1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 10:06:50.53 ID:n/EHenWj0

P「zzz……」

雪歩「…………」

雪歩(……プロデューサー……寝顔かわいい……)

雪歩「……」チラッ

雪歩(誰も見て……無いよね……)

雪歩「…………」スッ

ナデリ...

P「んっ………zzz」

雪歩「……」ドキ...

ナデリナデリ...

P「……んぬぅ……zzz」

雪歩「……」

雪歩(可愛い……!)ドキドキ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 10:16:29.57 ID:n/EHenWj0

雪歩「プロデューサー……」ナデリナデリ

P「んんぅ……」ゴロン

雪歩「あっ……」

雪歩「…………、…………!!」ドキッ

雪歩「わ、私ったら何して……!」ドキドキドキ...


雪歩「お、お茶でも淹れよう……」

雪歩「…………あっ……」

雪歩「……これ……プロデューサーの背広……」スッ

雪歩(ちょっと湿ってる……汗……かな……)

雪歩「………」

雪歩「すんっ……すんすんっ……」

雪歩「……わぁ……」

雪歩(いつもより……ちょっと濃いかも……)

雪歩(……プロデューサーの匂い……)ドキドキドキドキ



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 10:27:24.82 ID:n/EHenWj0

雪歩「プロデューサー……」

ギュゥ....

雪歩「……暖かい……」

雪歩(プロデューサーの匂いが……私を包み込むようで……)

雪歩「これ……いい……かも……」

雪歩「…………」

雪歩「!」ドキッ !

雪歩「よ、よよよ良くないっ! ……私ったら何やってるの……!」

雪歩(こんな……変態みたいなこと……)ドキドキドキ....


雪歩「……うん……こんなもんかな……」

P「zzz」

雪歩(お茶は淹れ終えたけど……起きないなぁ……)

雪歩「……!」


雪歩(プロデューサー……ヨダレ出ちゃってる……!!)ドキドキドキドキ !!



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 10:43:33.65 ID:n/EHenWj0

雪歩「ふ、拭いてあげなきゃ……」

雪歩(プロデューサーのよだれ……)ハァ...

雪歩「拭いて………げなきゃ…………」

雪歩(プロデューサーのよだれ……)ハァ....ハァ...

雪歩「拭いて………………」ハァ...ハァ...ハァ...

雪歩(…………………)


雪歩「……」

P「zzz...」

雪歩「……プロデューサー……? ……寝てます……よね……?」

P「zzz...zzz...」

雪歩「もぅ……こんなによだれ垂らして……」

雪歩「………もぅ…………」


雪歩「……勿体無いんですからぁ……」 スッ...

ペロッ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 10:52:48.83 ID:n/EHenWj0

雪歩「ハァ……ハァ……んっ」ペロッ

雪歩(……私……なにしてるんだろ……)

雪歩「プロデューサー……プロデューサー……」ペロッペロッ

雪歩(……こんな……こんな……)

雪歩「プロデューサーのよだれ……美味しい………」クチュリ...

雪歩(……私の唾とプロデューサーの涎が……混ざって……)

雪歩「プロデューサーも……美味しいですか……? 私の唾…………んっ」クチュ...

雪歩(すごく……エッチで…………)

雪歩「……!」


雪歩「……ぷ、プロデューサー……? 起きてるんですか……・?」

P「zzz....」

雪歩(起きて……ない…………)

雪歩(なら……どうして…………)


雪歩「プロデューサーの……おっきく……なって……」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 11:10:07.48 ID:n/EHenWj0

雪歩「うわっ……うわぁ……っ」ドキドキドキドキ...

雪歩(すごい……山みたいに…………)

雪歩(あの中に……プロデューサーの……プロデューサーの……)ドキドキドキドキ...

雪歩「……プロデューサーの………………」


...スッ...

雪歩(……プロデューサー? どうして……こんなに大きくなってるんですか……?)

雪歩(……もしかして……私で……私なんかで…………興奮してくれたんですか……?)

ジィィィィ.....

雪歩(だとしたら…………だとしたら…………だとしたら…………!)

ススッ....

雪歩「ハァッ……ハァッ……ハァッ……」

雪歩「………………ッ!!」 グッ


ボロンッ


雪歩「…………すごく……嬉しいですぅ…………」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 11:24:19.90 ID:n/EHenWj0

雪歩「あ……あぁ………ああぁぁ…………」


雪歩(プロデューサーの……おちんちん……)

雪歩(……色とか……形とか…………想像してたのよりもずっとすごい……)

雪歩(そして……匂いが…………)スゥゥゥゥゥ.....

雪歩「あぁぁぁ……すごいよぉ…………いつもより全然濃いよぉ……」ハァァァァ.....


