1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 21:44:19.24 ID:IMw/+yyE0

ほむら「何、まどか?」

ID:kAjaQSyR0



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 21:56:56.98 ID:kAjaQSyR0

まどか「えへへ」

ほむら「どうしたのよ」

まどか「今夜、暇?」

ほむら「...まあ、暇だけど...」

まどか「だったらさ、うちに泊まりにこない?」





13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:00:54.92 ID:kAjaQSyR0

ほむら「まどかの家に?そうね...」

まどか「無理...だったかな?」

ほむら「いえ、お邪魔させてもらうわ」

まどか「本当?やったあ!」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:08:16.29 ID:kAjaQSyR0

さやか「あっ、まどかに転校生。今帰り?」

まどか「さやかちゃんだ、そうだよー」

さやか「相変わらず2人とも仲良しだね」

まどか「もちろんだよ」

まどか「ほむらちゃんは大切な友達なんだから」

まどか「ね?ほむらちゃん?」

ほむら(まどかの大切な友達...)

ほむら「ええ、そうね」

ほむら(ありがとう、まどか)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:14:56.36 ID:kAjaQSyR0

さやか「ところで2人は何やってるの?」

まどか「えへへ、実はねぇ...」

ほむら「今夜、わたしがまどかの家にお泊りに行くのよ」

さやか「へーそうなんだ、いいね」

まどか「さやかちゃんも来る?」

さやか「うーん、どうしよう」

さやか(せっかく2人だけみたいだし邪魔するのもなぁ...)

さやか「やっぱわたしはいいよ」

まどか「そっかー、まあ仕方ないね」

まどか「じゃあ行こっか、ほむらちゃん」

ほむら「そうね」





20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:17:17.88 ID:kAjaQSyR0

まどか「ばいばい、さやかちゃん」

さやか「じゃあまた、まどか」

さやか「転校生も」

ほむら「さようなら」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:23:06.93 ID:kAjaQSyR0

帰宅中

まどか「えへへー楽しみだねーほむらちゃん」

ほむら「そうね」

ほむら「あっ」

まどか「どうしたの?ほむらちゃん」

ほむら「よく考えたら着替えとか持っていかなきゃ」

まどか「あー...そうだねぇ」

ほむら「わたしはいったん家に帰るわ、またあとで会いましょう」

まどか「うん、わかったよ」

まどか「じゃあまたあとでね、ほむらちゃん」

ほむら「ええ」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:29:06.02 ID:kAjaQSyR0

さやか「あーでもやっぱりわたしもお泊りしたかったな...」

さやか「ってか今夜はお父さんもお母さんもいないじゃん」

さやか「あたしって、ほんとバカ」

さやか「なんてね」

杏子 「あっ、さやかじゃん」

さやか「あ、杏子」





28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:34:30.39 ID:kAjaQSyR0

杏子 「どうしたの?ひとりで?」

さやか「いや、実はまどか達がね...」

    カクカクシカジカ

杏子 「なるほど、で1人で帰ってると」

さやか「まあそんなとこ」

さやか「しかも今夜はお父さんもお母さんもいないし...」

杏子 「そうか...」

杏子 「じゃあさ、あたしあんたんちに来て良い?」

さやか「えっ?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:38:12.89 ID:kAjaQSyR0

杏子 「いやさ、あたしは知っての通り家無いし」

杏子 「だから泊めてくれるとありがたいっていうかさ」

さやか「杏子...」

杏子 「いやいやいや、無理にじゃないんだけどさ」

さやか「ううん、もちろんいいよ」

さやか(ありがとう、杏子)



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:44:05.36 ID:kAjaQSyR0

ほむら「お邪魔します」

まどか「いらっしゃい、ほむらちゃん!!」

詢子 「あら、いらっしゃい。まどかから話は聞いているよ」

詢子 「まあゆっくりしていきな」

ほむら「はい、ありがとうございます」

詢子 「うちのまどかをよろしくね」

ほむら「えっ///」

まどか「もう、お母さんったら」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:48:29.78 ID:kAjaQSyR0

