SS速報VIP:女騎士「ミノタウロスの討伐、か…」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:29:29.93 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~迷宮~~~~~~~~~~~~~~~

女騎士「たぁっ!」ザシュッ

魔物「あべし!」バタリ

魔物「ひでぶっ!」ドサッ

女騎士「ふぅ・・・ 奴の居所までもう少しだから、力は温存したいのだが・・・」

女騎士(ダンジョンを支配し、今まで何人もの犠牲者を出してきたミノタウロス・・・)

女騎士(怪力無双、馬鹿力の化け物… しかし、私は負けないぞ!)

女騎士(どんな敵であろうとも、この私が倒してみせる!)ダッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403396969




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:34:45.46 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~ミノタウロスの部屋~~~~~~~~~~~~

女騎士「貴様が、このダンジョンのボスか!」

ミノタウロス「ほぉ…どうやら大物が釣れたようだな」

ミノ「わざわざ来てくれてありがとう・・・ このオレに倒されるためにな」

女騎士「倒す? この私を? キツい冗談だな?」

ミノ「冗談かどうかはコイツで試せば… 良いだろうッ!」ガッ

女騎士「フッ、望むところだ! 行くぞ!」ダッ



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:40:38.61 ID:PPYhKy+o0

女騎士「てぇぇぇいッ!」ガキィィン

ミノ「ふんッ!」ギィィン

女騎士「くぅっ!」

女騎士(成る程… パワーは一流だ… こうも弾き返されてしまうとは、な…)

女騎士(しかし、奴の使っている棍棒… 見たところ損傷が激しい)

女騎士(きっとアレで何人もの人間と剣を交え、そして殺してきたのだろう…)

女騎士(だが! 今はそれが命取りよ!)

女騎士「ハァァァァァ!」ギィン! ギィン!



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:47:01.13 ID:PPYhKy+o0

ミノ「カスが! 貴様の攻撃なんぞ全て効かぬわ!」ガィィン!

ミノ「貴様とオレではパワーがダンチなのだ! セイイッ!」ガァン!

女騎士「…お前の言うとおり、それなりの力の差はあるようだ…… だが!」

女騎士「てぇりゃぁぁぁ!」バギィ

ミノ「!? グゥ! こ、棍棒が…」

女騎士「今だッ!」

ミノ「・・・なんてな」ブゥン

女騎士「がぁッ!?」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:50:44.89 ID:PPYhKy+o0

女騎士(し、しまった…! あの棍棒は見せかけの罠…!)

女騎士(ミノタウロスの怪力は、たとえ徒手であろうと容易く人体を破壊しうる…!)

女騎士(全ては…この一撃を私に叩き込むために!)

ミノ「もう一発!」バギィ

女騎士「ぐふぅ! うぅ…」ドッ

ミノ「フン、他愛もない…」

女騎士「ぐ… あ・・・」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 09:56:32.40 ID:PPYhKy+o0

ミノ「さて、これから貴様をどうしたものか…」

女騎士「…せ」

ミノ「? 何だと?」

女騎士「私を殺せ… 貴様なんぞに許しは請わぬ…」

ミノ「…嫌だな」

女騎士「!?」

ミノ「クク・・・ 最近、オレが死んだ後は誰がこのダンジョンを支配するのか、考えるようになってな…」

ミノ「そして、お前が来た… 魔物にも負けない、強靭な体を持つ雌がな…」

女騎士「な、何をする気だ…!」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:02:26.99 ID:PPYhKy+o0

ミノ「オレの子を産め」ギンギン

女騎士「なっ・・・!」

ミノ「ククク・・・ お前ほどの強力な母体なら、さぞかし強いヤツが生まれるだろうな…」

女騎士「おい!やめろ! そんな汚らわしい物を近づけるな! 聡を知れ! 聡を!」

ミノ「産め! 神の子を!」バッ!

女騎士「やめろォォォォォォォォ!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:05:29.92 ID:PPYhKy+o0

シュッ!

ミノ「ムゥ!?」サッ

カィィン!

