1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:45:14.10 ID:VmNqG3xd0

~娯楽部~

綾乃「としのーきょーこー!」

千歳「お邪魔しますなあ」

京子「ありゃ、綾乃、いらっしゃーい」

結衣「もしかして、また京子がプリント忘れたとか?」

綾乃「歳納京子、今日は例の旅行の相談に来たの」

結衣「……旅行?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:46:39.22 ID:VmNqG3xd0

京子「相談って、もう宿の手配も終わってるからそんな話すこととか無いよ?」

綾乃「うっ///」

千歳「綾乃ちゃんは歳納さんと何でもいいからお話したかっただけやんなあ?」

綾乃「ち、違うわよ///」

結衣「え、旅行いくの?」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:46:59.99 ID:VmNqG3xd0

ちなつ「それにしても楽しみですよね、温泉旅行」

あかり「こないだ行った時は凄く楽しかったよねぇ」

京子「今回は娯楽部・生徒会の合同だから、きっともっと面白くなるぞ~!」

ちなつ「また卓球しましょう!」

あかり「うん!」

結衣「え、あの……みんな?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:47:21.72 ID:VmNqG3xd0

京子「どしたの、結衣」

結衣「わ、わたし、その旅行の事、聞いて無いんだけど」

京子「うん、話して無いし」

結衣「……なんで話さなかったんだよ、突然言われても困るだろ?」

京子「……え?」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:47:37.47 ID:VmNqG3xd0

京子「なんで結衣が困るの?」

結衣「そ、そりゃお前、準備とか色々あるしさ」

京子「何の準備?」

結衣「え、温泉旅行行くんだろ?」

京子「……え?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:48:06.09 ID:VmNqG3xd0

京子「結衣も行くの?」

結衣「あ、当たり前だろ!私だって娯楽部だろ!」

京子「何しに行くの?」

結衣「だ、だから、温泉入りに行くんだろ!?」

京子「え、一人で?」

結衣「皆とだよ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:48:22.57 ID:VmNqG3xd0

京子「そっか、結衣も来るのか……」

結衣「な、なに?私が行ったら都合悪いの?」

京子「あ、いや、そういう訳じゃ無いけどね」

結衣「……それで、温泉行くのっていつなの」

京子「明日の朝」

結衣「……!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:48:38.43 ID:VmNqG3xd0

~温泉宿~

結衣「な、なんとかギリギリ準備間に合ったけど……」

京子「ほーら、ここが私達の部屋だぞ~!」

綾乃「さ、流石に広いわね」

千歳「今日はみんなで枕投げとかしたいなあ」

櫻子「ここからこっちは私の縄張りだから向日葵は入ってくるなよ~?」

向日葵「何勝手に決めてますの櫻子!」

あかり「あはは、楽しいね、ちなつちゃん!」

ちなつ「そうだね、あかりちゃん」

りせ「……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:49:07.24 ID:VmNqG3xd0

結衣「よし、じゃあ荷物置いてちょっとゆっくりしようか?」ドサッ

京子「あ、結衣はこっちだよ~」

結衣「え?」

京子「ほら、荷物持ってこっち来て?」

結衣「な、なに?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:49:22.58 ID:VmNqG3xd0

京子「ほーら、ここが結衣の部屋だぞ~!」

結衣「……は?」

京子「結衣、ゆっくり寛いでね?」

結衣「ちょ、ちょっと待って、何で私だけ別の部屋なの?」

京子「え?」




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:49:39.38 ID:VmNqG3xd0

結衣「皆がいる向こうの大部屋、まだ入れるでしょ?私もあっちでいいよ」

京子「流石にそういう訳にはいかないっしょ」

結衣「え……な、なんで」

綾乃「としのーきょーこ!温泉入りに行くわよっ///」

京子「あ、今行くよ綾乃~!」トテトテ

結衣「ちょ、待って京子!私も行くから!」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:49:54.98 ID:VmNqG3xd0

~温泉~

結衣(京子、どうしちゃったんだろ……私、何か悪い事したかな……)

結衣(折角の旅行なのに、何か気が重い……)

京子「結衣~?なにやってるの?」

結衣「え?服脱いでるんだけど……」

京子「駄目だよ、こんな所で脱いじゃ」

結衣「え……?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:50:10.65 ID:VmNqG3xd0

京子「ほら、こっちこっち」

結衣「ちょ、京子引っ張らないで、何処行くの!?」

京子「はい、結衣はこっち」

結衣「……は?」

京子「じゃ、私は女湯のほうに戻るから」

結衣「こ、ここ男湯だよ?京子?」

京子「大丈夫、この時間はちゃんと貸し切りにしてあるから」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:50:26.34 ID:VmNqG3xd0

京子「ううう、さむーい!はやく温泉はいりたーい!」トテテ

結衣「ちょ、京子待って!」グイッ

京子「え、なに?」

結衣「な、なにって、何で私をこんな所に残していくの?」

京子「えー、だって」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:50:42.18 ID:VmNqG3xd0

京子「結衣、生えてきちゃったでしょ?おひんひん」

結衣「うん、確かに生えてきたけど、私だって女の子だよ?」

京子「娯楽部や生徒会のみんなに無理やりえっちな事しようとしたのに?」

結衣「あ、あれは、その、魔が刺したというか……」

京子「うん、あのあと、結衣はみんなに誠心誠意謝ってたから許してあげたけど」

京子「また魔が刺す可能性もあるから、やっぱり一緒にお風呂入ったり寝たりするのは恐いよ」

京子「正直、一緒に旅行に来るのもちょっとアレかなと思ったもん」

結衣「京子……」




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:50:58.20 ID:VmNqG3xd0

京子「じゃあ、わたし、もう行くね?」

結衣「……うん」

京子「寒いから、結衣もちゃんと温まってね?」

結衣「うん……」

京子「……」トテトテ

結衣「……部屋に、戻ろう……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:51:13.58 ID:VmNqG3xd0

~結衣部屋~


結衣「はぁ……私、どうしておひんひんなんて生えてきちゃったんだろ……」

結衣(こんな物さえなければ、私は、私は京子と一緒に温泉に入れてたはずなのに)ギュッ

結衣(こ、こんなものさえ、なければ、京子の裸をっ)ギュッギュッ

結衣(こ、こんなものっこんなものっ///)ギュッギュッギュッ

結衣「……」ギュッギュッシュッシュッ

結衣「んんんっ///」ビクッ、ビクビクビクッ

結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」グッタリ


トントンッ


結衣「は、はいっ///」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:51:28.33 ID:VmNqG3xd0

結衣「だ、だれかなっ///」

向日葵「あ、あの、船見先輩、私、古谷向日葵です」

結衣「古谷さん?」


ガラッ


結衣「どうしたの?京子たちと一緒に温泉行ったんじゃなかったっけ?」

向日葵「わ、わたくしだけちょっと早くあがってきたんです」

結衣「そっか」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:51:43.64 ID:VmNqG3xd0

結衣「こんな所で立ち話もなんだから、入る?」

向日葵「あ、はい、ありがとうございます///」

結衣(あ……古谷さん、いい匂いするな)

結衣(何のにおいだろ、香水?いや石けんか)

結衣(普段と違って浴衣だし、髪もまだ湿ってるから凄く色っぽく見える)

向日葵「あ、あの、船見先輩?」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:51:59.59 ID:VmNqG3xd0

結衣「あ、ご、ごめん、ボーっとしてた///」

向日葵「そ、そうですか///」

結衣「あ、あの、それで何か用事かな?」

向日葵「そ、そういう訳ではないのですが……ただ、先輩どうしてるかなって……」

結衣「まあ、来てくれて嬉しいよ、流石に一人は寂しかったからね」ニコ

向日葵「///」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:52:15.33 ID:VmNqG3xd0

