SS速報VIP:モバP「のあさんZZ」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:23:29.99 ID:yMBX4jwDo

※短編形式のSS集です。
※一部キャラ崩壊あります。
※最後の話は試験的にほぼパロネタです。苦手な人は注意。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372519409




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:24:12.38 ID:yMBX4jwDo

『サムデイ・イン・ザ・レイン』



――雨の日・事務所近くの公園



ザァァァァァ……



のあ「………」


バシャッ バシャッ バシャッ


P「ハア、ハア……やっぱり……のあさん! どうしたんですか! こんな雨の中、傘も差さないで!」

のあ「……P……」

P「! ……のあさん、もしかして、泣いて……!」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:24:44.73 ID:yMBX4jwDo




ザァァァァァ……



のあ「………」

P「一体……一体、何があったんですか! 話して下さい!」

のあ「………」」

P「黙ってちゃわかんないですよ!」



ザァァァァァ……



のあ「………」

P「……!」


ダキッ


のあ「あっ……」

P「すいません、でも――俺……俺、のあさんのそんな顔、見たくないです!」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:25:14.06 ID:yMBX4jwDo




ザァァァァァ……



のあ「――――た……

P「え……?」

のあ「無かったの……」

P「な、なにが!」





のあ「――っ、ウサミン星なんて、無かったのよ……っ!」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:25:46.43 ID:yMBX4jwDo






ザァァァァァ……



P「………」

のあ「………」

P「……のあさん……」

のあ「………」

P「……尾けたんですね……?」

のあ「………」

P「……のあさん……」

のあ「………」

P「……こっち、向いて下さい……」

のあ「………」

P「……俺、今こんな顔してます……」

のあ「………」



ザァァァァァ……








菜々「――びぃえっくしょい! ズズ……あれー、風邪ひいたかな……。ネギ買ってこないと……」






6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:26:53.75 ID:yMBX4jwDo

『ぬるぽ』



――事務所内・机の下



乃々(………)



P「――のーのー、どこだー?」

乃々「!(き、来た……!)」ビクッ



P「隠れてないで出てきなさーい」

乃々(来ないでいいですけど……神様仏様プロデューサー様……来ないで気づかないでいいですけど……)ブルブル



P「早く出てこないと大切な――」

乃々「!」ドキッ




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:27:38.97 ID:yMBX4jwDo




P「――蘭子の大切なグリモワールをみんなに公開しちゃうぞ―」

蘭子「ん゛ー! ん゛ー!(バカバカバカ!)」ポカポカポカ



乃々(うう、全然関係ないんですけど……)



???「……乃々」

乃々「ひっ――もごもご……!」

のあ「しっ――静かに……」ヒソヒソ

乃々「ぷはっ……た、高峯さん……(いつの間に机の下に……)」

のあ「何故私がここにいるのかは気にしなくていいわ」

乃々「……はい(気になるんですけど……すごく窮屈そうなんですけど……)」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:28:56.34 ID:yMBX4jwDo



のあ「……乃々、あなた、LIVEに行きたくないの……?」

乃々「……私にソロLIVEなんて無理です……命の火が消えます……」

のあ「なら……あなたはずっとここでこうしているつもり……?」

乃々「いいんです……もりくぼは半畳あれば生きていけますから……これからはプロデューサーさんの机の下で……お仕事します……」


のあ「……乃々、貴女は裏切るの?」

乃々「!」

乃々「……プロデューサーさんをですか……それとも、ファンの人たちのことですか……」

乃々「私……ずっと言って来ました……私にはアイドルなんて無理だって……」

乃々「でも、プロデューサーさんは、聞いてくれませんでした……」

乃々「無理だ、って言っているのに、無理やりやらされて……それなのに、裏切るのか、なんて言われても……困ります」

乃々「……わかっています、悪いのは私なんです……はっきりと断ればいいのに……もりくぼはダメな奴です……卑怯者なんです……」グスッ




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:29:40.97 ID:yMBX4jwDo



のあ「乃々」

乃々「はっ……」

のあ「私が貴女から聞きたいのは、そんな答えじゃないわ」

のあ「貴女は――自分自身を、裏切るの……?」

乃々「……私を……?」

のあ「貴女はこう言ったわ……『はっきりと断ればよかった』と……。それは、貴女に勇気がなかったから、そうすることが出来なかったのかしら?」

乃々「……そうです、もりくぼは、臆病者だから……」

のあ「それは違うわ」

乃々「え……?」

のあ「断らなかったのは貴女に勇気がないからじゃない……貴女が持つ勇気が、それをさせなかった……」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:30:12.64 ID:yMBX4jwDo


