1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 17:39:11.54 ID:BpTv3Msa0

小鳥「え・・・指輪・・・?」

P「小鳥さん結婚しましょう」

小鳥「え・・・」

P「結婚しましょう」

小鳥「えっ・・・あの・・・」

P「ダメですか?」

小鳥「あの・・・少し考えさせて・・・ください・・・」

P「はい」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 17:59:36.93 ID:BpTv3Msa0

P「(結局返事は聞けずに解散か・・・・)」

P「(いきなり結婚は無いか・・・)」

P「(相談する相手も居なかったし・・・)」

P「(指輪をこっそり買って、玉砕覚悟で渡してみたけど・・・・)」

P「そーなるよなぁ・・・・」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 18:09:15.44 ID:BpTv3Msa0

P「(普通だったら まずはお付き合いとかしてから色んなことを踏まえた上で求婚だよな・・・)」

P「はぁ~・・・」トボトボ

?「お~い!」

P「おや、響か!」

P「ずいぶん遅いじゃないか。何やってるの?」

響「ハム蔵達のご飯を買ってさ~!」

響「それよりも、プロデューサーなんだか暗い顔してるぞ。何かあったの?」

P「ん・・・いやぁ・・・大したことないんだよ・・・」

響「自分でよかったら聞くよ?何かあったの?」

P「(アイドル達に聞かれたらマズい!) いっいや!何でもないんだよ!」

響「そっかー?あんまり一人で考えすぎは良くないんだぞ!」

P「」 ギク

響「何もないなら自分これで帰るさ~。じゃあね!」

P「ああ。気を付けてな。」

P「何も無いんだよ・・・何も・・・」
 



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 18:21:44.47 ID:BpTv3Msa0

指輪は受け取って貰えないで、持ち帰ったって事で頼みまする

翌日

P「おはよーございま・・・」

小鳥「あ・・・」

P「(いかん・・・今日の事を考えてなかった・・・」

小鳥&P「(気まずい・・・)」

律子「さ、プロデューサー殿も来たようですし今日のミーティングを始めましょうか」

P「はい」

律子「P殿?」

P「はい」

律子「プロデューサー!!」

P「はい!」

律子「もう!始めますよ!」

P「は、はい」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 18:28:21.66 ID:BpTv3Msa0

小鳥「」ボー

雪歩「あっ・・・」

雪歩「音無さん!お湯!あふれてます!!」

小鳥「ピヨッ!?あっつ・・」

雪歩「大丈夫ですかぁ?やけどとか・・・」

小鳥「え、ええ平気よ・・・ごめんなさいね雪歩ちゃん」

雪歩「どうかしたんですか?今日は朝からぼ~っとしてますけど」

小鳥「ちょっと今日はアレなのよ!酸素が薄い日なのよ!」

雪歩「くすくす、何なんですかその日?音無さんらしくないですね♪」

小鳥「ははは・・・(あんな事があったら私手がつかない・・・)」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 18:44:30.41 ID:BpTv3Msa0

昼食時

小鳥%P「・・・。」 モソモソ

春香「(なんかあったんですかあの二人)」

律子「(それが、朝からずっとなのよ・・・)」

雪歩「(小鳥さんも変なんですぅ)」

美希「(ハニーって言っても今日は注意されなかったの、何かおかしいの)」

全員「( あ の 二 人 は 何 か あ っ た に 違 い な い ! )」



P「コンビニに行ってPSネットワークカードを買ってきます」 フラフラー

律子「いってらっしゃい!(しめた!チャンスよ!)」

春香「小鳥さん!」

小鳥「ぴ!」ビクッ

律子「昨日P殿と!」

美希「なにかあったの!?」



18: × % ○ & 2013/08/18(日) 18:52:31.43 ID:BpTv3Msa0

小鳥「や、やだなぁ何ですかみんなして!」

小鳥「何もないですよ!」

春香「嘘だっ!!」

小鳥「ぴい!?」

律子「今朝から二人とも顔を合わせようともしないし、ずーっとぼーっとしてます!」

美希「ハニーの異変ならすぐ気づくの!」

雪歩「ま・・・まさか愛の告白とか・・・」

小鳥「!」

律子「あぁ~・・・」

春香「へえ~・・・」

美希「ふーーん」

小鳥「」

律子「どうなんですか~?小鳥さん♪」

春香「いってらくになっちゃいましょうよ」

雪歩「(目が笑ってないですぅ)」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 19:08:34.58 ID:BpTv3Msa0

