SS速報VIP:P「ゆうだち」



1: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:31:53.80 ID:T4zEPUC30


 「多分こいつ響好き」
なぜバレたし。は、春香の方が好きだし! でもみんな好きだし!

P「夕立」の続きというか、なんというかです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374665513




2: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:32:23.13 ID:T4zEPUC30


雪歩「えへへー」

真「いーなー。かわいいなー」

春香「かわいいね、和傘っていうの?」

雪歩「うん! お父さんが買ってくれたんだ」

P「晴れてるぞ?」

春香「プロデューサーさん……」

真「プロデューサー……」

P「……ん? 俺なんかした?」

 …………。

雪歩「えへへ、傘が新しいから嬉しいなっ」

雪歩「ん? ……なんだろうあれ?」

雪歩「ひっ! い、犬ですー! ……可哀想。うぅ、でも飼ってあげられないです」

雪歩「濡れちゃうよね……」

雪歩「……はい、どうぞ」

 …………。

P「今日も遅くなっちゃったなー。コンビニ飯か」

P「ん? あれは雪歩の傘、か?」

P「なんで置いてあるんだ? 大切そうにしてただろ……ああ、そいういこと」

P「……仕方ないな」

 …………。

雪歩「……おはようございます」

P「元気ないな。傘をどっかに忘れたみたいな顔してるぞ?」

雪歩「な、なんでわかるんですか!」

P「はいこれ」

雪歩「? 携帯電話がどうしたんですか?」

P「うちの新しい家族の待ち受け。優しい誰かに会いたいってさ」




3: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:33:18.89 ID:T4zEPUC30


亜美「ただいまー!」

P「おかえりーって随分降られたな」

亜美「へーきへーき。子供は雨の子っていうっしょー」

P「言わねーよ。タオル持ってきてやるから待ってろ。てか動くな床が濡れる」

亜美「あーい」

P「ほい……っ、あっち向けあっち」

亜美「なんでー? ……あ! にーちゃんのスケベ! エロ変態!」

P「不可抗力だ!」

亜美「きゃー! おかされるー!」

P「どこで覚えたそんな言葉! 待て亜美!」

亜美「(≧∇≦*)キャー!」

P「走んな! 待て!」

亜美「( *≧∇≦)キャー!」

P「アウトインアウトで走るな!」

亜美「にーちゃんが追ってくるー! っきゃ」

P「!」

亜美「いたたた、くない? ……に、にーちゃん?」

P「……」

亜美「に、にーちゃん! 死んじゃやだよ! きゅ救急車!」

P「……こうして兄ちゃんの冒険は幕を閉じたのであった」

亜美「バカ! ほんとに心配したんだからね!」

P「反省の色が見えないな~」

亜美「……ごめんなさい」

P「よろしい。もう走るな。外で走れ外で」

亜美「マラソン?」

P「ハーフでいいぞ」

亜美「なにそれ?」

P「なんでもない。ほれ拭け拭け」

亜美「うん。…………ねぇにーちゃん」

P「まず降りろよ」

亜美「にーちゃん、亜美がまた転んだら助けてくれる?」

P「ああ、いつでも助けてやるよ」

亜美「じゃ、じゃあ亜美いっぱい転ぶ!」

P「えー」




4: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:34:05.80 ID:T4zEPUC30


美希「夏だねプロデューサー」

P「夏だな」

美希「ねぇプロデューサー、美希泳いできていい?」

P「ダメ。お仕事中」

美希「……プロデューサー暑そうだね」

P「真夏でスーツだからね……」

美希「へんなのー。あ! プロデューサー海の家あるよ! おにぎり食べたい!」

P「売ってるのか? まぁいいか。だいぶ時間あるし」

美希「はにーのおごりなの!」

P「はにー禁止!」

 …………。

P「焼きおにぎりはあるか」

