1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 04:26:02.81 ID:D9szgbB5O

結衣「そんなわけないよっ!」アセアセ





5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 05:38:13.93 ID:6kGjX1ze0

結衣「そ、そもそもお前、課題のプリントまだ終わってないだろ!余計な事に気を取られてると終わらないぞ!」

京子「う、うう、そうだった……」

結衣(よ、よし、何とか誤魔化せた……)ホッ

京子「……ゆいぃ、これ、判んないよ、教えて?」

結衣「も、もう、しょうがないな、京子は、どれどれ?」

京子「結衣、私の隣に来てよ、見にくいでしょ?」

結衣「ん、そだね」スッ

結衣「えっと、これはね」

京子「……」モミッ

結衣「ひゃあ!?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 05:41:56.19 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょ、京子、どこさわってるのっ///」

京子「ゆいのこかん」

結衣「ちょ、やめて、揉まないでっ///」

京子「んー……結衣さあ」サワサワ

結衣「や、やめっ///」

京子「やっぱり、生えてない?」

結衣「は、生えてる訳ないだろっ!ふあっ///」

京子「じゃあ、私の掌の中でおっきくなってるのは何なの?」モミッ

結衣「う、ううっ//」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 05:47:26.42 ID:6kGjX1ze0

京子「ゆい」スッ

結衣「ちょ、京子、顔近いっ///」

京子「昨日の夜、私の寝顔見ながら、してたでしょ?」

結衣「……!」

京子「あの時ね、私、本当は起きてたんだ」

結衣「な、な、なっ」

京子「私、凄くショックだった、結衣にそんなのが生えてる事もだけど、そんな眼で見られてたって事の方がショックだった」

結衣「きょ、京子……」

京子「私ね、結衣を嫌いになっちゃうかも」

結衣「え……」ビクッ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 05:50:41.42 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょ、きょうこ?」

京子「だって、そうでしょ、毎日泊りに行くほど仲が良かった友達が、実はそんな性癖を持ってたって判ったんだから」

京子「普通は、嫌いになるよ……」

結衣「え、え、え」

京子「私を泊めてくれてたのだって、あの、ネタにする為だったんでしょ?」

結衣「ち、ちがうよ!違う!それは違う!」

京子「何が違うの?」

結衣「わ、わたしは、私はそんな理由で京子を泊めてた訳じゃない!し、信じて!」

京子「ええー、だって、実際に、しちゃってたじゃん」

京子「私をネタに、やってたじゃん、結衣」

結衣「あ、あれは、違うの、違うんだよ京子」

京子「何が違うの?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 05:57:40.38 ID:6kGjX1ze0

結衣「私、あの、突然こんな物が生えて、それで、訳が判らなくて、混乱して……」ウルッ

結衣「京子に話そうと思ったけど、嫌われるのが怖いから出来なくて」ヒック

結衣「昨日だって、京子の事を眺めながら、色々悩んでたら、なんでか判んないけど、コレが大きくなってきて」グスン

結衣「ど、どうしても、抑えられなくて、我慢できなくて……」ヒックヒック

京子「結衣……」

結衣「ごめん、許して、京子、お願い、私を嫌いにならないでよぉ」ヒックヒック

京子「ん、大丈夫だよ、結衣」ナデナデ

結衣「……!」

京子「ありがとうね、告白してくれて、ありがと」ギュッ

結衣(あ、京子が、抱きしめてくれた、私を、抱きしめてくれた……)ウルッ





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 06:02:30.74 ID:6kGjX1ze0

京子「結衣は、悪くない、悪くないよ」ナデナデ

結衣「う、うん、ありがとう、京子、ありがとう……」ゴシゴシ

京子「悪いのは、この股間でおっきくなってるコレだよね……」モミッ

結衣「ひゃっ///」

京子「結衣、どうしよう、このおっきくなってるの、どうしよう?」サワサワ

結衣「きょ、きょおこ、だ、だめ、そんなに揉んだら///」

京子「だって、悪いのは全部このおっきいのなんだよ?じゃあ、お仕置きしないと……」ギュッ

結衣「や、だ、だめっ///」

結衣「きょおこ、だめぇぇぇぇっ!」ビクビクッ

京子「え……」

京子「結衣のパンツの中で膨らんでたのが、小さくなった」

結衣「う、うう……」ガクッ



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 06:09:28.53 ID:6kGjX1ze0

京子「結衣、大丈夫?」ナデナデ

結衣「だ、だいじょうぶじゃ、ない……」グッタリ

京子「んー、まさかちょっと強めに握っただけでイっちゃうなんて……」

結衣「だ、だって、触ってるのが京子だったし、あの、凄く興奮して///」

京子「……へえ、私に触られると、結衣は興奮するんだ」

結衣「え、あっ///」

結衣(し、しまった、つい本音が///)

結衣(こんな事言ったら、京子に嫌われちゃうっ!)

