1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 04:45:39.57 ID:eL+/J4pQ0

キョン「別に割り勘でいいだろ」

ハルヒ「男が女にお金出させるって最低の行為よ」

キョン「一般的にはそうかもしれんが、俺は割り勘にする」

ハルヒ「ああもう…彼氏として恥ずかしくないの?」

キョン「俺はお前の彼氏じゃないだろ」

ハルヒ「え?…私たち付き合ってるでしょ?」

キョン「お前何言ってるんだ?」

ハルヒ「…嘘でしょ?」

キョン「突然変な事いうなよ、そこまでして金を払いたくないのか?わかったよ、ここは全部俺が払うよ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 04:49:52.15 ID:eL+/J4pQ0

ハルヒ「…ねぇ話があるんだけど」

みくる「何ですか?」

古泉「突然呼び出すだなんて、よっぽど重要な事なんでしょうか?」

ハルヒ「あのさ、私とキョンって…付き合ってるわよね?」

みくる「え?」

古泉「…」

ハルヒ「高校の時からずっと付き合ってるわよね?」

みくる「あの…キョンくんが付き合ってる相手は、長門さんですよ」

ハルヒ「え?」

古泉「…あの、僕たちをからかってるんですか?」

ハルヒ「からかってないわよ…あなた達こそ私をからかってるんじゃないの?」

みくる「涼宮さん…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 04:54:37.46 ID:eL+/J4pQ0

ハルヒ「おかしいわ…私ずっとキョンと付き合ってると思ってた」

みくる「本当にそう思ってるんですか?」

古泉「…嘘をついてるようには見えないですね」

ハルヒ「だって、高校の時とか、キョンと一緒にデートした想い出とかあるのよ?」

みくる「…でも、キョンくんは長門さんと付き合ってましたし」

古泉「二股だったってことは…ないですよね」

ハルヒ「そんなわけないわよ、クリスマスもお正月も一緒に過ごしたし」

みくる「とりあえず、キョン君と話してみたらどうでしょうか?」

古泉「そうですね、我々で話していても何も解決しませんし」

ハルヒ「…そうね」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 05:09:27.09 ID:eL+/J4pQ0

ハルヒ「キョン」

キョン「何だよ、俺だって忙しいんだぞ」

ハルヒ「ごめんなさい・・・あの、私たちってどういう関係なの?」

キョン「どういうって…友達だろ?」

ハルヒ「え、友達?」

キョン「違うのか?じゃあ親友だ」

ハルヒ「親友…」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「あの…私、最近までキョンと私が付き合ってると思ってたの」

キョン「何でそう思うんだ?」

ハルヒ「だって、高校の時からいつも一緒でいままもこうしてよく会うし…」

キョン「高校の時はそんなに一緒だったか?そりゃSOS団として一緒にはいたが」

ハルヒ「…違うの?」

キョン「だから違うって言ってるだろ、最近はめったに会わないだろ、この前もかなり久しぶりに会ったからな」

ハルヒ「え?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 05:11:57.59 ID:eL+/J4pQ0

ハルヒ「そういえばそうだったわ、私キョンと付き合ってなかったわ」

一同「あはははは」




元スレ
ハルヒ「食事代割り勘とかありえないんだけど!」