SS速報VIP:魔王「何のつもりだ!?」 側近「魔王様には魔物の苗床になってもらいます」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:01:02.91 ID:c3EShH050

※アダルト注意


――――
――

-魔王城某所

オーガ「おらっ舐めろ!」

魔法使い「おぶっごぼっんあっ」ジュポジュポ

剣士「んぎぃ」ドチュッ

ミノタウロス「ブフーブフーッ」パンパンパン

盗賊「はぐ やっ・・・め」ヌプヌプ

騎士「あ゛ひぃぃぃ」ビュルルルッ


魔王「フフフ……無様な姿だ」

魔王「勇者など魔物の子種を受け入れ、我が下僕を生み出すだけの肉の器……」

側近「・・・魔王様、採れたての勇者どもの血酒でございます」スッ

魔王「ごくろう」

魔王(この世の女は私だけで良い、そしてこ魔都は私の下にひれ伏すのだ)クイッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442124062




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:02:29.26 ID:c3EShH050

――――
――

魔王「Zzz…Zzz…」スピースピー

側近「酒に入れた睡眠薬は効いたようですね、慎重に運びなさい」

オーガ「あ~あ~アホズラ晒して眠りこけてやがる」

オーガ「あの伝説の勇者の妹が目先の欲に駆られて魔王にまで堕ちるとは皮肉だな」

側近「本人が何を望んだかは知りませんが、あらかた優れた姉への嫉妬というところでしょう」

オーガ「こうして知らぬ間に身体を改造されていることを知ったらどうなるか」

側近「まあ、記憶はこちらでいかようにもできますし、次に目覚めるころにはきれいさっぱり忘れて自分が頂点だと勘違いしていることでしょう」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:06:07.62 ID:c3EShH050

――――
――

魔王「う・・・」パチ

魔王「なっ 何だこれは!!?」

魔王「腕も足も鎖で椅子に!?」ガチャガチャ


側近「お目覚めですか魔王様? 椅子の座り心地は如何でしょうか」

魔王「側近!? いったい何の真似だこれは!?」

側近「今回の勇者どもへの実験である成果が実りましたゆえ、魔王様にぜひご報告したく……」

魔王「成・・・果・・・?」

側近「ハイ、それに合わせて私めの開発した発明の見定めをしていただきたいのです」ポチットナ



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:09:15.74 ID:c3EShH050

魔王「見定めって・・・お!!?」ギュボッ

魔王(ちょっ…んあッ胸が吸い込まれ……ッ)ボボボボボ

側近「真空吸引することで射出された乳液を速やかに吸い取ることができます」

魔王「きっ、貴様 こんなことをしてタダで済むと・・・思っt」ズボッ

魔王(あっ!? 尻に何か入ってっ…!!?)

