1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:31:05.41 ID:+viK52Yl0

結衣「ど、ど、ど、どうしよう!?」

京子「や、やばいよ結衣、これやばいよ……」

ちなつ「オェーッ」

結衣「ちなつちゃん、大丈夫!?保健室行こう!?ね!?」

京子「結衣、やばい、やばいって、逃げないと!」

結衣「な、なに言ってるんだ京子、そんな無責任な事……!」

京子「い、いいから、早く!」


モフモフ


京子「だ、駄目、来た!」

結衣「え?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:35:14.09 ID:+viK52Yl0

京子「結衣、隠れよう!押し入れの中に隠れよう!」

結衣「な、なに言って……」

京子「い、いいから!はやく!」グイッ

結衣「お、おい」


ピシャンッ


結衣「きょ、京子、押し入れの中に隠れてどうするんだよ!ちなつちゃんは!?」

京子「しっ!黙って!気付かれちゃう!」


タベチャウゾ


結衣(な、何この声)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:37:00.58 ID:+viK52Yl0



モップサン、モフモフ、モップサン

ホコリサンを、タベチャウゾ

モップサン、モフモフ、モップサン






5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:39:54.52 ID:+viK52Yl0



モフモフ、タベチャウゾ


結衣「きょ、京子、何だよこの声」ボソッ

結衣「お、女の子みたいだけど、全然聞いた事ない声だぞ」ボソボソ

京子「ゆ、結衣、知らないの?」ボソッ

結衣「な、何をだよ」ボソッ

京子「あれはね、都市伝説の……」ボソッ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:40:18.07 ID:+viK52Yl0




京子「モップさんだよ」ボソボソ







10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:44:15.26 ID:+viK52Yl0

結衣「も、モップさん?」ボソボソ

京子「うん……モップさんはね、元々は剣道部のエースだったんだけど……」ボソボソ

京子「兎に角、人当たりが激しい子で、何時も他の子達と衝突してたんだって」ボソボソ

京子「それで怒った子達が、モップさんを苛め始めたんだ……」ボソボソ

京子「モップさんって名前も、その時に付けられたらしい……本名がなんだったのか知らないけど……」ボソボソ

京子「最初は気丈にふるまってたモップさんだけど……そのうち、元気がなくなり始めて」ボソボソ

京子「それに比例する形で、苛めもひどくなって」ボソボソ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:47:15.75 ID:+viK52Yl0

京子「最終的には、大量の埃を無理やり食べさせられたんだって……」ボソボソ

結衣「ひ、酷いな」

京子「次の日、モップさんは緑色の胃液を吐いて死んじゃったって話だよ……」ボソボソ

結衣「そ、その子が、お化けになって出てるって言う事……?」ボソボソ

京子「うん……緑色の胃液を吐いちゃった子の所に化けて出てきて、丸ごと食べちゃうっていうのかモップさんの都市伝説なんだ」ボソボソ

結衣「ちょ、ちょっと待て、それじゃあ、それじゃあちなつちゃんは……」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:49:22.50 ID:+viK52Yl0

ちなつ「オエーッ」


「モップさん、モフモフ、モップさん」


ちなつ「う、うう、嘔吐が泊らない……」イエキ


「ホコリさんを、タベチャウゾ」


ちなつ「だ、だれ……?」


「ホコリさん、見つけた」


ちなつ「え、あ、ああああ、ああああああああああああああああああああああああああ!」


「タベチャウゾ」


ちなつ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:50:50.12 ID:+viK52Yl0

結衣「京子、離して、ちなつちゃんが、ちなつちゃんがっ!」

京子「だ、だめだよ、結衣、外に出ちゃダメ、食べられちゃうよ!」

結衣「けど、けど、放ってなんかおけないだろ!」

京子「わ、わたし、結衣に死んでほしくない、お願い!」


モップさん、モフモフ、モップさん


京子「……あ」

結衣「う、歌が、押し入れに近づいて……」


ホコリサンを、タベチャウゾ






17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:56:18.32 ID:+viK52Yl0



モップさん、モフモフ、モップさん


京子「き、気付かれちゃったんだ……」

結衣「きょ、京子、ごめん、私のせいだ、私が騒いだから……」

京子「結衣……」


ホコリサンを、タベチャウゾー


結衣「京子……死ぬ前に、言いたい事がある」

京子「な、なに」

結衣「……私、ずっと京子が好きだった」

京子「……!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 02:59:27.33 ID:+viK52Yl0

結衣「ずっと、京子を守りたいと思ってたけど……駄目みたい……」

京子「結衣……」

結衣「ごめんね、こんな情けない王子様で、ごめんね……」

京子「……私も、結衣の事、ずっと好きだった」

結衣「きょ、京子……」

京子「私、平気だよ、凄く怖くて、震えが来るけど……結衣と一緒に死ねるなら、本望だから」

結衣「京子……京子っ」ダキッ

京子「結衣、もっと、もっと抱きしめて……」ギュッ

結衣「うん、抱きしめるよ、京子、モップさんに食べられても離れ離れにならないように、力いっぱい抱きしめるよっ」ギューッ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:00:35.70 ID:+viK52Yl0

京子「結衣……」

結衣「京子……」


チュッ



モップサン、モフモフ、モップ

ホコリサンを、タベチャウヨ






23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:04:07.76 ID:+viK52Yl0

京子「モップさん、押し入れの前まで来ちゃったね……」ギュッ

結衣「うん……いよいよ、私達も最後だ……」ギュッ

京子「結衣、死んで生まれ変わっても、また、また会おうね?」

結衣「当たり前だろ……ラムレーズン用意して、待っててやるからさ」

京子「うん……」


モップさん、モフモフ、モップさん


結衣「あ、襖が、少しずつ開いて……」

京子「結衣、結衣っ」ギュッ

結衣「京子……」ギューッ


ピシャーンッ!