京子「ありがと、結衣」

結衣「え?」

京子「私なんかで興奮してくれて、ありがとうね?」

結衣「きょ、京子……」

京子「私、凄く嬉しかったよ、結衣に興奮して貰って」ニコ

京子「だって、だって、私は、ずっと前から、結衣の事が好きだったから……」

結衣「……!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 06:15:06.01 ID:6kGjX1ze0

結衣(京子が、私の事を……そんな、ゆ、夢みたい///)

結衣(そ、そうだ、私の方からも、気持ちを伝えてあげないと!)

京子「ごめんね、結衣」

結衣「あ、あやまらないでよ、京子、私だって、私だって、京子の事がっ」

京子「ごめんね、結衣」ニギッ

結衣「んあっ!?」

京子「私もね、結衣が興奮してる様子を見て、興奮しちゃったみたいなの、だから、ね?」サワサワ

結衣「きょ、京子、だ、だめっまださっきイったばかりだからっ///」

京子「パンツ越しにじゃ、駄目って事かな?」

京子「じゃあ、中に手を入れてあげるね……」スッ

結衣「んんっ///」

結衣(京子の指が、直接私のにっ///)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 06:53:32.37 ID:6kGjX1ze0

京子「うわ、結衣、これ、凄く熱くなってるよ……」サワサワ

結衣「んくっ、きょ、きょうこ、そ、そんな、触っちゃだめぇ///」

京子「あ、おっきくなってきたよ、結衣、やっぱり直接触ってほしかったんだ……」

結衣「ち、ちがっ///」

京子「もう、やっぱり結衣はえっちだなあ」スッ

結衣(え、京子の顔が近付いて……)

京子「そんならえっちで可愛い結衣を見てると、ますます我慢できなくなっちゃうよ……)


チュッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 07:01:45.38 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょ、きょうこ///」

京子「ん、やっぱり、結衣の唇、柔らかい……」

京子「もっと、キスしていい?私、結衣とキスしたいの」

結衣「う、うん、いいよ、京子、だって、私も、私も京子の事が、んぐっ」

京子「ん……はぁ、結衣……」チュッレロッ

結衣「きょ、きょうこぉ、わたし、わたしぃ……」

京子「ゆい、かわいい、可愛いよ、んっ」チュッチュプ


ニギッ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 07:05:01.28 ID:6kGjX1ze0

結衣「んんっ///」

結衣「だ、だめ、んんんっ」チュッチュッ

京子「何が駄目なの、結衣……」チューッ

結衣「ぷはっ、きょうこ、そこ、さわっちゃ、んぐっ///」チュッチッ

京子「結衣の、だんだん、固くなってるよ、私にキスされながら触られて、こんなに……」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 07:07:17.16 ID:6kGjX1ze0

結衣「んんっ、き、きもちいい、の、京子に、キスされて、嬉しくてっ、ひゃぅっ///」

京子「気持ちいいんだ、結衣、こうされて、気持ちいいんだよね?」シュッシュッ

結衣「きょうこ、ああっ、きょうこきょうこきょうこっ」

京子「結衣、大好きだよ、愛してるの、結衣、結衣っ」ギュッ

京子「凄く可愛い、可愛い結衣、結衣っ」シュッシュッ

結衣(ふあ、京子に抱っこされて、いけない所をしゅっしゅってされてる///)

結衣「きょうこ、わたし、わたし、嬉しいよ、京子、うれしいよお///」ギュッ

京子「結衣、ゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいゆいっ」

結衣「いっぱいよんで、きょうこ、わたしのこと、もっといっぱいよんでっ」

結衣「んっっ!」ビクンッ

京子「……だいすき」ギューーーッ

結衣「んんんんんんんんんんっ!!!!」ビクビクビクッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 07:15:01.72 ID:6kGjX1ze0

結衣「はぁ…はぁ…はぁ…」ガクリ

京子「結衣、またイッちゃったんだ……」

結衣「ご、ごめん、私だけ……」ハァハァ

京子「ん、いいよ、結衣」ニコ

結衣「きょ、きょうこ……」

結衣(京子は、やっぱり優しいな、こんな私を、いっぱい愛してくれて)

京子「ほら、次、しよっ?」

結衣「……え?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 07:17:33.55 ID:6kGjX1ze0

京子「ほら、もう結衣のパンツの中、ぐちょぐちょになってるからさ」スッ

結衣「ひゃっ///」

京子「うん、凄くぬるぬるしてるよね、結衣のアソコ」

結衣「ちょ、ちょっと、待って、京子っ」ズザザッ


ドンッ


結衣(うっ、後ろ壁だから、逃げられないっ///)

