1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:05:45.17 ID:ysrFjvkQI

真美「ってなわけでとうちゃーく!!」

亜美「イエーイ!!!」

伊織「ったくもう…しょうがないわね」

貴音「ふふふ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:07:02.99 ID:ysrFjvkQI

亜美「おやおや~?そんなこと言って~」

真美「誰よりも早く集合場所にいたのは誰でしたかな~?」

伊織「なっ…!//そ、それはあんたたちが来るのが遅かっただけでしょ!」

真美「真美たち、10分前には来たつもりだったんだけど」

伊織「うるさいうるさいうるしゃあああい!!!」

貴音「からおけ…ですか」

亜美「お姫ちん来たことある?」

貴音「いえ…こういうものはあまり」

真美「まぁまぁみなさん、何はともあれレッツゴー!!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:07:55.31 ID:ysrFjvkQI

亜美「ちゅ→がくせ→三名とー!!」

真美「お姫ちん一名でたのもー!!」

店員「え…は?…っと…」チラっ

伊織「……すみません、学生四人で……」

店員「はい、それでは学生証のご提示を」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:08:31.67 ID:ysrFjvkQI

伊織「……」

貴音「?」

伊織「…貴音、あんた学生証とか持ってる?」

貴音「……はて、がくせいしょう……?」

貴音「…!てんいちのカードならば、ここに…!次回行くと無料で餃子が頂け」

伊織「大人一名でお願いします」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:09:19.78 ID:ysrFjvkQI

真美「ほうほう、なかなか広いねぇ~」

亜美「んっふっふー、これは楽しめそうですなぁ」

伊織「亜美、私たちは今日仕事があるんだから、途中までよ」

亜美「もー、わかってるって」

伊織「…そういや、雪歩は?」

真美「お仕事がもうちょいかかりそーだってー」

貴音「早く合流出来ると良いですね」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:10:09.05 ID:ysrFjvkQI

伊織「まぁフリータイムだし、慌てる必要は無いけど…」

亜美「最初誰いくー?いないならここは亜美が」

真美「いやいや真美が…」

バーンッ!

「「「?!」」」

響「はぁはぁ…ごめんみんなーっ!お待たせ!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:11:01.27 ID:ysrFjvkQI

亜美「……」

真美「……」

伊織「……」

亜美「えーっと…どちら様?」

真美「お部屋、間違えたんじゃないっすかねぇ~」んっふっふー

伊織「響も呼んでたの?」

響「うぎゃーっ!酷いぞ!亜美と
真美が来いって言ったんじゃないかーっ!」

貴音「いらっしゃい。待っていましたよ、響」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:11:50.83 ID:ysrFjvkQI

亜美「あーゆれでぃー!あいむれいでぃー!」

真美「うたーをうーたーおー!!」

伊織「いきなり私たちの曲って…」

響「あはは!まぁ、一曲目にはもってこいだしね!」

伊織「確かにそうかもしれないけど……響、ドリンクはどうする?」

響「ん、メロンソーダある?」

貴音「ゆめにーなーるーえんたていめーん♪」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:12:42.03 ID:ysrFjvkQI

響「まーどーべーかーら、や、が、て、とびたつー」

亜美「ひびきん定番だねぇ」

真美「ねー、いおりん真美コーラ言ってくれた?」

伊織「言ったわよ」ピッピッ

貴音「伊織、このうるとらぱふぇというのは…」

伊織「欲しいなら勝手に頼めばいいでしょ…あ、お金ちゃんと出しなさいよね」

響「あついパトスでぇー!!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:13:57.19 ID:ysrFjvkQI

真美「次だれ?」

亜美「あいこ……いおりんじゃない?」

真美「あー…ぽい」

伊織「何よ!//」

響「貴音は歌わないの?」

貴音「私、あまり他の方の曲を知らないもので…」

~♪

伊織「悩んでる体がぁつくて~」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:15:29.57 ID:ysrFjvkQI

伊織「少し背のたかぃぃぃ~」

真美「いおりんノリノリだね」

亜美「写メって後でりっちゃんに見せよ」ぴんぴろり~ん

響「次なんにしよっかな~」ピッピッ

貴音「め、面妖な…」

響「貴音、それ外国語版だぞ」

伊織「あぁまぁぁいぃぃ~!!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:16:34.59 ID:ysrFjvkQI