女騎士「!? 何か飛んで来た… まさか!」

ミノ「何者だッ! 姿を現せッ!」

???「……」コッコッコッ

女騎士「!? お、お前…」


男騎士「手こずっているようだな、手を貸そう」





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:11:18.70 ID:PPYhKy+o0

ミノ「誰だ? 貴様はァ!」バッ

女騎士「フフフ・・・ 紹介しよう、わが帝国が誇るデビルバスター……」

男騎士「男騎士だ。 そこにいる俺の仲間を連れ戻しに、そして…」

男騎士「お前を倒しにきた」

ミノ「やれやれ、どいつもこいつも己の力量をわきまえず…」

ミノ「貴様らなど到底オレに勝てぬと、思い知るがいい!」ダッ

女騎士「気をつけろ! そいつは…強いッ!」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:19:28.31 ID:PPYhKy+o0

男騎士「オラァ! オルルァ!」ギィン! ギィン!

ミノ「くっ、何という太刀筋…! 一度見ただけで戦慄してしまった こいつはあの女より…!」

ミノ「パパパっと殺って、終わらせてやるッ!」ブゥン

男騎士「よっと!」ヒョイ

男騎士「いかん…危ない危ない」

女騎士(クソッ! このままでは私の二の舞だ! あの速さではかわし切れない!)

女騎士(それとも、男騎士には何か策が…)

ミノ「はぁッ!」ブゥン

男騎士「! ここだッ!」サッ

女騎士「たわばっ!?」ボゴォ



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:26:24.48 ID:PPYhKy+o0

ミノ「な!? この男、わざと味方を殴らせただと!?」

男騎士「お、女騎士ィィィーーーーー!! 野郎、何てことを…!(憤慨)」

ミノ「お前が殴らせたからだろう! いい加減にしろ!」

男騎士「うるせぇ! 手加減してやったが、もう許さねぇからな~~~!?」

ミノ(何か奥の手があるのか!? ヤバイ・・・ 何か分からんがヤバいぞ・・・ ヤバいぞ・・・)





21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:31:29.64 ID:PPYhKy+o0

男騎士「EL ELOHIM ELOHO ELOHIM SEBAOTH・・・」

ミノ「アレは…召喚魔法か!?」

男騎士「…AGLA AMEN! GO! カーバンクル!」

カーバンクル「トウトウ 我ノ 出番カ! 行クゾォォォォ!」

カーバンクル「OFFENCE MAGIC-ZIO !!」バリバリバリバリ

ミノ「!? ミギャアアアアアアァァァァァァァァ!」ビリビリビリビリ

ミノ「ぐはぁ・・・」バタリ

カーバンクル「…ハヤクナァーイ?」

男騎士「早ぇえーんだよぉ!」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:40:57.37 ID:PPYhKy+o0

ミノ「グゥ・・・ オレの完全敗北だ… 欲しいものを言え…!」

男騎士「う~~~ん、どうすっかな~俺もな~…」

ミノ「下に財宝がある… そいつを持っていけ…」

男騎士「人殺しで得た財宝なんて必要ねぇんだよ! 金金っていうんじゃねェよ悪魔のくせにオオン!?」

ミノ「なら… オレの首を取れ! お前が欲しかったのはコレなんだろう?」

男騎士「やだよ、オウ」

男騎士「お前が殺してきた人々の命がそれで償えると思うのか? そんなんじゃ甘いよ(嘲笑)」

ミノ「な、なら一体ナニを…」






漢騎士「体で払ってもらおうかな! な!」バッ

ミノ「!?」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:49:12.20 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「ハァ・・ ハァ・・・ いいTNKだ…(恍惚)」ニギニギ

ミノ「何だお前!? ヤメルルォ(本音)! 何するゥ(本音)!」ジタバタ

カー(エェ・・・(困惑) 何ダコノ展開・・!?(驚愕))

漢騎士「ハァハァ・・・・ ハァハァ・・・・ いーなーり・・・ いーなーり・・・」シャッシャッ

漢騎士「凄い… フタチマル・・・」ニギニギ

ミノ「はぁぁぁぁぁんッ!? は、離せ! 離せコラ! 離せコラァ!」バタバタ

漢騎士「ジュビッ! ジュルルビッ! ブビッ!」

ミノ「イ、イグッ! イグッ! やめろおおおおお!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 10:59:02.70 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「ヂューーーーッ・・・ポンッ!」