まどか「じゃあわたしの部屋に行こっか」

ほむら「ええ、そうね」

    まどかの部屋

まどか「散らかってますがどうぞ」

ほむら「そんなとこないわよ」

ほむら「お邪魔します」

まどか「いらっしゃい」

ほむら「かわいい部屋ね」

まどか「えへへ、ありがとう」






36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 22:53:44.27 ID:kAjaQSyR0

まどか「実はね、うちに泊まるのはほむらちゃんが初めてなんだよ」

ほむら「あら、そうなの?」

まどか「ほむらちゃんが初めての人だね」

ほむら「まどか...よそでそんな事言ってはだめよ」

まどか「え?どうして?」

ほむら「とにかくだめなものはだめなの///」

まどか「うーん...よく分からないけどほむらちゃんがそう言うなら言わないよ」

ほむら「わかってくれてうれしいわ、まどか」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:05:26.18 ID:kAjaQSyR0

杏子 「腹減った~」

さやか「もう少しで家着くから我慢しな」

杏子 「でもさーあんた自分で料理つくんの?」

さやか「えっ?」

杏子 「だってお父さんもお母さんも留守なんだろう?」

さやか(そうだった...すっかり忘れてた)

杏子 「さやか?」

さやか「ああ、もちろんあたしが作るよ!」

杏子 「えっ、お前料理できんの?」

さやか「と、当然!!」

杏子 「ふーん、ならいいけど...」







40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:08:30.75 ID:kAjaQSyR0

さやか(どうしよう、ついはずみで言っちゃったよ...)

さやか(でも言ったからにはやらないと)

さやか(せっかく杏子が泊まりに来てくれるんだし)

さやか(よーし、やるぞー)

杏子 「さやか」

さやか「え?あ、あ、何?」

杏子 「楽しみにしてるぞ」ニコッ

さやか「///」カアアッッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:11:09.24 ID:kAjaQSyR0

知久 「まどかー、暁美ちゃーん、ごはんだよー」

まどか「はーい、今行くー」

まどか「行こっほむらちゃん」

ほむら「ええ」




43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:20:03.90 ID:kAjaQSyR0

知久 「いただきます」

その他「「「「いただきます」」」」

まどか「」モグモグ

ほむら「」ホムホム

まどか「どう、ほむらちゃん?おいしい?」

ほむら「ええ、とってもおいしいわ」

知久 「口にあったようで安心したよ」

詢子 「うちの自慢の旦那だからねぇー」

知久 「ちょっとママ!?」

タツヤ「ママー、パパー」

    キャッキャアハハ

まどか「な、なんかごめんね騒がしくて」

ほむら「いえ、そんな事ないわ」

ほむら(素敵な家庭ね...)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:25:49.54 ID:kAjaQSyR0

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「え?」

まどか「どうしたの?ボーッとしちゃって?」

ほむら「あ、うんん、なんでもないわ」

ほむら「ただ、ちょっと羨ましいなって」

まどか「うちが?」

ほむら「わたしはいつもは1人だから...」

まどか「あっ...!」

まどか「なんかごめんね...」

ほむら「ううん、いいのよ」

まどか「......」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:33:04.40 ID:kAjaQSyR0

知久 「ん?どうしたまどか浮かない顔して?」

まどか「え?ううん、なんでもない」

知久 「ならいいんだけど...」

詢子 「それにしても暁美ちゃん、あんた美人だねぇー」

ほむら「えっ///」

詢子 「髪も長くて綺麗だし」

ほむら「そ、そんな事...ないです///」

まどか「そんな事あるよ、ほむらちゃん!!」

ほむら「ま、まどか」

まどか「美人だしかっこいいし頼りになる」

まどか「ほむらちゃんはわたしの憧れだよっ!」

ほむら「まどか///」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:37:38.18 ID:kAjaQSyR0

知久 「まあまあ、ガールズトークも良いけど」

知久 「あらかた片付いたし、ごちそうさまをしよう」

まどか「あっ、そうだね」

知久 「ごちそうさまでした」

その他「「「「ごちそうさまでした」」」」

知久 「お粗末さまでした」

まどか「じゃあほむらちゃん、私の部屋に戻ろっか」

ほむら「ええ、そうね」

ほむら「あのっ」

知久 「ん?なんだい?」

ほむら「ごちそうさまでした、とてもおいしかったです」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:42:55.55 ID:kAjaQSyR0

美樹宅

さやか「ただいまー」

杏子 「おじゃましまーす」

さやか「じゃあ早速作るからその辺で適当に時間つぶしててよ」

杏子 「あいよー、なるだけ早く頼むー」

さやか「はいはい」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:46:47.81 ID:kAjaQSyR0

さやか(料理なんてほとんど作ったこと無いけど...)

