SS速報VIP:亜里沙「私のお姉ちゃんは絢瀬絵里」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562331142/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 21:52:22.63 ID:1oa1Gp870

真姫「へ~それにしても。二人共よく頑張ったわね。おめでとう」

雪穂「えへへ。ありがとうございます」

亜里沙「早く制服着たいなぁ。着たいなぁ」

花陽「きっと二人に似合うと思うよ」

凛「うん。それにしても凛達も来年から先輩か~」

花陽「そうだね。大丈夫かなぁ…私」

凛「かよちんは大丈夫だよ。ね?」

真姫「そうね。凛よりは」

凛「え~言ったなぁ」

真姫「冗談よ。まあ、何か困った事があったら何でも相談してちょうだい」

雪穂「はい!」

凛「真姫ちゃんもうその気だにゃ」

真姫「べ、別に…いいでしょ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562331142




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:02:02.39 ID:1oa1Gp870

雪穂「頼りにしてます、先輩」

凛「任せるにゃ~。って言っても二人共家に帰れば頼れるお姉ちゃんがいるんだもんね」

花陽「そうだね」

雪穂「ま~うちのお姉ちゃんは絵里さんみたいに頼れるかどうかは分かりませんけど。主に勉強面で」

亜里沙「え~そんな事ないよぉ。穂乃果さんがお姉ちゃんだったら凄く頼りになりそう。それに凄く賑やかそう」

雪穂「確かに賑やかだけど。うちのお姉ちゃん物凄くそそっかしいしおっちょこちょいだよ?」

亜里沙「え~うちのお姉ちゃんだって実はおっちょこちょいな所あるんだよ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:09:10.34 ID:1oa1Gp870

雪穂「え~絵里さんが?嘘だぁ」

亜里沙「本当だよ。本当におっちょこちょいな所あるんだよ」

雪穂「でも、うちのお姉ちゃん程じゃないよ」

亜里沙「そうかなぁ。そんな事ないと思うけどなぁ」

真姫「なんか…張り合い出したんだけど…」

凛「やっぱり穂乃果ちゃんに軍配があがるよね」

花陽「り、凛ちゃん…それは…」








4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:14:10.74 ID:1oa1Gp870

亜里沙「うちのお姉ちゃんはチョコレートのおもちゃを間違えて食べた事あるんだよ」

真姫「それ、希も前に言ってたわよね」

凛「同じ話かな?それとも二回同じ事をしたのかな?」

花陽「凛ちゃん…」

雪穂「甘いよ亜里沙。そんな話し聞いたって絵里さんにもそんなお茶目な所あるんだなってくらいにしか思わないよ」

亜里沙「えっ!?」

雪穂「うちのお姉ちゃんなんか昔さ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:19:51.73 ID:1oa1Gp870

テレビ『伝説の松茸はコマーシャルの後!』

穂乃果『ねえ!お母さん!伝説の松茸だって!私食べたい!松茸食べたよ~』

穂乃果母『あんたね、松茸って凄く高いのよ』

穂乃果『え~でも食べたいよぉ。松茸食べたい!高いなら尚更食べたい!』

雪穂『お姉ちゃん。諦めなよ』

数日後

穂乃果母『ほら、松茸よ』

穂乃果『わ~やった~。頂きま~す。ん~松茸美味しい!こんな美味しいキノコ初めて食べたよぉぉぉ!』

雪穂『お母さん…これ…松茸じゃなくてしいたけだよね…』

穂乃果母『そうよ』

雪穂『味も匂いも形も違うのに』

穂乃果『松茸美味しい~』





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:25:21.57 ID:1oa1Gp870

雪穂「なんて事があったんだよね。多分、未だにあの日のしいたけを松茸だと思い込んでるよ」

真姫「流石穂乃果ね」

凛「でも、凛も目隠しして食べさせられたら分からないかも」

雪穂「お姉ちゃんはちゃんと見て食べてました。しいたけを」

亜里沙「で、でも…うちのお姉ちゃんだって…」

雪穂「亜里沙。無理しなくていいんだよ」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:36:08.27 ID:1oa1Gp870

亜里沙「うちのお姉ちゃんはあんなに大人っぽいのに怖いテレビを見た後一人で眠れないんだよ」

雪穂「えっ!?」

亜里沙「ハラショーでしょ?私も怖いからwin-winな関係を保ててるから良いけど」

雪穂「確かに意外だけど…ギャップがいい方向に働いてるよ!」

凛「絵里ちゃんは確かに怖がりだもんね」

花陽「わ、私も怖いのは苦手だから人の事は言えないなぁ」

真姫「怖いのになんで怖いテレビを見るのかしら」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:41:36.65 ID:1oa1Gp870