小鳥「ほ・・・本当に!!」 バンッ

全員「」ビクッ

小鳥「なんでも・・・ないです・・・なんでも・・・」

律子「そ、そうですか、そうですよね!ささ、昼休みも終わったし、皆仕事よ仕事!」

春香「わ、私達はレッスン行かなきゃですよね」

律子「そうね!行くわよ美希!」

美希「わかったなの~」

雪歩「特に何もないから真ちゃんところ行ってきます~・・・」


~コンビニ~

P「そろそろ戻るかぁ・・・事務所きまずいんだもん・・・」

P「おや、あれはあずささんじゃないか、また迷ってんのかな」

P「あずささん、どうかされましたか?」

あずさ「あらあ、Pさん。コンビニを探していたの~。ここにあったのね~」

P「ははは、でもこんな時間ですよ。戻らないと。」

あずさ「あらあら」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 19:48:37.06 ID:BpTv3Msa0

P「・・・。」

あずさ「・・・プロデューサーさん」

P「はい」

あずさ「何か悩んでますね」

P「・・・はい」

あずさ「どうかしたんですか?」

P「あずささん、俺ってやっぱりデリカシー無いんですかねえ・・・」

あずさ「どうかしら・・・Pさんって何だか嘘がつけなさそうですよね」

あずさ「正直で、ズバズバ言っちゃうところがあるかもしれませんね」

P「」 ギク

あずさ「でも、そういう正直な所私は好きですよ」

P「え・・・」

あずさ「多分他の人もちゃんとプロデューサーの正直な所をちゃんと見てますよ」

P「そう・・ですかね・・・なんか自信湧いてきたかもしれないです ありがとうございます!あずささん!」  タタタ

あずさ「あらあら~いいんですよ。  さてさてどうやって帰りましょう・・・」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 20:03:17.23 ID:BpTv3Msa0

P「たっだいま~」

やよい「プロデューサーおかえりなさいですー!うっうー!」

P「相変わらず元気だな~千早は!」

小鳥「やよいちゃんおty・・あ・・・」

P「あ・・・」

小鳥「お、お茶置いてくわね!それじゃ!!」

やよい「小鳥さん変ですー」

P「そ、そうだな・・・」

P&小鳥「はぁ~・・・」

真「(うっ・・・空気が重たい・・・)」

雪歩「(朝からこうなの~・・・)」

やよい「(二人ともなんかあったんですか~?)」

律子「(なんかあったことには間違いないんだけどね・・・どうしても口を開いてくれないのよ・・)」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 20:09:37.07 ID:BpTv3Msa0

業務終了後

律子「おつかれさま~」

P「おつかれさま」


P&小鳥「(・・・・二人か・・・)」

P&小鳥「あの・・・」

P&小鳥「あ・・・」

P「お先にどうぞ」

小鳥「・・・あの ちょっとこの後どうですか?」

P「え?」

小鳥「ご飯でも」

P「あ、い、いいですね!行きましょう!」

小鳥「着替えてくるので、少し外で待っててください・・・」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 20:28:05.14 ID:BpTv3Msa0

