1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:20:16.09 ID:Lj6renei0

765プロ

春香「あれ……? おかしいな、どこにいっちゃったんだろう……」

P「春香、何やってるんだ?」

春香「プロデューサーさん、実は……お家の鍵を落としたみたいで……」

P「鍵を? それは大変だな……」

春香「今日は家族全員帰ってくるの遅いので、見つからないとお家に入れないんですよ……」

P「なるほど……よし、俺に任せろ」

春香「一緒に探してくれるんですか? あ、ありがとうございます!」

P「ああ。でも簡単に見つける方法があるからそれで探すぞ。こうやって……」

春香「……? ペンを机の上に立ててどうしたんですか?」

P「見ていればわかるさ。ペンから手を離すと――」

パタッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:25:05.08 ID:Lj6renei0

P「ペンが倒れたのは……あっちか。よし、あっちの方を探すぞ」

春香「あ、あの、そんなことで見つかるんですか?」

P「とりあえず探してみれば効果が実感できるさ。……パッと見、どこにも落ちてないな」

春香「ほら、そんなことで見つかったら苦労しませんよ」

P「……待てよ、この机の下が怪しいな。……よっと、鍵は……どこだ?」

春香「そんなおまじないみちなので簡単に見つかるわけが P「あった!」

春香「ええっ!? あっ……ほ、本当に私の鍵だ」

P「ほら、言った通りだろ?」

春香「あ、ありがとうございます!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:30:06.49 ID:Lj6renei0

春香「でも、本当に見つかるんですね……びっくりしちゃいました」

P「大学生の時、タケル先輩に教えてもらったんだ。本当に当たるんだよな、これ」

春香「うーん、特に変わったことをしているわけでもないのに……」

P「他にも試してみるか? 春香なら、探し物が他にもあるだろ?」

春香「その言い方だと、私が物をいつもなくしているように聞こえるんですけど……」

P「そ、そんなつもりじゃないって。まあ、ないならないで別に」

「ハム蔵ー! どこいったー!?」

春香「あの声は……」



19: >>2 やられたわ 2012/12/05(水) 02:37:44.40 ID:Lj6renei0

P「響、どうしたんだ? またハム蔵とケンカでもしたのか?」

響「ううん、ハム蔵が見つからなくて困ってるってだけだぞ」

P「また冷蔵庫の奥にでも隠れてるんじゃないのか?」

響「そこもとっくに探したけど見つからなくて……」

春香「プロデューサーさん、さっきの方法で探してみたらどうですか?」

響「さっきの方法? 何それ?」

P「ハムスターも見つかるのか……? 試しにやってみるか」

響「……? ペンを机の上に立ててどうするの?」

P「まあ見てろって。ハム蔵はどこだ――」

パタッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:42:55.55 ID:Lj6renei0

春香「ペンが倒れたのは……あっちですね」

響「あっちにハム蔵がいるの? でも、事務所はだいたい探したぞ」

P「でも、ペンが倒れた方向はあっちだから……ん?」

美希「……すー、すー……」

春香「美希が気持ち良さそうに寝てますね。あっ、そのソファの下とか」

P「……響、美希の胸を調べてみろ」

響「ええっ!? な、なに言ってるんだよプロデューサー!?」

P「ハム蔵がいるのは多分……美希の胸の間だ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:46:22.03 ID:Lj6renei0

春香「む、胸の間?」

響「ほ、本当に? おーい、ハム蔵ー」

ハム蔵「じゅ!」

響「あっ! ハム蔵見っけ! 心配したんだぞー!」

春香「本当にいた……よかったね、響ちゃん」

響「うん! ありがとね、プロデューサー。でも、そんなので効果あるのか?」

P「今のところは的中率百%だから、信じてもいいんじゃないか?」

響「うーん、でもなんかうさんくさいぞ」

P「そこまで言うならもう一度やるか。次は何を……」

美希「んんっ……もう、みんなうるさいの……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:51:57.84 ID:Lj6renei0