京子「ほら、またいっぱい、触ってあげる、ぬるぬるになってる結衣のあそこ、いっぱい……」

結衣「だ、だめだって、京子!そんな何度もは!」ブンブンブンッ



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 15:59:49.83 ID:6kGjX1ze0

京子「駄目なの?」

結衣「う、うん、これ以上は、辛いよ、きょうこぉ……」ウルッ

京子「じゃあ、結衣がまたおっきくなるまでは、触るのをやめておいてあげる」

結衣「ほ、ほんと?」

京子「うん、結衣が辛いのに、無理やりっていうのも可哀そうだしさ」ニコ

結衣「あ、ありがと、京子……」ホッ

京子「結衣……」スッ

結衣「え、な、なに?」

京子「大好き」ボソッ

結衣「……!」

京子「可愛かったよ、結衣」ボソッ

結衣「きょ、きょうこ、耳元でささやかないでっ///」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 16:01:09.23 ID:6kGjX1ze0

京子「さっきも言ったけど、私、興奮しちゃってるんだ」ボソッ

結衣「……!」

京子「だからね、結衣がおっきくしたら、私のアソコに、ね?」ボソッ

結衣「え……」

京子「結衣も、私と気持ちいい事したいでしょ?」ボソッ

結衣「きょ、きょうこ」ハァハァ

京子「あ……」

結衣「え?」

京子「結衣、またおっきくなってきたよ」

結衣「え、あ、こ、これは///」

京子「結衣、私とえっちな事するのを想像して、またおっきくなっちゃったんだ」ニギッ

結衣「だ、だめっ、京子っまだ辛いよぉっ///」

京子「だーめ、おっきくしちゃったんだから、続行おっけーだよね?」サワサワ

結衣「んんっ///」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 16:07:34.28 ID:6kGjX1ze0

京子「結衣、ほら、横になって?」

結衣「だ、だめだよ、京子、そ、そんな……あふんっ///」ビクッ

京子「抵抗しても駄目だよ、結衣の大切な所、私が握ってるんだから」ギュッ

結衣「やっきょうこ、やめっ///」ガクッ

京子「結衣、可愛い」チュッ

結衣「んっ///」

結衣(きょ、きょうこが、私の上にまたがった、私にちゅーしてくれてる……)ポー

結衣(きょうこ、だいすき、だいすきだよぉ……)ポー

京子「結衣のパンツ、ちょっとずらすね?」

結衣「ふえ?」

京子「よいしょっ……」スルッ

結衣「あっ///」

京子「結衣、ずっとパンツに圧迫されて、辛かったでしょ?」

結衣「きょ、きょうこ……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 16:11:14.29 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょうこ、な、なにするの?」

京子「もう、さっきも言ったじゃない」

結衣「え?」

京子「結衣のおっきくなったのを、私の、アソコに……」

結衣「え、え?」

京子「わたし、興奮してるって言ったよね?」チュッ

結衣「ふあっ///」

京子「だから、ね?いいでしょ、結衣……」

結衣「だ、だめっ!それは駄目だよ京子!」グイグイ

京子「え、なんで?」

結衣「だ、だって、京子の大切なはじめてを、私の得体のしれない物で奪うなんて、そ、そんな」

京子「……ありがと、結衣」チュッ

結衣「んぐっ///」

京子「心配してくれて、ありがと」チュプレロ

結衣「んあっ、きょ、きょうこっ、キス激しすぎるっ///」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 16:46:36.60 ID:6kGjX1ze0

京子「でもね、結衣、わたし、もう我慢できないの……」

京子「結衣の事が好きすぎて、もう我慢できないんだよ……」

結衣「きょおこ……」

京子「だから、ね?」スッ

結衣「ひゃっ///」

結衣(京子の指が、おっきくなった私のあれを///)

京子「結衣、大好き……」グイッ


ニュルッ



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 18:10:25.99 ID:6kGjX1ze0

結衣「ん、んあああっきょ、きょうこの、なかに、はいっちゃってるっ///」

京子「ゆ、ゆいのが、私の中に///」

結衣「きょ、きょうこっだ、だめっ、ぬいてっ///」クイッ

京子「やだ、ぬきたくない、ゆいの、ぬきたくないよぉっ///」ギュッ

結衣「ふあっ///」

京子「ゆい、ゆいいっ///」カクカク

結衣(だ、だめ、きょうこに抱きしめられてるから、抜けない、けど、このままじゃっ)

結衣「きょ、きょうこ、わたし、だめなの、きょうこが気持ち良すぎて、もう、もうっ///」

京子「いいよ、ゆい、いいよ、わたしのなかで、ね?」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 18:42:09.30 ID:6kGjX1ze0

結衣「や、だめ、だめだよ、きょうこ、もし、もし赤ちゃん出来ちゃったらっ」

京子「いいの、わたし、ゆいのあかちゃん欲しいの、ね、ゆい、だいすき、ゆいぃっ」チュッ

結衣「ん、んぐっ///」

京子「ほら、ね?ゆい、いっぱいだして、ね?」カクカクチュッチュ

結衣「んっ、ああっ、きょうこ、きょうこぉぉっ!」ビクンッ

京子「ゆい、ゆいいぃぃぃぃっ!!」キュッ

結衣「んあああああああああああああっ!!!」ドクッ、ドクドクッ

京子「あ、ああっ………」ビクッビクビクッ





97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 18:44:13.53 ID:6kGjX1ze0

結衣「あ、はぁ……はぁ……」

京子「んっ……」グッタリ

結衣(だ、だしちゃった……きょうこのなかに、だしちゃった……)