向日葵「あ、あの、船見先輩?」

結衣「ん?」

向日葵「こ、この部屋、ちょっと暑くありませんかっ///」

結衣「え、別に普通だと思うけど……あ、古谷さん、温泉入ったばかりだからじゃない?」

向日葵「そ、そうかもしれませんわね///」ユルッ

結衣「え、ふ、古谷さん?どうして浴衣の合わせ目を緩めるの?」

向日葵「ふ、ふー、暑い暑い///」パサパサ

結衣「ふ、古谷さん///」

結衣(浴衣の合わせ目を緩めて中に空気を送ってる)

結衣(なんてえっちな光景なんだ///)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:52:30.84 ID:VmNqG3xd0

向日葵「あ、ちょっとお茶頂きますわね」スッ

結衣「……!」

結衣(古谷さん前かがみになったら、その、緩んだ浴衣の隙間からおっぱい見えちゃうよっ///)

向日葵「ああっ、しまった手が滑りましたわっ」ジャバー

結衣「ふ、古谷さん!?」

向日葵「ああ、どういたしましょう、浴衣がぬれてしまいましたわ……」チラッ

結衣(古谷さん、私のほうをチラチラ見てる)

結衣(ど、どういう意味なんだろ、ひょ、ひょっとして)

結衣(この子、私を誘ってるんじゃ……)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:52:46.94 ID:VmNqG3xd0

向日葵「船見先輩、浴衣の替え、ありますか?」

結衣「う、うん、部屋に備え付けられてるのが余ってるはずだよっ///」

向日葵「じゃあ、ちょっとお借りしますわね……」

結衣「そ、そっちの押入れに入ってるから///」

向日葵「ありましたわ、では少し失礼して……」スルスル

結衣「ふ、古谷、さん……」

結衣(私の目の前で、浴衣を脱いじゃった)

結衣(背中だけしか見えないけど……)

結衣(これ、もう、完全に誘ってるよね)



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:02.42 ID:VmNqG3xd0

結衣「古谷さん……」

向日葵「え?」

結衣「古谷さんの背中、綺麗だよね……」

向日葵「あ、ありがとうございます///」

結衣「それに、胸も大きいし……」

向日葵「その事にはあまり触れないでいただけると///」

結衣「ふ、古谷さんっ!」ガバッ

向日葵「え、え、え?」


トントンッ


結衣「……!?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:18.35 ID:VmNqG3xd0

結衣(だ、誰か来た!ひょっとして京子!?)

結衣(古谷さんは裸だし、こんな所を見られたらまた誤解されちゃう!)

結衣「ふ、古谷さん、ごめん、ちょっと押入れの中に隠れてて!」

向日葵「え、え、なにを言って……」

結衣「い、いいから、中に入って黙ってて!お願い!」

向日葵「わ、判りましたわ……」ガサゴソ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:34.41 ID:VmNqG3xd0



トントン


結衣「は、はーい!


ガラッ


櫻子「こんばんわ~船見先輩~」

結衣「大室さん?」

櫻子「向日葵、こっちに来ませんでした?」

結衣「え……」ギクッ

櫻子「私の髪を乾かす仕事を忘れてどっか行っちゃったんですよ~」

結衣「そ、そう……こっちの部屋には来て無いなあ」タラッ



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:53:51.13 ID:VmNqG3xd0

櫻子「えー、何処行ったんだろ……このままじゃ髪が変なふうに乾いちゃうよ」

結衣(大室さんもお風呂上りなのかな、頬が赤くて可愛らしい)

結衣「髪、一人で乾かせないの?」

櫻子「出来ない事は無いんですけど、時間掛かっちゃうんです」

結衣「そっか……あの、じゃあ、私がやってあげようか?」

櫻子「いいんですか!?」

結衣「うん、どうせ一人で暇だしね」

櫻子「やった~♪お邪魔しまーす!」

結衣(あれ、何か忘れてるような……ま、いっか)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:54:06.28 ID:VmNqG3xd0

櫻子「じゃ、船見先輩おねがいしま~す♪」チョコン

結衣(大室さん、無邪気でかわいいなあ)クスッ

結衣「じゃ、ドライヤーかけるね」ゴー

櫻子「は~い♪」

結衣「……」ゴー、サラサラ

結衣(大室さんの髪、綺麗だな)

結衣(というか、大室さんって仕草は子供っぽいけど、顔はどちらかと言うと綺麗系なんだよね)

櫻子「……船見せんぱぁい」

結衣「な、なに?可愛い声出して」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:54:21.79 ID:VmNqG3xd0

櫻子「ちょっとくすぐったいです……」モゾモゾ

結衣「あ、ごめん……もう少し優しくするね」ゴー、サラサラ

櫻子「……んっ///」

結衣「……!」

結衣(お、大室さん、もしかして首の後ろとかが性感帯なのかな?)

結衣(ちょっと試してみよう……)

結衣「……」サワサワ

櫻子「ふにゃんっ///」

結衣「あ、ごめん、くすぐったかった?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:54:40.94 ID:VmNqG3xd0

櫻子「い、いえ、大丈夫です///」

結衣「そ、そう?」

櫻子「あの、ですから、船見先輩、もっと続けてほしいなって……」モジモジ

結衣「う、うん」ゴー、サラサラ、サワッ

櫻子「んんっ///」

結衣「……」サワサワッ

櫻子「あふん///」

結衣(大室さん、私の指でこんなにえっちな声出して……ひょっとして)

結衣(私を誘ってるんじゃ……)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:55:31.67 ID:VmNqG3xd0

結衣「はい、終わったよ、大室さん」

櫻子「へ?」

結衣「もう髪乾いたから、これ以上やると逆に髪が傷んじゃうよ」

櫻子「そ、そんなぁ、船見せんぱぁいっ」ウルウル

結衣「……!」

櫻子「か、髪、梳くのもやってくださいよぉ……」ウルウル

結衣(大室さん、顔を紅潮させて潤んだ目で私を求めて……)

結衣(これ完全に誘ってるよね)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:56:33.04 ID:VmNqG3xd0

結衣「大室さんのそういう顔、凄く色っぽいよね……」

櫻子「え、そ、そうですか?そんな事言われるのはじめてです///」

結衣「私、大室さんの色んな表情、もっと知りたいな……」

櫻子「わ、わたしも、船見先輩とはもっと仲良くなれればなって///」

結衣「大室さんっ……!」ガシッ

櫻子「ふ、ふえっ///」


トントンッ


結衣「……!?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:57:38.33 ID:VmNqG3xd0

結衣(だ、誰か来た!?今度こそ京子かも!)

結衣(ど、どうしよう、大室さんはこんなに顔を紅潮させて涙ぐんでるし、また誤解されちゃうよ!)

結衣「大室さん、ちょっとそこの押入れに……ってそこは駄目だった!洗面所!洗面所に!」

櫻子「へ?船見先輩?」

結衣「い、いいからちょっと洗面所に入ってじっとしてて!声だしちゃ駄目だよ!お願い!」

櫻子「あ、は、はい、船見先輩がそういうなら……」パタンッ




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:58:41.21 ID:VmNqG3xd0



トントンッ


結衣「は、はーい!」


ガラッ


りせ「……」

結衣「か、会長さん!?」

りせ「……」

結衣「え、はい、今は別に暇してますけど……」

りせ「……」

結衣「はい、寒いですね……あ、中に入ります?お茶くらいなら出しますよ?」

りせ「……」ペコリ




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 20:59:45.59 ID:VmNqG3xd0

結衣(会長さん、相変わらず声が小さいなあ……まあ、何とかギリギリ聞こえるけど)

結衣(それにしても、改めてみると本当に美人さんだな……凄くきれいな髪だし)

結衣(あの髪、また触ってみたいな……)

結衣「はい、お茶熱いから気をつけてくださいね」スッ

りせ「……」ペコ

結衣「それで、どうしたんです?私に何か?」

りせ「……」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:01:04.84 ID:VmNqG3xd0

結衣「え、こないだの件……ですか?