乃々「私の……勇気……?」

のあ「そう……」

のあ「挑戦しようとする心……自分を変えようとする心……貴女が気づいていないだけで、小さな勇気は、確かにに貴女の中に存在する……」

のあ「だからこそ、今日まで貴女はレッスンに耐え、ステージに立ち続けた……誰かに無理矢理ではなく、貴方自身が心の奥底でそう望んだから……」

のあ「そしてその事を……Pも気づいていると思うわ」

乃々「……プロデューサーさんが……」

のあ「ええ、きっと……」コクッ

のあ「だから……Pのことを信じてあげて」

のあ「貴女だけの勇気じゃ足りなくても……彼がきっと、支えてくれるから」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:31:36.93 ID:yMBX4jwDo



乃々「………」

のあ「………」

乃々「……プロデューサーさんも高峯さんも……もりくぼのことを、過大評価しすぎだと思います……」

のあ「………」

乃々「もりくぼは……私は、そんな人間じゃないです……ただの弱虫です……」

のあ「………」

乃々「……だけど……」

のあ「………」

乃々「……もう少しだけ、頑張ってみようかと思います、けど……」

のあ「……ええ」ニコッ




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:32:28.71 ID:yMBX4jwDo



P「――あっ、見つけたぞ乃々。机の下なんかに隠れてたのか」

蘭子「ん゛ー! ん゛ー!(バカバカバカ!)」ポカポカポカ

乃々「ぷ、プロデューサーさん……」

P「……って、なんでのあさんまで一緒に収まってるんですか」

のあ「私のことは気にしなくていいわ……」

P「無茶言わんで下さ――!!」

のあ「………?」

P「……のあさん……あのぅ……」

のあ「どうしたの、P……」

P「……そのぅ……」

のあ「貴方……少し変よ」

P「……怒りませんか?」

のあ「……なんのこと……?」

P「怒らない?」

のあ「……怒らないから、言いたいことがあるなら、早く言いなさい」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:33:22.07 ID:yMBX4jwDo









P「あの……………………見えてます……………………スカートの中……………………」ポッ



のあ「!」バッ!


  ガ  ッ  !  


のあ「――っぐ……!」


乃々(あ、頭を……)


のあ「~~~!」


P(思い切り……)ヤッチャッタ……

蘭子「ん゛ー! ん゛ー!(返して! 返して!)」ポカポカポカ





P(その日一日、のあさんは口を利いてくれなかった……)オコラナイッテ イッタジャン……




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:34:41.73 ID:yMBX4jwDo

『平常運転』



美玲「あーっ! 蘭子が眼帯してるーっ!」

蘭子「♪~(¢ε・;)」ヒュー ヒュー

美玲「ウチの眼帯パクるなよ! 人の特徴取るのはいけないんだってみくが言ってたぞ!」

蘭子「我が瞳の封印は模倣などにあらず!(ぱ、パクってないもん!)」

美玲「ウソつくなよ! 昨日までしてなかっただろ!」

蘭子「闇の帳が降りし刻、我が第三の力の覚醒が……(き、昨日の夜急に私に邪王真眼の力が……)」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:35:45.98 ID:yMBX4jwDo




のあ「やめなさい、二人共!」バーン



蘭子「銀髪の美姫!(の、のあさん!)」

美玲「――あっ、眼帯つけてる! しかも両目に! なんか『眼』『心』って書いてある!」

のあ「眼帯の有る無し……そんなことは些細な問題よ」

のあ「例え私のように両目を塞がれようと――ふっ」


ガシッ


愛海「がああああ」


ギリギリ


美玲「スゴイ! 目が見えないのに、後ろから忍び寄った愛海を……!」

蘭子「井之頭五郎(アームロック!)」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:37:00.75 ID:yMBX4jwDo



