1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 23:51:07.27 ID:vSiQFbax0

春香「プロデューサーさん、おはようござ…い、ますっ……!///」ジュワ

春香(え?な、なんで私……そりゃプロデューサーさんは好きだけど、こんなエッチになっちゃうなんて…///)

P「ん?どうかしたか?」

春香「な、何でもないです!」ダッ

P「おいっ………俺、春香に嫌われてる?」

やよい「あ、プロデューサー!おはようご……ひゃっ…!?///」ジュワ

P「や、やよい!?」

やよい「へ?…こ、こっち来ちゃだめです~!///」ダッ

P「」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 00:24:18.65 ID:ER4NvafE0

P「なんでみんな俺を避けてるんだ……?あんな反応されると正直辛いんだが……」

響「はいさーい!ぷろでゅー、さ、あ!?///」

P「お、おお、響、おはよう。まさかお前も?」

響「な、なにがだ?そうだ、ちょっと用事があったんだった!」

P「ま、待ってくれ響!」ギュッ

響「うひゃあああ!」バッ

P「ひ、響……?」

響「く、来るな変態プロデューサー!」ダッ

P「そんな、響まで……」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 00:39:33.60 ID:ER4NvafE0

P「一体何があったんだ……?」

小鳥「ああ、プロデューサーさん、おはようございまっ、、す!?」

P「音無さん、まさかあなたも!?」

小鳥(何この感じ……。もしかして、プロデューサーさんのフェロモンが!?!?)

P「あのー?これはいつもの妄想モードの音無さんなのか?」

小鳥(ぐへへへへ、ぴよぴよぴへへ)

P「あーもう、仕方ないか……。音無さん!!」

小鳥「は、はいいいいいい!?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 00:51:01.44 ID:ER4NvafE0

小鳥「急に大声出さないでくださいよ!ビックリするじゃないですか!」

P「だって、いつものように音無さんがトリップしてるから……」

小鳥「し、失礼な!今日は違った事情があったんですからね!」

P「違った事情?まさか、春香たちが俺を避けていたのにも何か理由が?」

小鳥(まさか、春香ちゃんたちも濡れちゃってたのかしら?)ジュン

P「音無さん、なにか俺に悪い所があるのなら、教えて下さい!」ガシッ

小鳥「ぴよっ!?!?」ジュワワワ

P「お願いします、アイドルたちとの関係がピンチになる前に!」

小鳥「ええー、でも、そんな恥ずかしいし……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 00:57:15.52 ID:ER4NvafE0

P「いまさら音無さんに恥ずかしいも何も無いでしょうに。お願いしますって!」

小鳥「じゃ、じゃあ、耳元で『綺麗だよ、小鳥』って囁いて貰えますか!?」

P「なんでそんなことしなきゃならないんですか……」

小鳥「やってくれなかったら、教えてあげませんっ!」

P「あーもう、こうなりゃヤケだ。いきますよ」ガシッ

小鳥「は、はいい!」(これだけで1週間は戦えるッ……!)

P「綺麗だよ、小鳥。愛してる、世界中の誰よりも」

小鳥「!?イッくううううううううう!!」ビクンビクン



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:02:43.00 ID:ER4NvafE0

P「音無さん?おーい、音無さーん?」

小鳥「は、はひ……」ビクンビクン

P「あーあ、役立たずになってしまったか……。どうしようかなあ」

律子「おはようございまーす」

P「おお、律子良い所に!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:14:01.21 ID:ER4NvafE0

律子「ああ、プロデューサー、おはようございます」

P「お、おお?おはよう律子、その、律子は何ともないのか?」

律子「何ともないってどういうことですか?」

P「いや、その、実はな……?」

律子「はいはい?」

P「かくかくしかじか」

律子「ぴよぴよなのなの、ってことですか」

P「そうなんだよ、何か心当たりあるか?」

律子「うーん、それって完全に、アレですよね……」

P「あ、アレって何だ!?知ってるなら、教えてくれ!」ガシッ

律子「え、ちょっ、ウソっ!?」ジョロロロ

P「」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:27:57.95 ID:ER4NvafE0

律子「もうやだ、お嫁にいけない……」

P「いや、ほら、大丈夫だから!」

律子「何が大丈夫なんですか!もういいです、ほっといて下さい……」

P「ああもう、どうすれば良いんだー!」

小鳥「ふう、危うくイき死ぬ所だったぜ……」

P「音無さん!」

小鳥「ズバリこの原因は、プロデューサーさんにあるっ!」

P「いや、それは分かってるんですってば」

律子「一体何があったって言うんですか?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:32:21.85 ID:ER4NvafE0

