1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:39:33.69 ID:+L5MHed60

律子「プロデューサー、やよいのCM撮影の件ですけど」

P「ああ、うん」

律子「当日誰が付くんですか?」

P「え? そりゃあ俺……」

律子「……な訳ないですよね、響のTV出演に付くんですもんね?」

P「あ! あちゃー……」

律子「あちゃーじゃありませんよ、もう。どうするんですか」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:41:10.94 ID:+L5MHed60

P「……どうしよ」

律子「はぁ……わかりました。私がやよいの方に行きますから」

P「すまん、貸しだな」

律子「いいですよそんなの。それより、しっかりして下さい」

P「面目ない……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:43:27.32 ID:+L5MHed60

P「律子……律子ー」

律子「…………すー」

P「ソファで寝るなよ……風邪引くぞ」

律子「……んぅー」

P「ほら、起きなって」

律子「……あなたがベッドに運んでくださいよー……」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:45:09.04 ID:+L5MHed60

P「……ったく。ほら、手を首に回さないと落ちるぞ」

律子「……んふふ、お姫様気分」

P「そりゃあ我が家のお姫様だし」

律子「んふー」

P「んふーじゃない。あっ、こら、スリスリするなっ」

律子「んふふふふ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:47:40.66 ID:+L5MHed60

律子「プロデューサー、美希の迎えは?」

P「あっ、やっばい! 今何時だ?」

律子「もう……そっちの書類整理は?」

P「いや、もうちょっとかかるけど……美希を放っておくわけにもいかないし」

律子「いいです。私これから亜美と真美をスタジオに連れて行きますから、帰りに拾ってきます」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:49:34.33 ID:+L5MHed60

P「ごめん。美希には連絡入れとくから」

律子「私が美希に愚痴られないようにうまく言ってくださいよ?」

P「……善処するよ」

律子「全力で」

P「……はい。気をつけてな」

律子「はいはい。亜美、真美、行くわよー」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:51:30.60 ID:+L5MHed60

P「律子―、朝飯できたぞー」

律子「……うー……」

P「ほら、起きろって。俺、今日は早めに出て現地入りだって言ったろ」

律子「……あと10分」

P「ったく。じゃあ、俺は先に食って出るからな?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:53:47.55 ID:+L5MHed60

律子「……むー」

P「袖引っ張るなよ」

律子「……だめー」

P「いやいや、まだ眠いんだろ?」

律子「いっしょに食べないとだめー……」

P「わかったわかった、ほら、眼鏡」

律子「はぁーい……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:56:01.33 ID:+L5MHed60

律子「プロデューサー、今度のライブのセットリストなんですけど」

P「ああ、どうだ?」

律子「真、1曲挟んで2曲続いてますよ」

P「あれ?」

律子「あれ、じゃないですよもう。真の出番、ただでさえダンス激しいんですから」

P「そしたら……どこ弄ろうか」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 02:58:12.73 ID:+L5MHed60

律子「他はバラけてますから、ここの雪歩と交換でいいと思いますよ」

P「でも、そのあたりのセット、割と激しめの曲連続だから、雪歩は……」

律子「ここの『ALRIGHT*』ならいけるんじゃないですか?」

P「ああ、そっか。じゃあそれだな」

律子「スタンバイの順番も直しておいてくださいよ?」

P「了解。助かったよ、律子」

律子「もう」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:00:35.88 ID:+L5MHed60

P「律子」

律子「なんですかー」

P「やっぱり湯船に二人は狭いよ」

律子「いいじゃないですかー、もっとくっつけば」

P「いや……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:02:46.14 ID:+L5MHed60

律子「あなたは私とお風呂入るの、イヤなんですか?」

P「嫌ってことないよ」

律子「じゃあ好き?」

P「……うん、まあ」

律子「んふふふふ、私もすき」

P「じゃあ、いいか」

律子「はい。いいんです。んふふふふ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:05:02.26 ID:+L5MHed60

律子「出張の準備は大丈夫ですか? プロデューサー」

P「ああ、大丈夫」

律子「当日の段取りとか頭に入ってます?」

P「うん」

律子「本当に?」

P「本当に。まあ、リハでもう一回確認するし」

律子「あと、身のまわりのものとか、着替えとかは?」

P「大丈夫だって。修学旅行の子供じゃないんだから」

律子「なら、いいですけど……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:07:33.98 ID:+L5MHed60

