1: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:48:19.64 ID:cnP4JpQD.net

「ご、ごめん!」

窓から飛び込んできた曜とぶつかり、重なるように花丸と曜は倒れこんだ。

「大丈夫?けがはない?」

「は、はい」

曜に心配の声をかけられ、花丸は呆然としながらなんとか答えた。
花丸は背中から倒れこんだが、曜が頭を抱えてくれたので怪我などはしていなかった。しかしは花丸の頭の中は別のことで一杯だった。

「その…ぶつかった時…」

「あ…」

衝突時のことを思い出し、2人は赤面する。倒れこんだ際に2人の顔が接近し、軽く口同士が接触する―いわゆるキスをしてしまっていた。



2: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:49:13.72 ID:cnP4JpQD.net

「キス…しちゃったね…」

曜がつぶやく。
不可抗力ではあるがキスはキスだ。
少なくとも花丸にとっては初めてのことであり、その戸惑いは大きい。

「その、ごめんね。私なんかと」

「そ、そんな」

曜の謝罪に対して花丸は困惑する。
花丸も年ごろの乙女らしくファーストキスに対するロマンチックな憧れはあった。

「早く忘れちゃっていいから」

「忘れるなんて…」

いつどこでなど、いろいろなシチュエーションを考えていたが、その相手はいつも同じだった。



4: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:49:52.21 ID:cnP4JpQD.net

「…忘れたくない」

「えっ?」

「曜ちゃんとの…キス、忘れたくない」

「マル…ちゃん?」

目の前の少女からの予想外の言葉に曜は戸惑った。
その驚きの中、花丸は続けてさらに大胆な発言をする。

「だから――もう1回」

「マルちゃん…いいの?」

花丸は無言でうなずき、軽く目を瞑る。それを見た曜はゆっくりと顔を近づける。
2人の顔が接近し、2度目の―――



6: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:50:18.72 ID:cnP4JpQD.net

ルビィ「マルちゃ~ん?おーい?」

花丸「ル、ルビィちゃん!?」

ルビィ「ぼーっとしてたみたいだけどどうしたの?」

花丸「な、何でもないずら!」

ルビィ「それならいいけど…」

花丸(曜ちゃんとはぶつかっただけなのにマルはなんて妄想を…///)



7: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:50:49.76 ID:cnP4JpQD.net

ルビィ「そういえばさ、千歌ちゃんたちがスクールアイドル始めたって聞いた?」

花丸「そうなの?」

ルビィ「うん。千歌ちゃん、曜ちゃん、果南ちゃん、それと2年の転校生の人かな?」

花丸「曜ちゃん…も」

ルビィ「ついに浦女にもスクールアイドルができるんだね♡」

花丸「よかったね、ルビィちゃん。スクールアイドル好きだもんね」

ルビィ「うん!」



8: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:51:35.63 ID:cnP4JpQD.net

「ん…」

2度、3度ついばむような口づけをした後、花丸の口の中に曜の舌が入ってくる。
未知の感覚に戸惑いながらも花丸はそれを受け入れ、自身も舌を出す。

「ふぁ…んっ…」

そのままお互いに舌を絡めあいながら濃厚なキスを続ける。
曜も経験があったわけではないのだろう、たどたどしい動きをしていたが、そのことが花丸を安心させる。

「んく…はぁ…」



9: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:52:07.41 ID:cnP4JpQD.net

花丸の息が切れそうになるころ、どちらからともなく口を離した。
2人の間で唾液が糸を引き――切れた。
2人とも照れくさそうにしながら数秒。先に言葉を発したのは曜だった。

「よかったよ」

「あ、いや、よかったっていうのも変だけど」

「その…気持ちよかっていうか…」

恥ずかしそうに頭を掻きながら曜が話す。
花丸も同様の思いだったので曜の言葉を聞いてることしかできなかった。



10: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:52:39.91 ID:cnP4JpQD.net