美希「……ねぇプロデューサー、ちょっと先に座ってて」

P「? おう。席取っとくぞ」

美希「うん! …………海パン売ってるの……」

 …………。

美希「お腹いっぱいなの」

P「……おい」

美希「ちょっと食べたぐらいじゃスタイル変わらないから大丈夫だって美希思うな」

P「今度から気をつけること」

美希「はーいなの。あ、美希お腹ごなしに運動したい気分なの!」

P「泳いじゃダメっていっただろ」

美希「ぶー。じゃあ一緒に向こうまでお散歩しよ?」




5: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:35:02.85 ID:T4zEPUC30


P「おーい、そっちは岩場だぞ! 足切るぞ!」

美希「じゃあハニーがおんぶすればいいなって思うな!」

P「するか! あとハニー禁止!」

美希「ふたりっきりだからいいと思うな」

P「ダメ、って近い近い!」

美希「あ、今美希のおっぱい見てたでしょー。もう、えっち」

P「みてない!」

美希「……はにーならいいよ?」

P「俺を(社会的に)[ピーーー]気か! あ、雨」

美希「ほんとだ」

P「濡れる濡れる!」

美希「美希水着だから大丈夫なの」

P「俺が大丈夫じゃないの! あ」

美希「あ。ハニー大丈夫? ……大丈夫じゃなさそう」

P「はい死んだ! 今俺のスーツ死んだよ! 死因は海水だよ!」

美希「……ねぇプロデューサー、実は美希、いいもの買ってあるの」

 …………。

「はいもう一枚!」

美希「あは! こんな感じ!」

「お! いいね!」

「美希ちゃん、楽しそうですね」

P「ええ」

「……あの、プロデューサーさん、先ほどまで」

P「聞かないでください」

美希「はにぃー! お仕事終わったら一緒に泳ぐの!」




6: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 20:36:02.48 ID:T4zEPUC30


小鳥「ぐへへ」

律子「只今戻りまし……なにあれ」

やよい「あ、律子さんお帰りなさいです」

律子「ねぇやよい、小鳥さんなにかあった?」

やよい「えっと、さっき春香さんと千早さんみて「JKの透けブラJKの透けブラ」って言ってましたー」

律子「……ありがと。あとでしばいておくわ」

小鳥「ぐへへへ」




7: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:03:58.17 ID:T4zEPUC30


小鳥「…………」カタカタ

P「…………」カリカリ

小鳥「……プロデューサーさーん」カタカタ

P「どうしました小鳥さん」カリカリ

小鳥「知ってます? 今日は金曜日なんですよ」カタカタ

P「知ってますよー」カリカリ

小鳥「もうすぐ19時ですねー」カタカタ

P「もうそんな時間ですか」カリカリ

小鳥「花金ですよー。明日は休日ですよー!」

P「お仕事ですけどねー」カリカリ

小鳥「……花金ですよー!!」

P「自分はお仕事ですけどねー」カリカリ

小鳥「飲みに行きましょうよぅプロデューサーさん! こう日が落ちて、夏の暑さの残り香の下で冷たいビールでぐいっと!」

P「えー」カリカリ

小鳥「夏空の下でテーブルにはカラっと揚がった唐翌揚げに肉汁滴る焼肉! 湯気を立てる白米! 車の喧騒を聞きながらグラスをぶつけて乾杯!」

P「太りますよー」カリカリ

小鳥「じゃ、じゃあ空調の効いた室内で厚いテーブルに色とりどりのリキュールが照らされて、手元がぼんやり暗い灯りの下で名前も知らないようなカクテルを二人で!」

P「高そうですねー」カリカリ

小鳥「…………な、なら一人暮らしの女性の家で家庭的に宅飲みを!」

P「……お酒以外ならご相伴に預かりたいですね」カリッ

小鳥「うー! プロデューサーさんは私が嫌いなんですか?!」

P「昔言いましたよね! 自分はお酒飲めないって!」

小鳥「ちょっとだけ! 先っぽだけ!」

P「意味がわからないです! 匂いだけでもダメなんですから。もう」

小鳥「プロデューサーさんレッスンですよ、レッスン!」