雪穂「それにさ、絵里さんは一人で眠れなくても誰にも迷惑を掛けてないでしょ?むしろ、亜里沙からしても有り難いんだから」

亜里沙「そうだけど…」

雪穂「でもね、うちのお姉ちゃんは高校生にもなって一人で起きれないからね。この前、うちのお姉ちゃん目を腫らして学校に行きませんでした?」

真姫「いや…どうだったかしら?」

凛「覚えてないにゃ。クラス違うし」

花陽「って言うか学年が違うよね」

雪穂「実はこの間…」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 22:46:09.82 ID:1oa1Gp870

穂乃果『うわぁぁぁん。お母さんのバカァ。なんで起こしてくれなかったのぉ』

穂乃果母『何度も起こしたわよ』

穂乃果『も~完全に遅刻だよぉぉ。海未ちゃんからも着信が何回も入ってるよぉぉぉ。怒られちゃうよぉぉ』

雪穂『自業自得だよ、お姉ちゃん』

穂乃果『グスッ…雪穂も遅刻でしょ?』

雪穂『残念。私は開校記念日でお休みなの』

穂乃果『うぅ…そんなぁぁ。グスッ…いってぎまず…』



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/05(金) 23:00:18.76 ID:1oa1Gp870

雪穂「泣きながら学校に行ったんです」

真姫「へ、へ~。全然意外じゃないけど…絵里のエピソードを穂乃果が軽く凌駕しちゃうから…絵里のエピソードが弱く感じちゃうわ」

亜里沙「ん、ん~うちのお姉ちゃんだって…もっと…もっとエピソードありますよ!穂乃果さんに負けないくらい凄いエピソードがあるはずです」

花陽「そ、そうなんだ。絵里ちゃんからしたらたまったもんじゃないよね」

真姫「何を持って勝ってると言うのか分からないけど」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:15:32.68 ID:Hm1qqtXb0

亜里沙「それに…私のお姉ちゃんは勉強出来るけど意外と勘違いが多いよ!こないだもテレビでチーターを見て自信満々にパンサーって言ってたもん」

凛「パンサーってなんだっけ?」

真姫「ヒョウでしょ。まあ、間違えても仕方ないわよ。私だってヒョウとチーターを並べれて見分ける自身ないもの」

花陽「勘違いって言うか…多分、キューティーパンサーに引っ張られてるよね」

雪穂「いやいや、そう言う勘違いならうちのお姉ちゃんの方が凄いって。昔、家族で旅行に行った時にさ」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:21:21.74 ID:Hm1qqtXb0

穂乃果『わ~握手して下さい!』

雪穂『ねえ…お姉ちゃん何してるのかな?知らないおじさんと握手してるけど』

穂乃果母『え?大丈夫かしら』

穂乃果『ありがとうございました!』

雪穂『ねえ…お姉ちゃん何してたの?』

穂乃果『あの人、プロ野球選手の人だよ!』

雪穂『えっ!?違くない?ねえ?』

穂乃果父『……』

雪穂『ほら!違うって!』

穂乃果『じゃあ…あの人誰?』

雪穂『ただの一般の人だよ!』

穂乃果『ええっ!?』




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:28:43.62 ID:Hm1qqtXb0

雪穂「なんて事もあったよ」

真姫「え?ただのおじさんだったって事?」

雪穂「いえ。正確にはローカルタレントの方だったんで有名人には変わりなかったんですけど」

凛「だから握手してくれたんだね」

花陽「それも凄いミラクルな様な…さすが穂乃果ちゃん…」

雪穂「亜里沙、うちのお姉ちゃんはそんな感じなんだよ。確かに賑やかかもしれないけど結構大変だから。やっぱり、絵里さんみたいにカッコよくはないしさ」

亜里沙「そんな事ないよ。穂乃果さんもカッコいいよ!」

雪穂「絵里さんに比べたら全然だってば」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:32:34.22 ID:Hm1qqtXb0

亜里沙「うちのお姉ちゃんアレだよ?ああ見えて結構物を知らないんだよ。こないだも凄い物を教えてくれるってゲームセンターに連れてって貰ったんだけどプリクラだった」

凛「そう言えば絵里ちゃんプリクラ知らないって言ってたもんね」

花陽「ハンバーガーも食べた事なかったみたいだしね」

真姫「海外の生活が長かったからでしょ」

亜里沙「どう雪穂?」

雪穂「ふふん。甘いなぁ。うちのお姉ちゃんなんか何にも知らないから。こないだもさ」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:39:47.75 ID:Hm1qqtXb0

雪穂『お姉ちゃん。ちょっと教えて欲しい事があるんだけど』

穂乃果『ん~何?』

雪穂『あのね、今数学の宿題をやってたんたけど。この数式なんだけど…ここでこれを移行するでしょ?それはいいんだけど。こっちのさ…』

穂乃果『あ~………なんだろうね』

雪穂『まだ話してる途中だけど』

穂乃果『あのね、私は雪穂が何を言ってるのかがもう分からないからさ。移行とか言われてもね』

雪穂『中学の数学だよ』

穂乃果『学んで来なかったからね』

雪穂『義務教育のはずなんだけど』

穂乃果『そんな事言われても。取りあえず海未ちゃんに連絡してあげるよ』





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/06(土) 23:44:12.01 ID:Hm1qqtXb0

