsrdi

雪歩「ほっぺが伸びちゃう…」

P「それは良くないな」

P「じゃあ…」


こねこね


雪歩「ひんっ!?」

P「お腹をこねこねする」

雪歩「ひっ…ぁ…!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:02:34.56 ID:HUizXsrdi

……



雪歩「はふ……ん」

P「いけね、やり過ぎたかな」

雪歩「も、もうお嫁に行けません…」

P「お腹は弱かったのか」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:06:24.35 ID:HUizXsrdi

雪歩「くすぐったいから…お腹は駄目ですぅ!」

P「うーん、じゃあ」


こねこね


雪歩「ひゃう!?」

P「ふくらはぎを」

雪歩「ひっ……んん!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:15:30.56 ID:HUizXsrdi

……



P「ふう、いい仕事をした」

雪歩「せ、セクハラですぅ!」

雪歩「えっちなのは良くないと思います!」

P「セクハラではない! こねこねだ!」

雪歩「こねこね…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:22:25.38 ID:HUizXsrdi

P「その証拠に…立ってみて」

雪歩「は、はい…」





雪歩「…!!」


雪歩「足の疲れが…」

P「ふふふ…こねこねの力だ」

雪歩「凄いです!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:27:35.72 ID:HUizXsrdi

P「疲労回復、こりの解消、豊胸など様々な効果があるのだ」

雪歩「豊胸…」



雪歩「あ、あの…!」

P「うん?」

雪歩「私の胸を…こねこねして下さいぃ!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:33:04.81 ID:HUizXsrdi

P「いいのか?」

雪歩「は、はい…」

P「よし…では」


こねこね


雪歩「ひ…ん…っ!」

P(今更嘘だなんて言えない…)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 11:42:53.87 ID:HUizXsrdi

……



雪歩「ぁ…ん……」

P「なんだかんだで堪能できた」

雪歩「これで私も大きく…」

P「ああ、なるさ」


?「あの…私もこねこねして下さい」

P「え?」


おわり


元スレ
P「雪歩をこねこねしてたら日が暮れた」