P「……小鳥さん」

小鳥「うぅ。すいません。でも一緒にお食事に!」

P「すいません。まだ仕事が残ってるんです。……すいません」

小鳥「……音無小鳥は振られてしまいました」

P「ち、違いますよ!」

小鳥「ふふ。それでは小鳥は一人お酒に溺れてきますね。何時でも駆けつけてくれていいんですよ?」

P「ほどほどにしてくださいね。あ、カギは自分がかけておきます」

小鳥「お疲れ様でした」

P「お疲れ様です」




8: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:04:58.85 ID:T4zEPUC30


「ほらことりちゃん。もうよっぱらってるでしょ。それでおしまい」

小鳥「よってないですぅー。だから命の水を取り上げるのはやめてー」

「はいはいそうですね。もう、いつもよりやけ酒じゃないの?」

小鳥「小鳥ちゃんはフラれたんでしー。振られ酒ですぅ。あー! ビール! それください!」

「だーめ。他のお客さんのだから」

小鳥「ぶー。日本しゅー。泡盛ー」

「はいはい烏龍茶ね」

小鳥「おしゃけじゃない!」

「救急車なんか呼ばせないからね。ほらそれ飲んだらさっさと帰る」

小鳥「うー! フラれた女に冷たいぞー! しゃけをよこすぅ!」

「はいお勘定……は明日でいいわやっぱり」

小鳥「……ぐー、ねむいーよー。スイマーが襲ってくるーfreeぃー」




9: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:05:34.22 ID:T4zEPUC30


小鳥「おっとなしことりは独り身でー きょうもおうちに帰りますー」

小鳥「おきにの服は雨降られー 水も滴るいいぴよちゃん!」

小鳥「いちゅうのひといにはみむきもしゃらずー おやのー視線がびーナイフー」

小鳥「まわりのライバルかわいいしー そもそも勝ち目がありません!」

小鳥「……」

小鳥「うー! 空も私にやさしくなぃ! ちべたい!」

小鳥「……おうちとおいよ」

小鳥「きゃっ! ……あ、ここふかふかしてるー」

小鳥「……おやすみー」




10: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:06:53.12 ID:T4zEPUC30


 事務所を出ると、外はしとしとと雨が降っていた。明かりが消え薄暗い階段を注意しながら下る。
折りたたみ傘を取り出す。雨が夏の暑さを洗い流していた。

P「……小鳥さんとご飯食べに行きたかったなー」

 これから食べるひとり飯を考えると少し前の提案が後ろ髪を掴む。
小鳥さんの家に行けるなんて最高じゃないか! ……甲斐性なしなので行けないけど。

P「はぁ。根性なしだな自分……ん?」

 気の早い人たちの出した燃えるゴミ袋の山の中に、意中の人がいた気がした。
……幻覚かな?

小鳥「…………すぅ」

 ……幻聴かな?

P「こ、ことりさーん?」

 傘を差し出す。よく見ると服が肌に張り付いている。ちょっとエロい……じゃなくて!
それだけ雨に降られてたってことだよ!

 上気している頬を軽く叩いてみる。ぺちぺちと。
軽く曲げられた体をこちらに向け、薄く目を開く。

小鳥「うん……あ、プロデューサーさんだー」

P「酔ってますね?」

小鳥「よってらいれふ」

 まぁ酔ってますよね。呂律回ってないですし。
濡烏色の髪が額に張り付きとろけたような目で見られると否応なく鼓動が早くなる。

P「ふ、服濡れますよ?」

小鳥「べつにみるひとなんていないですしー」

P「……いますよここに。あ、違くて、風邪ひきますよ」

小鳥「……ぐぅ」

 うん、こんなところで寝ちゃ風邪ひいちゃうよな。ここら辺ホテルとかもないし、自分小鳥さんの家知らないし。
……だからここで小鳥さんをおんぶして自分の家に連れて帰るという行為は一切の下心などなくて純粋な心配心とか老婆心とかからであって首筋とか背中とかに神経を集中して感触を感じてしまうことも不可抗力なわけで腕にむにゅっとした感触を感じてわっほいになってしまうのも別に下心とかスケベ心とかじゃなくてああもう! かわいいなぁ!