側近「あ、この椅子は上下運動しますので」ガションガション

魔王「ふおっ!? おッおッ胸が出ッ・・・吸わr」ドビュゥゥ

側近「"元僧侶"であるの魔王様の乳液にはヒーリングの魔力が含まれておいでです」

魔王「あ゛っやめ 止めっ」ズボズボズボ

側近「体験していただいている通り椅子の上下運動による張形の刺激で性感を与え、効率よく乳液の採取できるようになっております」

魔王「おっ深ッ……」ズボズボズボ

側近「本来なら膣内に挿入されるはずでしたが設置が少し浅かったようですね」フフフ…



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:11:53.46 ID:c3EShH050


ガションガションヴインヴイン



側近「とまあ、ひとまず装置の説明はこれで終わりです」ポチッ

魔王「はぁーっ はぁーっ」

側近「ふむ…身体改造の途中と言えど、いまいち乳液の出が悪いようですね」モミモミ

魔王「ちょっやめ……」

側近「お前たち、魔王様を気持ちよくして差し上なさい」

オークたち「ブヒーーーーッ!!!!!!」

魔王「貴様、私は自ら前魔王を倒してこの座に座ったのだ、私が本気を出せば貴様らなど一瞬でねじふせて・・・ひっ」ドクン



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:13:26.10 ID:c3EShH050



側近「無駄ですよ魔王様」

魔王「な…身体が……!!? これは!?」ピクピク

側近「先ほどの張形を通して腸内にポイズンスライムを注入させていただきました」ズププ

側近「身体は麻痺しますが、意識は保っていられますので存分にお楽しみを」

オーク「どうしました? 俺たちをねじ伏せるんじゃないんですか?」ニヤニヤ

魔王「きっ貴様ら 私の奴隷風情が! 触れるな!私にっ…」

魔王「追放ッいや処刑だぞ オイッ聞いているのk あっああああ!!!」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:16:12.06 ID:c3EShH050

魔王「うっあっ…やめっ…んッ(尻穴を舌でほじくるなんてぇ・・・)」ビクッ

オークA「いつも乱暴に扱われおりましたからなぁ」ずぽっずぽっ

オークB「日頃のうっぷんをぶちまけてあげますよ」

魔王「よっよせっ…!尻穴を舐めた口で私の口n・・・んむッ」ブチュウウ

オークA「ぢゅるるるッぢゅ」レロレロレロ

オークB「元より魔力を除けば魔王様の力など人並み…俺たちにかなうはずがない」クチュクチュ

魔王「ひゃめェ・・・んッ ん゛む」ヂュルッヂュムッ

オークC「では早速入れさせてもらいますよ魔王様」ずにゅッ

魔王「あッ…ひッまさか」みぢっ

魔王「ダm……あ゛お゛おッ゛!」ブチュブチュ

魔王「ひッ やめっやめへっ!!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:17:13.82 ID:c3EShH050


魔王「きっ貴様ァァ わ、私の高貴なるあッ穴に……ひんッ! 貴様のようなチンポが入るなんて…!」

オーク2「威勢は良くても恰好が伴っておりませんぞ」パンパン

魔王「絶対に許さなッやっあっ」

オーク3「打ちつけるたびに動きに合わせてきゅうきゅう締め付けるではありませんか」パンパンパン

オーク1「ポイズンスライムで麻痺させなくともよかったかもしれませんなぁ(笑)」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:20:10.96 ID:c3EShH050


魔王「ぐっ きさっ貴様らッ後でッ……おぼッ覚えて…おけぇ!! 全員即刻処刑してやるゥ!!」ズッポズッポ

魔王「それが嫌ならッ…ガポォッ!」

オーガ「まだ自分の置かれた状況が分かっていないようだな」グイッ

魔王「んぶッ?!」

オーガ「よう、側近様、いい塩梅じゃねぇか」

魔王「んっ んむ んぼッ」ジュポッジュポッ

ミノタウロス「待たせたな~」

ワーウルフ「おっ激しくやってんな~」

魔王「オーガ、ミノタウロス、ワーウルフ…! 貴様らそろいもそろって何のつもrんぶっ」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:23:23.68 ID:c3EShH050