ミノ「ハァ、ハァ、ハァ・・・」

ミノ(マ、マジにイく所だった… 笑い話にもならねえ・・・ あのまま男の手にイかされたら…)ビンビン

漢騎士「ミノタウロス君、もうビンビンじゃないか!」

カー(ソリャ、アンナニベロベロ舐メテリャ・・・)

漢騎士「…ところで、ミノ君すっごい綺麗なお尻してるねぇ… まるで桃みたいだあ(直喩)」

ミノ「き、気持ち悪い事ほざいてんじゃ…」

漢騎士「俺、もう我慢できないよ…」ギンギン

ミノ「!? も、もしかしてソレを…」

漢騎士「おいカーバンクル! 「ケツの穴にチンポを突っ込む」って悪魔の言葉でどう言えばいいんだ?」

ミノ「通じてる! 通じてる! ヒィィィィィィーーーー!!」

漢騎士「フェェェェーーーーーーード・イン!」ズブリ

ミノ「あおおおおおおおおおおおおおおおおっーーーーーーーーー!!!」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:09:50.84 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「いいゾ~コレ! ホラ、もっと腰使ってぇ…」ズリュズリュ

ミノ「ふ、太い! 太すぎる! 太すぎるッピ!」パンパン

カー「悪魔ヲ 犯シテ 平気ナノ?」

漢騎士「あ、大丈夫っすよ! バッチェ興奮してますよ!」ズニュズニュ

カー(オマエ精神状態オマシイヨ・・・(ドン引き) )

カー「ソレハトモカクトシテ・・・ ミノノチンポコが縮ンジマッテルゼ 漢騎士、ドウニカシロ(人任せ)」

漢騎士「お、そうだな! 乳首も責めてやるぞ!」クニクニ

漢騎士「・・・と言いつつ」シャッシャッ

ミノ「うぁぁぁぁーーーッ! ち、乳首と!チンポがァ!」グネグネ



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:18:54.38 ID:PPYhKy+o0

ミノ「あああああああ許してぇぇ 許してぇぇぇ! 壊れちゃう壊れちゃう! ミノタウロス壊れちゃう!」ズニュズニュ

漢騎士「へぇ~・・・ どこを止めて欲しいんだ!?」

ミノ「乳首が乳首が! 乳首がはぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!」ウネウネ

漢騎士「じゃあセンズリも止めちまうぜ? いいな?」ピタリ

ミノ「そ、それは…止めないでェ!」

漢騎士「分かったよ。 次は…イジメられて何処が一番気持ち良いんだ?」

ミノ「チ、チンポ・・・」

ミノ「ぜ、全部ですぅぅぅぅぅぅぅ!」ズリュズリュ

漢騎士「ハッハー! コイツ凄ぇ変態だぜー? 何とか言ったらどうだ? この変態野郎め!」パンパン

カー(ダメミタイデスネ(諦観) )



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:26:08.91 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「うっ・・・ 初釜はやはり良く締まりやがる… そろそろ… フィニッシュが近そうだ…」ズニュズニュ

漢騎士「ミノよ… お前はさっき子供が欲しいとか言っていたな…」ズチュズチュ

ミノ「そ、それがどうした…」

漢騎士「欲しけりゃくれてやるよ! ただし、母体はお前だがな!」

ミノ「!?」

カー「アアーソウイヤ・・・ ドコカノ神話デアッタナァ・・・」

カー「主君ニ逆ラッタ男神ガ、金玉ニ噛ミ付イテ、精液飲ンジマッテソノママ主君ノ子ヲ孕ンジマッタッテノガ…」

ミノ「それは本当か!?」

カー「マジ。シカモ二人。 ダカラ男同士デモヤロウト思エバデキルンジャナイ?(適当)」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:32:21.21 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「ハァ・・・ ハァ・・・ それじゃイキますよーイキますよーイクイク・・・」ズチュズチュ