P「……大丈夫か?」

律子「え? な、何がですか? 私は何も問題ありませんが? 何か?」

P「……夜、電話するからな」

律子「あっ……は、はい」

P「うん、じゃあ、行ってきます」

律子「は、はい。道中気をつけてくださいね」

P「はいよ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:09:42.61 ID:+L5MHed60

P『……んな無理して作ることないのに』

律子「だ、だって。あなたが作る親子丼がおいしかったから……」

P『そんなの、帰ったら言ってくれれば作ったのに』

律子「だって……」

P『わかったわかった。明日そっちに着くのは夜だけど、出来るだけ早く帰るからな』

律子「絶対ですよ?」

P『うん、絶対』



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:12:41.76 ID:+L5MHed60

律子「あ、駅まで迎えに行きます」

P『いや……律子も仕事あるから、いいよ』

律子「でも……」

P『仕事は集中してやる! 律子がいつも俺に言ってるじゃないか』

律子「は、はい……」

P『その後は思う存分甘えていいから。な?』

律子「……わかりました」

P『んじゃ、そろそろ』

律子「あ、ダメ」

P『え?』

律子「……もうちょっと、話したいです」

P『ったく、しょうがないな……』



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:15:06.74 ID:+L5MHed60

律子「……はい、ありがとうございます! 失礼しますっ」

小鳥「律子さん、コーヒーです」

律子「あ、すいません小鳥さん。っとー、あとは……」

小鳥「ふふ、気合入ってますね律子さん」

律子「え、そうですか? そんなことないですよ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:17:23.17 ID:+L5MHed60

小鳥「もう、無理なんかしなくていいのに」

律子「無理って、え? あはは、いやいや、何も無理なんか……」

小鳥「さっきプロデューサーさんから電話ありましたよ」

律子「え?」

小鳥「これから電車に乗るそうです。あと3時間くらいですね」

律子「あ、そうですか。……うん、よし。仕事再開っと」

小鳥「ふふふ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:19:04.10 ID:+L5MHed60

律子「よしっ、終わったぁ」

小鳥「お疲れ様です。でも……まだちょっと時間ありますねえ」

律子「…………」

小鳥「……もう上がってもいいですよ?」

律子「えっ? いえ、そういうわけにも……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:20:50.81 ID:+L5MHed60

小鳥「でも、事務所にいても落ち着かないでしょう? 駅まで迎えに行ったらどうですか?」

律子「でも、仕事に集中しろって」

小鳥「え? うふふ、大丈夫ですよ。今日の仕事は片付けたんですから」

律子「……ダメです! 仕事は集中してやる! 終業時間まで!」

小鳥「ふふ、頑固なんだから」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:22:52.43 ID:+L5MHed60

律子「…………」

律子(……仕事終わって、家に帰ってきたけど、まだかな)

律子(遅いな……駅につくの、もう1時間も前のはずなのに)

律子(…………あ)

律子(親子丼の失敗作、片付けなきゃ)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:25:17.72 ID:+L5MHed60

律子(…………)

律子(やっぱり、駅に迎えに行ったほうが良かったかな)

律子(今更行ってもすれ違いになっちゃうけど……)

律子(…………あ)

律子(親子丼の材料、また買ってこなきゃ)

律子(作ってくれるって言ってたものね、うん)

律子(……でも今スーパー行ったら入れ違いで帰ってきちゃうかな)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:27:18.75 ID:+L5MHed60

律子(…………)

律子「……あーもう! 早く帰ってきてよ!」







P「……ただいま、律子」

律子「あっ、えっ!?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:29:13.70 ID:+L5MHed60

P「ぷくく、顔。すごいびっくりしてる」

律子「えっ、えっ? いつのまに……」

P「いや、そーっと帰ってきたら、律子がそわそわしてるから」

律子「こ、声かけてくださいよっ」

P「可愛くて」

律子「あうっ……もう」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:31:44.86 ID:+L5MHed60

P「……これ、例の親子丼か」

律子「あっ! だ、ダメです! 見ないで」

P「卵って1日くらい大丈夫か……? んぐんぐ……あぁー……、うん。そうだな、今度、一緒に作ろうな」

律子「うぅぅー……」

P「頑張った、頑張ったよ! でも今度一緒に作ろうな」

律子「……明日がいいです」

P「うん、材料買ってきたからな」

律子「あ……はい」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:34:13.00 ID:+L5MHed60

P「それと……はい」

律子「え?」

P「おみやげ……とはちょっと違うけど、プレゼント」

律子「あ、ありがとう……」

P「誕生日」

律子「……え? あ、あれ?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:36:46.81 ID:+L5MHed60

P「……やっぱり忘れてたか。自分の誕生日だろ?」

律子「あ、はい……」

P「ハッピーバースデー、律子」

律子「……うぅー!」

P「わっ、と。急に飛びついてくるなよ。はは、よしよし」







律子「……好きです。大好きです!」

P「俺もだよ、律子」



おしまい



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 03:45:16.45 ID:+L5MHed60

サッカー始まるまで寝ようと思って眠れなくて勢いで書き始めたら……なんか緩いりっちゃん……りっちゃんかこれ……?
まあ、おさげやアップを解いた、おうちでのゆるかわりっちゃんハピバということでした。

サッカーみようぜー


元スレ
律子「公私」