ミノタウロス「おい、オークC、とっととそこをどきな」

魔王「場合によっては…あッ (膣内で膨らんで・・・!?)あ゛ッ」

オークC「出るぅ!!!」ドポッドピュッ ビュブルルル

魔王(なッ膣内で出てるッ……!!!)ドプドプ

ワーウルフ「あっ馬鹿!、お前ェ膣内でかましやがって!!」

魔王「ハァ…ハァ……」ドロリ

魔王「な、なぜおまえたちが…」

ワーウルフ「いやぁ魔王軍のために身体を張る魔王様のために協力しようと思いまして」

オーガ「俺たち四天王も魔物たちもアンタにゃうんざりしててなぁ、たいした能力もなかったのに偉そうだったようなぁ」

ミノタウロス「そんな生意気な姉ちゃんにはケツ穴にキッツイお仕置きをしてやんなきゃな」ズググググ



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:25:03.95 ID:c3EShH050

魔王「ちょっ…ちょちょッ待ッ…待て待て! 取り消ッ貴様らの待遇も再考すゥゥ!」メリメリ

ミノタウロス「今更そんな言い分が通じると思うか?」みぢみぢみぢ

魔王「あ゛ひっ……やっ こんな…裂けッ」ビクッビクッ

オーガ「おいおいいきなりケツ穴とはえぐいな」

魔王「ちょッ…ま゛ッ! むッムリムr」

ミノタウロス「さっきバカオークがま○こに膣内射精かましやがったからな」グググ

ミノタウロス「でもホラよ、根元までしっかり咥え込んで締め付けてきやがるぜ」グボォ・・・

魔王「おあああお゛ッん゛おおおおお!!!!」ガクガク



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:26:23.84 ID:c3EShH050

オーガ「お前、女盗賊の時もそうだったけどホント好きものだな」

ミノタウロス「しっかりストロークできるみたいだしさすが俺たちの魔王様だぜ」ズルルルッ

魔王「ん゛んんッ」

ワーウルフ「俺は子宮でもいただこうかね」ズプリ

オーガ「俺も景気づけに口に一発かますぜぇ!」ヂュポッ

魔王「がっあっんぶっ!」

オーガ「オラァ一発目ェ!!」ドプッドビュル!!

魔王「んぷぁッ!」ボタボタ

ミノタウロス「じゃあ俺等も盛大に―ッ」ドズンッ

魔王「ン゛オオオオ!!!!!!」ブビュルルルルルル!!!!



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:29:42.59 ID:c3EShH050

ミノタウロス「あ~吸われる吸われる、たまんねぇ…!」ドプドプドプ

魔王「あッ//くはっ//うあ…//」

魔王「こ、ここ…この程度ォ♥ 屁でもなぁッ…終わったらとッとと抜けぇ……♥」ブルブル

ワーウルフ「俺ら程度じゃ堕ちないってか? 我慢の様子が締まりを通じて伝わってくるぜ?」パンパン

魔王「わっ私とて魔族の王…早漏の低級魔族など相手に屈っしたりなd」

ミノタウロス「ホイッじゃあケツ穴にポイズンスライムちゃん追加!」

魔王「えっ!?あひっ!?」ゴポポポポポ

オーガ「お~お~2匹も注入しちまったか、普通なら1匹で壊れちまうんだがな」

魔王「ん゛ん゛ん゛ん゛ッ…ちょッヤバっ漏れ……」ビクンビクン

ミノタウロス「かまいやしねぇ、魔王様は自分の能力で回復力だけはすげぇからな」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:31:41.06 ID:c3EShH050

魔王「ふーッふぐぅッんんん……」ピクピク

ワーウルフ「あ~俺も射精そう!」ブビュルルルル

魔王「おほおおおおおおッああ出てッッ!!!」ボチャボチャ

魔王「んおおおおおお!///」ムリムリブビョビョ

オーガ「あ、こいつスライムひり出しやがった!」

ミノタウロス「ふう…おいオーク!あとはお前らで好きに使っていいぞ」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:33:57.36 ID:c3EShH050


オークABC「ブヒヒ、責めに責めてやりますよぉぉ」ガバッ

魔王「いぎっ//んいいいいい///」ヌヂッヌヂュッ

魔王「らっ、めぇ…ひゃんなの…ホントに死んじゃッ早く抜けッ……!」

オークB「おい、だらしねえケツ穴だな、逆流するぞ栓をしろ栓」グリ

魔王「ぬっ抜いッてくだひゃいいい!!」ブピュッ

魔王「ひっ死ぬッ…死ぬぅ!!///」

オークA「うおお、搾り取られるっ!」ドビュ!ドビュ!