ミノ「ヒギィィィィ! や、やめろ! やめてくれぇ! 俺が母親だなんて、じょ、冗談じゃ…」

漢騎士「あ、そうだお前もイかせて欲しいだろミノ!?」シャッシャッ

ミノ「ハァッオ! イグ、イグッ! イグゥゥゥゥゥゥゥ!」ギンギン






漢騎士「産め! 俺の子を!」ビュルルルルルルルルルルルルルルル

ミノ「あおおおおおおおーーーーーおおおおっっっっ!」ドビュルルルルルル



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:41:07.40 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

女騎士「・・・・うぅ!? ここは…」

男騎士「気がついたようだな。安心しろ。もうすぐ外だ。」カッカッ

女騎士(男騎士!? しかも、私は今彼に背負われて…////)カァァ

女騎士「な、何!? ならあの化け物は…!」

男騎士「俺が懲らしめておいた。俺たちが出たらダンジョンを閉じて、もう2度と人を襲わないだとさ」

女騎士「そ、そうか…すまない、礼を言わなくては」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:43:40.03 ID:PPYhKy+o0


女騎士「ところで…何か臭わないか?」クンクン

男騎士「そ、それはだな! 奴との切り合いの最中、体液(直球)とかが体について…」アタフタ

女騎士「クス・・・ 帰ったらまず風呂だな…」

女騎士「ど、どうだ…?今日は私と一緒に…」

男騎士「エイシャア!」ブゥン

女騎士「あわびゅ!」バチコーン


おわり



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 11:51:23.15 ID:PPYhKy+o0

女騎士とホモの違い

・感じるとアヘるのが女騎士
 感じるのはアナルなのがホモ

・犯されると女の顔になるのが女騎士
 犯されると女の子になっちゃうのがホモ

・主君についていくのが女騎士
 クルルァについていくのがホモ

・んほぉ!と喘ぐのが女騎士
 ウホッ!と興奮するのがホモ

・姫の為に体を差し出すのが女騎士
 出演料10万のために億の契約金を差し出すのがホモ
 


まずウチさぁ・・・続編…あんだけど… 読んでいかない?(迫真)



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:00:47.13 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~~~~教会~~~~~~~~~~~~~~

男騎士(……ここに来るのも久々だな)

ギィィィィィィ

男騎士「こんにちは… ん?」

神父「迷える子羊ヨ… 私たちの教会にどのようナ・・・」

神父「!…これハこれハ… 貴方でしたカ・・・」

男騎士「ミノタウロス退治から帰って来て、ちょっと寄ってみたくなってな…」

神父「ご無事で何よりでス。 どうでス?少しお話でモ・・・」

男騎士「いや、今日はもう一つ用があって来たんだ」

男騎士「あそこにいる修道士……彼をちょっと呼んでくれないかな?」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:06:39.79 ID:PPYhKy+o0