さやか(何とかなるよね...)

杏子 「さやかー漫画読んで良い?」

さやか「どうぞご自由にー」

さやか(さぁーて、やるぞー)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:52:55.43 ID:kAjaQSyR0

ジュージューグツグツ

さやか「熱ッ...!」

杏子 「おいおい大丈夫かよ?」

さやか「だ、大丈夫ッ!!」

さやか「ああッ!?」

パリーン

杏子 「...ったく みてらんねーっつーの」

杏子 「ちょっと貸しな、手本見せてやるからさ」

さやか「あ、あんたできんの?」

杏子 「で、できるさっ!」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 23:56:32.36 ID:kAjaQSyR0

ザクッ

杏子 「痛っ...」

さやか「」

杏子 「ちょっとミスっただけだって」

グチャッ

さやか「...」

さやか「あんたもだめじゃん」

杏子 「う、うるせー///」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:00:59.90 ID:KoUG4ELE0

さやか「あれだ、ひとりでだめなら2人でやればいいじゃん」

杏子 「なるほど」

さやか「というわけで」

杏子 「協力して作りますか」


チョットソレトッテー
アンタソレシオジャン
ワーワー

さやか「な、なんとか...」

杏子 「完成、だな」

ホカホカ~





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:07:41.03 ID:KoUG4ELE0

あんさや「「いただきまーす」」

さやか「」ハムハム

杏子 「」モグモグ

杏子 「何と言うか...」

杏子 「自分達で作った料理って美味いな」

さやか「そうだねー」

さやか「ちょっと失敗もしたけどそれも含めてねー」 

杏子 「だな」

モグモグペチャクチャ

あんさや「「ごちそうさまでしたー」」





56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:11:19.08 ID:KoUG4ELE0

杏子 「あー腹いっぱい」

さやか「それは良かった」

杏子 「久しぶりにこんなに食べたな」

さやか「そうなんだ...」

杏子 「夜食にはさやかを頂くか~」

さやか「ちょっ、何言ってんのよ///」

杏子 「あはは、冗談だよ冗談」

さやか「もう...///」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:17:53.01 ID:KoUG4ELE0

鹿目宅

まどか「ほむらちゃーん、そろそろお風呂に入りなさいって」

ほむら「そう、どちらから入るのかしら?」

まどか「え?一緒にはいらないの?」

ほむら「いいいい...一緒に!?」

ほむら(まどかと一緒にお風呂まどかと一緒にお風呂まどかと一緒に...)プシュー

まどか「あ...ごめん、嫌だった?」

ほむら「い、いえいえいえ、そんな事ないわ」

ほむら「是非一緒に入りましょう!!」

まどか「うん!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:26:45.88 ID:KoUG4ELE0

カポーン

まどか「あー気持ちいいっ」

まどか「それにしてもほむらちゃん、身体キレイだねー」

ほむら「そう?」

まどか「うん、肌はきめ細かいしくびれもあってボディラインがしっかりしてて」

ほむら「まどかだってそうよ」

まどか「わたしはまだまだだよー」

まどか「あ!でも胸はわたしとあんまり...」

ほむら「まどか、あなたは今決して口にしてはいけないことを言ったわ」

ほむら「すこしばかりお仕置きが必要なようね」

まどか「え...ちょっと...ほむら..ちゃん?」

ほむら「覚悟なさい」





60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:33:17.62 ID:KoUG4ELE0

まどか「あははははっ、ちょっとくすぐったいよー」

ほむら「我慢しなさい、しっかり洗わないとダメよ」

まどか「お仕置きなんていうからなにかと思ったけど」

まどか「洗いっこなんてお仕置きにならないよー」

ほむら「そう?まあいいわ」

ほむら(まどかの身体、小さくてかわいい...)