小鳥「行きましょうか」

P「はい」

律子「(やっぱりッ!あの二人!張り込んでおいて大正解だったわ!)」

雪歩「(やめましょうよ~・・・こんなストーカーみたいな真似・・・)」

律子「(こんな面白そうなこと他にないのよ!行くわよ!)」

雪歩「(うう~・・・ひどいですぅ~・・・)」


~レストラン~

律子「みッ水が800円・・・!?」

雪歩「二人ともこんなオシャレな店で何してるんでしょうね~・・・」

律子「さぁ、聞き耳を立てるのよ雪歩、二人がどんな話をするか」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 20:47:27.44 ID:BpTv3Msa0

P「はは、こんなお洒落なお店知ってたんですね」

小鳥「前から気になっては居たんですけど、中々来れなくって・・・」

P「それで・・・」

小鳥「それで・・・?」

P「お、お返事は・・・聞かせて貰えるんでしょうか」

小鳥「・・・。」

小鳥「なんでPさんが、私を選んだかを聞かせてくれますか」

P「好きだからです」

小鳥「なんで好きなんですか」

P「小鳥さんは・・・いつも笑って俺達を見守ってくれてます・・」

P「俺が至らぬせいで小鳥さんに何度も迷惑をおかけしました・・・」

P「そんな優しい小鳥さんを見ていたら・・・」

P「いつのまにか俺の世界には小鳥さんしか見えていませんでした・・・」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 21:02:31.67 ID:BpTv3Msa0

小鳥「・・・それだけ、ですか?」

P「はい」

小鳥「Pさん・・・指輪、ありますか?」

P「ここに」

小鳥「あっち向いててください・・・・どうぞ」

P「あっ・・・」

小鳥「似合いますか?」

P「えっ・・・」

小鳥「似合うかどうか聞いてるのに、答えてくれないんですか?」

P「きれいです、とても・・・」

小鳥「Pさんにいきなり告白された時、正直戸惑いましたよ」

P「すいません・・・」

小鳥「でも 私もPさんの事、好きだったんです」

小鳥「何回もアプローチしたけど、Pさんはとても鈍感で気づいてくれませんでしたけどね♪」

P「すいません・・・」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 21:12:32.25 ID:BpTv3Msa0

P「えっと、何ですぐに答えをくれなかったんです?」

小鳥「えっ・・・」

P「今の話じゃあ、両想いじゃないですか!」

小鳥「私、男性経験ないからどう答えたらいいかわからなくって・・・」

P「はい?」

小鳥「ぴよ?」

P「嘘でしょう」

小鳥「本当ですよ?」

P「そんなキレイなのに?」

小鳥「キレイかどうかは知らないけど・・・本当ですよ」

P「・・・小鳥さん、俺嬉しいです」

小鳥「何がですか?」

P「誰の物にもなってない小鳥さんを独り占め出来るなんて、俺・・・」

小鳥「独占欲強いんですね、Pさん♪」

P「あっ・・・すいません・・・」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 21:36:51.43 ID:BpTv3Msa0

小鳥「Pさん・・・これからよろしくお願いします♪」

P「小鳥さん、いや・・・こ、小鳥!俺からもお願いします!」

小鳥「ふふっ・・・そろそろ行きましょうか?」

P「はい」

P「今度は・・・今度は小鳥の手料理が食べたいかな」

小鳥「ふふっ、わかりました♪」


その後、俺達は結婚した。アイドル達は複雑な顔をしながらも俺達の事を祝福してくれたし、
小鳥さんとの夫婦生活は円満だし、プロデューサー業も安定してる。
そして・・・今日も・・・

P「小鳥!そろそろ行かないと!」

小鳥「ま、待ってください! わたたっ・・・」

P「おっと・・・そそっかしいな、小鳥は」

小鳥「あなた程でも♪」

P「ふふ・・」

小鳥「ふふ・・・」

終劇



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 21:38:22.95 ID:BpTv3Msa0

支援ありがとうございます 小さいミスが多いですね精進します
以前から小鳥さんとのイチャイチャを書きたかったんです 文章力なくてごめんなさい お疲れ様でした

美希は行方不明になりました


元スレ
P「小鳥さん、これ上げますよ」 小鳥「ありがとうございます」