神父「はイ、少々お待ちヲ・・・」カッカッ

男騎士(…あいつ……あの体…)ジロリ

神父「…お待たせしましタ」

修道士「はじめまして、男騎士さん! お噂はかねがね…」

男騎士「ああ、こんにちは。 ところで君…」

修道士「はい? なんでしょうか?」

男騎士「君・・・悪魔退治に興味はあるのかね?」

修道士「!」ドキリ



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:14:55.17 ID:PPYhKy+o0

神父「こらこラ、彼をあまりいびらないで下さイ」

男騎士「おっと失礼… すまない、君があまりに精悍な体つきをしているものでね」

修道士「いや、そんな… 僕が悪魔と戦うだなんて…ハハハ・・・」ドギマギ

修道士「それに、僕はこうして人々のために祈るのが好きだし、似合っていると思うのです」

修道士「その為なら厳しい戒律も、苦ではありません」

神父「彼は立派な人でス。 毎日神に祈りを捧げ、常に人々に尽くしていまス」

男騎士「そうか… 俺に君の生き方をとやかくいう権利は無い。 この世の平和の為に頑張ってくれ」



46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:16:11.91 ID:PPYhKy+o0

>>44
僕は違います コカコーラ北島とインテル長友と同じくらい違います



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:22:55.67 ID:PPYhKy+o0

神父「用というのハ、彼の勧誘ですかナ? 騎士さン」

男騎士「いや、今のは俺個人の思いつきで、本当の用というのはこっちなんだ」

男騎士「…最近、この辺りで夜魔が出没するのは知っているかな?」

修道士「はい。何人も襲われて、命を落としたものもいるとか…」

男騎士「そいつが聖職者を襲うようになった」

修道士「!!」

男騎士「君のような修行僧を狙い、精を搾り取り、殺してしまうのだ」

修道士「・・・・」



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:31:39.03 ID:PPYhKy+o0

男騎士「禁欲を旨としている人間は誘惑にかかりやすく、また精力も溜まっているから」

男騎士「奴らにとって君は最高の獲物というわけだ」

神父「おオ・・・ 恐ろしイ・・・」

男騎士「それを君に忠告しに来た。暗くなったら、気をつけるんだな…」

修道士「だ、大丈夫です! 僕には神の御加護が付いています!」

修道士「悪魔の誘惑になど、決して負けません!」キッ

男騎士「俺たちは君を死なせたくない… 本当に気をつけてな…」

男騎士「用は以上だ。 もう戻っていいぞ」

修道士「では、僕はこれで…」タッタッ





49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:37:58.21 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~夜になった~~~~~~~~~~~

修道士「もうこんな時間になってしまった… 早く帰って食事にしなきゃ」ザッザッ

修道士(夜魔なんて出ない… 出ても絶対に屈しないぞ!)


・・・・ウゥ アァ・・・ アッ・・・ァツ・・・ァツ・・・

修道士(…? 茂みの中から何か声がする…)

修道士(呻き声みたいだ… もしかして怪我人…? でも夜魔の策の可能性が…)

修道士(…兎も角、入ってみよう!)ガサッ

修道士( ! ! )



50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:44:48.74 ID:PPYhKy+o0

男「うう・・・ ああっ!」ズチュズチュ

サキュバス「ふはははは! どうよ!? 私のアワビの味はーっ!!」ニュプニュプ

男「うああああああああっ!」ビュルビュル

サキュ「うん、美味しい!」


修道士(な、何てことだ… あの声は夜魔に襲われた犠牲者の声だったんだ…!)

修道士(僕には彼を助ける術は無い…! とにかく逃げなきゃ…!(使命感))

パキッ!

サキュ「! 誰かいるのぉ~~~?」

修道士「ま、マズい!」ダッ



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:48:34.17 ID:PPYhKy+o0

サキュ「あっ、おい! 待てぇ~~~~い!」ガサガサ

修道士「ハァ・・・ ハァ・・・」ダッダッ

修道士(ど、どういう事だ? 僕としたことが…!)

修道士(日ごろ夢想していた、アレを見ただけで…)

修道士(こんなにも股間が怒張してしまうだなんて!)ビンビン

修道士(くそっ!邪魔で思うように進まない! 差は詰まる一方だ・・・!)



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 12:56:27.60 ID:PPYhKy+o0

サキュ「つ~~~かま~~えたっ!」ガッ

修道士「ううっ!」

サキュ「逃げなくてもいいじゃないのよ? え? お坊さん?」

サキュ「私たちのやってたのを見たいんなら遠慮しないでよ! 仲間に入れてあげるわよ」

修道士「だ、誰がお前なんかと!」

サキュ「そっかぁ… あったま来たわよ! DEMON's LURE!!」ギュオオオオ

修道士「!? か、体が、動か…! それに、力が抜けて…!」グッタリ

サキュ「フフフ・・・ これぞ必殺、エナジードレイン! 全ての男は私にひれ伏すのよ!」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:02:10.34 ID:PPYhKy+o0

サキュ「さあ~て、出すもの出してもらおうかしらッ!」バッ

修道士(! 今まで晒したことが無い素肌を…! こんなあられもない姿を…!)

サキュ「あらぁ!坊さんにしちゃあ、いいモノ持ってるじゃなぁい!」

サキュ「しかももう臨戦態勢…! ひゃぁ~~!うまそ!」ニギニギ

修道士(くっ・・・ 汚い手で…触るなッ!)

サキュ「では早速… いただきまぁぁ~~~~…」オォォ



男騎士「そこまでだッ!」ガサッ

サキュ「!?」バッ



54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:10:58.77 ID:PPYhKy+o0

男騎士「そいつを解放しろッ! クッソ汚い淫魔め!」チャキッ

神父「修道士君! 大丈夫ですカ!?」ザッザッ

修道士(ダ、ダメです二人とも…! こっちに来ては…!)