11: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:07:51.04 ID:T4zEPUC30


P「よっと。小鳥さん立てますか?」

小鳥「ただいまー」

P「いや、自分の家なんですけど」

 タイマーが契に働き、自室は少し寒いくらいに冷えている。
風邪ひいちゃうよね。熱くなることを覚悟してエアコンを切る。

P「えっと、小鳥さん。服どうします? 一応スウェットぐらいなら貸せますけど……」

 えっと、これを自分から提案するのはどうなんだろうか。
何か弱みに付け込む最低な男な気がするんだけど。

小鳥「お風呂入るー!」

P「えっ?! はいどうぞ! ……いやえっと」

小鳥「わーい!」

P「一人で大丈夫ですか!? いや自分は入れないですけど!」

小鳥「おふろー!」

P「一応着替え置いときますよ!」

 ……あ、Yシャツにすればよかった。




12: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:08:42.97 ID:T4zEPUC30


 皆さん、こんばんわ。あたし……いえ、私音無小鳥と申します。765プロで事務員などをしております。
はい。えっとシャワー浴びたら酔いが覚めました。覚めなければいいなと思いました。

 …………今私とんでもない状況にいませんでしたか?! あ、いませんか!?

 え、ここプロデューサーさんの家ですよね? しかもなんで私シャワー浴びてるんですか?
下のお店で飲んで、そのあと、えっとそのあと……そのあと何してたっけ? なんでここにいるんだっけ?

P「小鳥、先にシャワー浴びてこいよ」

 とか言われたんですか私! それはそれで嬉しいけど! けど! 多分違いますよね?!
う、うわーどうしようなにしようどうしよう。

小鳥「お風呂いただきましたー」

 なんて言えるわけないですし! そもそもどんな顔して出ていけばいいんですか!
で、でも千載一遇のチャンスですよね。

 …………うん。




13: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:10:16.25 ID:T4zEPUC30


P「あ、大丈夫でしたか?」

 ねずみ色のスウェットに着替えてくれた小鳥さんが出てくる。……くれた?
着替えてなかったらどうしたんだよ自分。

小鳥「どうもでしゅたープロデューサーさん」

P「お粗末さまでした。寒くありませんか?」

小鳥「らいじょうぶですー」

P「そ、そうですか」

 じゃなくて! どうしよう。何も考えてなかった。
いやまずは小鳥さんを寝かせよう。で自分はどこで寝よう。

P「えっと、汚いかもしれないですけど寝てください。どうぞ」

 …………。

 ……え? 何もないの? それはそれでありがたいんですけど。
はっ! これは寝込みを襲われる展開!

 そ、そうときたら無防備に無謀日に。
……変換が間違ってないですか? 間違ってないですか。そうですか。




14: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:11:06.12 ID:T4zEPUC30


 じ、自分の部屋に女性のいる不思議。
スウェットのサイズ合わなくてブカブカでなんというか凄く無防備というか。

P「……な、何か飲みのものも」

 こっちが勝手におかしくなる。
こたつ兼用の机になんかするんじゃなかった。ベッドから距離を取れるような机にすればよかった。

 冷蔵庫を開けるためにベッドの縁に手をかけ腰を浮かせる。

 ぎゅっ。

 …………。

 薄目を開けるとプロデューサーさんが席を立とうとしてます。
このまま戻ってきてくれない気がするんですけど。

 に、肉食系になるのよ小鳥! 食わぬ据え膳なんとやら! あ、私が膳だけど。
で、でも起きるわけにはいかないし、ど、どうしよう。

 ぎゅっ。




15: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:11:41.06 ID:T4zEPUC30


P「これは……動けないな」

 …………。

 こ、このままで居させてくださいっ!