雪歩「ハァッ……ハァッ……ハァッ……」

雪歩「…………」チラッ

P「zzz....」

雪歩「………」

雪歩(こんなことされてるのに……全然起きる気配がないなんて……)

雪歩「…………もぅ……プロデューサーったら…………」

雪歩「知りませんよ……? …………こんなに鈍感じゃ……」


雪歩「こんなことされたって…………」

チュッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 11:37:53.91 ID:n/EHenWj0

チュッ....


雪歩(……キス……しちゃった…………)

雪歩(プロデューサーのお口とおちんちん……両方へのファーストキス……)

雪歩(私のファーストキス……両方ともプロデューサーにあげられたんだ…………)

雪歩「………………嬉しい…………ッ」

ポロ......



雪歩「……はむっ……んちゅっ……ちゅむっ……」チュッ...チュッ....

雪歩「ぷはっ…………、……ハァ……ハァ……ハァ……」

雪歩(もっと……もっともっと……もっともっともっと…………!)

雪歩「…………もっといっぱい……いっぱいキスしちゃいますから…………」

雪歩「……起きないプロデューサーが……悪いんですからね…………」

雪歩「んっ……ッ」


チュッ....チュッ....チュッ....



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 11:54:52.71 ID:n/EHenWj0

P「……んぐっ」ビクッ

雪歩(あっ…………)

雪歩「……ここ、ですか……? ここをキスすると……気持ちいいんですか……?」チュッ

P「んおうっ……」ビクッ

雪歩「……あはっ……」

雪歩(プロデューサーが……気持よさそうな顔してくれた……!)

雪歩「わかりました…………ここ、もっとキスしますね…………っ」チュムッ


チュムッ...チュムッ....チュムッ......

雪歩「んっ……んっ……んっ……!」

雪歩(もっと……もっともっと……私が気持ちよくしてあげますから……!)

雪歩「ぷろでゅーさー……、……んっ」チュッ

P「…………ぐっ…………ッ!!」ビクッ


P「……ゆ……きほ……!」

雪歩「!!」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 12:04:35.29 ID:n/EHenWj0

P「……うぐっ……」

雪歩(え、ウソ!!?)

雪歩「ぷ、ぷろでゅっ……起きて……!?」

P「あ……あぁぁ…………」


P「………や、やめないでくれ…………雪歩ぉ……!」

雪歩「……えっ……」ドキッ...


雪歩(プロデューサー……起きてない……。 なのに……私の名前を……)

雪歩(……夢の中でも私と……?)ドキ....

P「雪歩……雪歩ぉ……ッ」

雪歩(そんな……プロデューサーが私の夢なんて………そんな……)ドキドキ....

雪歩(そんな…………そんな…………そんな…………!!)

 ドキドキドキドキ! ドキドキドキドキ!

雪歩「ッ!」ガバッ


ジュプッ



71: ただいま 2013/08/20(火) 18:27:28.57 ID:n/EHenWj0

雪歩「むぐっ……んむむっ……」

P「おあぁっ……!」ビクッ

雪歩「……ッ……ッ」 ドキドキドキドキ !

雪歩(口の中………プロデューサーのおちんちんでいっぱい……!)

雪歩(私が……私なんかがプロデューサーのおちんちんを………!)

雪歩(……幸せ………幸せだよぅ…………)


P「おっ……あっ……ゆき……ほ……」ビクッビクッ

雪歩「……!」

雪歩(…………プロデューサー……)

雪歩(初めてだから……上手く出来ないかもしれないけど…………)

雪歩(私なんかでも…………プロデューサーが気持ちよくなってくれるなら………)

雪歩(…………その為なら……私…………)

スッ...

雪歩「私……プロデューサーの為ならなんでもしますからね……」

......ジュプッ !!



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 18:44:51.07 ID:n/EHenWj0

......ジュプッ....ジュプッ.....ジュプッ....ジュプッ.....

雪歩「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ!」

雪歩(……歯を立てないようにして…………リズムを単調にし過ぎない………)


....ジュズッ....ジュプッ....ジュポッ.....ジュプッ.....

雪歩「んんっ、んむっ、はむっ、んっ、んんっ!」

雪歩(……ただ咥えるだけじゃなく………時折舌を絡ませるようにする…………)


.....ジュルッ.....ジュルルッ.....ジュポッ.....ジュプッ....

雪歩「んんー! んっ! んむっ! んじゅるっ!」

雪歩(……舐める……絡ませる……吸う……。 舐める……絡ませる……吸う……)


雪歩(…………)チラッ

P「っ! ぐぁっ……! んくっ……!」ビクビクッ

雪歩(良かった……プロデューサー、ちゃんと感じてくれてる…………)

雪歩(……覚えててよかった………小鳥さんに聞かされた……『男を感じさせる女のテク集』………)

雪歩(………プロデューサー……もっともっと……気持よくしてあげますからね…………)



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 18:56:04.06 ID:n/EHenWj0

....ジュプッ.....ジュズッ.....ジュルルッ.....ジュプッ.....