京子「ゆい……」

結衣「きょ、きょうこぉ……」

京子「だいすき」チュッ

結衣「んっ……わたしも、きょうこがだいすき……」チュッ





98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 18:48:04.38 ID:6kGjX1ze0

結衣「……ん、あれ……」

京子「あ、結衣、目覚ました?」

結衣「京子……」

結衣(そ、そうか、わたし、あのまま寝ちゃって……)


チャリッ


結衣「……え、くさり?」

結衣(わ、わたし、椅子に縛られて……え?」

結衣「きょ、きょうこ?なにこれ?」

京子「あのね、結衣……わたし、どうしても結衣の子供が欲しくなっちゃったの」

結衣「え?」

京子「さっき、結衣にいっぱい出して貰ったけど……あれで子供ができるかは判んないよね?」

結衣「きょう、こ?」

京子「だから、わたし、もっといっぱい欲しいの」

京子「結衣のをいっぱい」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 19:30:30.02 ID:6kGjX1ze0

京子「だから、結衣にはもう逃げられないようにしようかなって」

結衣「に、逃げられないようにって……」

京子「結衣はね、これからずっと、私と交わるの」

京子「朝も昼も夜も、ずっと、ずっと、結衣は私に可愛がられるの」

結衣「そ、そんな……」

京子「あ、結衣、もうおっきくなっちゃった……」

京子「触っても居ないのに、話聞いただけで、こんなになっちゃったね、結衣」ツーッ

結衣「やっ、きょうこ、駄目っ///」」

京子「わたし、結衣はSだとばっかり思ってたけど、実は……Mだったんだね」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 19:38:50.14 ID:6kGjX1ze0

結衣「も、もうやめてよぉ、きょうこお、いじめないで……」ウルッ

京子「結衣、大丈夫、苛めないよ、優しくしてあげるから、ね?」チュッ

結衣「んっ///」

京子「結衣は、何もしなくていいから、私が全部やってあげるから」

結衣「きょうこ、わたし、逃げないから、鎖解いてよぉ」グスン

京子「やだ、結衣は絶対逃げるもん、私がちゃんと子供宿したって判るまでは、このまま……」チュッチュッ

結衣「んっんあっ///」

京子「結衣、結衣結衣結衣結衣っ」グイッ

結衣「あ、だ、だめっ///」

京子「いれちゃうね、結衣のおっきくなってるから、もういいよね」

結衣「京子、きょうこぉっ///」


グググッ


京子「んっ///」

結衣「んああああっ///」




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 19:47:47.86 ID:6kGjX1ze0

京子「ゆい、ゆいぃっ!」カクカク

結衣「きょう、こっ、や、やっ、こ、こんなのっ///」

京子「ゆい、いっぱい気持ち良くなって、ね?ゆいっ///」クチュクチュ

結衣「きょ、きょうこ、いっちゃう、いっちゃうよぉぉぉっ!」

京子「いいよ、ゆい、いってもいよ、まだ次があるから、いっいもてもいいよっ///」カクンカクン

結衣「つ、つぎ、やだ、そ、そんな、なんどもはやだっ///」

京子「だめ、だめだよ、ゆい、ぜったい逃がさないからっ///」キュッキュッ

結衣「んっ!んんっ///」ドクンッドクンッ

京子「あ、ゆいのが、またいっぱい、私の中に……」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 19:49:42.32 ID:6kGjX1ze0

結衣「はぁ……はぁ……」

京子「ゆい、ね?もっと、しよっ?」

結衣「だ、だめ、むりだよぉ、きょうこぉ」グスン

京子「大丈夫、出来るよ、ゆいなら出来るよ」シュッシュッ

結衣「やっ、だけだって、きょうこっ」

京子「駄目じゃないよ、結衣、やるの、頑張るの」シュッシュッ

結衣「……!」ゾクッ

京子「結衣は私の事、愛してくれてないの?」

結衣「あ、愛してるけど、こ、こんな……」

京子「やっぱり、逃げようとするんだ、だったら、鎖で縛って正解だったかな……」シュッシュッ

結衣「ふあっ///」

京子「結衣、ずっと、ずっとしてあげる」シュッ

結衣「んんっ///」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 19:52:12.80 ID:6kGjX1ze0

~数時間後~

京子「はぁ……はぁ……ゆい、ゆい」ギュッ

結衣「……」ピクピク

京子「ゆい?気絶しちゃった……?」

結衣「きょ、きょう、こ……」zzz

京子「ん、おやすみ、結衣……」チュッ



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:00:09.44 ID:6kGjX1ze0

~朝~

京子「結衣、おはよう」

結衣「きょ、京子、おねがい、もう、休ませて……」

京子「やだ」ギュッ

結衣「やっ///」

京子「今日も、いっぱいしようね……」チッュ



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:00:42.18 ID:6kGjX1ze0


~昼~

京子「結衣、いただきます」

結衣「ご、ごはん、んぐっ///」

京子「ほら、私がこうやって、口づてに食べさせてあげるから……」

結衣「ぷはっ、きょ、きょうこ、やめ……んんっ///」

京子「結衣、美味しい?」チュプ

結衣「ふあっ///」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:01:48.33 ID:6kGjX1ze0