のあ「……このように暴漢への対処など造作も無いこと……」ポイッ

美玲「あ、愛海!」

蘭子「ただの屍のようだ……!(し、死んでる……!)」


のあ「よく考えて……今の貴方たちがすべきことは、争うことなどではない……」

のあ「今、貴方たちにすべきこと……それは……」

蘭子・美玲『そ、それは……(ゴクリ)』


のあ フッ

のあ「――見えるんだけど、見えないもの」

のあ「……それを、見つけ出すことね……」

蘭子・美玲『か、カッコイイ……!』



P「……あっ、今日トイレットペーパー安いな……帰りに買っていくか」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:37:55.28 ID:yMBX4jwDo

『ウサミン星の真実』



ガチャッ


菜々「おはよーございまーす! 今日もナナは元気ビンビンでいきますよー♪」ルンルン

のあ「……おはようございます、菜々さん」

菜々「のあさん! おはよ――って、え……?」

のあ「どうかしましたか、菜々さん」

菜々「も、もー、どうしちゃったんですか? 『菜々さん』だなんて、いつもののあさんらしくないじゃないですかー」

のあ「……やはり目上の方には、失礼のない態度をとるべきかと思いまして」

菜々「あはははは! やだなー、もう! 目上って、のあさん菜々より年上じゃないですか! 菜々はJK、ピチピチの17歳ですよぉー?」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:38:40.49 ID:yMBX4jwDo



P「――菜々さん、ちょっと……」

菜々「あっ、プロデューサー! のあさん、一体どうしちゃったんですか?」

P「実は――」

菜々「な……菜々のアパート、もといウサミン星の所在地がバレた……!?」


のあ「………」ツーン


P「はい……ちなみにあなたがJK(女子高生)などではなくJK(女子と呼ぶにはキツイ)年齢であることは周知の事実です」

菜々「ヱッ、ナニヲイッテルンデスカプロデューサーマデ。ナナハショウシンショウメイジュウナナサイデスヨ、ヤダナァハハハ」

P(菜々さん……あんた強ぇよ……!)




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:40:27.88 ID:yMBX4jwDo



菜々「……そうですか。つまりナナは、ウサミン星人を信じる純粋な子の気持ちを裏切ってしまったんですね……」

のあ「………」ツーン

P「いや、どちらかというと信じる方に問題が――」

菜々「……いいでしょう! どうやら、ウサミン星の真実を、伝えなければならない時が来たようです!」バンッ

P「えっ、真実も何ももうとっくに――」

菜々「のあさん!」

のあ「……なんですか」

菜々「……ウサミン星は!」





菜々「ウサミン星は――あ な た の 心 の 中 に あ り ま す !」




のあ「………」

P「………」エー……

菜々「………」

のあ「……そ――」

P「そ?」



のあ「そういうことだったのね……!」モウテン ダッタワ……

P「どゆことー」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:42:56.97 ID:yMBX4jwDo

『なおちゃん』



チク タク チク タク



凛「………」カチカチカチ

加蓮「………」ペラッ



奈緒(おかしい……何かがおかしい……)



のあ「………」パチッ パチッ



奈緒(室内なのにサングラス……ノースリーブのジャケット……無駄に赤いファッション……。間違いない……)



のあ「………」パチッ パチッ



奈緒(――なんで事務所でクワ○ロ・バジーナがガンプラ作ってるんだ……)



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:43:43.16 ID:yMBX4jwDo

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:51:28.17 ID:yMBX4jwDo




のあ「………」カチャカチャ


奈緒(いや、ク○トロっていうか、コスプレしたのあさんだけどさ)

奈緒(そもそものあさんがおかしいのは大した問題じゃないんだ)

奈緒(おかしいのは……)



凛「………」カチカチカチ

加蓮「………」ペラッ



奈緒(この二人なんだよ! なんで平然と携帯いじったり雑誌読んでるんだよ!)

奈緒(三人で事務所に入って、のあさんを見た時からそうだったよ。二人共ノーリアクションで『おはよう』って……)

奈緒(ツッコみたかったけど、空気に押されて何も言えなかったよ!)




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:52:30.69 ID:yMBX4jwDo



のあ「………」ヌリヌリ


奈緒(いくら奇行が珍しくないからって、まったく動じないなんてあり得るのか?)

奈緒(……二人はクワト○を知らないからか? いや、知らなくてもあんな奇抜な格好はツッコみたくなるだろ?)