16: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:12:27.51 ID:T4zEPUC30


 動けなくなったので、腹いせに小鳥さんの横顔を盗み見る。
寝ているので普段の横見ではなくバードウォッチングだ。

P「…………」

 空いている左手で髪をすいてみる。絹のような肌触りでするすると手の隙間から滑り落ちる。
その様が、今の自分たちの関係のように感じてしまう。

 だから、何かを言わないといけない気がした。
眠り姫に。卑怯だと言われても。

 森の美女を起こす事は出来ないけれど。起きてもらっては困るけれど。




17: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:13:05.00 ID:T4zEPUC30


P「大好きですよ。小鳥さん」




18: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:13:35.32 ID:T4zEPUC30


小鳥「!」ビクン

P「……………………小鳥さん、もしかして起きてます」

小鳥「……ネテマス」

P「あー、寝てるんだったらいたずらしちゃおっかなー!!」

小鳥「い、いいですよ」




19: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:14:16.44 ID:T4zEPUC30


 掴んでいた右手を離す。寝ていた体を起こし、向き直る。
今までないぐらいの近さ。空調の止まった室内は汗ばむ暑さ。

 緩められたネクタイから胸元が覗く。たくましい喉仏が上下する。
お互いの吐息がかかるほどの近さ。その近さが怖くなって目をつぶる。

 視界がなくなると他の神経が敏感になる。
息遣いの音、温められた周りの空気、汗と雨と夏の匂い。

 息遣いが荒くなるのを感じる。
体の中のアルコールが全て出ていくような気分。

 触感を待つ。初めての、唇に触れる触感を。
時間の感覚が無くなる。まだ一秒も過ぎていないように感じるしもう10分近く経っているようにも感じる。

 でも、ファーストコンタクトはベッドに押し倒された圧力だった。




20: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:14:55.67 ID:T4zEPUC30


小鳥「ちょ、プロデューサさん! いきな……あれ?」

P「……ぐぅ」




21: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:15:31.30 ID:T4zEPUC30


『P「意味がわからないです! 匂いだけでもダメなんですから。もう」』

『匂いだけでもダメなんですから。もう』

『匂いだけでもダメなんですから』



 匂いだけでもダメなんですから。




22: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:16:13.21 ID:T4zEPUC30


小鳥「そ、そ、そんなのって……そんなのないぴよー!」




23: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:16:49.97 ID:T4zEPUC30


 …………。




24: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:17:21.63 ID:T4zEPUC30


P「ん……おはようございます」

小鳥「はい、おはようございます。寝顔、かわいかったですよ」

P「な、何言ってるんですか!」

小鳥「はいはい。朝ごはんできてますよ。お台所勝手に使わせていただきました」

P「あ、えっとありがとうございます。でも食べるようなもの何もなかったような……」

小鳥「だから急いで買ってきましたよ。もう、ちゃんと栄養あるもの食べないとだめですよ、プロデューサーさん」

P「す、素敵だ小鳥さん!」

 …………。

小鳥「ってなるはずだったのに!」

P「? どうかしました小鳥さん」

小鳥「なんですか私のこの体たらくは! 寝顔も見れてないし! もう朝ごはんは用意されてるし!」

P「えっとその、ごめんなさい」

小鳥「服ももう乾燥機に入ってるし! ご飯も美味しいし! プロデューサーさん女子力高すぎですよ高すぎ!」

P「褒められてる気がしないんですが」

小鳥「プロデューサーさん! お嫁に!」
P「嫌です!」

小鳥「うぅ、そ、そんな即答しなくても……」




25: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:18:00.70 ID:T4zEPUC30


P「じぶ……俺はお酒臭い人が嫌いです」

小鳥「……はい」