結衣「……ああ、私が生徒会のみんなにえっちな事をしようとしたってヤツですか」

りせ「……」

結衣「はい、確かにあの子達が私に迫ってきたのが事件の発端ではあったんですけど……」

結衣「その、私も気分が盛り上がってえっちな反応しちゃってたのも事実ですし……」

りせ「……」

結衣「うう、確かに京子には誤解されたままですけど……」

結衣「けど、他の誰かを悪者にするくらいなら、私が嫌われた方がましかなって……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:02:09.40 ID:VmNqG3xd0

りせ「……」

結衣「会長さんが申し訳ないって思う必要は無いですよ」

りせ「……」

結衣「え、気がすまないから恩返ししたい?い、いいですって」

りせ「……」

結衣「いや、会長さんに魅力が無いって事は無いですよ、会長さんは美人です」




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:03:02.60 ID:VmNqG3xd0

りせ「……」

結衣「え、会長さんに触れてもいいってどういう事ですかっ///」

りせ「……」ペタン

結衣「ど、とうして私の真横に座るんです///」

りせ「……」トンッ

結衣(あ……会長さんが私に持たれかかって来た……)

結衣(これ、完全に誘ってるよね)

結衣「か、会長さん、わたし、わたしっ!」ガバッ

りせ「///」


トントンッ


結衣「……!?」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:04:32.38 ID:VmNqG3xd0



トントンッ


結衣「なんなの?どうしてこんな短期間にお客さんがっ」

結衣「い、いいや、もう放置しちゃえっ」


『ゆいー、居ないのー?』


結衣「……!」

結衣「きょ、きょ、きょ、京子!」


『あ、やっぱり居るんじゃん、開けるよ~』


結衣「ちょ、ちょっと待って!」

りせ「……」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:04:57.61 ID:VmNqG3xd0

結衣(ど、どうしよう、会長さん、もう浴衣はだけてるし、今入って来られると確実に誤解されちゃうよ!)

結衣(今からどこかに隠れてもらう時間も無いし……そ、そうだっ!)

結衣「か、会長さん、ごめん、ちょっとテーブルの下に隠れててくれないかな!?お願いしますっ!」

りせ「……」

結衣「は、はい、助かります!」

りせ「……」ゴソゴソ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:05:52.37 ID:VmNqG3xd0

京子「おっじゃましまーす」ガラッ

結衣「あ、あはは、京子、いらっしゃい、どうしたの?お風呂は?」

京子「良い湯だったよ~、結衣はどうだった?」

結衣「あー……私は実は入ってないんだ」

京子「え、どして」

結衣「……流石に、貸切とは言っても男湯には入れないよ……」

京子「そ、そっか……」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:06:32.90 ID:VmNqG3xd0

京子「……あのね、お菓子、色々持ってきたから」

結衣「え?」

京子「ほ、ほら、結衣、一人部屋だから、寂しがってるかなーって」

京子「一緒にたべよ?」

結衣「京子……」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:07:38.65 ID:VmNqG3xd0

結衣「あ、あの、京子、私のこと、嫌いになったんじゃ……?」

京子「へ?」

結衣「だ、だって、一緒に泊まるのは恐いって言ってたよね……?」

京子「こ、恐いよ……結衣が、他の女の子にえっちな事をしようとするとか考えるだけで、恐い……」

結衣「京子……?」

京子「けど、結衣の事、嫌いになったとかじゃないから、結衣の事は、凄く大切に思ってるよ」

結衣「京子……」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:08:10.51 ID:VmNqG3xd0

京子「そんな事よりさ、お菓子食べようよ」ドサッ

結衣「あ、う、うん……」

京子「それとも、あの、私と二人っきりだと楽しくないかな……?」

結衣「そ、そんな事無いよ!楽しい!」

京子「そ、そっか、良かった///」

結衣(良かった、京子に嫌われた訳じゃないんだ……本当によか……)


モミッ


結衣「ひゃんっ///」

京子「え、ど、どうしたの、結衣?」

結衣「い、いや、なんでもっ///」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:09:50.23 ID:VmNqG3xd0

結衣(え、なに、いま、誰かが浴衣越しに私のおひんひんを掴んだっ///)

りせ「……」サワッ

結衣「んんっ///」

京子「ちょ、結衣、どうしたの?」

結衣「な、なんでもない、よ、ちょっと思い出し笑いしただけ///」

京子「なにを思い出せばそんな色っぽい思い出し笑いになるのさ」

結衣「あは、あははは、ちょっとね///」

結衣「か、会長さんっ何やってるんですかっ///」ボソボソ

りせ「……」

結衣「え、恩返しって、そんな、今そんな事をしなくても///」ボソボソ

りせ「……」スルッ

結衣「あんっ///」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:13:44.58 ID:VmNqG3xd0

京子「結衣、いい加減思い出し笑いやめてよ~」

結衣「ご、ごめん///」

結衣(か、会長さん、浴衣の隙間から私のおひんひんを引っ張り出したっ///)

結衣(な、なにするつもりなの?どうなっちゃうのっ///)

京子「それでさ~、あかりったら」

結衣「あはは、あかりは相変わらずだなあ///」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:16:06.79 ID:VmNqG3xd0



チュッ


結衣「ふああっっ///」ビクーッ

京子「結衣?」

結衣(な、なに、私のおひんひんが、何か濡れた物に包まれたっ///)


チュパッ


結衣「んっんっんあっ///」ガクガクッ

京子「ゆ、ゆい?大丈夫?顔が凄く赤いけど……」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:19:45.94 ID:VmNqG3xd0

結衣(か、会長さん、何やってるの、何が起こってるのっ///)


チューッ


結衣「ひゃあんっ///」ビクッ

結衣(な、なに、吸い込まれる?私のおひんひんが何かに吸い込まれるっ///)

京子「ゆ、ゆい、どうしちゃったの?大丈夫?」

結衣「だ、だい、じょうぶ……///」プルプル

結衣「は、話の、続き、しようか」ハァハァ

京子「け、けどぉ」オロオロ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:22:03.84 ID:VmNqG3xd0

結衣「わ、わたし、京子の話し聞きたいな、だって、最近京子と話す機会少なかったし……」

京子「ゆ、結衣……」

結衣「ほら、私の部屋に泊まりに来てくれる事も、最近なくなってたしさ」

京子「……ごめん、わたし、気持ちの整理がつかなくて……」

結衣「京子……ごめ」


ペロッ


結衣(か、会長さん、またっ……///)

結衣(だ、駄目だ声に出したら京子に不審がられる、耐えないとっ///)

結衣「ご、ごめんっ……んんっ……ね、私のせいで、色々悩ませ……んっ……て……///」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:25:28.76 ID:VmNqG3xd0

京子「結衣は、凄いよね、私が幾ら冷たく当っても、私に優しくしてくれるし……」

結衣「そ、そんな……んんっ……の、あたりま……あっ……えじゃないか///」

京子「ありがとう、結衣……あの、じゃあ、また泊まりに行っても、いいかな……?」

結衣「きょ、京子が望むなら、何時でも……んっんあっ……来ていいよ///」

京子「結衣……」ポー



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:26:48.95 ID:VmNqG3xd0

結衣「か、会長さん、駄目、もう駄目だよ、そんな色々されると、わたし、わたしっ///」ボソボソ

りせ「……」

結衣「そ、そんな、こんな所でイけるはずないでしょ///」ボソボソ


チュプチュプチュプチュパッ


結衣「~~~~~~~~~!」ビクッ

結衣「んんっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ」ビクビクビクーッ


チュー


結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」グッタリ



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:28:37.19 ID:VmNqG3xd0

京子「ゆ、ゆい、本当に具合悪いんでしょ?風邪?」

結衣「う、うん、ちょっと、風邪気味かも……」グッタリ

京子「ごめんね……私が男湯なんて手配したから、お風呂入れなかったんだよね……」

京子「ちゃんと暖まれなかったから、こんな事に……」グスン

結衣「きょ、京子、それは違うよ……!」

京子「うんん、私のせい……だから、私、ちょっと旅館の人に聞いて風邪薬もらってくる!」スクッ

結衣「きょ、京子?」

京子「結衣、すぐ貰ってくるから……待っててね!」タッ



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:30:14.93 ID:VmNqG3xd0

結衣「あ、京子、いっちゃった……」

結衣「……ふー」グッタリ

結衣(な、なんとかバレずに済んだ……良かった……)