ほむら(抱きしめたくなるわね)

ギュッ...

まどか「はわっ!?ほむらちゃん!?」







61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:38:35.46 ID:KoUG4ELE0

ほむら「あっ、ごめんなさいまどか...」

ほむら「まどかがあまりにもかわいかったから、つい...」

まどか「もぅ...いいよ///」

ほむら「ありがとうまどか、そう言ってもらえると助かるわ」

まどか「じゃあそろそろ流してまた湯船に入ろっか」

ほむら「そうね」





62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:42:17.91 ID:KoUG4ELE0

ザバァー
チャプン...

まどか「ふぅーっ」

ほむら「気持ちいいわね」

まどか「......」

ほむら「......」

まどか「ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「あの...ね...」

ほむら「?」

まどか「また...ギュってしてもらえないかな?」

ほむら「ま、まどか!?///」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:49:07.29 ID:KoUG4ELE0

まどか「べ、べつに変な意味じゃないの」

まどか「ただ...」

まどか「わたしも、なんだかあったかくて」

まどか「すごく、心地良かったの」

まどか「だから...」

まどか「だめ、かな?」

ほむら「」プシュー

ほむら(だめなわけないじゃない...///)

ほむら「いいわ、いらっしゃい、まどか」




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 00:55:14.46 ID:KoUG4ELE0

まどか「うん!ありがとうほむらちゃん!」

ギュッ...

まどか「なんだか、すごく安心する」

まどか「ほむらちゃんだからかな...」

ほむら(まどか...かわいい)

ほむら(絶対にまどかはわたしが守る)

ほむら(絶対に....)ボー

まどか「これからもずっと一緒にいようね、ほむらちゃん」

ほむら「」

まどか「ほむらちゃん?」

ブクブクブク

まどか「わわっ!ほむらちゃん!?」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:03:15.03 ID:KoUG4ELE0

ゃん、むらちゃん、ほむらちゃん...!!

ほむら「まど...か?」

まどか「ほむらちゃん!!良かった、気がついて...」

ほむら「え?わたし...」

まどか「ごめんねわたしのせいで...ほむらちゃんに迷惑かけちゃって」グスッ...

まどか「わたしの勝手なわがままのせいてほむらちゃんがのぼせちゃって」

ほむら(そうか、わたしがのぼせちゃったのは自分のせいだとまどかは思って...)

まどか「わたしのせいで、わたしのせいでほむらちゃんがっ...!!」

ギュッ

まどか「え?ほむらちゃん...?」





70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:07:01.33 ID:KoUG4ELE0

ほむら「ううん、まどかは何も悪く無いわ、何も」

ほむら「わたしがのぼせちゃったのはわたしのせい」

まどか「で、でも」

ほむら「まどかが負い目を感じる必要なんて無い」

ほむら「だからまどか、安心して」

まどか「うん...」






73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:12:24.19 ID:KoUG4ELE0

ほむら「落ち着いたかしら?」

まどか「うん、もう大丈夫だよ」

まどか「それにしてもほむらちゃんに抱きつかれると安心するな...」

ほむら(そういえば抱きついたままだったわ)

ほむら(ちょっとはずかしいわね///)

まどか「じゃあほむらちゃん」

まどか「そろそろ寝よっか?」

ほむら(名残惜しいけど仕方ないわね)

ほむら「そうしましょうか」




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:18:45.55 ID:KoUG4ELE0

ほむら「ところで」

ほむら「布団が一つしかないのだけれど」

まどか「えへへー」

ほむら「えへへーじゃなくて」

ほむら「もしかして、一緒の布団で寝るのかしら?」

まどか「そうだよー」

ほむら「まあそうなるのよね...」

まどか「じゃあそろそろお布団に入ろ?」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:27:15.38 ID:KoUG4ELE0

ゴソゴソ

まどか「あーっ、また1日が終わるねー」

ほむら「そうね」

まどか「今日は泊まりにきてくれてありがとうね」

ほむら「いえ、こちらこそ招待してくれてありがとう」

まどか「えへへー」

ほむら「ふふっ」

まどか「いろいろあったけど、ほむらちゃんとたくさん話せて嬉しかった」

まどか「初めてあったときはどうなるかと思ってたけど」

まどか「こんなにほむらちゃんと仲良くなれてわたしはうれしい」

ほむら「わたしもとてもうれしいわ」

ほむら(わたしは、あなたとの関係をやり直したかったから...)




