1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:14:32.06 ID:6AhyuZv30

P「なに?」


千早「ほら、一思いにやってください」


P「えぇー」


千早「.....恥ずかしいんですからね」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:16:51.22 ID:6AhyuZv30

千早「大丈夫...ですから」


P「その..なんだ...」


千早「今日は大丈夫な日です...」


P「何の大丈夫それ?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:20:02.77 ID:6AhyuZv30

千早「揉む胸もないっていいたいんですか!?」グイッ


P「ち、近い近い近い」

千早「その...アイドルとして遠慮してるのなら...」



P「あれ?近いけど当たんないな」

千早「」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:22:53.52 ID:6AhyuZv30

千早「くっ、遠回しに当てる胸もないと...」


P(遠回しにいったつもりもないんだけどなぁ)


千早「大丈夫ですプロデューサー...プロデューサーが私の...その...胸を揉みしだけば解決するんですから」


P「今日はやけに押し強いな」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:27:50.85 ID:6AhyuZv30

P「千早、よく聞け」

千早「はい」


P「千早は千早だろ?胸も小さいのも、それを気にするのもお前だ千早、俺はそんな千早をプロデュースしている。胸も無理に大きくならなくていい、そのままのお前をプロデュースさせてくれ!」



千早「....!」

千早「....因みに765では誰が一番ですか」

P「あずささんだ」


千早「」ポカポカポカ


P「いたい、地味に痛い」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:33:30.03 ID:6AhyuZv30

千早「け、結局胸なんですね....はぁ」


千早「はぁ...プロデューサーが獣のように私の胸を揉みしだけば解決するのだけど...」


P「どうした千早?」



千早「その...プロデューサーが私のひ..貧乳に興味を示さなくて困ってるんです....」


P「頭のことを心配したんだがな」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:35:27.41 ID:6AhyuZv30

P「はぁ...キリがない」

千早「...!」ビクン


P「ほら、服脱げ」


千早「そんないきなり...っ」


P「えぇー」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:39:41.02 ID:6AhyuZv30

千早「プロデューサーがそこまで言うならば....」スルスル

P「帰りたい」

千早「......」ジー


P「どうしたんだ」


千早「プロデューサーは脱がないんですか」


P「なんで?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:42:34.79 ID:6AhyuZv30

千早「なんでって....くっ...」

千早「愛のないセックス...NoThank You」

P「何いってんの?お前」


千早「くっ、プロデューサー...」


P「今度はなに?」イライラ


千早「その....ホックを...///」モジモジ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:47:36.26 ID:6AhyuZv30

P「えぇーいっつもお前自分外してるだろ!」

P「こっちは仕事!お前事務所閉まるまで待ってるとかおかしいと思ったんだよ!」バンバン


千早「プロデューサー....?」

千早「私のことを考えてくれてたんですね....」


P「はひ?」

千早「大丈夫ですよ...事務所の皆は帰りましたし...プロデューサーの性欲の赴くままに私の胸...揉んでください」


P「おま、お前そういうキャラだったの?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:49:29.81 ID:6AhyuZv30

千早「え?なんなら場所を変えますか?」


P「少し待て...少し待ってくれ」


千早「....大丈夫ですか?プロデューサー顔色が優れませんけど」


P「九割お前のせいだ...千早...」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:51:19.53 ID:6AhyuZv30

千早「九割.....私...」

千早「っ//////」ボンッ


千早「冗談はよしてください...プロデューサー」ポカッ


P「冗談ひとつもいってないんですけどね」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:57:24.13 ID:6AhyuZv30

P「千早!目を覚ませ」ガバッ


千早「....押し倒すだなんて...大胆」ボソボソ


P「千早!お前はそんなのでいいのか!?目の前の欲に囚われ胸を胸をと迷走して...お前自身の良さはどうするんだ!」


千早「....そ、そんなこと///」



P「俺はお前のプロデューサーで一ファンだ!俺はお前の貧乳が好きだ、哀れ乳が好きだ!72が好きだ!」


千早「あ、ぅ////////////」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 02:59:15.52 ID:6AhyuZv30

P「だから無理におっぱいに気を使わなくてもいいんだ、わかったか?」


千早「は、はい...ありがとうございます///」


P「さ、服着ろ。送ろうか?」

千早「いえ大丈夫です」イソイソ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 03:01:18.44 ID:6AhyuZv30

千早「プロデューサー」


P「ん?どうした?」


千早「私、小さくていいんですよね...プロデューサーは私のファンでいてくれますよね...?」


P「もちろん」


千早「ふふっ...ありがとうございます...では、お休みなさい」ガチャ


P「行ったか....ふぅ俺も帰ろう」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 03:04:02.95 ID:6AhyuZv30

______

____

__



P「あ、いたいた」

あずさ「あープロデューサーさーん」ブンブン


P「いやー千早の人生相談してたら遅れまして」


あずさ「あらー、流石ですねぇ~プロデューサーさんは...」ナデナデ


P「そんなことないっすよははは///」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 03:06:24.64 ID:6AhyuZv30

P「事務所の皆に内緒にするのって結構大変ですね...」


あずさ「まぁそうですね~、会うにしても少し事務所から離れないといけませんしね...」


P「まぁこうして好きな人との時間があるってのはとても幸せです」


あずさ「私もですよ、プロデューサーさん♪」




おわり



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 03:06:56.27 ID:6AhyuZv30

お前ら、朝刊来たぞ
おやすみなさい


元スレ
千早「揉んでください」P「は?」千早「揉んでください」