~夜~

結衣「きょうこ、だめ、いっちゃう、いっちゃうよっ///」

京子「いいよ、結衣、きて、また来てっ」

結衣「きょうこっ、きょうこっっっ」ドクドクドクッ

結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」グッタリ

京子「結衣、おやすみ……」チュッ

結衣「え、えへへ、きょうこ、おやすみ///」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:07:34.13 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょうこ、きょうこ……」スリスリ

京子「もう、結衣、最近、ずっと甘えん坊だね」ナデナデ

結衣「だって、きょうこが、いっぱいかわいがってくれるんだもん、うれしくて」ニコ

京子「私も嬉しいよ、結衣がいっぱい私を愛してくれて」チュッ

結衣「えへへ、きょうこのキス、大好き///」

京子「けど、そろそろ学校に行かないとまずいかな」

結衣「え?」

京子「流石に1週間も病欠だと、不振がられるしね」

京子「それに、そろそろ日常に戻さないと、結衣が元に戻らなくなっちゃう」

結衣「きょうこと、いっしょに、いられなくなるの?」

京子「そんな事ないよ、結衣とはずっと一緒」

京子「だから、明日、一緒に学校行こうね?」

結衣「がっこう……」

結衣「うん、学校、行こう、京子と一緒に、久しぶりに……」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:12:24.64 ID:6kGjX1ze0

