SS速報VIP:P「あずささん、お願いがあるんですけど…」  あずさ「?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:02:26.15 ID:Ev+O8P4b0

日にち替わったけど気にしない




「…ハッキリ言って、最低なお願いです。幻滅するかもしれません…」

「何を仰るんですか。私はプロデューサーさんの事、信頼してますし尊敬してるんですよ?」

「…あずささん、今日は何日ですか?」

「8月の2日です」

「…何の日か、ご存知ですか?」

「ええ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375455745




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:04:18.41 ID:Ev+O8P4b0


「……今日は、パンツの日、なんです」

「…えっ?」

「もう一度言います、今日は、パンツの日、なんです」

「…ええ?」

「…あずささん、単刀直入に申し上げます…パンツ見せてください!」






3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:05:05.61 ID:Ev+O8P4b0



「えええええええっ?!」

「お願いします!見るだけ、見るだけですから!」

「…」

「…」

「…いい、ですよ」

「え?!」

「だけど、条件があります」

「はい?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:07:53.24 ID:Ev+O8P4b0



「プロデューサーさんも、見せてください」

「うぇっ!?」

「うふふっ、そうでしょう?だって、私だけ見せれう何て、不公平ですもの」

(あずささんの笑顔が怖い…けど…あずささんのパンツ…見たい!)




「…わ…分かりました」


「うふふっ…じゃあ、私の言うとおりに…」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:10:24.69 ID:Ev+O8P4b0


「じゃあ、まずは上から脱いでください」

「は、はい…」



(あずささんが、俺が脱ぐ仕草を見ている…)

(何時もの優しげな眼差しに、僅かに嗜虐的な色を湛えて)


「あらぁ、プロデューサさん、少しお腹が出てきてますよ~」

「う…」

「でも、意外に腕とか筋肉がついてるんですねぇ」

「///」

「…あらいけない、プロデューサーさんばかり脱がせて…」

(あっ…あずささんが…ブラウスのボタンを外して…)




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:14:57.72 ID:Ev+O8P4b0







「はい…さあ、プロデューサーさん、続けてください?」

(淡い紫の…ブラ…谷間が…すごい…!)

(上はもう、何も身に着けてない…ズボンから…)



「うふふっ…可愛い柄のボクサーですねぇ…」

「…!」



(あずささんに見られてると思うと…うっ…いかん…!)



「あらあら…どうしたんですか?前かがみになって…」

「あ、あずささっ…!」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:17:29.20 ID:Ev+O8P4b0



(駄目だあずささん、それ以上近づいたら…!)


「あらあら…」

「…」

「プロデューサーさん…何を、隠してるんですか?」

「あずささん…これは…」

「手、どけてください」

「でも」

「手 を ど け て く だ さ い 。 聞こえませんでしたか?」

「は、はい…」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:28:25.75 ID:Ev+O8P4b0


「あらあら…私に見られて、興奮してるんですか…?」

「ううっ…」

「…変態さんですねぇ」サワッ

「ああああああ!?あずささん?!」

「うふふっ…まだ、続けますか…?」


(ああ…今度はあずささんが…これも、ブラとセットの淡い紫のレースで…ああああああ透けてる…!)


「うふふふふふっ…プロデューサーさん…私も、脱ぎましたよ…?」

「ああ…あずささん…」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:34:59.35 ID:Ev+O8P4b0


「うふふふふふっ…プロデューサーさん…私も、脱ぎましたよ…?」

「ああ…あずささん…」

「ふふっ…我慢、しなくても…良いんですよ?」サワサワ

「あっ…うっ…くぅっ!」ビクンビクンッ!

「あらあら…こんなに…パンツもぐちゃぐちゃですねぇ…」

「ご、ごめんなさい…」

「…私の手、汚れちゃいました…プロデューサーさん…?」

「は、はい」

「綺麗にしてくださいますか…?」

「あ…はい…」

「綺麗に『舐めとって』下さいね…」





11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:38:42.98 ID:Ev+O8P4b0


(もう、あずささんの言葉に逆らう術は無かった。俺は、膝をつき、あずささんが差し出した手に、舌を伸ばす)

「ん…っ、ワンちゃんみたいに…ふふっ…」

「んっ…ピチャッ…ふぅっ…ペチャッ…」

「ふふっ…良くできました…」

「はぁっ…はぁっ…あずささん…」

「良くできたワンちゃんには、ご褒美を上げなくっちゃ」

「あ…ああ…」

「はぁい…プロデューサーさん、どうぞ…」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:47:56.85 ID:Ev+O8P4b0



「あっ…あずささん…あずささぁんっ!」

「あっ…!プロデューサーさん…来て…!」












「はうぁっ!…何だ…夢か?」


「夢…か…」ベットリ


「…最近、してなかったもんなぁ…変な夢を…ん?これは」



『また、今度ゆっくりと…  あずさ』



「こ、これは…まだ、温かい…」


「もしかして…マジ?」



「……ちょっと、トイレ…」




(…ふふっ…プロデューサーさん、『今回は』ここまで…でも、あなたがまた、良い子にしていたら…また…うふふっ)









13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/03(土) 00:48:48.40 ID:Ev+O8P4b0

パンツの日記念を書いたら、どうしてこうなった。


元スレ
SS速報VIP:P「あずささん、お願いがあるんですけど…」  あずさ「?」