魔王「お腹破裂するぅぅぅ!!!」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:35:41.23 ID:c3EShH050

―3時間後

魔王「ひ…ひっ…らめぇ……」ブポォ…

オークC「ふぅ~たっぷり出したぜそろそろ限界かな?」ズルゥ

オークA「おい、最後に魔王様を側近様発明の搾乳機につなぐぞ」

オークC「ま○こも張形にもしっかりハメないと・・・な!」ズボォ

魔王「んおおおおお♥ イグッ!イ゛ッちゃう゛!」ブシャアアアアア

オークB「すげぇ! 潮と母乳を同時に吹き出し手やがるぜ魔王様!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:38:32.20 ID:c3EShH050

―6時間後

魔王「んッ!いッぎ!」プシッ

側近「だいぶ疲弊しているようですね魔王様…直腸と膣からご自分の乳液を注いで回復して差し上げますよ」ズププ

魔王「ふぐぅ…注入ってくるぅぅ」ゴポゴポ

側近「こぼさないでくださいね、このまま魔王軍の慰安任務に行きましょうか」ズルッ

魔王「まっへぇ……」ダプン

―慰安室

ゴブリンA「しかしオークたちが使った後じゃユルユルかなぁ」

ゴブリンB「大丈夫、側近様がくださったこの薬を使えば」ビキビキ

魔王「あっ……あっ……」ブルブル



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:42:34.00 ID:c3EShH050

ゴブリンA「うおおおっじゃあさっそく日頃の恨みつらみを」ブパン

ゴブリンB「うひょおお、憧れの魔王様のおま○こ!今までよくもコキ使ってくれたなァ!」パンパンパン

魔王「や゛めッ…この魔物風情がっ…!」

ゴブリンB「まさか魔王様を孕ませるチャンスを得られるなんてなあ!」パンパン

ゴブリンA「側近様、魔王様を孕ませたら昇進ですよね?」ズヌズヌ

側近「もちろんです、魔王様の肉体はさぞ強力な魔物を生むことでしょう」

ゴブリンA「絶対着床させてやる!!」ドチュッドチュッ

魔王「お゛っあっあおっ///」ブシャブシャ

ゴブリンA「おらぁイケ!イキ狂え!!」パンパンパン

魔王「お゛あッ・・・おえッ///」ブボッブボッ

ゴブリンB「俺たちの子種で孕めェェ!」パンパンパンパン

魔王「んおおおおお♥!!!」

ゴブリンAB「「おらァ!!!」」ドポ!ぶりゅぶりゅぶりゅ

魔王「おあ゛あ゛あ゛// 熱いのが入ってぐり゛ゅう゛ぅッ!///」ブシャァァァッ!



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/13(日) 15:45:48.84 ID:c3EShH050

――――
――

―3カ月後

魔王「う゛ぅ……ぐぷ…んぶぅ」グチュグチュ

オーガ「お~今日も一段とエグい姿晒してるなぁ魔王様」

ミノタウロス「今週も無事着床、そろそろ排出の時間だな」

ワーウルフ「驚いたぜ、まさか数日単位で魔物を産み落とすとはな」

側近「おそらく彼女の胎内に宿るヒーリングの魔力とうまく適合したのでしょう」クチュクチュ

魔王「んぼ…お゛おッ!!」

側近「見ての通り今では魔王様の乳液の注入することで、捕獲した勇者どもも相当なサイクルで魔物を生み出しておりますよ」

剣士「おッ…おごっ…」ズルゥ

盗賊「んひっ♥・・・」ピクピク

騎士「んおお・・・//」シロメ

魔王「ふぎっ// 生まr ん゛いいいいい///」ゴポ ドチャァ

側近「この魔王城の魔物生成の『サイクル』は完成しつつある、これからも頼みますよ魔王様・・・」


――――――
――――
――

END


元スレ
SS速報VIP:魔王「何のつもりだ!?」 側近「魔王様には魔物の苗床になってもらいます」