「だからもう1回…いいかな?」

曜の提案は花丸にも魅力的なものだった。場所が場所だけにはしたないという思いもありながら、それを上回る欲望があった。

「うん…」

花丸もうなずき、キスの姿勢に入る。
しかし、2人の耳に誰かが近づいてくる足音が聞こえてきた。ここは部室なのでいつだれがやってくるかわからない状態だ。

「やばっ」

あわてて2人は距離をとり、平静を保つ。
すぐに扉を開ける音が聞こえ―――



12: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:53:30.27 ID:cnP4JpQD.net

花丸「ないない///」

花丸「そんなのありえないずら///」

花丸「そもそもマルは運動とか苦手だしアイドルなんて…」

曜「あ、マルちゃん。いたいた」

花丸「曜ちゃん!?」

曜「マルちゃんもルビィちゃんに誘われたんでしょ?」

曜「一緒にやろうよ!」

花丸「でも…」



13: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:54:05.92 ID:cnP4JpQD.net

曜「私だってスクールアイドルがどんなものかぜんぜんわからないけど」

曜「人数少なそうだしとりあえずやってみるんだよ!」

花丸「そ、そうかなぁ」

曜「だから勇気を出して飛び込んでみようよ!」ドンッ

花丸「ひゃあぁぁぁ」バシャーン

曜「あ…」

曜「わーーマルちゃんごめん、つい勢いで」

花丸「っぷは」



14: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:54:42.30 ID:cnP4JpQD.net

曜「大丈夫?」チャポチャポ

花丸「ふふっ」

曜「マルちゃん?」

花丸「ありがとう。曜ちゃんが背中を押してくれたおかげで決心がついたよ」

曜「?確かに背中は押したけど…」

花丸「マル、スクールアイドルやってみるよ」

曜「ほんと?よくわからないけどよかった~」ギュー



16: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:55:12.26 ID:cnP4JpQD.net

曜の手が服の上から花丸の胸に触る。花丸は一瞬身をこわばらせるが、逃げることはしない。
曜はしばらく探るように花丸の胸を揉んでいた。快感というには弱い刺激に、花丸はそのまま身をゆだねた。

「脱がせるよ」

曜の言葉に花丸は無言でうなずく。
制服の上着を脱がされ下着姿に、すぐに続けて下着も取り外される。

「かわいい…」

「…っ!」

曜の視線が見た目の割には大きく成長している花丸の双丘に向けられ、感想が漏れる。
思わず花丸は腕で胸元を隠してしまった。



17: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:55:56.69 ID:cnP4JpQD.net

「あ、ごめん…じっくり見ることなんてあんまりないから」

そういいながら曜は花丸の腕をどけ、直接触り始めた。花丸も顔を赤く染めながら抵抗することはない。

「ん…」

曜に触られている間、花丸は漏れ出そうな声を抑えている。気持ちいいことではあるが決め手には欠ける。
そして曜はおもむろに顔を近づけ、そのまま花丸の右胸の頂を口に含んだ。

「ひゃんっ」

その刺激に花丸の口から抑えきれない声があふれた。自身で触ってた時には味わえなかった感覚に花丸も戸惑う。
その様子に曜はにやりと笑い、そのまま右胸を加えつつ、左手で左胸の愛撫をした。

「あん…曜ちゃん…だめぇ―」



18: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:56:46.76 ID:cnP4JpQD.net

曜「呼んだ?」

花丸「…え?」

花丸(えっと…ここはマルの家で、マルは風邪をひいて寝ていて…)

曜「寝言で曜の名前呼んでたみたいだからさ」

曜「どんな夢見てたの?」

花丸「あ…えぇと…///」

花丸「覚えて…ないです///」カァァ

曜「あーそうなんだ、残念」

曜「私が出てたなんてどんな夢か気になったのに」

花丸(言えない…あんな夢絶対に曜ちゃんには言えない///)



19: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:57:22.71 ID:cnP4JpQD.net

花丸「曜ちゃんは何でここに?」

曜「お見舞いだよ」

曜「ルビィちゃんも一緒に来たんだけど、マルちゃんが寝てるの見たら家の用事もあるからって帰っちゃった」

花丸「曜ちゃんは残ってくれたの?」

曜「まあ曜のせいで風邪ひかせちゃったようなもんだし」

曜「具合はどう?まだ顔赤いみたいだけど」

花丸「あー…うん、だいぶ良くなったみたいずら」

花丸(顔が赤いのは別の理由だよぉ///)

