4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:10:57.152 ID:zHvH+dQJ0.net

顔真っ赤にしてテンパってる姉ヶ崎さん



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:14:35.263 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(初めて見たから大きいか小さいかわかんないけど…、これ入れるの!?無理じゃない!?)



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:20:39.133 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「せっかくだからこのまま抜いてあげようか★」サスサス

P「城ヶ崎さん!やめてください!」

ムクムク

美嘉(えええ!さらに大きく!)



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:30:30.195 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「まあまあいいじゃん★」

P「痛!」

美嘉「あ、ご、ゴメンゴメン」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:32:57.274 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(こういうときは確か…唾液で濡らせばいいんだよね…)

美嘉「ん…」クチュクチュ

美嘉(う、口でもギリギリなんだけど…)

美嘉「…よし★、これでいいかな?」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:37:36.063 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(今度は痛くないように優しく…)ヌルヌル

P「じょ、城ヶ崎さんこんなことはいけません…うっ」

美嘉「ん?ここが気持ちいいのかな★」サワサワ

美嘉「んー、結構いかないね。よ、よーし、じゃあ次ぎは胸で…」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:42:32.215 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「ど、どうかな私の胸、結構自信あるんだけど、乳首、小さくて綺麗でしょ?」

P「城ヶ崎さん、どうしてこんなことを…」

美嘉(どうしてって…決まってるじゃん)

美嘉「んー?、まあ気まぐれかな。もちろんあんたの事嫌いじゃないからだよ★」

美嘉「ほらほら、楽しんじゃった方が得だよ?」スリスリ

美嘉「ん…、乳首が…私もちょっと気持ちいい」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:47:59.400 ID:zHvH+dQJ0.net

P「う…、くっ…」

美嘉(苦しそう…、パンパンに張ってるし、私が下手なのかな…)

美嘉「うーん、我慢しなくていいんだよ?えいっ」チュッチュ

P「ああっ!城ヶ崎さん離れて…!」ビュルッビュルビュル

美嘉「きゃ!」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:52:38.165 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(う…すごい量…、これは…気持ちよかったんだよね?)

美嘉(匂いもすごい…)

P「う…、す、すいません。」

美嘉「アハハ、いいって気持ちよかったんでしょ?」

美嘉「まだ硬いままだね」サスサス

P「うあ!」

美嘉「」ビク

P「城ヶ崎さん…!そ、それは駄目です…出たばかりなので…」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 22:58:34.717 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「ふ、ふーん」チョンチョン

美嘉(でもここまで来たら最後までしたい…)

P「う…」

美嘉(や、やさしく、やさしく)

美嘉「そうは言いつつ悪くなさそうじゃん★」サスサス

P「ううっ」

美嘉「上脱がしてあげる、…って手を縛ってあるから無理か、じゃあ前をはだけさせて★」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:03:19.282 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(プロデューサーの胸板、肉はついてないけど…分厚い)

美嘉「へー、結構痩せてるじゃん。ちゃんと食べてる?」

P「城ヶ崎さん、こんなことやめましょう。今なら未だ…」

美嘉「何言ってるの。もうここまで来たら私もおさまりが付かないよ★」

美嘉「ふふ、プロデューサーの乳首かわいいじゃん」サワサワ



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:08:41.426 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(あ、乳首立ってきた…)コリコリ

美嘉「ねぇ…キスしようか」

P「城ヶ崎さん…!」

美嘉「ん…」チュ

美嘉「あ…、精液ついちゃった。ご、ごめん、あたしったら…」

P「い、いえ、それば別に…」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:13:22.428 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉(よし…そろそろ下もいいかな?)サスサス

P「う…」

美嘉(このまま乳首を…)

美嘉「ん…」ペロペロ

P「はぁ…、はぁ…」

美嘉(プロデューサー切なさそう、もっと、もっとしてあげたい)



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:20:45.566 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「ん…、ねぇ、プロデューサー、気持ちいい?」

P「…」

美嘉「答えてくれないとやめないよ?」ペロペロ

P「うっ、…はい」

美嘉「えへへ、だったらう嬉しいかな★」

美嘉「よし、じゃあ最後に」ヌギヌギ

P「城ヶ崎さんそれだけは駄目です。もっと自分を大切に…!」

美嘉「んーもうここまで来たら引けないよね。プロデューサーも覚悟を決めて…わかってるんでしょ?私の気持ち…」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:22:29.907 ID:zHvH+dQJ0.net

安価>>32

1.最後まで純愛
2.夢落ち、やっぱり処ヶ崎
3.正妻戦争



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:22:58.497 ID:jAQHPhvU0.net

3しかない



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:28:52.985 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「プロデューサー、じゃ、じゃいくよ」

P「城ヶ崎さん…」




凛「オラァ!」ドカァ

美嘉、P「!?」

凛「プロデューサー無事!?美嘉…!あんたよくも…!」

美嘉「よくもって!凛がプロデューサーに一服盛ったんじゃない!」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:34:51.004 ID:zHvH+dQJ0.net

まゆ「これは許せませんねぇ…」

美嘉「しかも凛とまゆでお互いに薬を盛りあって、どっちも寝ちゃってたし…」

凛「っていうかそうだとしてもこの状況は何!?」

美嘉「い、いやそれは…」

まゆ「美嘉ちゃん下の毛生えてないんですね…、そして、ぷ、プロデューサーさんの…」

美嘉「」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:40:47.206 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「ちょ、ちょっと!わかった、わかったから2人ともいったん外に出て!」

凛「プロデューサー、今助けるから」ワキワキ

美嘉「ちょっと凛!それはあたしの!」

凛「は?」

まゆ「…」

美嘉「わかった…わかったから…服着させて…」



莉嘉「お姉ちゃーん、ここにいるのー?」

美嘉「ギャー!莉嘉!ちょっと待って、凛!まゆ!とりあえずプロデューサーに服着せよう!」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:44:12.181 ID:zHvH+dQJ0.net

莉嘉「えー?なんで?なんか変なにおいするよ?」

美嘉「まゆ!凛!お願い!」

まゆ「仕方ないですねぇ」

凛「まあ、しょうがないか…」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:52:48.309 ID:zHvH+dQJ0.net

ーーーーーーーーーーーーーーー

ちひろ「いいですか?プロデューサーさんが許してくれたからよかったものの、今回のこれは立派な犯罪ですよ?」

三人「はい…」

ちひろ「まったく、薬で相手を眠らせてあわよくばなんて、とんでもないです。」

まゆ「でも薬を用意してくれたのは…」

凛「しっ」

美嘉「えぇ…」

美嘉(ああっ!っていうかプロデューサー引いてるよね…どんな顔して会えば…)

美嘉(でも、最後は受け入れてくれそうだったし…)

ちひろ「美嘉ちゃん?聞いてますか?」

美嘉「あっ、はい。すいません。」



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/27(日) 23:59:26.884 ID:zHvH+dQJ0.net

美嘉「あれ?そういえばプロデューサーは…?」

ちひろ「プロデューサーさんは、隣 の 部 屋 で 寝 て い ま す。」

凛「え?」

ちひろ「疲れていたのでしょうか、ぐっすりです。」

美嘉「ちょ、ちょっと」

ちひろ「ちなみに隣の部屋は防音です。」

まゆ「…」

ちひろ「さてここに、隣の部屋の鍵が…」

三人「……」

「…」



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/28(月) 00:00:44.367 ID:OP37smBu0.net

終わりです。だが戦いは続く


エロSS書いたのは初めてだ。


元スレ
美嘉「プロデューサーのち○ちん、ちっさwキャハ」P「や、やめてください……」