P「おっ、起こしちまったか。悪かったな、美希」

美希「別にいいよ。うーん……よく寝たの」

春香「プロデューサーさん、今度は美希のを探してみたらどうですか?」

P「美希の探し物か……よし、やってみるか」

美希「なになに、面白いこと?」

P「美希、今探してる物ってなにかないか?」

美希「探してるもの? うーん……あっ、あるよ」

響「本当? なんなんだ、美希?」

美希「んー、言うのは簡単だけど、ハニーはミキのことならなんでもわかるよね?」

P「……へっ?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:55:02.94 ID:Lj6renei0

美希「つまり、ミキの探し物もハニーならわかるはずなの。だから言わないでおくね」

響「な、なんだか面倒なことになったぞ……」

春香「えっと、できますか、プロデューサーさん?」

P「……やってみるか。美希の探し物はっと」

美希「……ハニー、なにやってるの?」

P「お前の探し物を見つけるんだよ。……よし、えいっ」

パタッ

春香「倒れたのは……あっちですけど、壁がありますね」

P「ということは別の部屋ってことかもな。あっちを探してみるぞ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 02:59:32.24 ID:Lj6renei0

給湯室

雪歩「いただきまーす。あむ……」

春香「この部屋ですね、プロデューサーさん!」

響「どこだー! 美希の探し物はどこだー!?」

雪歩「……っ!? は、春香ちゃんに響ちゃん? ……どうかしたの?」

春香「プロデューサーさん、雪歩がいる位で変わった物は……」

P「みたいだな……。すまん、雪歩、食事中に邪魔したな」

雪歩「い、いえ……」

美希「あー! ミキの探し物、見つけたの!」

響「えっ? ど、どこだ?」

美希「ほら、今雪歩が持ってるよ。それがミキの探し物なの」

P「……ああ、なるほど」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:07:45.93 ID:Lj6renei0

春香「雪歩の持ってるのって、まさか……」

響「おにぎりのこと?」

美希「正解だよ。雪歩……ミキに隠れておにぎり食べるなんて許さないの!」

雪歩「ご、ごめんなさい……美希ちゃん気持ち良さそうに寝てたから、起こしちゃダメだと思って……」

P「あー、だからここで隠れて食べてたのか。っていうか、これは雪歩のおにぎりだろうが……」

美希「それでもズルいものはズルいの!」

響「い、言ってることが無茶苦茶だぞ……」

雪歩「あ、あの……美希ちゃんの分もちゃんと買って来てあるから」

美希「……中身は?」

雪歩「おかかとたらこだけど……」

美希「雪歩大好きなのー!」

P「態度変えす……まあいいか」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:13:29.27 ID:Lj6renei0

P「という訳で、効果は実証されたな」

春香「すごいですね、本当に見つけちゃうなんて」

響「普通のペンにしか見えないのに……どうなってるんだろ?」

P「さあな。さて、そろそろ仕事に――」

律子「はい、ええ。あー……わかりました、今から見つけに行きます」

春香「電話、なにかあったんでしょうか……律子さん、忙しいから大変ですね」

響「プロデューサーも見習った方がいいと思うぞ」

P「お前達のせいだろうが……」

律子「あっ、プロデューサー。すいません……お願いがあるんですが」

P「おう、どうした律子?」

律子「実は……あずささんがまた道に迷ってしまって」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:19:33.52 ID:Lj6renei0

P「あ、あずささんが?」

律子「ええ……この後に仕事があるわけではないので、急いではいないんだけど……」

P「あずささんが心配ってことか……。わかった、協力するよ」

律子「ありがとうございます。でも、簡単に見つかるかしら……」

春香「電話の相手、あずささんですよね? なにか言ってなかったんですか?」

律子「ローソンを出て、右に曲がってさらに角を右に曲がって」

響「うんうん」

律子「次の角をさらに右に曲がって、もう一度曲がって進むとローソンがある場所、って」

P「……それ、最初にいたローソンだよな」

律子「……はい」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:22:52.56 ID:Lj6renei0