奈緒(……やっぱり考えられるのは――)


のあ「あっ」


奈緒(――? あっ、筆塗り失敗してる……)


のあ「………」ワナワナ


ガタッ


奈緒「え?」



のあ「塗膜薄いぞ! なにやってんの!」

奈緒「ぐふっ……!」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:53:16.49 ID:yMBX4jwDo



凛「………」チラッ

加蓮「………」チラッ


奈緒(あ、危ない……吹きそうになった……)プルプル

奈緒(そっちかよ! なんでブラ○トさんなんだよ! ク○トロ関係無いじゃん!)

奈緒(……いや、今はそんなことより)


凛「………」プイッ

加蓮「………」プイッ


奈緒(二人の反応……間違いない)

奈緒(これは私に仕掛けられたドッキリだ)

奈緒(二人は打ち合わせ済みだからスルーできるんだな……)


のあ「………」カチャカチャ

凛「………」カチカチカチ

加蓮「………」ペラッ


奈緒(くっそー、そういうことか……)

奈緒(見てろよ、絶対にあたしは笑わないからな!)




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:54:30.62 ID:yMBX4jwDo




ガチャッ


楓「おはようございます……」

凛「おはよう」

加蓮「おはよう」

奈緒「(お、この声、楓さんか?)おはよう、かえで――な、んぞ、ん……」


凛「………」チラッ

加蓮「………」チラッ


楓「……?」

奈緒(は、ハ○ー・オード……)プルプル




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:55:03.30 ID:yMBX4jwDo

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:56:04.74 ID:yMBX4jwDo



奈緒(や、やばい……あのサングラスしてるだけなのに、すごい似てる……)プルプル

奈緒(楓さんも仕掛け人か……油断してた……)


楓「隣、いいですか?」

のあ「ええ……」


奈緒(クワト○と○リーが並んで座ってる……なんだこのシュールな画……)

奈緒(マズイぞ……楓さん、普段から何してくるかわからないのに、この状況は……)


のあ「………」


ガタッ


奈緒(え? のあさん?)





のあ「ユニバァァァァァァァァァァァァァァァァス!!」

奈緒「どむっ……!」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:56:58.90 ID:yMBX4jwDo



凛「………」チラッ

加蓮「………」チラッ


奈緒(……なんでその台詞あんたが言うんだよ! しかも何の脈絡もなく!)プルプル


凛「………」プイッ

加蓮「………」プイッ


奈緒(……ふんっ、でも、そう簡単にあたしは負けないぞ!)




36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:58:10.48 ID:yMBX4jwDo




ガチャッ


杏「おはようございまーすお疲れ様でしたー」

凛「おはよう」

加蓮「おはよう」

奈緒「(この声は……杏か?)おはよう、あんず――ごっ、ぐっ……」


凛「………」チラッ

加蓮「………」チラッ


奈緒(……あー、はいはい、ニートね! ジャミ○・ニートね! そういう方向性ね!)

奈緒(……ノーメイクの二人と違って、杏はかなり気合の入ったメイクしてるから、ジャ○ルの頭を杏の体に乗っけたみたいになってる……)




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:58:52.91 ID:yMBX4jwDo

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 00:59:59.60 ID:yMBX4jwDo



杏「隣座るよ―」ドサッ

のあ「ええ……」

楓「どうぞ……」


奈緒(なるほどね……グラサン縛りか……どうでもいいけど)

奈緒(……さっきは前触れ無くネタが飛んできたからな……身構えておかないと――)


楓・杏「………」


ガタッ


奈緒(――って来た! 今度は二人!?)





楓「ユニバァァァァァァァァァァァァァァァァス!!」

杏「ユニバァァァァァァァァァァァァァァァス!!」




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:00:28.54 ID:yMBX4jwDo






楓・杏「………」


ドサッ


奈緒(び、びっくりした……)ドキドキ


アー マケチャッタヨー フフッ…… マダマダネ……


奈緒(なに? 今の勝負だったの? 何の勝負なの?)


凛「………」チラッ

加蓮「………」チラッ


奈緒(……今のはさっきと同じネタだったからな。驚いたけど、耐えるのは簡単だったぞ!)フフン


凛「………」プイッ

加蓮「………」プイッ


奈緒(……それにしてもピクリともしないな……いくら前もって知ってるからって、私なら笑いそうになるぞ……)




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:01:41.17 ID:yMBX4jwDo




ユニッ ユニバッ アニバトトキンッ


奈緒(なんか三人で牽制しあってる……)ナンノ イミガ……



ガタッ



奈緒(えっ、ちょ、まっ――)





のあ・楓・杏『チェブラァァァァァァァァァァァァァァシカ!』

奈緒(!!!!!)