P「人を騙すような真似をする人も嫌いです」

小鳥「…………はい」

P「職場で妄想しているような人も嫌いです」

小鳥「………………はい」

P「後、えっと、えっと。婚期云々でがっついてくる人も嫌いです!」

小鳥「……………………ごめんなさい」

P「でも! お、俺は小鳥さんならしゅきです!」

小鳥「……はい?」

P「…………噛んだ……」

小鳥「も、もう一回言ってください! よく聞き取れなかったです!」

P「いやです!」

小鳥「しゅきって聞こえた! しゅきって!!」

P「聞こえてるじゃないですか!」

小鳥「ぷ、ぷ、プロデューサーちゃんかわいい!」




26: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:18:37.34 ID:T4zEPUC30


 …………。




27: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:19:29.51 ID:T4zEPUC30


P・小鳥「おはようございますー」

やよい「おはようございます! 今日は二人でいっしょなんですねー」

小鳥「え、ええ」

雪歩「おはようございます。プロデューサー、音無さん麦茶が入ってますよ」

P「ありがと」

やよい「あ! 小鳥さんからプロデューサとおなじシャンプーのにおいがしますー」

P「っ!」ブーッ

美希「?! どういうことなの小鳥!」

やよい「わー春香さんが息してませんー!」

千早「わ、私が人工呼吸するわ! 高槻さん!」

伊織「そっちじゃないでしょ!」

雪歩「結婚だって。いいなー。私も真ちゃんと」

真「……雪歩怖いよ」

亜美「わー! あずささんの周りの空気がおかしいよー!」

真美「あ、あれは時空をゆがめて時間を超越しようとしてる! きっと過去に干渉するつもりなんだ!」

美希「小鳥! 何があったの! したの!?」

小鳥「な、ななななんのことか小鳥わかんないー」ダラダラ

美希「響! 匂いを嗅ぐの!」

響「自分は犬じゃないぞ!」

美希「いいから嗅ぐの!」

響「んー、うん。やよいの言うと通りだと思うぞ。でも同じシャンプー使うとか普通にあ」

美希「ハニーのは勃ちあがれのやつなの!」

P「いかがわしい表現をやめい! 立ち上がるのは毛根だ!」

律子「あー、私は外回りに行ってきますねー」

P「ああ! 助けてくれ律子!」

律子「結婚式には呼んでくださいねー」

P「律子ー!!」

春香「結婚?!」

千早「おふぅっ」

伊織「……高速頭突きね」

春香「ぷぷぷプロデューサーさん! 小鳥さんと結婚するんですか?! 嘘ですよね!」

P「知らん! 小鳥さんに聞いてくれい!」

小鳥「えぇ!? 私?!」

美希「させないの! ハニーは私のハニーなの!」

小鳥「…………」

小鳥「わ、私に譲ってくれたっていいでしょー!」




28: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:20:33.67 ID:T4zEPUC30


社長「……これは、なんの騒ぎだね?」

美希「あ、社長! 社内恋愛は禁止だよね!」

社長「う、うむ。そうだとも。アイドル諸君が恋愛など言語道断だ」

美希「…………」

春香「……」

小鳥「」グッ

美希「み、美希アイドルやめるの! 社長辞表ってどうかくの!?」

社長「え?」

春香「わ、私も引退します! 引退!」

社長「え?!」

 …………。

響「……ねぇプロデューサー、お香典っていくら包めばいいの?」

P「ははは。俺死ぬのか? ちなみにご祝儀なら1万とか3万とか、割り切れない額がいいぞ。まぁお札の数で調整すればいいけどな。」

やよい「うー、そんなにお金払えないですー。もうちょっと待ってくださいプロデューサー」

P「ははは。いつでもいいさ。俺が生きてればな」

貴音「膳は急げとも言いますよあなたさま」

P「おい飯に気持ちが行ってないか?」

雪歩「いいなー。ね真ちゃん」

真「……ね、がすっごく重いんだけど雪歩」

P「よし! 三人でオランダに逃げるか!」

雪歩「はい!」

真「良くない!」

 …………。

美希「ねぇプロデューサーは小鳥のことが好きなの?!」
春香「きっとプロデューサーさんは小鳥さんが押し倒したんですよ!」
小鳥「ち、違うわよ!」
美希「だったらのーかんなののーかん」
春香「そ、そうですよねプロデューサーさん!」
小鳥「ち、違いますよね! 好きって言いましたよね!」

P「は、はははは」

春香「プロデューサーさん!」
美希「はにー!」
小鳥「プロデューサーさん!」

P「は、はは」

P「あははははははははははは!!」




29: ◆ZL3cxe4sn. 2013/07/24(水) 21:21:56.14 ID:T4zEPUC30


 ぴよちゃんまじぴよちゃん。
ぴよぴよ。


元スレ
SS速報VIP:P「ゆうだち」