雪穂「よく高校入学出来ましたよね」

凛「確かに。真姫ちゃんと穂乃果ちゃんが同じ高校にいるってよくよく考えると不思議だよね」

真姫「うちは公立じゃないから…って言うか凛もだけど」

花陽「凛ちゃんは…受験勉強頑張ったもんね?」

凛「その節はお世話になりました」

真姫「苦労したのね。花陽も」

花陽「あはは…」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 00:20:52.67 ID:2V+MxnBo0

亜里沙「えっと…えっと…うちのお姉ちゃんはハラショーって言っておけば良いと思ってるフシがあるよ」

凛「確かに…それは否定出来ないにゃ…絵里ちゃんと言えばハラショーにゃ」

花陽「そ、それはどうかな…」

真姫「って言うかハラショーの使い所って本当にあってるのって時あるわよね」

雪穂「うちのお姉ちゃんは何を食べても美味いしか言わないよ。基本的に何を食べても美味いだからお母さんも張り合いがないって言ってるもん。あっ、でも餡子は飽きたって言うか…」

真姫「和菓子屋の娘が餡子飽きたって言うのも…いや、和菓子屋の娘だからか」

凛「かよちんも何を食べても美味しいって言うよね」

花陽「う、うん。だって本当に美味しいし」





18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 00:36:50.89 ID:0l+C6mRZO

亜里沙「じゃあ!うちのお姉ちゃんの日記見た事ある?」

雪穂「いや…あるはずないけど」

凛「そりゃそうだよね。亜里沙ちゃんってもしかして結構天然かにゃ?」

真姫「そうね。だいぶ天然じゃない。って言うか姉妹でも日記を見るのは…」

亜里沙「うちのお姉ちゃんの日記がたまたま開きっぱなしになってて。エリチカお家に帰るって書いてあったんだよ!いつも大人っぽいお姉ちゃんなのに」

雪穂「いや…どう言う事?説明が下手過ぎるよ」

真姫「多分だけど。それ、絵里の日記じゃなくてμ'sの活動日誌よね」

凛「そう言えば書いてあったね。エリチカお家に帰るって。誰も触れなかったけどちょっと引っ掛かったよね」

花陽「わ、私は可愛いと思ったよ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 00:44:18.68 ID:0l+C6mRZO

雪穂「なんの事か分からないけど。文章能力で言えばうちのお姉ちゃんの作文はある意味伝説だよ」

亜里沙「伝説?」

雪穂「おまんじゅう、鶯団子、もう飽きた。自分のお家の事を作文に書いて下さいと言われて書いたお姉ちゃんの作文だよ」

真姫「成る程。どうして海未が作詞担当になったか分かったわ」

花陽「わ、私は小学生らしくて可愛いって思うよ」

凛「穂乃果ちゃんが考えるとぷわぷわーおだもんね」

真姫「あれも…凄いわよね。なんか一周回って天才なんじゃって思ったもの」

雪穂「ね!これで分かったでしょ?」

亜里沙「雪穂こそ」






20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 00:52:32.97 ID:0l+C6mRZO

雪穂「絵里さんがステキな人だって言うのは分かったよ。亜里沙がどんな事言ったってそれは変わらないな」

凛「雪穂ちゃんの絵里ちゃんに対する信頼も結構あれだよね」

真姫「まあ、μ'sに入ってから少しくだけた部分は出て来たけど。それでも絵里はカッコいいから」

花陽「そ、そうだよ。絵里ちゃんカッコいいもん」

雪穂「亜里沙の話を聞いてもなお私の絵里さんに対する憧れは変わらないよ。もし、うちのお姉ちゃん以外がお姉ちゃんになるって言うなら私は絵里さんを選ぶよ」

亜里沙「そんな事言ったら私だって海未さんがいい!お姉ちゃんが長女で海未さんが次女!」

真姫「そこは穂乃果を選んであげて」

花陽「穂乃果ちゃんの行き場が…」

凛「そう言えば亜里沙ちゃんって海未ちゃんのファンだったね」











21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 01:01:09.74 ID:0l+C6mRZO

絵里「くしゅん」

希「何?えりち風邪?」

絵里「ん~かな?」

海未「大丈夫ですか?…くしゅん」

ことり「あっ、海未ちゃんも」

穂乃果「誰かに噂されてるんじゃないの?」

絵里「私達の噂を?」

穂乃果「仮にもアイドルなんだから変な噂されない様ね!ってにこちゃんが言ってたよ!」

海未「にこと穂乃果には一番言われたくないですけどね。全く、仕事をこんなに溜めて」

絵里「本当よね。さて、次はどこが分からないの?」

穂乃果「いや~。助かるよぉ。えっとね~」





22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/07(日) 01:02:20.64 ID:0l+C6mRZO



にこ「にこの出番は!?」

完!!!


元スレ
SS速報VIP:亜里沙「私のお姉ちゃんは絢瀬絵里」