2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:41:59 ID:m1ov576U

魔王「勇者よ!!覚悟!!」

勇者「望むところ!!ん?」

魔王「どうした!!かかってこんか‼」

勇者「寝返ります!!魔王軍になります‼」

魔王「なぜ!?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:46:03 ID:m1ov576U

勇者「一目惚れしました!!紅く綺麗な髪!!大きく膨れ上がった胸!!肉付きのいい太股!!それと………内心優しさを見た!!」

魔王「まっ!?まて!!だめだ!!」

勇者「どうして‼」

魔王「それは!!魔王と勇者が戦うのが王道だからだ‼」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:48:44 ID:m1ov576U

魔王「わかるか?最近は王道の物が少なくなってきた!!」

勇者「ああ、そうですね。すでに魔王が女性なのは外道では?」

魔王「…………………………」

勇者「………………」

魔王「気にするな」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:52:46 ID:m1ov576U

魔王「故に外道は許さん‼カイザーフェニックス」

勇者「カイザーフェニックス!!」

相討ち

魔王「おいいいいいいい!!!」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:55:38 ID:m1ov576U

魔王「それは魔王の技だ‼」

勇者「俺だって使いたい!!」

魔王「いかん!!アバンストラッシュを使え!!」

勇者「魔王………使いたくないのあの技?」

魔王「…………………………」

勇者「…………………………」

魔王「…………………使ってみたい」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 19:59:21 ID:m1ov576U

勇者「お前は魔王失格だ」

魔王「くっ………違う!!使いたくない!!」

勇者「ダイの大冒険嫌いって宣言してもらおう」

魔王「………………」

魔王「………………………ううぅぅ」

勇者「さぁさぁ」

魔王「ダイの大冒険大好きです」

勇者「俺も大好き」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:01:27 ID:m1ov576U

勇者「ポップが大好きです」

魔王「おお!!私も私も!!」

勇者「でも……………頑張ってもメドローア覚えられなかった……………」

魔王「私もだ…………火は得意だったんだけど」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:03:38 ID:m1ov576U

数ヵ月後

コタツ

魔王「勇者………お鍋できたぞー」

勇者「ああ、鍋敷き忘れてるじゃん。取ってくるわ」

魔王「ああ」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:07:35 ID:m1ov576U


魔王「ミカンいるか?」

勇者「漫画読むから要らない」

魔王「だが断る」

勇者「なにおう!?」

魔王「ふふふふ」

勇者「はははは」


女神「コラアアアアアアアアア!!!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:10:58 ID:m1ov576U

女神「何!!数ヵ月楽しんでるのよ‼」

勇者「だって不可侵結んだし」

魔王「勇者と結婚したしねぇー」

女神「魔族殺すべし」

勇者「アイヤアァァァァ!?」

魔王「メガミ!!メガミ!!ナンデ!!」

勇者「はははは」

魔王「はははは」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/13(火) 20:14:10 ID:m1ov576U

数時間後

女神「ミカン取って」

魔王「はい」

勇者「俺も俺も」

テレビ「王国で革命が起きました。革命軍と正規軍が入り乱れた戦闘を繰り返してます」

勇者「行かなくていいのか女神」

女神「いつものだから。お茶おかわり」

世界は一応平和だった
終わり


元スレ
SS深夜VIP:魔王「勇者よ!!覚悟!!」勇者「望むところ!!」