~娯楽部~

ちなつ「結衣先輩!風邪はもう大丈夫なんですか!?」

あかり「あかりたち、ずっと心配してたんだよっ」

結衣「あ、うん、ごめんね、みんな、心配かけさせちゃって」

結衣「もう大丈夫だから……」

ちなつ「そ、そうですか、良かったぁ」ホッ

京子「じゃ、今日は結衣の全快祝いをしょっか?」

ちなつ「そ、そうですね、京子先輩、ナイスあいであ!」

あかり「あかり、京子ちゃんにお願いされてたケーキ、用意してきたよ!」

京子「おー!美味しそうじゃん!皆で食べよっ!」

結衣「あ、あかり、ありがとな」

あかり「えへへ」ニコ



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:16:02.34 ID:6kGjX1ze0

京子「よーし、ケーキ、みんなに渡ったよね?」

京子「じゃあ、みんなで」


「「「「いただきまーす!」」」」


結衣「……」ゾクッ



『結衣、いただきます』

『ほら、私がこうやって、口づてに食べさせてあげるから……』



結衣「……」ムクムクムク



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:18:49.11 ID:6kGjX1ze0

京子「うん、このケーキ美味しいねえ」

ちなつ「ですね、あかりちゃん、これ何処のケーキ?」

あかり「これはねぇ」

結衣「……」モジモジ

京子「あれ、結衣、どったの?」

結衣「えっな、なんでもないよっ///」モジモジ

京子「本当?結衣は病み上がりなんだから、無理しちゃだめだよ?」

京子「ほら、熱がないか、触ってたしかめてあげる」スッ

結衣「……あっ」ゾクッ



『結衣、大丈夫、苛めないよ、優しくしてあげるから、ね?』



京子「……」ニコ

結衣「きょ、きょうこぉ」ウルッ



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:23:57.36 ID:6kGjX1ze0

京子「あー、ちなつちゃん、あかり、結衣はまだ調子悪いみたいだから、ちょっと保健室に連れて行って来るね?」

結衣「きょきょうこ、わたし、わたしっ///」モジモジ

京子「結衣、大丈夫だから、ね?ちょっとがんましょっ?」

結衣「う、うん、がまんする。きょうこ、がまんするから……」

ちなつ「ゆ、結衣先輩、大丈夫ですか?」

あかり「結衣ちゃん?」

京子「大丈夫、結衣は私に任せて、二人はケーキ食べちゃっててよ」

結衣「///」モジモジ



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:26:01.52 ID:6kGjX1ze0

~トイレ~

結衣「きょ、きょうこぉ、わたし、もう」グスン

京子「もう、結衣、泣かなくてもいいじゃん、大丈夫だから、ね?」

京子「結衣が切なくなったら、何時でも私が慰めてあげるから」

結衣「うん、きょうこ、だいすき」

京子「ん、私も大好きだよ、結衣」モミッ

結衣「ふあっ///」

京子「いっぱい、いっぱい可愛がってあげる」

結衣「///」ガクガク



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:26:22.76 ID:6kGjX1ze0

~朝~

綾乃「船見さん、おはよう」

千歳「船見さん、おはようやね」

結衣「……」ゾクッ


『今日も、いっぱいしようね……』


結衣「……」ムクムクッ

結衣「きょ、きょうこぉっ」ウルウルッ



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:27:47.12 ID:6kGjX1ze0

~昼~

綾乃「と、歳納京子、船見さん、一緒にご飯食べましょう!」

京子「うん、いいよ~、結衣もいいよね?」

結衣「う、うん」


「「「「いただきます」」」」


結衣「……」ゾクッ

結衣「きょうこぉっ///」ウルッ



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:30:05.53 ID:6kGjX1ze0

~夜~


京子「じゃあ、結衣、電気消すね?」

結衣「う、うん」

京子「おやすみ、結衣」

結衣「……」ゾクッ


『いいよ、結衣、きて、また来てっ』


結衣「あ、あの、京子っ///」

京子「うん、結衣、またして欲しくなっちゃったんだね」

結衣「ごめん、きょうこ、きらわないで」ウルッ

京子「嫌うはずないよ、結衣、大好きだから」チュッ

結衣「んっ///」

京子「さ、寝る前に、頑張ろうね」ニコ



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:33:35.09 ID:6kGjX1ze0

~数日後~


京子「結衣、おはよう」

結衣「あっ……」ゾクッ

京子「ふふ、結衣は朝からえっちな期待してるね?」

結衣「う、うん///」

京子「じゃあ、今日もいっぱい……してあげるから」モミッ

結衣「んんっ///」

京子「……あれ?」モミモミ

結衣「やっ、きょうこっ///」

京子「なくなってる……」

結衣「え……?」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:37:19.20 ID:6kGjX1ze0

結衣「ほ、ほんとだ、なくなってる……」

京子「毎日絞ってたから、なくなっちゃったのかな……」

結衣「きょ、きょうこ、あのっ///」

京子「え?」

結衣「あ、あの、無くなっても私、凄くえっちな気分のままなんだけど///」

京子「もう、結衣は本当にえっちだよね」クスッ

結衣「京子のせいだろっ!京子が私をこんな身体にっ///」

京子「ん、大丈夫、責任は持つよ」チュッ

結衣「ふあっ///」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:41:42.13 ID:6kGjX1ze0

京子「結衣、可愛いよ、ゆい、ゆいっ」カクカクッ

結衣「京子、きょうこぉっ///」

京子「あ、あれ、どうして、いけない、いけないよっ///」クチャクチャ

結衣「わ、わたしも、切ないまま、なんで、と゜うしてっ///」クチャクチャ

京子「結衣、もっと、もっと欲しいよっ///」カクカクッ

結衣「京子、お願い、もっと、もっとぎゅっとして、私も、私もぎゅっとするからっ///」ギューッ

京子「だ、だめ、足りない、どうしてっ///」

結衣「んっ、きょうこっ、せ、切ないままで、わたし、わたしおかしくなるっ///」



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:44:49.46 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょうこ、きょうこぉっ、たすけて、おねがい、いかせてよっ」ギューッ

京子「わ、わたしも、いきたい、いきたいよっ、ゆい、おねがいっ」ギューッ

結衣「きょうこ、ほしいっ、ほしいよっ、もっと、もっとぉっ」

京子「ゆい、ゆいっっっ」


にゅるっ


結衣「ふあっ///」

京子「んんっ///」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:48:17.40 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょ、きょうこ、何か、何か入ってきたっ///」

京子「わ、わたしも、わたしも、何かに入っちゃったっ///」

結衣「ふえ///」

京子「す、すごい、凄く、感じるっ///」

京子「結衣、結衣凄く気持ちいいよっ、結衣っ///」カクカク

結衣「きょ、きょうこ、そんなに激しく動かないでっ、きょうこ、きょうこっっっ///」

京子「いっちゃうよ、ね?結衣、いっていいよね、ゆいいっ///」

結衣「うん、きて、きょうこ、いっぱい来てっ///」

京子「んっんんんんんっ!!」ドクンドクンドクンッ

結衣「やっ、ひゃあっっっ!」ビクビクーッ

京子「んっ、んっ……んっ」ドクッ

結衣「きょ、きょうこ、なにか、何か私のなかに、ながれこできたよ……」グッタリ

京子「う、うん」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:50:33.35 ID:6kGjX1ze0

