1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:16:39.05 ID:1So8Rjkn0.net

妹「いつも言ってんだろうが、くそったれ」

兄「お前の素行の悪さを、生徒会長として見逃すわけにはいかん」

兄「茶髪もスカート丈も校則違反だ」

妹「うるせーんだよ。ばーか」

兄「おい、待て。どこへ行く」

妹「どこ行こうが私の勝手だろうが!」

兄「……行ってしまった」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:18:27.67 ID:1So8Rjkn0.net

妹「ちっ、むしゃくしゃすんな……」

DQN先輩女「おい、お前。ちょっと待てよ」

妹「ハァ? なんすか」

DQN先輩女「なんすかだぁ? てめーなめてんのか」

DQN先輩女「挨拶もしねーで通り過ぎようとしやがって」

妹「お前なんかなめねーよ。気持ち悪い」

DQN先輩女「……ちょっとこっち来いや」

妹「どこ連れてってくれんすかねぇ?」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:20:32.31 ID:1So8Rjkn0.net

~校舎裏~

DQN先輩女「今さら青ざめたっておせーんだよ」

DQN先輩女2「前から気に入らなかったんだよね、こいつ」

DQN先輩女3「1年坊がよ。なめやがって」

DQN先輩男「ボコしたら犯っちゃっていいの?」

DQN先輩女「おう。好きにしろよ」

妹「ふーん。こんなに集めてパーティでもするつもりなの?」

DQN先輩女「てめぇ! 調子乗んな!」

DQN先輩女「お前ら! 殺してやれ!」

一同「おう!」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:22:40.20 ID:1So8Rjkn0.net

妹「で? 一人でどうするつもり?」

DQN先輩女「なっ……」

DQN先輩女「こいつらが、一瞬で……」

妹「ねぇ?」

DQN先輩女「ひっ……」

妹「ふん。あんたは見逃してあげるよ」

妹「そいつら全員病院に連れてってやんな」

妹「じゃあねー、先輩」

DQN先輩女「…………くそっ」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:24:56.57 ID:1So8Rjkn0.net

~自宅~

兄「いいから早く髪を黒染めしろ」

兄「新しい制服も注文しておいてやったぞ」

妹「うっせぇ! 勝手なことしてんな!」

兄「ふむ。なんなら髪も俺がやってやろうか」

妹「いてぇ! 離せ!」

兄「この兄に力でかなうはずなかろう」

妹「いでででで……」

兄「あ」

妹「髪は……女の命なのに……」

兄「何も泣くことなかろう……。仕方ない、分かった」

兄「明日まで待ってやるから、それまでに黒くしておけよ」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:27:05.16 ID:1So8Rjkn0.net

~妹自室~

妹「あの馬鹿兄貴……」

妹「人の気も知らないで」

妹「ただ、構ってもらいたいだけなのに」

~兄自室~

兄「少しやりすぎたか」

兄「しかし、これも妹を思うが故」

兄「許してくれ。妹よ」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:29:28.85 ID:1So8Rjkn0.net

翌日 ~学校~

DQN先輩女「オラァ! 死ねや! このいじめられっ子のいじ娘が!」

いじ娘「痛い! やめてぇ……」

DQN先輩女「あははははははーーー!!!!」

いじ娘「うぅぅぅぅーー…………」

妹「何楽しそうなことしてんすか? 先輩」

DQN先輩女「うっ……。妹……」

妹「私も混ぜてくださいよー」

妹「まぁ私は、いじ娘さんの方に付きますけど」

DQN先輩女「ちっ……」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:31:49.57 ID:1So8Rjkn0.net

いじ娘「あ、あの。助けてくれて、どうもありがとう」

妹「いいってば。いじ娘さんも、もっとしゃんとしてください」

いじ娘「あうぅー……。そうだよねぇ……」

いじ娘「私がどんくさいせいで、この子取られちゃったの……」

妹「その写真って、……子犬?」

いじ娘「……うん。私が校舎裏で飼ってたんだけど」

いじ娘「連れてかれちゃった」

妹「……どこに?」

いじ娘「……体育倉庫」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:33:55.52 ID:1So8Rjkn0.net

いじ娘「ダメだよ! 妹ちゃん!」

妹「離せって! 私がその子取り返してくる!」

いじ娘「だって、あっちは何人いるか分からないんだよ!?」

妹「はっ。あんな雑魚、何人いても変わらないって」

いじ娘「……」

妹「だから。私みたいなクズのこと、そんな心配しなくていいよ」

いじ娘「ううん。妹ちゃんはクズなんかじゃないよ」

いじ娘「とっても優しい子だよ」

妹「……」

いじ娘「だから、私も着いていくよ」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:37:03.66 ID:1So8Rjkn0.net