41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:02:17.85 ID:yMBX4jwDo






のあ・楓・杏「………」


ドサッ


奈緒(あ、危なかった……今のは危なかった……)プルプル

奈緒(い、今のは流石に凛と加蓮も……)チラッ


凛「………」カチカチカチ

加蓮「………」ペラッ


奈緒(人形かお前ら! 心を持たない機械か!)




42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:02:53.76 ID:yMBX4jwDo



のあ・楓・杏「………」


奈緒(……あれから動きがないな……)



チク タク チク タク



凛「………」カチカチカチ

加蓮「………」ペラッ


奈緒(二人は相変わらずだし……私だけ緊張して疲れてきた……)




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:03:30.47 ID:yMBX4jwDo




チク タク チク タク



奈緒(あ、やば……眠気が……)



のあ・楓・杏「………!」


ガタッ ガタッ ガタッ


奈緒(ふわっ!?)


ツカツカツカツカ


奈緒(こ、こっちに来た……!)


ピタッ


のあ・楓・杏「………」ジッ

奈緒「な、なに……?」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:05:01.80 ID:yMBX4jwDo











のあ「私たち!」

のあ・楓・杏『ト ラ イ ア ド プ リ ム ス !』 [サンバルカンのポーズ]


奈緒「ぶっふぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」



凛「すごい」パチパチパチ

加蓮「かっこいい」パチパチパチ


奈緒(も、もうダメ……)




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:05:33.61 ID:yMBX4jwDo

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:06:12.40 ID:yMBX4jwDo




――車内・走行中



奈緒「……うーん……」Zzz……

加蓮「むにゃ……みてみて、ぷろでゅーさー……」Zzz……



凛「……二人共寝ちゃったね」

P「みたいだな。凛は眠くないのか?」     ネエ、シャシン トッテ シャシン!

凛「うん……なんだか目が冴えちゃって」

P「ははっ、興奮冷めやらぬって感じか」    ……コノシャシン、オクサンニ ミセタラ ドウナルノカナ……

凛「だって、私たちの……トライドプリムスの、初LIVEだもん……」

凛「私だって、その……興奮、するよ……」

P「そうだな……最高のステージだったよ」     フフッ……ジョウダン ダヨ プロデューサーサン……

凛「うん……ありがと」




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:07:28.68 ID:yMBX4jwDo



ガーッ


凛「風、気持ちいいな……――夕日、綺麗だね」

P「うん? ああ、まあ、俺は綺麗より眩しいって感じだけど」

凛「サングラス、似合わないね」

P「ほっとけ」

凛「ふふっ、冗談だよ」



凛「――ねえ、プロデューサー……」

P「ん?」

凛「これからも、よろしくね」

P「どうした? そんな改まって」

凛「所信表明……ってやつかな。私はこのまま、止まる気はないから」

P「凛……」




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:08:33.68 ID:yMBX4jwDo



凛「トップアイドルになるまで、まだまだ道のりは長いと思う」


P「………」


凛「でも、私たちは刻むんだ……ファンの……みんなの心に……」

凛「足跡を……情熱を……消えない音を……!」





奈緒「――ぷっ、ははははははははっ! な、ない……っ! このタイミングで、その台詞は、ない……っ!」ヒー


P・凛「!!」


凛「~~~!」ギュゥゥゥゥ


奈緒「いっ、いひゃい……ほっぺがいひゃい……! むにゃ……いひゃくて、くるひい……にゃ、にゃんで……!?」






おわり



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/30(日) 01:16:27.80 ID:yMBX4jwDo

以上です。前回でPのテンションがおかしくなってしまったので、軌道修正しました。
頭のおかしいPは他の形で書こうとおもいます。
最後のパロネタはSSでやるには難しいなぁ、と思ったんですが、
今後のためにトライアドは出しておきたかったので、とりあえず使いました。
やっぱりやるならスレの頭からパロネタSSにしたほうが良いですね。

あと、並行してにゃんにゃんにゃんネタも書いてます。見かけたらそちらも読んでくれると嬉しいです。

ここまで読んで下さりありがとうございました。HTML化依頼してきます


元スレ
SS速報VIP:モバP「のあさんZZ」