春香「あっ、プロデューサーさん。あの方法で探してみたらどうですか?」

律子「あの方法?」

P「そうだな……闇雲に探すよりはマシか」

律子「なにか考えでもあるんですか?」

P「ああ。こうやってペンを立てて……」

律子「……あのー、プロデューサー殿?」

響「律子、今はプロデューサーに任せた方がいいと思うぞ」

律子「はあ……」

P「あずささんの場所は――」

パタッ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:28:09.49 ID:Lj6renei0

響「倒れたのは……あっちだね! ……あっちってどっち?」

P「アプリのコンパスで調べてみるか……北北東だな」

律子「あの……もしかして、そんなおまじないで見つかるとでも?」

P「いいから探してみろって。俺達はこの辺を探すからさ」

律子「……よくわからないけど、信じてみますか。私は車で探してみます」

P「わかった。見つかったらまた連絡してくれ」

律子「ええ、行ってきます。……本当に見つかるのかしら」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:33:16.30 ID:Lj6renei0

三十分後

P「おっ、電話だ……もしもし?」

律子『ぷ、プロデューサー! 本当に見つかりました!』

P「おー、よかったよかった。あずささんは無事だったか?」

律子『ええ。言われた方に進んでいたら、人だかりができていたので見てみると』

P「あずささんが見つかったってわけか」

律子『はい! 今から事務所に戻りますね』

P「ああ、気を付けてな」ピッ

P「……というわけだ」

春香「よかったー……。でも、すごいですね、プロデューサーさん」

響「四回連続……ここまできたらもう疑えないぞ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:40:38.78 ID:Lj6renei0

しばらくして

あずさ「本当にご迷惑をおかけしてしまって……」

P「いえいえ、気にしないでください。あずささんが無事ならそれでいいですから」

響「そうだぞあずさ。それ位ならなんくるないさー」

春香「人間、誰でも失敗はありますよ」

P「……鍵なくしたやつとペット見失ったやつが言える台詞じゃないよな」

春香・響「うっ……」

あずさ「でも、律子さんから聞いたんですけど……おまじないがどうとか」

P「ええ。ペンを立てて倒すだけで探し物、探し人、探しハムスターとなんでも見つけますよ」

響「あずさもなにか探してるなら、プロデューサーにやってもらったら?」

あずさ「そうねえ……あっ」

春香「なにか探しているものがあるんですか?」

あずさ「私の運命の人……とか、どうでしょうか?」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:46:06.49 ID:Lj6renei0

P「運命の人、ときましたか。うーん、どうですかねえ……」

春香「迷ったあずささんも見つかったんですし、もしかしたら……」

P「でも、こんなやり方で見つけちゃってもいいんですか?」

あずさ「私も占いやおまじないは好きですから、ちょっと試してみたいなー……なんて」

P「そういえばそうでしたね」

あずさ「ええ。ですから、ほとんどが当たらない……ということもわかっていますよ?」

響「信じてないみたいだぞ、プロデューサー」

P「まあ、当たるも八卦とかなんとか……やってみるか」

P「えっと、あずささんの運命の人は――」

パタッ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:53:10.98 ID:Lj6renei0

響「倒れたけど……えっと」

春香「倒れたのは……プロデューサーさんのいる方向ですね」

P「みたいだな。あずささん、あっちにいるみたいですよ」

あずさ「あっち、ですか。では、今から探しに……」

響「す、ストーップ! あずさ、そのままだとまた迷っちゃうぞ!」

あずさ「あっ、それもそうね……またいつか探してみようかしら」

P「でも、今その人がいる方向ですから、その人が動く可能性もあるんですよ」

春香「それだと見つけるの大変そうですね……」

あずさ「うーん……プロデューサーさん、もう一度やってもらってもいいですか?」

P「ええ。これで方向が変わったら動いてるってことがわかりますね」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 03:57:26.50 ID:Lj6renei0