曜「そっか、よかった」

花丸「曜ちゃんは大丈夫だったの?」

曜「うん!私は元気だよ」

曜「ほら、バカは風邪ひかないっていうし」アハハ



20: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:58:07.31 ID:cnP4JpQD.net

曜「もう大丈夫そうだね。じゃあ私はそろそろ帰るから」

花丸「まって」ギュ

花丸「帰らないで…」

曜「え…?」

花丸「あっ…ごめん風邪うつしちゃうよね…」ハッ

曜「いいよー。マルちゃんがいてほしいっていうなら」

曜「大丈夫。さっき言った通り私は風邪とか引かないから!」

曜「手、握っててあげようか?」

花丸「ありがとう…」



21: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:58:52.85 ID:cnP4JpQD.net

花丸(落ち着く…)

花丸(曜ちゃんと離れたくないと思った)

花丸(この気持ちは何…ううん考えるまでもない)

花丸(いつか伝えなきゃ…曜ちゃんに…マルの…)zzz



23: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 19:59:40.16 ID:cnP4JpQD.net

曜の手が花丸の柔らかなおなかを滑り、下腹部へ。そのまま下着の中に入り秘所に触れる。

「もう濡れてるね」

「言わ…ないで…」

それまでの胸への刺激で花丸はすでに興奮状態になっていたので無理もない。しかし改めてそれを指摘されると急に羞恥がよみがえる。

曜は何度か下着の中で指を往復させて刺激を与える。

「あっ…ん…」

さらに愛液がでて十分に濡れたことを確認してから、花丸の下着を脱がせた。



24: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:00:33.53 ID:cnP4JpQD.net

「指、入れるよ…」

「…はい」

その言葉に花丸は緊張する。今まで表面を触るとは会っても中まで何かを入れたことはなかった。
体内に何かを入れること、それが単純に怖かった。

「ふぁっ…」

いよいよ曜の指がゆっくりと中に入ってきた。
緊張から花丸は体をこわばらせ、結果的に曜の指を締め付ける。

「ちから、ぬいて」

ゆっくりと異物が入ってくる。その快感とも不快感ともつかない感覚に戸惑う。



25: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:01:20.07 ID:cnP4JpQD.net

「人差し指、入ったけど痛くない?」

「大、丈夫…」

「じゃあ動かすよ」

曜はゆっくりと右手を動かし、指を抜き、差す。花丸の中から湧いてくる愛液の水音とともにリズミカルに動く。

「あっ…ん、ひゃぁ…」

感覚が快楽へ寄っていき花丸の口から喘ぎ声が出る。
曜はそのまま左手と口で乳房への愛撫を加える。



26: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:02:00.81 ID:cnP4JpQD.net

「曜ちゃんっ…マル、きちゃう」

曜の手によって快楽が限界まで進む。

「いいよ。イっちゃって」

その言葉とともに、花丸の中に入れている指のスピードを上げ、同時に親指で陰核にも刺激を与える。

「ん、ふぁ…あぁっっ…!」

そのまま花丸は絶頂を迎えた―――



27: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:02:43.60 ID:cnP4JpQD.net

花丸(ファーストライブ当日になんて夢を見てるんだろう///)

花丸(神様仏様、こんなはしたないマルでごめんなさい)

花丸(いよいよスクールアイドルとしての初めてのライブ…)

花丸(このライブが終わったら曜ちゃんに言うんだ)

花丸(受け止めてもらえるかわからない。怖い)

花丸(でも前に進まなきゃ)



28: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:03:16.71 ID:cnP4JpQD.net

花丸(場所は慣れた図書室)

花丸(マル以外に来る人はほとんどいないずら)

花丸(駆けるような足音が近づいてくる)

花丸(緊張する。深呼吸しよう)

ガラ

曜「どうしたの、こんなところに呼び出して?」

花丸「マ…私、あなたのことが――」



29: 名無しで叶える物語 2019/07/14(日) 20:03:52.84 ID:cnP4JpQD.net

おしまい


元スレ
曜「うわあああ!」花丸「きゃああああっ」ドシン