ピトッ


結衣「ん……?」

結衣(何だろ、何か背中に凄く柔らかいものが押し付けられてる……)


タユンッ


結衣(あれ、この感触は、もしかして……)



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:31:44.35 ID:VmNqG3xd0

結衣「ふ、古谷さん!?」

向日葵「……船見先輩、酷いですわ……私を裸のままで押入れのかに入れたままにしておくなんて……」ギュッ

結衣(うわっ、古谷さんに後ろから抱きつかれてる……え、裸って事は、この背中に当ってる感触はやっぱり……)

結衣「ご、ごめんっ古谷さんっ///」

向日葵「ずっと裸でしたので凄く身体が冷えてしまいました……船見先輩、あの、責任取って……)

向日葵「あっためてください……」ギュッ

結衣「ちょ、古谷さん、当ってるって///」

向日葵「当ててるんです」ボソッ

結衣(み、耳元でそんな事を囁かれると凄くえっちな気分にっ///)



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:33:48.18 ID:VmNqG3xd0

結衣(だ、駄目だ、さっきイッたばかりだけど、古谷さんのイタズラボディーのお陰でまたおひんひんがっ///)

櫻子「船見せんぱぁい……」

結衣「え、大室さん!?」

櫻子「ひ、酷いですよ、あんなに感じさせてくれた癖に、途中で止めて洗面所に押し込むなんて……」

結衣「ご、ごめんっ」

櫻子「ううー、復讐してやるうっ」

結衣「へ?」

櫻子「私を感じさせたのは、この指かぁっ」ハムッ

結衣「……!」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:35:33.76 ID:VmNqG3xd0

結衣(うわっ、大室さんに指を甘噛みされちゃってる///」

櫻子「……」ペロッアムッ

結衣(まるで美味しいキャンディーを食べるみたいに舐められ始めちゃった……)

結衣(何だか、むず痒いけど、大室さんの舌の感触とかが指に当たって、凄くドキドキするっ///)

櫻子「……船見せんぱいのゆぴ、おいひいれす」チュプレロッ

結衣(す、凄くえっちだ、そうだ、人差し指と中指で大室さんの舌を挟んだらどうなるだろ……)


キュッ


櫻子「んひゃっ……」レロッ

結衣(うわっうわっ、指に舌が巻きついてきた///)



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:37:19.42 ID:VmNqG3xd0



チュプッ


結衣「んんっ///」

りせ「……」

結衣「か、会長さん!?」

りせ「……」

結衣「い、いや、確かに大きくなってきてはいますけど、準備オーケーなわけではないですしっ///」


レロォッ


結衣「ちょおっ、待ってくだ……くふぅっ///」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:39:01.22 ID:VmNqG3xd0

向日葵「ふ、船見先輩のおひんひん、凄くおおきくなってますわね……」

櫻子「うわっ、本当だ……」

りせ「……」スッ

結衣「や、やっと離してくれた……」フゥ

向日葵「ふ、船見先輩?」

結衣「え、な、なに?」

向日葵「……まだ、大きいままですけど……」

結衣「あ、あんまり見ないでよ///」




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:41:22.96 ID:VmNqG3xd0

向日葵「何か見ていてかわいそうですわ……」

結衣「大丈夫だからっ、そ、そのうち収まるよっ///」

向日葵「あ、あの……お手伝いいたしましょうか///」

結衣「え?え?」

向日葵「わ、わたくし、船見先輩の為なら、色々えっちな事も頑張れますのでっ///」

結衣「え、えっちな事って……どんな事?」

向日葵「そ、それは、あの……」モジモジ



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:43:42.42 ID:VmNqG3xd0

向日葵「あ、あの、その……、む……」

結衣「む?」

向日葵「胸で……」

結衣「胸で……?」

向日葵「も、もう、船見先輩、意地悪ですっ///」

結衣「いや、ちょっと判らないからさ、胸で?え?何をするの?」

向日葵「……」

結衣「古谷さん?」

向日葵「胸で……包んでさしあげようかなと……」

結衣「……!」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:47:05.53 ID:VmNqG3xd0

結衣(胸で私のおひんひんを包むって……)

結衣(ふ、古谷さんの、この胸で?)

結衣(そんな事されたら、私どうなっちゃうんだろ)

向日葵「では、失礼しますわね///」

結衣「え?」


もにゅっ


結衣「う、うあっうあっ///」

結衣「わ、わたしのおひんひんがっ///」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:51:18.74 ID:VmNqG3xd0

向日葵「え、あ、すみません、あの、慣れていない物で……」

向日葵「痛かった……ですか?」ムニッ

結衣「い、いや、痛く……な、ないよっ///」

向日葵「そ、そうですか、良かったです……」ムニッ

結衣「寧ろ、ど、どうして、こ、こんなっ……あっあっ///」

向日葵「船見先輩?苦しそうですけど……」ムニムニッ

結衣「どうしてこんなに、柔らかくて、気持ちいいっ///」

向日葵「…・…!」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:55:06.61 ID:VmNqG3xd0

向日葵「ふ、船見先輩、気持ちいいんですか?ほ、本当に?」ムニムニッ

結衣「んっ、古谷さん、だ、だめ、あんまり胸を圧迫させないでっ気持ち良すぎてっ///」

向日葵「そ、そうですの、私なんかの胸で気持ち良くなって下さってるのですね///」

向日葵「す、凄く嬉しいですわ、あの、船見先輩」

結衣「な、なにっ///」

向日葵「わ、わたくし、頑張りますわっ!」

結衣「ふえ?」

向日葵「よ、よいしょっ///」ムギュッ

結衣「ちょ、古谷さん///」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 21:59:32.63 ID:VmNqG3xd0

結衣「だ、だめっ古谷さん、そんないっぱいおっぱい揺すっちゃ駄目だってっ///」

櫻子「船見先輩、私、指の味飽きちゃいました」スッ

結衣「え?」

櫻子「船見先輩の舌って、どんな味がするんでしょう?」

結衣「ちょ、大室さん!?」

櫻子「ちょっと、食べてみたいな……」

結衣「か、顔が近いよ大室さんっ///」

櫻子「いただきます……」


チュッ


結衣「んんっ///」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:03:43.55 ID:VmNqG3xd0


櫻子「んくんく」レロレロ

結衣(お、大室さんが私の口になかに舌をっ///)

櫻子「ぷはっ……船見せんぱぁい、舌、逃げちゃいやです」

結衣「大室さん、私の舌、どうするつもりなのっ///」

櫻子「そりゃあ、いっぱい舐めて、吸って、ちょっと甘噛みして味わってみようかなって」

結衣「そ、そんなのっ……んんっ、だめ、古谷さん、そんな激しくしちゃっ///」

櫻子「せんぱぁいっ」チュッ

結衣「むぐむぐっ///」



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:07:56.89 ID:VmNqG3xd0

結衣(だ、だめっ、おひんひんを古谷さんのおっぱいで責められて、口を大室さんに責められてっ///)

結衣(もう、何も考えられないよっ///)

結衣(あたまがとけちゃいそうっ///)



ガラッ



京子「ゆいー!旅館の人、お薬持ってなかったから外の薬局まで走って行って買ってき……」

結衣「ふあ?きょう、こ?」

京子「た、よ……」


カランッ

コロコロコロッ



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:09:18.06 ID:VmNqG3xd0


結衣「きょ、きょうこ、ちあうの、これ、ちあうの」


京子「……」


結衣「きょうこ」


京子「……」ニコリ


結衣「……」ニコリ





129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:10:05.72 ID:VmNqG3xd0






京子「SINE」ニコ








132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:11:43.66 ID:VmNqG3xd0

京子「……」トコトコ


ガラッ

ピシュンッ


結衣「……」

向日葵「あ、あの、船見先輩……」

櫻子「船見先輩?」

りせ「……」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:15:17.57 ID:VmNqG3xd0