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:35:22.50 ID:KoUG4ELE0

まどか「」

ほむら「」

まどか「ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「手、つないで良い?」

ほむら「...もちろんよ」

まどか「えへへ、ありがとう」

ほむら(こちらこそありがとう、まどか)

ギュッ...

まどか「じゃあおやすみ、ほむらちゃん」

ほむら「おやすみ、まどか」

まどか「」

ほむら「」





79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:36:24.74 ID:KoUG4ELE0

まどか「ほむらちゃん、わたしたち、もっともっと仲良くなれるよね?」

ほむら「」

まどか「もう寝ちゃったかな...?」

まどか「わたしも寝よっと」

ほむら(もちろんなれるわよ)

ほむら(まどか、あなたと出会えて)

ほむら(本当に良かった)




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:39:59.66 ID:KoUG4ELE0

いろいろあって美樹宅

さやか「そろそろ寝ようよー」

杏子 「そうするかー」

ゴソゴソ

杏子 「」

さやか「ん?どうした?」

杏子 「いや、普通に布団2つあるんだなって」

さやか「どういう事?」

杏子 「いや、なんでもない」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:44:07.49 ID:KoUG4ELE0

杏子 (まあ今のところは仕方ないか)

杏子 (なにせ最初は殺し合う仲だったんだしな)

さやか「さっきからどうしたの?はやく入りなよ」

杏子 「あ、あぁ、悪い」

ゴソゴソ

さやか「ねえ杏子...」

杏子 「ん?どうした?」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:50:32.30 ID:KoUG4ELE0

さやか「今日はわざわざ来てくれてありがとね」

杏子 「何いってんだよ、あたしとさやかの仲じゃんか」

さやか「うん...」

さやか「最初あたしらさ、殺し合う仲だったじゃん」

杏子 (さやか...あたしと同じこと...)

さやか「それなのにさ、いまはこうやって一緒に寝てる」

さやか「これって仲良くなれたんだよね...?」

杏子 「当たり前だろ」

さやか「あたし達、もっと仲良くなれるかな?」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 01:55:05.43 ID:KoUG4ELE0

杏子 「普通さ、出会ってすぐ殺し合うとか無いじゃん?」

杏子 「そんな普通じゃない出会い方をしたんだ、だからさ」

さやか「だから?」

杏子 「普通じゃないくらい仲良くなろう」

さやか「...うん!!」

さやか「あのさ、杏子」

杏子 「うん?」

さやか「手、つないで寝ない?」

杏子 「...もちろん」





87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 02:00:25.22 ID:KoUG4ELE0

巴宅

マミ「ふうーっ、今日も魔女退治つかれたわ...」

マミ「それにしても今日は暁美さんや美樹さんたちを見なかったわね」

マミ「どうしてかしら?」

QB 「マミ、おつかれさま」

マミ「あっ、キュゥべぇ」




88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 02:03:32.33 ID:KoUG4ELE0

マミ「今日は暁美さんや美樹さんたちを見かけなかったんだけど何か知らない?」

QB「まあ知ってはいるけど...」

QB「聞くかい?」

マミ「ええ、聞かせて?」





90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 02:08:14.10 ID:KoUG4ELE0

QB「まどかとほむらはまどかの家に」

QB「さやかと杏子はさやかの家にそれぞれお泊りだ」

マミ「え...?それって......」

マミ「わたし以外はみんな友情を深め合っているって事...?」

QB「まあ、そういうことになるね」

マミ「こんなの絶対おかしいよ」


おしまい



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/19(日) 02:10:48.00 ID:KoUG4ELE0

以上です

初めてのSSだったので至らないところが多々あったと思いますが
最後まで付き合って下さった方々、ありがとうございました


元スレ
まどか「ほーむらちゃん」