兄「ふむ。教室にもいないか」

兄「妹はどこに行ったのだ」

兄「黒染めして来たのか確認せねばならんのに」

先生「おお、ちょうど良かった、兄君。ちょっと話があるんだが」

兄「これはこれは、先生ではないか。はて、何かな。」

先生「いやね、妹さんの素行の悪さはどうにかならないのかと思ってね」

先生「全く、君と血のつながった兄妹ってのが信じられないよ」

兄「貴様」

先生「うぐっ! 何を……」

兄「先生と言えど捨て置けんな。その発言、取り消してもらおうか」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:39:20.36 ID:1So8Rjkn0.net

~体育倉庫~

DQN先輩女「なんだ? 飛んで火にいるなんとやらってやつだな」

妹「へー、ずいぶんいるね。今日はサッカーでもやる気?」

いじ娘「……」

DQN先輩女「いや? ……しいて言えば、野球かな」

DQN先輩女「みんなー。ボールは持った?」

一同「うーい!」

DQN先輩女「……せーの!」

妹「……っ!? いじ娘さん! 危ない!」

いじ娘「あっ……」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:41:25.02 ID:1So8Rjkn0.net

兄「ふん。無駄な時間を食ったな」

兄「さて、妹はいずこへ」

一般生徒「生徒会長! 妹さんを探しているんですか?」

兄「うむ。どこにも見当たらんのでな」

一般生徒「さっき、体育倉庫の方へ向かうのを見かけましたよ」

兄「? あそこは今、使われていないはずだが」

一般生徒「最近は、不良のたまり場になってますね」

一般生徒「噂だとタバコを吸ったり、飲酒までしているとか」

兄「それは許せんな。生徒会長として見逃すわけにはいかん」

兄「協力感謝する。では」



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:43:36.83 ID:1So8Rjkn0.net

いじ娘「やめてぇえええ! もうやめてよぉぉぉおおおおお!!!」

DQN先輩女「うっせぇ! お前もやんぞ!」

いじ娘「ひっ……!」

DQN先輩女「でぇ? 妹ちゃん。どんな気分?」

DQN先輩女「両手足縛られてボコられるのはさぁ」

妹「……てめーのツラくらい、最悪な気分かな」

DQN先輩女「……立場分かってねぇのか、コラァ!」

妹「…………っっっ!!!!!」

いじ娘「もうやめてぇ……」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:46:16.35 ID:1So8Rjkn0.net

兄「むっ、しまった」

兄「体育倉庫へ向かう渡り廊下の鍵が閉まっておる」

兄「さて、どうしたものか」

兄「職員室に鍵を取りに戻るか」

兄「うーむ」

兄「面倒くさいから窓ガラスが割れていたことにしよう」

兄「どうせ不良のたまり場なんだし」

兄「どうとでも言い訳はつく」

兄「せいっ!」

兄「よし、道は開けたな」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:48:47.14 ID:1So8Rjkn0.net

妹「ごふっ……」

DQN先輩女「硬球何発も食らって、死ぬほど殴る蹴るされてるのに」

DQN先輩女「なんでまだ意識あるわけ? 神経通ってないの?」

妹「……はぁ。無神経なもんで」

DQN先輩女「そろそろその減らず口、塞いでやろうかな」

DQN先輩女「おーい。お前ら、こいつ犯っちゃえよ」

DQN先輩男「こんなボコボコのやつ犯すの?」

DQN先輩男2「ちゃんと立つかな……」

妹「な、何する気だよ! 寄るな!」

DQN先輩女「なぁーんだ。ちゃんとそういう声も出せるんじゃん」

DQN先輩女「最初からそれなら、許してやっても良かったのになぁ」

妹「やめろよぉぉぉおおお!!!!!」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:50:55.93 ID:1So8Rjkn0.net

妹「ふざけんなっ! 殺すぞ!」

DQN先輩女「うるせーってんだよ、オラァ!」

妹「うぐっ……うぅ……」

DQN先輩女「今さら泣いたっておせーの」

DQN先輩男「もう顔殴るなって。ただでさえボコボコなんだから」

DQN先輩女「ねぇ妹ちゃん。これから滅茶苦茶に犯されるわけだけど」

DQN先輩女「今はどんな気分?」

妹「……ぅ」

DQN先輩女「あはははは! 顔ぐしゃぐしゃじゃん! キモっ!」

DQN先輩男「あん? なんだおま」

兄「ふむ。これはどういうことだ」

妹「お兄ちゃん!」

DQN先輩男「……」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:53:10.17 ID:1So8Rjkn0.net

DQN先輩女「おい! 男! どうしたんだよ!」

兄「もうそいつは目覚めんぞ」

DQN先輩女「なっ……」

兄「時に妹よ。大丈夫かな」

妹「うん! お兄ちゃんが来てくれたから平気!」

兄「ふむ。お兄ちゃん、か。いい響きだ」

妹「あ……。兄貴……」

兄「さて、いじ娘君も大丈夫か?」

いじ娘「……ぅ、うん」

DQN先輩女「くっ、こいつ……。お前ら! やっちまえ」

一同「……」

兄「ああ、ここにいる全員。しばしの間眠ってもらった」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:56:20.14 ID:1So8Rjkn0.net