結衣「うわああああ……京子に今まで言われたことのない罵倒をされたぁぁぁぁぁぁ……」ガクッ

向日葵「船見先輩……」

櫻子「ふ、船見先輩……」

りせ「……」

結衣「ご、ごめん、ちょっと、一人にしておいてくれるかな……」

ひまさく「「は、はい……」」

りせ「……」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:22:09.67 ID:VmNqG3xd0

~女の子部屋~


京子「う、ううっ、ぐすんっ」

綾乃「と、としのーきょーこ、どうしたの?戻ってくるなり布団にくるまっちゃて……」

京子「な、なんでもないよ、綾乃っ」ヒック

綾乃「何でも無い事ないでしょう、凄くに泣いてるじゃないとしのーきょーこ……」

京子「泣いてなんかないよっ」グスン

綾乃「……歳納京子、何かあったのよね、あの……」

綾乃「私達、友達、でしょう?何かあったのなら、ちゃんと相談して貰わないと……ちょっと悲しいわ」

京子「あ、あやの……」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:23:30.73 ID:VmNqG3xd0

綾乃「それとも、やっぱり私じゃ頼りにならないかしら?船見さんじゃないと、駄目なのかしら?」

京子「うう、ひっく……駄目じゃ、ないよ、綾乃には、何時も優しくして貰ってるし」

京子「す、凄く頼りにしてるから……」

綾乃「そ、そう、まあ当然よね、私は生徒会副会長だし///」

京子「……」

綾乃「落ち着いたらでいいから、ね?何か力になれることがあるなら、手を貸すから」

京子「……あ、あのね、また、結衣が……」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:29:05.96 ID:VmNqG3xd0

綾乃「ふ、船見さんがまた生徒会の子達と不埒な行為に!?」

京子「い、いや、まだ決まったわけじゃ……私の見間違えだった可能性もあるし……」

ちなつ「ゆ、結衣先輩がそんな事を……」

あかり「京子ちゃん、辛かったよね、そんなの目撃しちゃって……」

京子「……うう、私、結衣を信じたいのに、信じたいのにぃっ」グスン



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:30:20.40 ID:VmNqG3xd0

綾乃「判ったわ、歳納京子、私からちょっと船見さんに話してくるから」

ちなつ「お供します、杉浦先輩、私もちょっと船見先輩に言いたいことありますし」

あかり「あ、あかりもっ!幼馴染としては放っておけないよっ!」

京子「私は……まだ結衣とは会いたくないよ……」

綾乃「歳納京子……」

京子「綾乃、わたし、わたしひょっとして、結衣に嫌われてるのかな……」

京子「結衣がえっちなのは知ってたけど、けど、私には何もしないんだ……」

京子「結衣の部屋に泊りに行ってた頃も、私には何もしてこなかったんだ……」

京子「こ、これって、もしかして、嫌われてるからなのかなぁ」グスン

綾乃(歳納京子をこんなに悲しませて、船見結衣許すまじ!)



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:37:59.46 ID:VmNqG3xd0

~淫獣部屋~


結衣「う、うう……さっき古谷さんと大室さんから受けた刺激のせいでまだおっきいままだ……」

結衣「ど、どうしよう……」

綾乃「船見さん!」バーンッ

結衣「あ、あやのっ!?」

ちなつ「し、失礼します、結衣先輩」

あかり「結衣ちゃん、こんにちわぁ」

結衣「ど、どうしたの、三人とも……」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:43:00.59 ID:VmNqG3xd0

綾乃「船見さん……また歳納京子を泣かせたわね?」

結衣「ひっ……」ビクッ

綾乃「前に約束したわよね、もうえっちな事をして歳納京子を悲しませんって」

綾乃「あの約束をした時に私がいっぱいえっちな汁を絞りとってあげたのに、まだそういう事をする元気があったの……」

結衣「や、やめて、綾乃、私もう強制射精させらるのはやだよっ」ブルブル

ちなつ「結衣先輩、大丈夫です、私がいる限りそんな事はさせませんからっ」ギュッ

結衣「ち、ちなつちゃんっ」

あかり「あかりも、結衣ちゃんの味方だよ!」ギュッ

結衣「あ、あかりもっ」

結衣「2人とも、私を信じてくれるんだね!」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/05(日) 22:46:33.39 ID:VmNqG3xd0



カチャッ



結衣「……え?」

ちなつ「結衣先輩、すみません……」

あかり「結衣ちゃん、ごめんね?」

結衣「え、あかり、ちなつちゃん、どうして……」

結衣「どうして、私に手錠を嵌めるの?」

綾乃「……船見さん」

結衣「あ、あやの?」

綾乃「これでもう、船見さんは逃げられないわよね」

結衣「そ、そんな、そんなっ……」プルプル



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:34:19.31 ID:HQoCSAMR0

綾乃「船見さん、そんなに嫌なの?」

結衣「い、いやだよ、こんな手錠されて無理やりだなんてっ!」

綾乃「その割には、船見さんのおひんひん、大きくなってるみたいだけど……」モミッ

結衣「ひゃっ///」

綾乃「本当は、えっちな事されるのを期待してるのよね?」

結衣「そ、そんな事っ///」

綾乃「船見さんって本当に淫獣よね……」トンッ

結衣「う、うわっ綾乃押さないでっ」ドスンッ



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:34:35.33 ID:HQoCSAMR0

結衣「いたた……」

ちなつ「ゆ、結衣先輩……」

結衣「ち、ちなつちゃん、手錠のせいで上手く起き上がれないんだ、ちょっと手伝って……」

ちなつ「駄目ですよ、結衣先輩、起きあがっちゃ」グイッ

結衣「ち、ちなつちゃん?ちょ、手を離してっ」

ちなつ「結衣先輩、手錠されて床に押し倒されて、万歳した状態で押さえつけられてる気分はどうですか……?」

結衣「ち、ちなつちゃん?」




232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:36:06.76 ID:HQoCSAMR0

ちなつ「身動きできない結衣先輩、凄く……えっちです」ドキドキ

結衣「だ、だめ、ちょっ……んぷっ///」

ちなつ「ゆ、ゆいせんぱっ」チュッチュッ

結衣「やっ、ち、ちなつちゃん、そんないっぱいキスされたらっ///」

ちなつ「結衣せんぱい、素敵です、凄いですっ///」チュッチュプ

結衣(ちなつちゃん、す、凄く必死で吸って来る、い、息がっ///)

