1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 21:47:15 ID:oMZxIeNg

魔王「いやいやいや」

勇者「剣や魔法に頼るなど愚かなり…やはり拳よな」

グッ

魔王「ファンタジー世界を全否定かよ」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 21:53:04 ID:oMZxIeNg

勇者「俺は剣も魔法も苦手だ…だからこの拳を武器にやってきた」

魔王「お前みたいな勇者始めて見たよ…だがな」

勇者「ん?」

魔王「拳ひとつで何とかなるのは、今日で終わりさ…今日は…お前の命日になるのだ!」

ズバババ!

ドゴーン!

魔王「最大出力の雷撃魔法だ!即死だな、勇者…よ…って…え…」

勇者「蚊ほどにも効かんな、これが」

魔王「ぎゃふん」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 21:55:21 ID:oMZxIeNg

勇者「俺の肉体は鍛えに鍛えた、まさに鎧…魔法は効かぬし剣では斬れぬ」

ピクッ ピクッ

魔王「いやぁ…乳首ピクピクさせてアピールしてる…」

ピクッ ピクッ

勇者「どうした、まだやるかね」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 21:57:04 ID:oMZxIeNg

魔王「降参だ…さっきの雷撃魔法が私の最強技だったからな」

勇者「そうか…なら」

ヌギッ

勇者「勝者は与えられ、敗者は奪われる…この意味が分かるな?」

魔王「…」

コクッ

勇者「なら、脱げ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 22:46:57 ID:oMZxIeNg

魔王「…」

スルスル

勇者「っ!」

バキィッ!

魔王「あぐっ…」

勇者「馬鹿野郎!靴下は履いたままに決まってんだろ!」

魔王「は、はい…」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 22:48:22 ID:oMZxIeNg

魔王「…」

ヌギヌギ

魔王「ぬ、脱ぎました…」

勇者「ほぅ…」

スリスリ

スネゲ サワリサワリ

魔王「!」

勇者「たわわァ…たわわァ…」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 22:51:45 ID:oMZxIeNg

魔王「や、やめ…」

勇者「うるせぇ!」

ブチブチィィィ

魔王「あぎゅぁぁぁぁ!すね毛が!すね毛が!」

勇者「魔王ごときが俺に止めろだと…?ツルッツルにされてェのか、あァん!?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/16(木) 22:53:06 ID:oMZxIeNg

魔王「くっ…ひぐっ…」

プルプル

チョロ…

勇者「んん?」

チョロチョロ…

勇者「て、てめぇ、まさか!」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 14:09:31 ID:VXYrxEig

魔王「ぷっしゃぁぁぁぁぁぁ!」

プッシャァァァァァァ!

勇者「もらしやが…った…」

ペロッ

勇者「この味…魔王の尿は…ネクタルなのかよ…」

ネクタルだった。

魔王「神々の酒でちゃうぅぅぅ」

プッシャァァァァァァ!



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 20:55:03 ID:VXYrxEig

勇者「へへ…たまんねェ…たまんねェよ…こいつ…魔王か…魔王といったか…こいつがいれば無限にネクタルが湧く…尽きぬよ…尽きぬよナァァー!」

ペロペロ

ピチャピチャ

勇者「あっはははははは!ははははは!」

魔王「やぁ…いやらしい音たてちゃらめぇ…」

勇者「黙れよ」

ドンッ

魔王「きゃっ…」

勇者「お前は黙ってネクタルもらしてりゃいいんだよ…いいんだよ!」

ハラパン

魔王「ひぐっ…なぐつぁ…と…」

ビチャビチャ

魔王「昼に食べたおかゆが…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:17:12 ID:VXYrxEig

勇者「おかゆとネクタルが混ざり合い…溶け…ひとつ…いや、そこに俺が…あぁ…なんだこの感情…焦燥感…消して……超幻想…はぁぁぁあん!」

ビュルッ ビュルル

勇者「さ、三倍モードは画質が荒い!」

魔王(なぜ急にビデオテープの録画モードの事を語り出したのだ、こやつは…)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:45:31 ID:VXYrxEig

勇者「はぁ…はぁ…」

魔王「ずいぶん苦しそうだな勇者よ…まぁこれでも飲め」

ズイッ

勇者「紙コップ…中身は…」

魔王「飲んでのお楽しみさね」

ニマァ

勇者「…」

ゴクリ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:49:14 ID:VXYrxEig

魔王「どうした、飲まんのかね?」

ニヤニヤ

勇者「くっ…」

魔王「どうした、貴様は勇敢な者…勇者、なのだろう?」

ニマァ

勇者「くっ…その安い挑発に乗るのは不愉快だが…やってやる…いや、やぁってやるぜ!」

ゴクゴク

勇者「んぁ…この味…ハァァァアン!」

ビキッビキッ

勇者「断・空・砲!」

ドビュルルルルル

ドビュッシー



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:52:52 ID:VXYrxEig

魔王「いやぁぁぁぁぁ服にしろいうみが!しろいうみが!付着しているッッ!」

ババァ~ン!

勇者「はぁ…はぁ…水を…水をください…」

魔王「よかろう、ほれ」

勇者「紙コップ…中身は…」

魔王「飲んでのお楽しみさね」
ニマァ



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:54:16 ID:VXYrxEig

勇者「…」

ゴクリ

魔王「どうした、飲まんのかね?」

ニヤニヤ

勇者「くっ…」

魔王「どうした、貴様は勇敢な者…勇者、なのだろう?」

ニマァ

勇者「くっ…その安い挑発に乗るのは不愉快だが…やってやる…いや、やぁってやるぜ!」

ゴクゴク

勇者「んぁ…この味…ハァァァアン!」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 21:58:31 ID:VXYrxEig

勇者「うまーい!」

♪テーテッテレー

ネッテオイシイ ネルネルネールネ

勇者「して、これは?」

魔王「ネクタル」

勇者「どうりで…体力は満ち、精神は冴えている…これがネクタルの力かよ!」

ビキッ ビキッ

勇者「勃起!」

魔王「ふふふ…どうじゃ、ワシのネクタルはヒンナじゃろ?」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/18(土) 03:05:46 ID:.PYxXPXg

勇者「あぁ…こいつぁヒンナだぜ…」

こうして勇者は酒に溺れ

なんやかんやあって

尻穴から血が出るまで魔王と戯れましたとさ

ネクタル、ネクタル。

【おしまい】


元スレ
SS深夜VIP:勇者「拳で語ろうか」