兄「いいか。お前らのような手合いはクズと呼ぶんだ」

兄「自分でやったことの責任すら自分で持てないのだからな」

兄「ところで少年法というのを知っているか」

兄「あれは、お前らは半人前だから罪を軽くしましょう、という法律だ」

兄「つまりお前らは半端者なのだ」

兄「何もできないくせに、何でもできると思っている愚か者が」

兄「法がお前ら甘やかすというのなら、代わりに俺が裁いてやろう」

兄「俺の唯一である家族を傷つけたんだ」

兄「その罪を清算させてやる。正確に表現するならば」

兄「お前を殺す」

DQN先輩女「あわわわわ……」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 01:59:03.01 ID:1So8Rjkn0.net

兄「ふん。気を失いおったか。愚図めが」

兄「さて、妹よ。病院へ行こうか」

妹「……お兄ちゃん。迷惑かけてごめんなさい」

いじ娘「違うの! 妹ちゃんは何も悪くないのよ!」

いじ娘「私のわんちゃんを取り返そうとしてくれたの!」

兄「わんちゃん?」

いじ娘「……うん。あそこにいるのよ」

子犬「くぅん」

兄「ふむ。かわいらしいな」

いじ娘「だから妹ちゃんは悪くないの!」

妹「……」



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:01:46.02 ID:1So8Rjkn0.net

兄「我が妹が悪くないだと?」

妹「……」

兄「……そんなことは言われずとも分かっておる」

兄「こいつは昔から心優しい子だ」

妹「……お兄ちゃん」

兄「いじ娘君は、どこも怪我をしていないかな」

いじ娘「う、うん。妹ちゃんが助けてくれたから」

兄「そうか。ではおいとまするとしよう」

妹「……何その構え」

兄「久々におんぶをしてやる。兄の背中は大きいだろう?」

妹「……別に。歩けるからいいよ」

兄「………………それは残念だ」



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:04:14.86 ID:1So8Rjkn0.net

DQN先輩女「200まんえん!?」

先生「ああ。あそこはガラスに特殊な素材が入っててな」

先生「そのせいで、まわりのコンクリートごとえぐれているんだ」

先生「いったいなんであんなことをしたか知らんが……」

先生「壁面全体とガラスの弁償代」

先生「しめて200万円だ。正確には204万8600円だが」

DQN先輩女「……私は、やってないよ」

先生「生徒会長が見た、と言ってるんだ」

先生「疑う余地はあるまい? 監視カメラにもお前がちゃんと写っとったし」

DQN先輩女「嘘だ……」



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:07:01.85 ID:1So8Rjkn0.net

~自宅~

兄「はっはっは。かわいいではないか」

妹「わ、笑うなよ。兄貴がやれって言ったんだろ」

兄「はは。これはすまん。しかし、やはり黒髪の方が似合うぞ」

妹「……ホント?」

兄「うむ。そちらの方が断然かわいい」

妹「……えへへ。そっか」

兄「まぁ。スカートは短い方がいいがな」

妹「えっ」

兄「俺が学校側に掛け合って、校則の方を変えるとしよう!」

妹「……この変態!」



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:09:07.07 ID:1So8Rjkn0.net

翌日 ~学校~

DQN先輩女「1000まんえん!?」

兄「大声を出すな」

兄「大事な妹の顔に傷がついたんだからな」

兄「まぁ最近の医療技術は素晴らしいもので、元通りにはなったが」

兄「なにぶん保険適用外なもので、治療にそれだけかかってしまった」

兄「その費用に1000万円。正確には1027万4800円だ」

DQN先輩女「嘘だ……」

兄「はっはっは。こやつめ、なかなか面白い顔をしよるわ」



62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:11:31.73 ID:1So8Rjkn0.net

妹「兄貴ー」

兄「なんだ。もうお兄ちゃんとは呼んでくれないのか」

妹「呼ばねーよ! この馬鹿!」

兄「残念至極だな。ところで何用だ」

妹「その、今まで私たくさんの人に迷惑かけたから……」

妹「謝って回りたいんだ。でも私一人じゃ、相手も嫌がると思うんだよ」

兄「つまり、この兄もその謝罪行脚について回れと」

妹「う、うん。……ダメかな?」

兄「かわいい妹の頼みだ。ダメなわけなかろう」

妹「……ありがとう」

兄「ははは。泣くやつがあるか」



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/09(水) 02:14:31.11 ID:1So8Rjkn0.net

兄「その涙は、謝罪するときのためにとっておけ」

妹「……そうだね」

妹「ごめんね。兄貴」

兄「何がだ?」

妹「いつもいつも。兄貴に迷惑かけてばかりで」

兄「ははははは。そんなことか」

兄「この兄になら、いつでも迷惑をかけてくれて構わぬのだぞ」

兄「なぜならそれが、家族というものなのだからな」

妹「えへへ。……そうだよね。ありがとう、兄貴」

兄「うむ。では、出かける準備をするか」

妹「うん!」

終わり


元スレ
妹「学校で話しかけんなよ!馬鹿兄貴!」