1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:13:46 ID:OV9Mdyo2

炎のフレアガン「いかにも」

水のアクアリム「我々が」

風のウインディア「魔界四天王だ」

大地のアスラン「!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:17:39 ID:OV9Mdyo2

女騎士「そんな…ようやく魔王城までたどり着いたのに…まだそんな強そうな奴らがいるとは…」

ガックシ

女騎士「もう…もうおしまいや…あたいはもう勝てる気がせぇへんのや…」

ヨロイヌギー ゼンラデアオムケ

女騎士「絶望した!もう煮るなり焼くなり好きにしとくんなはれ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:19:51 ID:OV9Mdyo2

炎「えぇ…」

水「投げやりにならないでよぉ」

風「わ、我々も魔王様に比べたら弱い方だから!諦めたらそこで試合終了だから」

大地「!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:23:16 ID:OV9Mdyo2

女騎士「せやかて、人間に比べたらメチャメチャ強いんやろ?」

炎「まぁ、な…」

女騎士「ほれみなはれ!あかん、もう人間は滅びるしかあらへんのやー!」

ジタバタ

水「めんどくさい子ねぇ…」

風「ほら、お菓子やるから落ち着きな」

スッ

女騎士「おっ、ルマンドやんけ!」

バッ バリッ パクー

女騎士「うっま!めっちゃうっま!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:29:40 ID:OV9Mdyo2

女騎士「♪」

炎「はぁ…」

水「ちょっと、しっかりしてよねぇ。貴方、リーダーでしょぉ」

炎「都合のいい時だけリーダー扱いして…お前はいっつもそうだよな」

水「いっつもって…そうやって人の事決めつける癖、変わらないのね!」

炎「だいたいあの時も…」

水「あー、そんな昔の事言うのぉ?しつこい男!」

女騎士「なんやなんや…痴話喧嘩か」

風「あの二人、昔付き合ってたんですよ…で、口喧嘩が絶えず、分かれて今に至る訳で」

女騎士「大変なんやなぁ…」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:32:57 ID:OV9Mdyo2

女騎士「で、どないする?」

風「はい?」

女騎士「あたいは国王の命令で魔王を倒さなあかんねん。でも、ここに来るまで仲間を失い、あたい一人でようやくたどり着いたんや…そこに魔界四天王や。もう、詰みや。あたい、どないしたらええ思う?」

風「いや、私に訊かれましても…」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:40:41 ID:OV9Mdyo2

女騎士「別に国王に恩義も国に思い入れもあらへんし…正味、ここらが引き際や思いますねん」

風「は、はい…」

女騎士「そもそも、今の魔王って悪いことしてへんわな?」

風「そうですね。強気な外交を指摘はされますが、概ね他国とはうまくやっているかと。別に魔族が人間を襲うことも少ないですよ」

女騎士「せやろ。うちの国王が糞やねん。他の国に攻め込んで領土を広げようとしてんねん」

風「あーやっぱりそうなんですか」

女騎士「まぁあんな性格やからな、いつか身内に後ろからバッサリやろかい」

風「あ、自分の国の王様にそんな事言っちゃうんすね」

女騎士「言うたやろ、恩義も何もあらへんのや」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:49:14 ID:OV9Mdyo2

女騎士「まーでもそうなると、国には帰れんわなぁ」

風「あ、でしたら魔王城で働きませんか?」

女騎士「…マジ?」

風「マジマジ」

女騎士「え、そんなんアリなん?」

風「アリアリ」

女騎士「アリアリ」

大地「アリーヴェデルチ!」

女騎士「お前が言うんかい」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 13:55:04 ID:OV9Mdyo2

大地「…」

ブツブツ

大地「…トゥ…ヘァー」

ブツブツ

大地「モウヤメルンダッ…」

女騎士「な、なんやこいつ。ブツブツ呟いてキモイやんけ」

風「あぁ、彼、ちょっと人と話すのが苦手でして。アニメのキャラになりきってなら、饒舌になるんですが」

女騎士「さよか」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 14:02:51 ID:OV9Mdyo2

風「で、どうです?さっきの話」

女騎士「うーん。まぁ悪くないわな」

風「ここまでたどり着い貴方だ。その実力はなかなかのものとお見受けする」

女騎士「そ、そうけ?照れるわぁ」

風「魔王城に攻め込む輩は人間だけではありません。魔族も魔王の座を狙っているのです」

女騎士「ほーん、種族に関わらず力で何とかしようとする奴らはいるもんやなぁ」

風「はい、ですから城の防衛を一層強固なものにしたいのです」

女騎士「ほな、あたいは城の防衛にあたればええんやな」

風「はい。なんなら、我々に加わってもらい、五天王なんてのまであります」

女騎士「ほんまけ!」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 14:06:34 ID:OV9Mdyo2

女騎士「ほな、それで頼んますわ」

風「分かりました。では貴方は今日から我々の仲間です。肩書きは…そうですね…」

女騎士「かっこいいの頼んます」

風「…パイパンの女騎士、でどうでしょう」

女騎士「…うん…まぁ…たしかにパイパンやけど…」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/04(金) 14:08:59 ID:OV9Mdyo2

こうして魔王城に

五天王が誕生したのだった。





女騎士「えぇ、あたいの下半身出したままなんでっか!?」

【完】


元スレ
SS深夜VIP:女騎士「くっ、魔界四天王だと!?」