店員「失礼しまーす」ガチャ

伊織「…におーいーにぃ…」

亜美(声下がった…)

真美(照れた…)

響(照れたな…)

店員「メロンソーダのお客様ー」

響「あ、はーい」

貴音「もし、この、うるとらぱふぇをひとつ…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:28:51.87 ID:ysrFjvkQI

亜美「とーなーりどうしあーなーたーとーわーたしさくらんぼー」

亜美真美響「「もーいっかい!!!」」

エガオサクー♪

貴音「…みな、楽しそうですね」

伊織「あんたも食べてばっかりいないで歌えばいいのに」

貴音「しかし曲を…」

伊織「…別にいーじゃない、私たちの曲を歌えば…ほら、どれにする?」ピッ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:29:44.09 ID:ysrFjvkQI

貴音「………」

伊織「ここの機種だったら割と何でもあるし…」

伊織「…って、何よ」

貴音「……伊織は、優しいですね」

伊織「ばっ…!//馬鹿言ってないでさっさと選びなさい!」

亜美「お二人さん、なーんか良い感じだねぇ~」

真美「そのままデュエットとシャレこみますかぁ~?」

伊織「亜美!//真美!//」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:35:32.56 ID:ysrFjvkQI

亜美「馬鹿言ってんじゃないわぁぁ~♪」

真美「馬鹿言ってんじゃないよぉぉ~♪」

亜美「あそばれてるのわからないなんてかわいそうだわぁぁ」

真美「さぁんねぇんめぇ~のうわきぐらぁいおおめにみぃ~ろよぉ~」

響「あはは、上手い上手い!」

伊織「てかよく知ってるわねそんな曲…」

響「次は貴音だよね!」

貴音「緊張します…」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:36:41.37 ID:ysrFjvkQI

貴音「さあ出発オーライ♪」

ででででっで でっでっででー♪

真美「おー、ゆきぴょんの曲だー!」パチパチ

響「貴音のALRIGHTも結構良いね!」

伊織「へぇ…なんか意外ね」

貴音「一度、歌ってみたかったのです」

真美「よーし次は真美いくよー!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:37:27.86 ID:ysrFjvkQI

真美「私流格言、その1!」

てってってーれ てーれてってー

真美「いそがばまっすーぐー進んじゃおー」

響「せーの!」

「「いそがばまっすぐすすんじゃおー!!」」

真美「仲間ともうすぐきみにー」

響「…あはは!これ、一回やってみたかったんだー!」

伊織「やっぱり盛り上がるわねー」

貴音「うふふ…ファンの皆様の気持ちになれたようで楽しいですね」

響「貴音、次ライオン歌お!」

貴音「動物ですか?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:39:36.47 ID:ysrFjvkQI

響「何しにうぅまぁれ~たのぉ~」

貴音「何しにここに~いる~」

イキーノーコリタイー♪

真美「…おぉう…久々にひびきんの本気をみた…」

亜美「てかお姫ちん、この曲知らないんじゃ…」

真美「さ、流石お姫ちん…恐ろしい子っ…」

伊織「これもアニソンなの?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:46:47.17 ID:ysrFjvkQI

伊織「ダバダダバダダ~♪」

伊織「ド~アの~向こ~…ん?」

伊織「…ねえ、ちょっとキー上げてくれない?」

貴音「きー?」

亜美「はいお姫ちん、これ」ポン

貴音「え?あの、これは、え…?」わたわた



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 21:47:22.91 ID:ysrFjvkQI

伊織「恋をしてた…ねえ、まだ?」

貴音「…えぇい、ままです!」ピッ

伊織「そっしてっ僕はしゃべすぎ…ちょっ、早い早い!それテンポ上がってる!」

貴音「もっ、申し訳ありません!しかし…もう何が何やら…」

亜美真美「んっふっふー♪」

響「もー、悪いなぁ二人とも…」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:15:54.74 ID:ysrFjvkQI

亜美「Hey Hey へこんじゃダメでしょー♪」

響「あれ、この唐揚げ頼んだの誰だー?」

伊織「どうせ貴音でしょ?」

貴音「!」

真美「もー、お姫ちんはホント食いしん坊さんだなー」

貴音「!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:16:41.85 ID:ysrFjvkQI

亜美「Yes Yes やっと気づいたかい!」

亜美(…ホントはさっき亜美が頼んだんだけど…)