結衣「ぷはっ、んんんっ、ぷはっ、はぁ……はぁ……んぷっ///」

ちなつ「い、いっぱい、キスしたいです、ずっと、ずっとそれに憧れてました、結衣せんぱぁいっ///」チューッレロッ



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:46:55.48 ID:HQoCSAMR0

あかり「ゆ、結衣ちゃん、凄くえっちな声出てるよ……」

結衣「あ、あかり、助けて!お、幼馴染でしょ?お願いっ///」

あかり「だ、だめだよ、結衣ちゃんは京子ちゃんを泣かせたんだから、いっぱい反省して貰わないと……」

結衣「は、反省してるから///」

あかり「小さい頃の結衣ちゃんなら京子ちゃんを泣かせるなんて事しなかったのにな……」

あかり「あの頃の結衣ちゃんは、カッコいいけど、京子ちゃんを守るお母さんみたいな雰囲気が出てたのに……」

あかり「どうしておひんひんなんて生えちゃったんだろ……」



238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:47:28.53 ID:HQoCSAMR0

結衣「あ、あかり?」

あかり「そ、そうだ、おっぱいだ」

結衣「……は?」

あかり「あかちゃんにおっぱいを吸って貰えば、きっと結衣ちゃんの中の母性本能が刺激されて、元のお母さんみたいな結衣ちゃんに戻れるよね?」

結衣「あかり、何言って……」

あかり「けど、この辺にあかちゃんはいないし……あ、そういえば」

あかり「あかり、京子ちゃんから『あかちゃん』ってあだな付けられた事があるんだった……」



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:47:51.66 ID:HQoCSAMR0

あかり「結衣ちゃん、あかりで、いいかな?」

結衣「い、いいわけないでしょ!」

あかり「結衣ちゃんって、わりとお胸大きいよね……」サワッ

結衣「あ、あかりっ///」

あかり「あ、結衣ちゃん浴衣の下に下着付けてないんだ……」

結衣「ちょ、浴衣はだけないでっ///」

あかり「……あかり、ゆいちゃんのおっぱい、欲しいな……」




242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:51:34.50 ID:HQoCSAMR0



チュッ


結衣「んんんっ///」

あかり「ゆいちゃん、ゆいちゃん……」ハムッ

結衣「や、だめ、唇で咥えないで、あかりくわえないでっ///」

あかり「ゆい、ちゃん……おっぱいおいしいよ」ペロッ

結衣「あかり、どうしちゃったの?こ、こんなえつちな事、する子じゃなかったでしょ///」

あかり「あかり、あかちゃんだから、おっぱい欲しがっても不思議じゃないよ?」



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:52:28.16 ID:HQoCSAMR0

あかり「けど、吸ってもおっぱい出てこないなぁ……もっと強く吸わないと、だめかなぁ?」

結衣「え?」


チューーーッ


結衣「ああああああああっ///」

あかり「それとも、ちゃんと揉まないと駄目なのかな……」モミモミ

結衣「あ、あかり、揉みながら吸わないで、こ、こんなのおかしいよっ///」

あかり「結衣ちゃん、もっと頑張ろうね、おっぱい出て来るまで頑張ろうね……」

結衣「そ、そんなぁっ///」



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:57:33.93 ID:HQoCSAMR0

綾乃「船見さん、凄く硬くなってきてるわよ……」キュッ

結衣「やっ、だめ、綾乃、そんなに掴んだら、掴んだらっ///」

綾乃「大丈夫、大丈夫よ、船見さん……」パチンッ

結衣「え、え、あやの?今、何を……」

綾乃「船見さんのおひんひんの根元を、ゴムで縛ったの」

結衣「え?」

綾乃「前は連続射精させて反省して貰ったけど……効果なかったみたいだから」

綾乃「今度はイケないようにしてあげようかなって」

結衣「!?」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 02:57:48.07 ID:HQoCSAMR0

綾乃「こうすれば、きっと船見さんのおひんひんも反省してくれるはずよ……」

結衣「やぁっ、やめて、綾乃、そんなのやだよっ」

綾乃「船見さん、そんなの嫌なの?こんな事されて悲しい?」

結衣「か、かなしいよ、綾乃、お願い、ゴムはずしてよっ」ウルッ

綾乃「そう……けど、歳納京子はもっと……」シュッ

結衣「ひゃうっ///」

綾乃「もっと、もっと悲しかったはずよ……」シュッシュッ

結衣「あ、あやの、やだ、やだよ、おひんひん刺激しないでっ///」



252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:04:40.36 ID:HQoCSAMR0

綾乃「ごめんなさい、もしかして、おひんひんが痛かったのかしら……」

結衣「そ、そう、そうだよ、ちょっと痛いからさ、お願いもう触らないでっ///」

綾乃「そう……もっと何か潤滑させるような物がないと辛いのね……」

綾乃「あ、船見さん、大丈夫よ、何とかなると思う」

結衣「ふえ///」

綾乃「……」タラァッ

結衣「あ、綾乃、どうして涎を私のおひんひんに垂らすの!?」

綾乃「こうすれば、ほら、指でしごいてももう痛くないでしょ?」クチュックチュッ

結衣「んあああああっ///」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:05:23.60 ID:HQoCSAMR0

結衣「やっ、だめっ、そ、それだと、気持ち良くなり過ぎて、ああんっ///」

綾乃「そうなの?」クチュックチュッ

結衣「だ、だめ、綾乃、いっちゃうから、いっちゃうからっ///」

綾乃「イケるかどうか、試してみて、船見さん……」

結衣「んっ、んんんっ///」カクッ

結衣「んんっ!?」カクッ

結衣「あ、あれ、イ、イケない?」

綾乃「ゴムで縛った効果はあったようね……」クチュックチュックチュックチュッ

結衣「あ、ああっ、駄目だって、あやのっだめっゴムはずしてっ///」



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:10:55.68 ID:HQoCSAMR0

ちなつ「結衣先輩、苦しそう……けど、そういう表情も素敵です……」チュッ

結衣「ち、ちなつちゃん、おねがい、助けて、イカせて、お願いっ///」

ちなつ「イカせてほしいんですか……判りました」ニコ

結衣「ちなつちゃん!」パアッ

ちなつ「結衣先輩がイケるように、いっぱいキスしてあげますね……」ムチュッチュルッ

結衣「ち、ちがっ、んくっ///」

ちなつ「わたしの唾液、結衣先輩の口の中にいっぱい入れてあげますね……」チュルチュル

結衣「むぐっ、ぷはっ……ち、ちなつちゃん、もう止めてよぉっ///」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:11:09.74 ID:HQoCSAMR0