小鳥「私の予想では、プロデューサーさんに近付くと、感じてしまうんではないかと」

律子「感じて、って……ええええっ!?」

P「それって、そういう感じる、ですよね……」

小鳥「だから、アイドルの子たちもプロデューサーさんを避けていたのではないかと」

P「なるほど。じゃあ、なんで律子には時間差が?」

小鳥「それは、律子さんは仕事仲間って意識が強かったんじゃないですか?」

律子「そんなこともあるのね……」

P「じゃあ、なんで小鳥さんはすぐ感じてたんですかね?」

小鳥「それはほら、私がプロデューサーさんのアイドルだ・か・ら?」

律子「あー、はいはい」

小鳥「ひ、ヒドいぴよ!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:36:22.68 ID:ER4NvafE0

P「でもまあ、原因が分かって良かったですよ」

律子「分かっても、対処法がみんなに近づかないってことくらいしかないですけどね」

小鳥「でも、私たち、今は普通に会話してません?」

律子「確かに。もう、治ったのかもしれないですね」

P「じゃあ、試してみますか」

小鳥「試す?」

P「小鳥、愛してるよ」ギューッ

小鳥「ぴ、ぴよおおおおおおお!?!?」ビクンビクンジョワー

律子「あーあ、知りませんよ、私。後片付けしといて下さいね」

P「やっぱり駄目だったか……。まあいいや、小鳥さーん、大丈夫ですかー?」

小鳥「あ、あへあへえ……」ビクンビクン

P「だめだこりゃ」

お  わ  り



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 01:57:18.40 ID:ER4NvafE0

このテーマでイチャイチャって無理があるだろ……

P「はあ、今日は色々と災難だったなあ……」

律子「お疲れ様です。まあ、こっちも色々迷惑を掛けられたわけですが?」

P「そんなこと言うなよぉ」

律子「いくらあなたに悪気が無かったとは言え、あ、あんな、おしっ……」

P「ああ、そういえばおしっこ漏らs律子「みなまで言うなー!!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 02:00:56.59 ID:ER4NvafE0

律子「とにかく!あんなことさせた責任、取って下さい!」

P「責任って言われても……。あ、そうだ、俺も律子に近づくと、興奮するぞ?」

律子「あ、あなたは、またそうやって軽々しくそんなことを」

P「いや?結構マジだぞ?良い匂いするし、ちっちゃいから胸元とか見えちゃうし」

律子「変態かっ!!」

P「だからまあ、お互いさまじゃないか?それにほら、そろそろ治っただろう」

律子「そんなこと言って、さっきの小鳥さんみたいになりたくないですからね」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 02:03:37.41 ID:ER4NvafE0

P「そういえば、小鳥さんもアイドルの子も、感じてはいたのに、なんで律子はいきなり失禁だったんだ?」

律子「だから、その話は蒸し返さないで下さいってば……」

P「いやあ、すまんすまん。でもほら、気にならない?」

律子「そりゃあちょっとは……。でも、どうやって調べるんです?」

P「試しに抱き締めてみるか」ギュー

律子「ひゃあっ!ちょ、ちょっと、止めて下さいよ……、って、アレ?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 02:06:29.42 ID:ER4NvafE0

P「あれ、何も起こらないな。やっと治ったかな?」

律子「……」

P「やった、良かったー!……って、律子?」

律子「ふぁ、ふぁい!?なんでしゅか!?」

P「何焦ってんだよ……。大丈夫かー?」

律子「なんで、なんで今更……?」

P「やっぱり何かあったのか?まだ治ってなかったか?」

律子「あーもう!プロデューサー!」

P「は、はいっ!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 02:11:13.61 ID:ER4NvafE0

律子「どうやら、まだ治ってないみたいですが、段々威力は弱まってるみたいです」

P「そ、そうか、良かった!でも、どうしたら完全に治るんだ……?」

律子「それは多分、何回も女性に感じさせたり、おもらしさせたり……」ゴニョゴニョ

P「なんだって?よく聞こえないんだが」

律子「とにかく!他の娘に迷惑は掛けられませんから、私で全て発散しきって下さい!」

P「お、おう?でも、良いのか?」

律子「背に腹は代えられません。何とか我慢します」

P「そっか、すまんな……」

律子「じゃあ、今日はこのまま一緒に過ごして、色々試してみましょう?」

P「色々って……?」ゴクリ

律子「みなまで言うな!さっ、帰りますよ」

P「あー、待ってくれよー!」



小鳥「あの二人がセ○クスしたら、凄く感じるんだろうなあ」

今度こそ終わるわ


元スレ
P「アイドルが俺に近づく程濡れる?」