25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:15:12.37 ID:+viK52Yl0

あかり「結衣ちゃん、京子ちゃん、どうしたの、押し入れの中に隠れて」

結衣「……え?」

京子「あ、あかり?」

あかり「もー、またあかりをのけ者にするつもりだったんでしょっ」プンプン

結衣「あかり!今ここに、誰かいなかった!?」

あかり「え、あかりが来た時は誰も居なかったけど……」

京子「ち、ちなつちゃんは!?緑色の胃液は!?」

あかり「え、え、京子ちゃん、どうしたの?」

結衣「……何も、残ってない、ちなつちゃんも、緑色の胃液も……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:16:29.66 ID:+viK52Yl0

京子「結衣、モップさん、私達を見逃してくれたのかな……」

結衣「う、うん、そうだね、良く考えると私達、緑色の胃液は吐いてないし……」

京子「……もしかしたら、私と結衣の愛で、モップさんを追い払えたのかも……?」

結衣「きょ、京子っ///」

あかり「あ、アッカリーン」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:18:43.78 ID:+viK52Yl0

あかり「もう、二人とも、あかりを置いて2人っきりの世界を作らないでよぉっ!」

京子「あはは、ごめんごめん」

結衣「そ、それにしても、なんだか部室が埃っぽいね」

京子「うん、モップさんが来た後は埃が多くなるらしい」

結衣「ちなつちゃんは……助けられなかったけど、私は、京子が無事で本当に良かったと思う……」

京子「……ありがとう、結衣」

あかり「京子ちゃん、結衣ちゃん、掃除はじめるよ~」

京子「ん、箒出してくれてありがとうね、あかり」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:20:17.11 ID:+viK52Yl0

結衣「あれ、あかりはモップ使うのか、畳なのに」

あかり「うん」

京子「よし、じゃあ娯楽部掃除、スタートだ!」

結衣「おう!」


モップさん、モフモフ、モップさん


京子「……え」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:23:56.63 ID:+viK52Yl0

あかり「モップさん、もふもふ、モップさん♪」

あかり「ホコリさんを、食べちゃうよ~♪」

あかり「モップさん、もふもふ、モップさん♪」

結衣「あ、あかり、その歌……」

あかり「モップさん、もふもふ、モップさん♪」

結衣「や、やめてよ、あかり、その歌、やめてよ……」

京子「う、ううっ」

結衣「京子?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:25:59.27 ID:+viK52Yl0

京子「あ、あれ、凄く、気分が……」

結衣「きょ、京子……」

京子「オエーッ」

結衣「み、緑色の、胃液が……」

京子「オエーッ」

あかり「ホコリさんを、食べちゃうよ~♪」

結衣(そうか、モップさんの歌を生きてる人間から聞くと……緑色の胃液が出ちゃうんだ)

結衣(ちなつちゃんも、きっと、あかりから……)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:27:48.72 ID:+viK52Yl0

あかり「モップさん、もふもふ、モップさん♪」

結衣(わ、わたしも、もう、耐えられない……)

結衣(もう、口元まで、来てる)

結衣(これは、きっと、緑色をした……)

結衣「……」

結衣「オエーッ」

京子「オエーッ」

結衣「オエーッ」

京子「オエーッ」


モップサン、モフモフ、モップサン






45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:30:56.65 ID:+viK52Yl0

~生徒会室~


綾乃「千歳、知ってる?最近、七森中に変な都市伝説が流れてるらしいんだけど」

千歳「ああ、モップさんな」

綾乃「本気で怖がってる子もいるみたいだし、ちょっと噂を広めてる人を探した方がいいのかしら」

千歳「綾乃ちゃん……都市伝説の噂を広めてる人なんて、おらへんよ」

綾乃「え、けど実際……」

千歳「都市伝説はな、知り合いの知り合いから聞いた話って言うのが基本やし」

千歳「友達の友達の友達の友達……って感じで、範囲が広がるだけやと思うわ」

綾乃「そ、そうなの……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:34:28.60 ID:+viK52Yl0

綾乃「けど、モップさんの都市伝説って、どうも意味が判らないのよね、緑色の胃液とか、歌とか」

千歳「胃液は兎も角、歌は赤座さんに教えてもろたよ」

綾乃「へー、私、歌の内容まで走らないのよね、どんな内容?」

千歳「生徒会室のの掃除が終わったら、教えたげるよ」

綾乃「ええ、そうね、まずは掃除を終わらせないと……」

千歳「綾乃ちゃん、はい、箒」

綾乃「千歳、ありがと……あ、千歳はモップなんだ」

千歳「うん」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:36:21.96 ID:+viK52Yl0

千歳「モップさん、もふもふ、モップさん」

綾乃「あはは、千歳、何その歌、可愛らしいわね」クスクス


「モップさん、もふもふ、

「ホコリさんを、食べちゃうよ」





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:39:28.15 ID:+viK52Yl0

千歳「モップさん、もふもふ、モップさん」

綾乃「あはは、千歳、何その歌、可愛らしいわね」クスクス


「モップさん、もふもふ、モップさん」

「ホコリさんを、食べちゃうよ」

「モップさん、もふもふ、モップさん」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:39:47.88 ID:+viK52Yl0




「ホコリさん、みいつけた」










58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/02(木) 03:40:40.94 ID:+viK52Yl0

元ネタ

単行本4巻26ページのあかりの歌


元スレ
結衣「京子~ちなつちゃんが緑色の胃液吐いたんだけど」