貴音「違うのです!これは…これは私では…!」

響「良いって良いって、別に誰も怒ってないから大丈夫さー」

亜美(面白いから黙ってよ…)



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:19:26.20 ID:ysrFjvkQI

響「さぁ!吸いこんでくれぇぇい!!ぼくのさぁみぃしさぁ!」

真美「これカバーしてたっけ?」

伊織「聞いたことないけど」

亜美「まこちん似合いそ~」

貴音「うふふ…ホント、気持ち良さそうに歌いますね」

伊織「今何曲入ってたかしら」

響「くぅだらんことなやぁみぃすぎぃるぅぅ、僕の悪いくせーをー!!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:20:22.42 ID:ysrFjvkQI

伊織「赤い~スウィートピ~」

響「…何でそのチョイスなんだ…」

亜美「しかも無駄に上手いし…」

真美「ん~結構歌ったね~……あ!そろそろゆきぴょん来るっぽいよー!」

亜美「おっ、良いねー!そんじゃそんじゃ、次は……あ」

伊織「?…あっ」

亜美「え…えと、次はだれだれー?!そーだ、ひびきんだっけ!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:21:33.55 ID:ysrFjvkQI

伊織「……亜美」

亜美「うぅ~…」

響「?どうしたんさー?」

伊織「……ごめんみんな、私たち、そろそろ仕事があるから」

響「えぇー!!せっかく盛り上がってきたところなのに!!」

貴音「響。ワガママを言うものではありません」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:22:14.45 ID:ysrFjvkQI

真美「うー…ゆきぴょんと入れ違いになっちゃったね…」

伊織「しょうがないわよ。それでも十分いれた方じゃない?」

亜美「うーん…まあそっかな。また行こうね、カラオケ!」

貴音「えぇ、必ず」

響「次はもーっと沢山で行くぞー!!」

伊織「えぇ。それじゃ、雪歩によろしくね」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:23:31.86 ID:ysrFjvkQI

響「アクアジェットでぶっとばーしてけー!」

ガチャ

真美「あっ!」

雪歩「おっ、お待たせしましたぁ~」

貴音「お疲れ様です雪歩」

響「モヤモヤ気分きりばらーいしてー!!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:24:46.41 ID:ysrFjvkQI

雪歩「…あれ?伊織ちゃんと亜美ちゃんは…」

貴音「二人ならつい先程仕事に…」

真美「ホント入れ違いだよー」

雪歩「そうだったんだ…残念」

響「ロッククライムほらのりーこえたらー!!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:25:36.89 ID:ysrFjvkQI

真美「まーまー!ゆきぴょんも来たことだし、とりあえず駆けつけ一曲いってみよー!」

響「もぅ真美、お酒じゃないんだから…」

雪歩「そ、それじゃあ…」ピピピ

…ちゃららら~

真美「つ、津軽海峡…」

響「そういえばカバーもしてたよね」

貴音「私は好きですよ、この曲」

雪歩「…上野発の夜行列車おりた時からぁ~」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:26:38.84 ID:ysrFjvkQI

雪歩「あなたとぉぉ越えたい…」

雪歩「あぁまぁぎぃぃごぉぉええええええ」

真美「…ゆきぴょんさっきから演歌ばっかり…」

貴音「良い歌ですね」

響「アニソンとか知らないの?」

雪歩「わ、私はそういうのはあんまり…」

真美「たまには他のも歌ってよー!!」

雪歩「えぇっ?そんなぁ」

響「あっ、次真美だぞ!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:28:09.05 ID:ysrFjvkQI

真美「あれは、マンピーのGスポット!Gスポット!Gスポット!」

雪歩「いえーい!」

貴音「ふふふ」パチパチ

響「………」

真美「…ふぅ~、歌いきったぜー!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:29:05.78 ID:ysrFjvkQI

雪歩「カッコいい曲だねー」

真美「でしょー?んっふっふー」

響「…真美、それ、意味知ってて歌ってるの?」

真美「意味?そんなのあんの?」

響「いや…」

雪歩貴音「?」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:29:57.70 ID:ysrFjvkQI

響「僕がうまーれたー、この島のーそらーをー」

真美「やっぱりひびきんの沖縄ソングはしっくりくるねぇ~」

雪歩「そうだねぇ~」

貴音「この歌は聞いたことがあります」

響「僕は~ど~れくらい~知って~るんだろう~」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:53:00.01 ID:ysrFjvkQI