京子「あ、あの、今度は私に、生えてきたみたい……」

結衣「え……」

京子「その、おちんちんが///」

結衣「ほ、ほんと?」サワッ

京子「ちょ、触らないで、結衣っ///」

結衣「ほ、ほんとだ……」





154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:25:39.62 ID:6kGjX1ze0

結衣「京子……」

京子「え、な、なに、結衣、顔近いよ」

結衣「私も、京子の子供……」

結衣「欲しいな」ニコッ

京子「え」

結衣「ね?京子、しよっ?」

結衣「今度は私が可愛がってあげるから、今日から一週間、ずっと、しよっ?」


ニギッ


京子「ひゃっ///」

結衣「あはは、きょうこ、可愛い声……」

京子「ゆ、ゆい、あの、やるのはいいけど……」

京子「や、やさしく、してね……?」

結衣「……」プチッ

結衣「きょ、きょうこっ!」ガバッ



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:30:12.33 ID:6kGjX1ze0

京子「ちょ、ゆいっ、優しくしてって言ったのにっ」

結衣「きょうこ、きょうこのココ、凄く可愛いっ、たべちゃいたい……」チュッ

京子「……!」

結衣「へんなあじ……」

京子「だ、だめだよっ、ゆい、穢いからっ///」

結衣「汚くないよ、京子のだもん……」チューッ

京子「んんんっ///」

結衣「京子のコレ、凄く大きくなった、わたしにキスされて、あははっ」

京子「ゆ、結衣っ」ウルッ

結衣「きょうこ、すごくえっちな顔してる、あの京子が、私をいっぱい愛してくれた、あの京子が」ゾクゾクッ





162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 22:09:48.84 ID:6kGjX1ze0

結衣「京子、わたしね、さっきまで生えてたから、コレの気持ちいい所、全部わかるよ……」

京子「き、気持ちいい所?」

結衣「うん、ほら、この裏側とか……」チュ

京子「んっ///」

結衣「あとは、先っぽだけとか、かな」チュルッ

京子「ちょ、ゆ、ゆいっ///」

結衣「あのね、京子、ちょっと調べてみたんだけど」

結衣「棒の部分を刺激せず、頭の部分だけ弄ってあげてると、どうしてもイけないらしいよ?」

京子「……え?」

結衣「気持ち良くなって、切なくなるけど、イケないらしいの」

結衣「私じゃ、怖くて試せなかったから……あの、京子で試させてくれないかな?」ウズウズ

京子「や、やだよ!そんなのっ!」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 22:58:29.07 ID:6kGjX1ze0

結衣「京子、ほら、遠慮しないで……」チュッ

京子「ふあっえ、えんりょじゃなくてっ///」

結衣「んー、じゃあ、棒は刺激しないように固定だけして、先端部分だけを……」チュッペロッ

京子「んっんんっ///」

結衣「きょうこ、気持ちいい?」

京子「う、うん、あの、気持ちいいけど、なにか、なにか変だよっ///」

結衣「どう変なの?」チュッチュッ

京子「あんっ、あ、あの、さっきみたいに、さっき、全然イケなかった時みたいに、なにか、なにか足りないようっ///」

結衣「そ、そうなんだ、あの、京子?」

京子「ゆ、ゆい、おねがい、ちゃんと、ちゃんと刺激してよ、わたし、わたしぃ///」

結衣「ずっと、これ続けてていい?京子が、何処まで我慢できるのか、見てみたいよ」

京子「ええっ///」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:03:18.23 ID:6kGjX1ze0

京子「や、やだ、おねがい、結衣、ちゃんとイカせてっ///」

結衣「けど、けど、耐えられずに我慢してる京子が、可愛いから」

結衣「ね?いいでしょ、京子……」チューッ

京子「やっ、おねがい、結衣、もぞもぞするのっ、おねがいっ、おねがいしますっ///」ギュッ

結衣「ああ、可愛い、わたしにお願いしてる京子が可愛いよ、もっと、もっとしてあげるね?」チュパチュプ

京子「んんっ、だ、だからっ、先っぽだけは、だめ、変になるっ変になっちゃうよっ///」ジタバタッ

結衣「京子、暴れちゃだめだよ、普通に力比べしたら私に勝てるはずないんだし」ダキッ

京子「ゆ、ゆい、おねがい、一回だけ、ね?お願いっ!」ウルッ

結衣「京子、そ、そんなに気持ちいいのか……」

結衣「わ、わかったよ、しょうがないなあ、京子は」

京子「ゆ、ゆいっ」パァッ

結衣「京子が可愛くてしょうがないから、ずっとイカせてあげないっ」チュルチュルチュルッ

京子「……!?」ガクガクッ



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:23:01.61 ID:6kGjX1ze0

京子「ゆ、ゆい、おねがい、もう、もう、だめ、ほんとにだめ、ゆめしてよぉ」ヒック

結衣(きょ、きょうこが泣いちゃった、可愛いっ)