サキュ「いきなり飛び込んで来て何よ!? こいつら!」プンスカ

サキュ「…でもよく見てみたらいい男達ねぇ。 フフ、いい食料になりそう・・・!」

男騎士「いいよ、来いよ! 早くかかって来い!」

サキュ「上等! てめえら全員夕食のオカズにしてあげるわッ!」ダッ



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:19:40.50 ID:PPYhKy+o0

サキュ「フフフ・・・"男"なんざあたしの"エナジードレイン"で"バッキン"一発ゥ!」グォォォォ

神父「無駄でス! DEFENCE MAGIC!!」

サキュ「 !?  効かない!? どうして…」

男騎士「シャアッ!」ザシュッ

サキュ「けもし!」

神父「覚えておきなさイ! これが TETRAJA でス!」

男騎士「足掻くな! 運命を受け入れろ!」ダダッ

サキュ「分かった分かった分かったわよもう! 言うこと聞くから殺さないで殺さないでよっ!」

男騎士「うるせぇ!」ズバァッ

サキュ「ぱれす!」ドサリ



56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:25:06.70 ID:PPYhKy+o0

男騎士「…第一、お前等は会話で仲魔にならないだろうが…」

神父「しっかりしなさイ! 今すぐニ、家へ運びますかラ!」

男騎士「俺が背負おう。 ふんっ!」バッ

修道士「あっ…」

男騎士「帰ったらすぐに治療してやるからな… ん?どうした?」

修道士「男騎士さんの背中…」

修道士「すごく…大きいです…」ポッ

男騎士(ニヤリ)

神父(ニヤリ)



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:34:01.52 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~~修道士の家~~~~~~~~~~~~

修道士「命を助けて頂いて、なんとお礼を言えばいいものか…」

男騎士「いやいや、お陰でこちらも夜魔を一匹、倒すことが出来た」

男騎士「だが、これで全てが解決したわけではない… 奴の仲間がまた人々を襲うだろう」

男騎士「もっと人手があれば、助かるんだがな…」チラチラ

神父「男騎士さんと一緒なラ、どんな悪魔も倒せますネ!」

修道士「う、う…」

修道士「そ、そうだ! 皆さん、お風呂に入りませんか!? 森を駆け回って汗をかいているだろうし…」

神父「オウ!グッドアイデア」



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:40:51.02 ID:PPYhKy+o0

修道士「では皆さん、お先に入って、どうぞ」

男騎士「?君は入らないのか? 夜魔に襲われたんだから身を清めなければ…」

神父「私たちガ洗ってあげますヨ! さア、脱ぎなさイ!」ヌガセヌガセ

修道士「わ、わあっ!?」

男騎士「ほぉ~…こいつはいいカルルァしてんねえ! だが…」

男騎士「うまく隠したつもりだろうが、デカくなった雁首が丸見えだぜ」

修道士「ああっ!?」ドキーン

神父(やはり…)

男騎士(ああ、見込みあり、だ)



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:47:29.99 ID:PPYhKy+o0

修道士「わ、笑ってくださいよ… 男騎士さんの立派な体を見ている内に興奮してしまって…」ギンギン

修道士「さっきも、襲われている人のモノがあまりに逞しく、あんな醜態を・・・」

修道士「ヘンですよね、女の体を見たってなんとも無いのに…」

神父「いいエ、そんな事はありませン!」

男騎士「自信を持て、修道士! お前は俺が見惚れる程立派な男だ!」

修道士「騎士さん…」

男騎士「覚悟が出来たら隣の部屋に来い… 俺たちがお前を一人前の男にしてやる」ギィ

神父「でハ、まタ・・・」ザッ



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:52:16.11 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

修道士(僕も…男騎士さんみたいな人に…なれるのかな…)

修道士(いや、僕はああはなれない… あんな人には… でも…)

修道士(僕はあの人と一緒に行きたい! 一人の男として、共に戦いたい!)

修道士(よし、入ろう!)ギィィィ





漢騎士「・・・」ズォォォォォォ

SNP「…」ムォォォォォ

修道士(!? え、越中一丁で!?)