あかり「ゆいちゃん、ゆいちゃんのおっぱい、先っぽが凄く硬くなってる……」

結衣「あ、ああっ、だめ、あかり、そこ触らないで?い、いい子だから、ね?」

あかり「うん、あかり、いい子だよ、ゆいちゃん」

結衣「そ、そうだよな、あかりはいい子、いい子だよ」ホッ

あかり「いい子だから、ゆいちゃんにいっぱい気持ち良くなって欲しいな……」キュッ

結衣「やっ///」

あかり「ゆいちゃん、かわいい声出して、そんなに気持ちいいんだね」キュッ

結衣「あ、あかり、つままないで、先っぽつままないでっ///」




257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:14:53.36 ID:HQoCSAMR0

綾乃「船見さん、もう何度もイコうとしてるわよね」クチュックチュッ

結衣「だ、だめ、おねがい、綾乃、私おかしくなっちゃうから、おねがいぃっ」ウルッ

綾乃「いやよ……」タラァッ

結衣「あ、ああ、また、また唾液垂らして」ビクッ

綾乃「……船見さんがぼろ泣きするまで続けるわよ」

結衣「ひっ」

綾乃「さ、また私の指で船見さんのおひんひん、くちゃくちゃにしてあげる……」

結衣「や、も、もう、やだ、私おひんひんなんて、いらないから、お願い……」



258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:15:15.98 ID:HQoCSAMR0




結衣「いかせてよぉぉぉぉぉぉぉっ!」ウルウル







260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:19:46.12 ID:HQoCSAMR0

~女の子部屋~


京子「……なんだろ、結衣の絶叫が聞こえてきた気が……」

千歳「気のせいと違うかなあ?」

京子「……千歳は、どうして残ったの?」

千歳「こんな状態の歳納さんを置いていく訳にはいかんし……それに」

京子「それに?」

千歳「おひんひんとか、正直、見とないやん」ニコ

京子「そ、そっか……」



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:20:19.41 ID:HQoCSAMR0

綾乃「ただいま」

ちなつ「ただいまかえりました」

あかり「ふう、疲れたぁ」

京子「あ、綾乃、結衣とお話しできた?」

綾乃「ええ、歳納京子、もう大丈夫だから、会いに行ってあげて?」

京子「け、けど……」

綾乃「……さっき、言ってたわよね、歳納京子」

京子「え?」

綾乃「自分が嫌われてるんじゃないかって」

京子「う、うん……」



268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:27:37.06 ID:HQoCSAMR0

綾乃「わたしが見た所では、船見さんは歳納京子の事が、大好きよ?」

京子「け、けど、一度もえっちな事されそうになった事ないし……」

綾乃「それだけ、歳納京子の事を、大切に想ってるからじゃないかしら」

京子「わたしの事を……大切に?」

綾乃「ええ……」

京子「そ、そうなの、かな……」

綾乃「……船見さんが他の子とえっちな事をしちゃうのだって、その反動なのかも」

京子「反動?」

綾乃「歳納京子の事が好きだけど、傷つけたくないからえっちなことできない」

綾乃「けど、えっちな気持ちは抑えにれないから、他の子から迫られた時に強く拒絶できない……」

綾乃「こんな感じの悪循環が出来てるんじゃないかなって」



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:28:31.33 ID:HQoCSAMR0

京子「……」

綾乃「けど、今私達は船見さんを『説得』してきたから」

綾乃「今なら船見さんも素直になれると思うの……だから、歳納京子!」

京子「は、はいっ」

綾乃「思いっきり、船見さんに甘えて来なさい!」

京子「……わ、わかった……ありがとう!綾乃っ!」タッタッタッ

綾乃「……」

千歳「綾乃ちゃん、良かったん?」

綾乃「い、いいのよ、私は歳納京子が幸せになってくれれば、それで……」

千歳「綾乃ちゃん……」

綾乃「船見さん、頑張って……」



274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:35:18.25 ID:HQoCSAMR0

~おにんにんハウス~


結衣「う、うう、酷いよ、みんな酷いよ、結局、イかせてもらえなかったし……」

結衣「どうしよう、自分で慰めようかな……」

結衣「けど、こんなの切なすぎるよ、やっぱり、温かさが欲しいよっ」ウルッ


トントンッ


結衣「……!」ビクッ

結衣「も、もしかして、綾乃達が戻ってきたんじゃ……」

結衣「も、もう寸止め地獄はいやだっ」グスンッ

結衣「ふ、布団の中に隠れてよっ……」モゾモゾ



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:36:00.32 ID:HQoCSAMR0



スーッ

ペタペタ


結衣(だ、誰か入ってきた……)


ペタペタ


結衣(ふ、布団の前まで来ちゃった……)


モゾモゾ


結衣(え、ええ!?布団の中に入ってきた!?)

結衣(も、もうやだ、やだよっ)

結衣「京子、たすけてっ……」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:39:39.20 ID:HQoCSAMR0

京子「結衣、呼んだ?」

結衣「ふえ……京子?」

京子「う、うん……」

結衣「……」

京子「……」

結衣「う、うそだ、幻覚だよこれ、だって、だって京子はさっき、私に……」


『SINE』ニコッ


結衣「って……」

京子「……本物だよ、結衣」スッ

結衣「あ……」

結衣(手を握ってくれてる京子の体温を感じる……本物だ、本物の、京子だ……)



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:51:26.23 ID:HQoCSAMR0

結衣「きょうこ、きょうこぉっ」ウルッ

京子「ゆ、ゆい、どうしたのさ」

結衣「ごめんね、さっきは、ごめんね……」

京子「……いいよ、ゆい」

結衣「許して、くれるの?他の子とえっちな事したの、ゆるしてくれるの……?」

京子「……許すから、一つだけ聞いてもいいかな」

結衣「うん……」

京子「結衣はさ、どうした私にえっちな事をしてこないの?」



287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:52:00.86 ID:HQoCSAMR0

結衣「きょ、京子に、えっちなことを……?」

京子「機会は多かったでしょ?部活で2人っきりになった事も多いし、部屋に泊りに行ったりもしてたし」

結衣「……そ、そんなこと、出来ないよ」

京子「どうして?」

結衣「だ、だって、京子は私に迫ってこないし……私の事をえっちな対象に見てない可能性あるし……」

結衣「それなのに、も、もし、えっちな事を迫っちゃったりしたら……」

結衣「京子に嫌われちゃうかもしれないし、そんなの、わたし、耐えられないよ……」

京子「結衣……」

結衣「だって、だって、京子は私にとって、たいせつな……」

京子「た、たいせつな?」

結衣「はなよめさんだもん……」

京子「……」

結衣「……」

京子「///」

結衣「///」



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 03:56:10.85 ID:HQoCSAMR0

京子「あ、あの、それって、け、け、結婚の申し込みなのかな///」

結衣「あ、う、うん、その、勢いのままに告白しちゃった感じで申し訳ないけど///」

京子「い、いや、私も、その、嬉しかったし///」

結衣「ほ、ほんと!?」

京子「う、うん……あのね、ゆい」

結衣「な、なに?」

京子「わたしも、結衣の事が好き」

結衣「……!」

京子「結衣の、はなよめさんに、なりたいの」

結衣「きょう、こ……」

京子「だから、あの……えっちな事とか、してもいいよ///」

結衣「京子っ!」ガバッ

京子「ひゃっ///」コロンッ



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:01:46.57 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子、大好き、ずっと大好きだった……」チュッ

京子「あっ///」

結衣「キス、いっぱいしたい、京子の唇に……」チュッ

京子「んんっ///」

結衣「首に」チュッ

京子「ゆ、ゆい、くすぐったいっ///」

結衣「肩に」チュッ

京子「ふあっ///」

結衣「京子、浴衣、はだけて、可愛いよ……」チュッ

京子「ゆ、ゆい、おっぱいにキスしないで///」

結衣「京子のおへそも好きだ……」チュッ

京子「そ、そんなとこっ///」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:05:24.01 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子の太股も、色っぽいよ……」チュッ

京子「だ、だめ、ゆいっむずむずしちゃうっ///」

結衣「え、京子、何処がムズムズするの?」

京子「そ、そんな事、言わせないでっ///」

結衣「言わないと、判んないよ、京子……」

結衣「太股にキスしてあげたらもぞもぞするって言いだしたし、もう一度やってみようっか」チュッ

京子「あっ///」

結衣「……」チュッレロッ

京子「ゆ、ゆい、舌這わせないでっ///」モジモジ

結衣「あははは、京子、凄く顔が赤くなってる……」

京子「も、もう、ばかっばかばかっ///」

結衣「それで、どこがむずむずするのかな?」

京子「う、うう……あの、私の大切なところ……///」



297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:08:58.96 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子、あの、京子の大切な所、触ってもいい?」

京子「い、いいよ、けど///」

結衣「ん?」

京子「や、やさしくしてね?あの、えっちな事とか、はじめてだから///」

結衣「え?」

京子「……おなにーとかも、その、した事ないから///」

結衣「し、した事ないって……」

京子「やっぱり、そういう気持ちいい事は、大切な人の為に取っておかないといけないと思って……」

京子「した事なかったの……」

結衣「きょ、京子……」

結衣(京子、凄く健気だ、天使みたいだ……)

結衣(その天使の大切な所を触っちゃうわけだな、私は)

結衣(す、すごく興奮しちゃう……)ドキドキ



304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:21:36.83 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子の大切な所……キスしてあげるね……」

京子「ゅ、ゅぃっ」

結衣「大丈夫、優しくするから、ね?」チュッ

京子「んあっ///」ビクッ

結衣「ちょっとキスしただけでももうこんなに身体が跳ねて……」ペロッ

京子「ゆ、ゆいっ///」ビクッ

結衣「かわいい、京子、凄く可愛い///」

結衣「もっと、もっと反応してっ///」チュッレロッ

京子「やっやあっ///」ギュッ

結衣(京子、足の指先がぎゅってなってる、気持ちいいんだ、本当に気持ちいいんだ)



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:28:19.24 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子、大丈夫?辛いなら止めるけど……」