結衣「じゃ、じゃあさ、京子、結衣大好きって1000回言ってよ」

京子「せ、せんかい?」グスン

結衣「うん、1000回言えたら、止めてあげるから、ね?」

京子「う、うん」ヒック

京子「ゆ、結衣大好き、結衣大好き、ゆい」

結衣「……」チュプチュプ

京子「んああっっっ///」

京子「ゆ、ゆいっど、どうして舐めるのっ///」

結衣「そりゃ舐めるよ、京子が1000回言ってくれるまでは続けるよ」

京子「そ、そんなっ///」

結衣「京子のここ、かわいい、ぷるぷる震えてる……」キュッ

京子「~~~!!!」ガクガクガク



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:26:59.82 ID:6kGjX1ze0

結衣「あはっ、京子、指で触られても気持ちいいんだ……」キュッキッュ

京子「んんんっ///」

結衣「ほら、京子、ちゃんと言わないと、結衣大好きって……」

結衣「でないと、ほら、指で作ったわっかで、京子のえっちなところ、締め付けちゃうよ?」

結衣「きゅっきゅって……」

京子「ゆ、ゆい、だいすきっ、ゆい、だいすき、ゆいだいすき、ゆいだいすきっ、ゆいだ、やっふあっっっ///」

結衣「京子、ほら、きゅっきゅって、やってあげてるよ、私の唾液で濡れてるから、よく滑るよね……」キュッキュッ

京子「あああああああっ///」

結衣「どうしたの、京子、続けないと、ずっとこれが終わらないよ?」

京子「ふえ、ふえええええんっ」



189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:32:31.33 ID:6kGjX1ze0

京子「結衣、ひどい、ひどいよっ、もうきらい、ゆいなんてきらいっ」グスングスン

結衣「え……」

結衣「きょ、きょうこ、やだ、嫌いなんて言わないで……」

京子「きらい、ゆいなんて、だいっきらいっ」ヒックヒック

結衣「ご、ごめん、京子、ごめん、あやまるから、ゆるしてっゆるしてよっ」ウルッ

京子「うう、じゃ、じゃあ、ちゃんとイカせてっ……」グスン

結衣「う、うん、判った、京子、イカせてあげるから、ね?嫌いにならないでっ」ヒック



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:32:47.96 ID:6kGjX1ze0

結衣「こ、これでいい?気持ちいい?」シュッシュッキュッキュッ

京子「んんんんっ///」

京子「はっ、あっ、き、きもちいいっ、いっちゃう、ゆい、イッちゃうよっっっっっ///」ビクッ

結衣「う、うん、いっぱいイッて?私の手の中で、いっぱい、いっぱいっっ」

京子「んくっ、やっ、んんんんんんんんっっっっっっ!!」ドクドクドクッ

結衣「うわっ、京子の、いっぱい、出てきた、京子の……」

京子「ん……んぅ……」

結衣「京子?京子、私の事、好き?」

京子「う、うん、結衣の事、大好き……」

結衣「そ、そっか、良かった……」ホッ



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:38:15.57 ID:6kGjX1ze0

~翌日~


京子「んっ、んんーーーっ」ノビー

京子「はぁ……」

結衣「ん、むにゃ……」zzz

京子「結衣、ほら起きて、もう朝だよ?」ユサユサ

結衣「ん、きょうこがキスしてくれたら、起きる……」

京子「もー」チュッ

結衣「ん、ありがと、京子」チュッ





193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:41:54.67 ID:6kGjX1ze0

京子「あ、あのさ、結衣、これ、おっきくなってるんだけど……」

結衣「うん、朝はなぜかそうなるらしいよ」

京子「うう、気になるなあ……」

結衣「京子、髪、ぼさぼさだよ?」

京子「え?うわ、ほんとだ……早くセットしないと」

結衣「じゃ、京子は髪のセットしててよ」

京子「え?結衣は?」

結衣「私は、ほら……」サワッ

京子「……!?」

結衣「これを小さくしてあげるから……」

京子「ゆ、ゆいっ///」

結衣「京子、時間ないから、早く髪セットしなよ」

京子「う、うん」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:47:47.91 ID:6kGjX1ze0

結衣「そういえば、今日の英語は小テストだったよね」キュッキュッ

京子「う、うん、そうだ……んんっ……ね」サッサッ

結衣「京子、ちゃんと勉強した?」キュッキュッ

京子「し、してないって、判ってるだろ、昨日は……ひゃっ……い、いっしょにえっちな事してたんだしっ」サッサッ

結衣「ああ、そうだったね、ごめん」キュキュキュッ

京子「んんんっ、ゆ、ゆい、ちゃんと、先端以外も刺激してよっ///」

結衣「え、あ、ごめん、つい癖で」

京子「も、もうっ///」サッサッ

結衣「じゃ、いっぱいやるね?」

京子「え?」



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:53:57.16 ID:6kGjX1ze0

結衣「きょうこ、きょうこきょうこきょうこっ」シュッシュッキュッキュッキュッ

京子「あんっ///」

京子「ゆ、ゆいだめっ、はげし、過ぎるからっ///」

結衣「けど、急ぐんだよ、京子、だから、ね?いっぱいしてあげる」シュシュシュキュキュキュッ

京子「あっあっあっあっあっ///」

結衣「京子、大好きっ」キューーーッ

京子「んああああああああああああっ!」ビクビクッドクドクッ

結衣「可愛かったよ、京子……」チュッ

京子「ん……」グッタリ

結衣「今日は、学校休もうか?」

京子「……うん」グッタリ


私と京子のえっちな生活はまだまだ続く

けど妊娠はしなかったのだけが残念だ





元スレ
京子「結衣って絶対おち○ちん生えてるよね」結衣「!?」