貴音「この頃流行りの女の子ぉ!」

雪歩「ヘイ!」

貴音「お尻のちーさな女の子ぉ!」

雪歩「ヘイ!」

貴音「こっちを向いてよハニー♪」

雪歩「ヘイヘイヘイ!!!」

響「…こんな雪歩初めて見たぞ…」

真美「ひびきん、カラオケは楽しんだもん勝ちだよ」

貴音「おねがぁいー!!おねがぁいー!!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:54:43.94 ID:ysrFjvkQI

響「ポテトちょーだい」

貴音「どうぞ」

真美「お、ゆきぴょんこれは」

雪歩「…ゆーめのーなかで、まーたーつーつんでー♪」

雪歩「いぇい♪」

貴音「フラワーガール…ですか」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:55:24.70 ID:ysrFjvkQI

雪歩「えへへ…この曲、好きなんですぅ」

真美「お姫ちんもさっきALRIGHT歌ってたよね!」

雪歩「えっ?!」

貴音「ふふ、えぇ…。お互い、思うことは同じですね」にこっ

雪歩「…!////」カァ

雪歩(…し、四条さんが…私の持ち歌を…)

響「雪歩!歌始まってるぞ!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 22:56:41.91 ID:ysrFjvkQI

真美「ごまえー♪」

響「ごまうぇー♪」

雪歩「う~ん…歌う曲に迷っちゃうな…」

雪歩「りれきりれき…あっ、乙女よ大志を抱け歌ったんだ」

貴音「えぇ。楽しかったですよ」

雪歩「そうなんですかぁ~、良いなぁ」

真美響「がんばーってゆーきましょー!!」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:05:23.09 ID:ysrFjvkQI

真美「……」

響「……」

雪歩「…き、きりつ!」

貴音「きをつけ!」

「「バンザイ!!」」

てれってっててーてー

「「バンザイ!!!」」

てっててーてーてー

「「C!!」」

ーーーーーー
ーーーー
ーー




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:07:19.25 ID:ysrFjvkQI

雪歩「こーいーしちゃったんだ、たぶんー気付いてなーいでしょー」

響「そういえば採点はやらなかったね」

真美「今からでもやっちゃう?」

貴音「そんなものがあるのですか」

真美「うん。千早おねーちゃんとかちょ→気にしそうだよね」

響「確かに…よいしょ」ピッ

雪歩「チェリー……えっ、採点?!」

響「あはは、がんばれー」

雪歩「ちょっ…!や、やめてよぉぉぉ!!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:08:50.18 ID:ysrFjvkQI

雪歩「もう大体歌ったねー」

真美「そろそろ終わりかなぁ。ひびきん、次何入れたのー?」

響「ふふーん…自分はあえての、これさー!」

真美「あ!」

雪歩「これ、ジュピターの…」

てれてれってっ♪

真美響「あーいーしーてる♪あいしーてる♪いつかーみらいでー」

真美響「ぼくがきみーにーちーかうからー」

貴音「GET YOU!!」ビシッ

雪歩(四条さんノリノリだなぁ…)



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:11:10.06 ID:ysrFjvkQI

響「最後どうする?」

真美「最後だったら、やっぱりこれしかないっしょー!」ピピピ

~~♪♪

雪歩「!うん、そうだね」

貴音「最後らしく、みんなで歌いましょう」


いっしょに歌おう
いっしょの時代の中
いっしょで行こう
いっしょな夢を見よう
いっしょにいよう
いっしょがいいもっとずっと
大切にしよう一生



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:12:38.64 ID:ysrFjvkQI

響「あー、楽しかった!」

貴音「からおけも良いものですね」

雪歩「ふふふっ…ですね」

真美「あっ!亜美たち、もうすぐ仕事終わるって!」

響「よーし、それじゃ一緒に夜ご飯でも食べに行くぞー!!」

真美「二次会じゃあああ!!!」

雪歩「えぇぇぇ?!」

貴音「うふふ…」


少女たちの夜は長い…


おしまい



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/20(火) 23:15:13.26 ID:ysrFjvkQI

なんかあっさりしちゃいましたが。おわりです。
ガールズとカラオケ行きたい。

どうもでした。


元スレ
亜美真美「そうだカラオケに行きたい」