京子「え……」

結衣「京子、はじめてみたいだからさ、あんまり無茶するのもアレかなって……」

京子「……」

結衣「京子?」

京子「や……だ……」

結衣「え?」

京子「や、やっぱり、結衣は私の事が嫌いなの?」

結衣「そ、そんなことない!」

京子「じゃあ、じゃあ最後までしてよぉっ」ウルッ



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:28:30.00 ID:HQoCSAMR0

結衣「……!」

京子「わたし、わたし、ちゃんと結衣に愛されてるって証が欲しい……欲しいよ……」

結衣「……ん、判った」

結衣「ごめんね、京子、変な遠慮うしてごめん……」チュッ

京子「ひやうっ///」ビクッ

結衣「お詫びに、凄く気持ちよくしてあげるから」

結衣「絶対に痛いとかは、思わせないから……」レロッ

京子「ゆ、ゆい、そんなに舐めまわしちゃ///」

結衣「京子の大切な所にある突起、吸ってあげるね……」チューッ

京子「ひやんっ!?」ガクンッ



307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:36:19.95 ID:HQoCSAMR0

結衣「結衣、もっと声上げてくれた方が嬉しいな」チュッ

京子「ゆ、ゆいっ、ゆいっっ///」ビクビクッ

結衣「京子、凄く濡れてきた、私の舌でこんなに感じてくれてたんだ///」

京子「あの、ゆい、凄く切ないの、わたし、わたしどうしたらいいのかな///」

結衣「……京子は、はじめてイくんだよね?」

京子「う、うん///」

結衣「じゃあ、あの……私と一緒にイキたい?」

京子「……!」

京子「い、いきたい、結衣と一緒に、何処までもイキたい///」

結衣「う、うん///」



309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:42:52.07 ID:HQoCSAMR0

結衣(京子の大切な所、大丈夫かな、ちゃんと濡れてるけど……もう少し、してあげたほうがいいよね)

結衣「京子、あの、もう少し我慢できる?」

京子「う、うん、がまんする、ゆいがいっしょにイクまで、がんまする」

結衣「きょうこ……」キュンッ

結衣「じゃ、もう少し気持ち良くしてあげるから、どうしても我慢出来なくなったら言うんだよ?」

京子「う、うん///」

結衣(舌で、入念に舐めてあげて……)レロォッ

京子「んんっ///」

結衣「京子、もっと、もっと甘い液を出して……私の唾液と混ざりあうくらい……」チュプッレロッ

京子「んああっ///」ビクーッ

結衣「本当に可愛い、可愛いよ、大好き、京子……」チューッ

京子「ゆ、ゆい、もう、もうっ///」カクカクッ

結衣「ん、判った……」スッ



310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:49:18.16 ID:HQoCSAMR0

結衣「京子……」

京子「ゆ、ゆい……ちょっと、怖い……」

結衣「大丈夫だよ」チュッ

京子「あっ……」

結衣「京子の唇に、いっぱいキスしながら、入れてあげるから……怖くないから」

京子「う、うん///」

結衣「京子、大好きっ」

京子「わ、わたしも、結衣の子と大好きっ」ギュッ


ググッ


京子「んあっ///」

結衣「きょ、京子、大丈夫?」



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 04:52:40.66 ID:HQoCSAMR0

京子「う、うん、大丈夫、大丈夫だから……」

結衣「京子……」チュッ

京子「あっ///」

結衣「じゃあ、続けるよ…///」

京子「う、うん///」


ググッ

ヌルッ


結衣「あふっ///」

京子「んんっ///」

結衣「は、はいっちゃった、京子の中に、はいっちゃった……」

京子「な、なにこれ、凄く、変な感じがっ///」



314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:01:16.95 ID:HQoCSAMR0

京子「ゆ、ゆい、切ない感じが、凄く強くなってっ///」

結衣「う、うん、わたしも、あ、あの、京子っ///」

京子「な、なに、ゆいっ///」

結衣「う、うごくね///」

京子「ふえ///」


グイッ

グイッ


京子「あっやっ///」

結衣「京子、す、すごい、凄くっ……んあっ、き、きもちいいっ///」

京子「な、なに、これ、なにか、きちゃうっ、きちゃうっ///」

結衣「京子、きょうこおっ///」グイッグイッ



315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:05:46.46 ID:HQoCSAMR0

京子「ゆ、ゆい、ちゅってして、おねがいっ///」

結衣「うん、うん、いっぱい、してげある、京子、大好きっ///」チュッ

京子「ん、んむぐっ///」チュッ

結衣「京子、京子、もう、わたしっ///」チュッ

京子「わ、わたしも、ゆい、一緒に、一緒に、ね?」チュッ

結衣「京子、けど、あかちゃんが出来ちゃうよっ///」

京子「い、いいの、わたし、結衣の赤ちゃんほしいのっ///」ギューッ

結衣「きょ、京子っ///」

京子「ゆいっゆいゆいゆいゆいゆいっ///」ギューッ



結衣「んっんんんんんっっっ///」ドクッ、ドクドクドクッ



京子「んあっあああっ///」ビクッビクビクッ







316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:08:15.52 ID:HQoCSAMR0

結衣「ふあ……はぁ……はぁ……ぁ……」グッタリ

京子「はぁ……はぁ……結衣のお汁が、私の奥に///」グッタリ

結衣「きょ、きょうこ、大好き……」

京子「うん、私も、大好きだよ、ゆい……」チュッ

結衣「んっ……」チュッ



こうして、私達の温泉旅行は終わった



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:18:43.59 ID:HQoCSAMR0

~娯楽部~


京子「ゆーい♪」

結衣「ん?どしたの京子」

京子「んーん、呼んでみただけ」

結衣「もう、しょうがないな京子は……」ギュッ

京子「あっ///」

結衣「京子があんな呼び方する時は、寂しい時って決まってるからね」

京子「う、うん///」



322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:19:05.75 ID:HQoCSAMR0

綾乃「としのーきょーこー!」バーン

京子「ふえ、綾乃、どうしたの?」

千歳「おじゃましますなあ」

結衣「こんにちわ、2人とも」

綾乃「きょ、今日は次の旅行の話をしに来たの!」

京子「えー、次の旅行って、もうホテルの手配とかも終わってるんだから、話す事とかないよ?」

綾乃「そ、そうだけど……別にいいでしょ!遊園地の何処の乗り物から回るかとかそういう話もしときたいじゃないっ///」

結衣「え、遊園地に旅行に行くの?」



323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:19:18.08 ID:HQoCSAMR0

京子「今回も娯楽部&生徒会で一緒に行くことになるから、きっと楽しいよね!」

結衣「きょ、京子?わたし、その話聞いてないんだけど……」

京子「え?あ、うん、言ってないし」

結衣「何で言わないのさ!」

京子「え、結衣も行くつもりなの?」

結衣「そりゃ行くよ、私だって娯楽部なんだから……」



324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:19:34.63 ID:HQoCSAMR0

京子「娯楽部である前に私の恋人でしょ?」

結衣「う、うん……」

京子「だから、結衣は行っちゃ駄目です」

結衣「きょ、きょうこぉっ」ウルッ

京子「だって、結衣、行ったらまた他の子とえっちな事するもん……」

結衣「し、しないしない!」

京子「本当?」

結衣「本当!」

京子「……じゃあ、信じるけど……」



326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:21:02.08 ID:HQoCSAMR0

結衣「が、我慢できなくなったら、京子にちゃんと言うからさ」

京子「ん、約束だよ?」

結衣「うん!」

京子(本当かなあ?結衣、本当に約束守れるのかなあ?)

京子(結衣っておひんひんを我慢できない子だからなあ……)

結衣(凄く楽しみだ、皆と行く遊園地旅行)

京子(まあ、守れなかったとしたら綾乃達に頼んでまた説得してもらおっと)


結衣「京子!いっぱい楽しもうね!」

京子「うん!」







329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/06(月) 05:23:48.08 ID:HQoCSAMR0

長時間の保守アリガトでした

千歳+千鶴の双子にサンドイッチにされる展開も考えてたけど京子ちゃんの都合上取り消しまして



元スレ
結衣「え、みんな温泉行くの?」