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 13:59:31.32 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「よォ・・・ 俺たちの "穴(アナ)・バプテスマ"に… よく来てくれたな…」

修道士「は、はい! 僕も男になりたくて…」

SNP「言っておくが、俺たちはデコに一滴だけ垂らして終わり、だなんて甘いモンじゃあねえぞ…」

SNP[全身ドロドロになるまでやるからな?」クワッ

修道士「か・・・覚悟はできています!」

漢騎士「オイ修道士… お前さっき夜魔に襲われておめおめと負けちまったんだってな…」

修道士「も、申し訳ないです!」

SNP「度胸足りねぇんだよ やる気あんのか?」

漢騎士「俺達が根性叩きなおしてやんよ! 脱げや!」

修道士「ウス!」ヌギヌギ

SNP「下もだよ」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:19:26.25 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「まず、俺のをしゃぶれよ」ギンギン

修道士「オッス! 有難く頂戴させて頂きます!」パクッ

漢騎士「オラッ! もっと飲み込め! 舌使ってくれよ舌ァ!」ズニュズニュ

修道士「ムグッ・・・ グッ・・・」ベロベロ

SNP「どうだ?男のチンポの味は?」


衆道士「…涙が出る程美味え・・・!」

SNP「それじゃあ、もっと堪能してもらおうかな」ビンビン

衆道士「!?」

SNP「力を抜いていろ! そらっ!」ズニュッ

衆道士「おああああああぁぁぁぁ!」

SNP「これが男の味だぜ、衆道士!」



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:28:12.84 ID:PPYhKy+o0

漢騎士「SNP!衆道士が苦しそうだ! お前のテクで和らげてやれ!」ズチュズチュッ

SNP「よし!粉が出るまでやってやるぜッ!」シャッシャッ

衆道士「うおおおおおおおおッ! 野郎のチンポ咥えながら入れられてチンポ扱かれて…タマんねェッス~~~~!!!」パンパン ズチュズチュ

漢騎士「よし! 交代だ! 今度は3連結だッ! お前に男のケツの気持ちよさを教えてやるッ!」チュポン

衆道士「オッス! 自分、入れていいすか!? チンポを!」ギンギン

SNP「応! 俺のケツを貸してやる! さあ遠慮はいらん! 思う存分ブチ込んでみろ!」グパァ

衆道士「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」ブヂュブヂュ

SNP「アッーーーーーーーーーーー!」ズニュズニュ

漢騎士「ンアッーーーーーーーーーーー!」ズチュズチュ





66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:30:17.20 ID:PPYhKy+o0

こうして、男たちの根比ーベは夜が明けるまで続いた・・・
     
      いつしか時は過ぎ----------



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:37:49.02 ID:PPYhKy+o0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女騎士「朗報だぞ! 男騎士! 私たちの隊に凄い新兵が加わるそうだ!」

男騎士「ほぉー…誰だそいつは?」

女騎士「訓練をトップの成績で卒業し、剣と魔法、どちらも腕の立つ優秀な聖騎士だ!」

男騎士(聖騎士…もしかして…)

女騎士「・・・お、来たぞ! あいつだ!」


聖騎士「はじめまして…あっ!」

男騎士「!!」



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:39:59.34 ID:PPYhKy+o0

 もう言葉はいらなかった--------

       お互いの雄姿を見て、言葉でなく心で理解できた---------


男騎士「………君の名前は?」

聖騎士「僕の名前は聖騎士…! 今後とも よろしく……!」







69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 14:49:55.06 ID:PPYhKy+o0

クゥーン・・・ アッ・・・ アァ・・・ アッ↓アッ↑アッ→ アァ・・・ アッ・・・ アーイキソ アッアッ・・・ アッ・・・
ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ・・・ アーイキソイキソ… アッアッアッ… (ドコドコドコドコドコ・・・・)アァ・・・アァ・・・アァ・・アァァ・・・
ビッ!ビィビュルルリッ!ブビッ!ブビッ!アァ・・・アァ・・アー・・・ コォン!(謎の金属音)
(下北沢の方言で、皆さんご愛読有難うございました、の意味)


元スレ
SS速報VIP:女騎士「ミノタウロスの討伐、か…」