雪歩「……んむぅっ?」

雪歩(……おちんちんの先から……何か………)

雪歩(あっ……これが噂に聞く『カウパー氏腺液』……なのかな……?)

雪歩(男の人が……絶頂間際に……精液を潤滑に射精するための液……)

雪歩(……って小鳥さんが言ってたけど……)

雪歩「ぷろりゅーふぁー?」

P「雪歩ッ…………そんなにされると……俺……ッ!」ビクビクッ

雪歩「…………!」ゾクッ...

雪歩(プロデューサー……もう少しでイっちゃうんだ……!)

雪歩(私の拙い動きでも……気持よくさせられたんだ………!)


P「俺……もう…………もう………!!」

雪歩「………!!」ゾクゾクゾクッ.....


雪歩(プロデューサー……!!)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 19:07:42.79 ID:n/EHenWj0

ジュプッ! ジュズズッ! ジュルルルッ!!


雪歩「んんっ!! んぶはっ!! んむぅうううっ!!」

雪歩(イって……! イってください……! プロデューサー……!!)

P「ぬぁっ……ぐっ……うあっ……!」ビクビクビクッ!


ジュルルルッ!! ジュゾゾッ!! ジュプッ!! ジュポッ!!


雪歩「んっ! んんっ! んあっ! はむっ!!」

雪歩(このまま……! このまま私の口に……!! 口の中に……!!! )

P「ゆき、ほっ…………俺っ……俺……!!」ビクビクビクビクッ!!

雪歩(プロデューサー! プロデューサー! プロデューサー! プロデューサー!!)

P「あ、ああ…………! あああっ………雪歩ッ!!」


雪歩「んん――!!!」

P「―――――――ぐあっ!!!」ビクンッ!!!


ビュクッ !!



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 19:17:01.94 ID:n/EHenWj0

ビュクビュクッッ !!

雪歩「んんっ!!? んぐぅっ!!」

雪歩(出てる……! 口の中に……!! 中にたくさん……!!!)

雪歩(プロデューサーの精液…………プロデューサーの精子…………)

雪歩(…………プロデューサーの……子種…………)


ジュルルルルルルルルッ!!!!

P「うおおおおおおおっ!!?」ビクビクンッ!!!

ビュクビュクビュクッ!!!

雪歩「んん!! んんー!!!」


雪歩(……もっと………もっとください…………プロデューサーの……子種……!)

雪歩(全部……全部……! プロデューサーの子種…………欲しいですぅ……!!)

ジュルルルルルルルルルルルルッ !!!

P「ちょ……雪歩、ストッ……タンマっ…………うおおおっ……」

ビュクビュクビュクビュクッッッ !!!



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 19:30:29.15 ID:n/EHenWj0

雪歩「ハァ……ハァ……ハァ……」

雪歩(口の中……プロデューサーでいっぱい………)

雪歩「……んくっ………」

雪歩(……すごくドロドロしてて……苦いのに…………嫌じゃない……)

雪歩「んくっ……んくっ……んくっ……」


雪歩「ふぅ…………」

雪歩「……………」

雪歩(……なんだろう……外だけじゃなく……中にまでプロデューサー染み渡っていく感じ……)

雪歩「…………幸せ…………////」


雪歩「…………あっ!」

雪歩(こ、こんなことしたら流石にプロデューサーも起きちゃって…………!)

チラッ....

P「    」

雪歩「ない…………! よ、良かったぁ……、……起きてなかったぁ……」 ホッ....



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 19:43:58.37 ID:n/EHenWj0

―――
――



春香「おはようございます、プロデューサーさん。 ……おつかれですか?」

P「ん、んん……。 なんか最近寝ても疲れが取れなくてな……」

雪歩「はい、プロデューサー。 お茶ですっ」スッ

P「お、ありがとう雪歩」

P「……うん。 やっぱ雪歩の淹れるお茶は美味いなっ。 疲れも吹き飛びそうだよ」

雪歩「ホントですか! 嬉しいですぅ!」

P「……最近の雪歩は調子が良さそうだな? 何か秘訣でも有るんだったら教えてくれよ」

雪歩「え゛っ! そ、それは…………」

P「それは?」

雪歩「そ、そのぅ…………」モジモジ

雪歩「私がプロデューサーから貰っちゃってるから……かも……」ボソッ

P「……えっ?」

                                                   ―おしまい―


元スレ
雪歩「プロデューサーが寝てる……」