あずさ「その前に、席を替わってもらってもいいですか?」

P「席を? 別に良いですけど、どうしてですか?」

あずさ「占いやおまじないって、やる人の場所も結構関係するんですよ」

P「へー、なんだか風水みたいですね」

あずさ「ええ。たしか、こっちの方角よりもあっちの方が……」


響「……あずさ、真剣だね」コソコソ

春香「……うん、黙ってみていた方がよさそうだね」コソコソ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:01:46.24 ID:Lj6renei0

P「結局、俺とあずささんが入れ替わっただけですね」

あずさ「これで大丈夫だと思います。……お願いします」

P「わかりました。あずささんの運命の人は――」

パタッ

春香「倒れたのは……あれ? またプロデューサーさんの方ですね」

響「さっきとは真逆だぞ? そんなことあるのか?」

P「うーん……その人は飛行機に乗ってるとか」

春香「それだと、余計に探すのは難しそうですね……」

あずさ「……」

響「あずさ、どうしたんだ?」

あずさ「……もしかして」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:06:46.71 ID:Lj6renei0

あずさ「プロデューサーさん、もう一度場所を入れ替わってもらってもいいですか?」

P「もう一度ですか? 別に良いですけど……では、こっちにあずささんで」

あずさ「……はい、これで入れ替わりました。もう一度ペンを倒してもらえますか?」

P「いいですよ。あずささんの運命の人は――」

パタッ

春香「あれ? またプロデューサーさんの方だ……」

響「そ、そんな簡単に移動できるのかな……不思議だぞ」

P「どうなってるんだろう……」

あずさ「そっか……やっぱりそうなんですね、ふふっ」

P「……あずささん?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:11:25.20 ID:Lj6renei0

あずさ「プロデューサーさん、今度は隣に来てもらえますか?」

P「え、ええ。それでまたやってみればいいんですか?」

あずさ「はい、お願いします♪」

P「では失礼して……よっと。いきますよー、あずささんの運命の人は――」

パタッ

春香「また、プロデューサーさんの方に……あれ? これって……」

響「ま、まさか……!」

あずさ「ええ、そうみたいね~」

P「えっ? もしかして、運命の人が誰かわかったんですか?」

あずさ「はい。多分、そうだと思います。ふふふっ……」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:15:36.68 ID:Lj6renei0

P「それ、いったい誰なんですか?」

あずさ「あらあら、プロデューサーさん……お気づきになっていないんですか?」

P「ええ、さっぱりですね……教えてもらえますか?」

あずさ「うーん、どうしようかしら?」

春香「だ、ダメですよプロデューサーさん! この結果は間違ってます!」

響「そ、そうだぞ! こんなのインチキだ!」

P「どうしたんだ二人とも、さっきまで信じてたじゃないか」

春香「そ、それは……」

あずさ「それなら、二人も占ってもらったらどうかしら?」

響「じ、自分達も?」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:19:20.19 ID:Lj6renei0

あずさ「もしかしたら、私と同じ方向に倒れるかもしれないわよ?」

春香「同じ方向……プロデューサーさん、お願いします!」

響「自分達の運命の人も探してみてよ!」

P「いや、さっきインチキって言ったばかりだろうが」

春香「そ、それは……と、ともかくお願いします!」

P「わかったわかった。面倒だから二人同時にやるぞー」

響「なんかテキトーになってる気がするぞ……」

P「俺も仕事があるんだって。赤いペンが春香、青い方が響な」

P「えっと、それぞれの運命の人は――」

パタッ



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:23:56.51 ID:Lj6renei0

春香「倒れた! えっと赤い方が私で……」

響「青い方が自分だね。えっと……あれ?」

P「赤い方は響の方、青い方は春香の方を向いてるな」

あずさ「あら? これってもしかして……」

春香「ひ、響ちゃん……席、入れ替わってみる?」

響「う、うん……」

P「入れ替わったけど、もう一回やればいいのか?」

春香「お、お願いします!」

P「春香と響の運命の人は――」

パタッ

春香「赤い方は……響ちゃんに」

響「青い方は……春香の方」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:28:11.99 ID:Lj6renei0

P「また真逆か……どうなってるんだ?

あずさ「あ、あらあら……これだと」

春香・響「……」

響「は、春香……」

春香「ひ、響ちゃん……」

響「……春香!」 

春香「……響ちゃん!」


春香・響「――って違う違うちがーう!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:34:42.27 ID:Lj6renei0

P「なんだよお前達……見つめ合ったと思ったら急に大声出して」

春香「プロデューサーさん! これ、やっぱりあてにならないと思います!」

響「春香の言う通りだぞ! インチキだ、デタラメだー!」

P「お、落ち着けって……」

律子「ちプロデューサー! そろそろ真面目に仕事してください!」

P「り、律子? いたのか……」

律子「いたのか、じゃないですよ。そんな暇があったら仕事仕事!」

P「わ、わかってるって。おっ、そうだ……ペンの力で仕事でも探してみるか」

響「それ、インチキだからね。絶対見つからないぞ!」

春香「うんうん、その通りです!」

P「お前ら仲いいな……えっと、春香と響の仕事は――」

パタッ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:43:00.99 ID:Lj6renei0

あずさ「えっと、ペンの方向は……テレビ位しかないですね」

P「テレビねえ……試しにつけてみるか」

『次のコーナーはあなたが街で見かけた不思議な人を番組が探す――』
『あの人はだれ? です! 今回は二通、ご紹介します。まずは』

響「……テレビなんか観てお仕事見つかるの?」

P「さあ……」

『ワニや大型犬や蛇、たくさんの動物を連れた少女と』

春香「あれ? それって……」

『三分間で五回ころんでも歩き続けるリボンの少女、この二通の情報を募集します!』

あずさ「この二人って、もしかして……」

P「春香と響、ですね……」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:48:53.53 ID:Lj6renei0

P「……律子、今すぐテレビ局に電話してくれ!」

律子「わかりました。えっと、その番組はたしか東都テレビだから……」

春香・響「……」

P「とりあえず一つ、仕事決まったな。どうだ、これでも疑うのか?」

春香「……これはなにかの間違い。きっと、間違い……」

響「春香……今日は一緒に帰ろ……」

春香「うん……それではプロデューサーさん、さようなら……」


P「……なんであの二人元気なくなったんですかね?」

あずさ「さあ、どうしてかしら?」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 04:55:59.86 ID:Lj6renei0

P「ところであずささん、さっきの話なんですけど」

あずさ「さっきのお話?」

P「結局、あずささんの運命の人って誰なんですか?」

あずさ「……プロデューサーさん、知りたいですか?」

P「ええ、あのおまじないの結果も知りたいですし」

あずさ「ふふっ、どうしようかしら~?」

P「気になりますね……教えてくださいよ」

あずさ「そうですね……あっ、それなら」

あずさ「その人が本当に運命の人かどうか、二人で確かめに行きませんか?」

P「二人で、ですか?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 05:04:04.84 ID:Lj6renei0

あずさ「プロデューサーさんが一緒なら、きっと見つかると思うんです」

P「俺と一緒に……? ああ、なるほど。道に迷わないようにするためか」

あずさ「……この様子だと、やっぱり少し時間がかかるかしら」

P「時間がかかるんですか?」

あずさ「ええ、……多分」

P「それなら、二人が休みの日がいいですかね」

あずさ「えっ? あの、それって……」

P「あずささんの運命の人探し、俺も協力しますよ」

あずさ「ふふっ……ありがとうございます、プロデューサーさん」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 05:09:16.40 ID:Lj6renei0

P「でも、どこを探せばいいんですか? あてとかあります?」

あずさ「そうですねえ……遊園地、映画館、ショッピング、どれにしようかしら?」

P「候補は色々あるんですね……ペンを倒して決めますか?」

あずさ「いえ、その必要はないと思います」

P「えっ? 必要ないんですか?」

あずさ「ええ。プロデューサーさんとなら、どこにペンが倒れても一緒ですから」

P「……?」

あずさ「そのうちわかりますよ。そのうち……ね?」

終わり


元スレ
P「探し物ならこうやってペンを立てて……」