1: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:21:43 ID:3675lTo.


勇者「なんだそれは?」

魔法使い「火属性の初期魔法ですぞ」

勇者「ああ、それなら…」

勇者が横に手を伸ばすとその先に
火の柱が激しく空に向かって燃えだした

魔法使い「!?」

勇者「これだろ?」

魔法使い「メ、メラゾーマ…」

勇者「ん?」



2: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:29:15 ID:3675lTo.


戦士「ではこれより剣の練習を始める」

勇者「剣って必要なくね?」

戦士「なっ…貴様なにを!?」

勇者「ちょっと来てよ」

戦士「ん?」

そう言うと、勇者は戦士と街の外に出て
野生モンスターが出現する場所に来た。

すると、そこにスライムが現れた!

戦士「ククク…武器無しでは1の
   ダメージも通せまい」

勇者「ふんっ」

勇者が拳を突きだすとその風圧で
3匹いたスライムは遙か彼方に
飛んでいってしまった。

戦士「素手で…バシルーラ…」

勇者「ん?」



3: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:33:36 ID:3675lTo.


王様「なに、旅に出るじゃと!」

勇者「はい」

王様「ならばこの防具と武器を」

勇者「いりません」

王様「なぬ!?」

勇者「素手で十分ですから」

王様「な、仲間のために…」

勇者「お前は一人で十分だ!
   …と連れて行こうとしたら
   そういう風に言われました」

王様「そ、そうか…」



4: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:39:18 ID:3675lTo.


王様「むむ…ではせめてこの王の右腕…
   側近を倒してからにしてみよ!」

王様(側近は高レベルの賢者。そう易々と…)

勇者「えっ」

王様「む?」

勇者「まぁいいや。お願いします」

王様「うむ」

王様の横にいた側近は、颯爽と前に出て
そして勇者の類稀な身体能力と魔法の
数々によって颯爽と負けてしまった。

王様「つ、強すぎる…?」

勇者「ん?」



5: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:44:23 ID:3675lTo.


勇者は、とても強かった。
人間としては言うまでもなく
誰よりも、何よりも強かった。

スライムなどでは相手になるはずもなく─
また、人間界にいた高レベルの魔物の
やまたのおろち、ボストロール、
表の支配者のバラモスでさえも
勇者の手にかかれば瞬殺であった。

勇者は本当に誰よりも強かったのだ。

─そう、魔王さえも例外ではなかった。



6: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:48:45 ID:3675lTo.


魔王「ぐっ…何故だ…なぜこんなにも…」

勇者「強いのかだって?」

魔王「そう…だ…」

勇者「答える必要はないね」

魔王「ぐ…だが、魔王は何度でも
   復活する…何度でもな…!」

勇者「……」

勇者は静かに剣で魔王の首を切り払った。

勇者「…わかっているさ。そんなこと」



7: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 22:59:49 ID:3675lTo.


─それから勇者は、何度も復活する魔王を
復活の度に旅に出て、魔王城まで出向き
魔王を消滅させていた。

何年、何十年、何百年と─。

精霊の加護で勇者は半分、不死となって
いる。魔王を倒し続けるためだけに
与えられた能力。その驚異的な戦闘力を
買って、精霊の長が与えたものだ。

魔王が復活する毎に全盛期に
若返りするというものであった。

魔王が復活するまでに寿命が来たら
死ぬ、というものであった。



8: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:09:56 ID:3675lTo.


その長い時間の中で勇者が発狂しても
妖精きっとそれを助けようとしない
だろう。勇者はその事をよく理解している。

何故なら、妖精に心は無いから。

ただ、善と悪を分け、悪を滅ぼす
ためだけに存在する──正義の鉄槌。

悪を滅ぼすなら善の犠牲など気にもしない。
言葉は通じても、そこに心はない。

勇者はそれを理解しているからこそ
考える必要があった。

─あの日の、あの出来事を。



9: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:16:37 ID:3675lTo.



─勇者が初めて魔王を消滅させたその日。

─妖精は目の前に現れた。

魔王を倒した直後に現れたその妖精は
妖精のイメージとは少し異なる、白い髭を
生やした無表情のおじさんであった。

「少年よ、世界を救いたいか?」

勇者「うん、救いたい!」

「そうか。では、これから平和は
 来ると思うかね?」

勇者「う~ん…魔王倒したから
   来るんじゃないかな?」



10: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:25:31 ID:3675lTo.


「半分正解じゃ。しかし、勇者よ。
 これだけは覚えておいて欲しい」

勇者「なぁに?」

「魔王は何度でも復活する」

勇者「え?うそ…」

「うそではない。魔王は勇者が存在
 する限り、何度でも復活する」

勇者「なら、僕が何回でも倒すよ!」

「ふむ…しかし、魔王は何百年経っても
 復活するぞ?それこそ1年に一回
 なんてものではないぞ」

勇者「…それでも、僕が倒すよ」

「その決意、本物のようじゃな」

勇者「うん。だって僕は勇者だから!」



11: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:30:48 ID:3675lTo.


…その後、妖精の力によって
勇者は今の不死身のような体を
手に入れた。幸か不幸か、魔王が復活する
のはいつも早く、勇者は百年経った
今でも死ぬことはなかった。

妖精から力を得たことを後悔した日も
あった。ただ、それでも勇者は自分の
正義を信じて生きてきた。

──ある一人の魔王に出会うまでは。



12: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:39:32 ID:3675lTo.


その魔王と出会ったのは、何年前に
なるだろうか。その時すでに
何度も魔王を倒し、消滅させることが
全てになっていた勇者に、時間を
覚えることなど必要でなかった。

その魔王は、とても優しかった。

魔物に人を襲わせないようにして
また、それらを徹底するために
魔界に魔物を全て引き連れて、
さらには魔界と人間界を結ぶ"軸の歪み"と
呼ばれるものは死にもの狂いで塞いだり
もした。とにかく優しかった。

魔物も、魔王の優しい魔力を何度も
注がれて、いつしかかつての荒い気性は
無くなっていた。



13: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:48:54 ID:3675lTo.


だけども人は愚かで、かつての
魔王の姿が忘れられず、報復を恐れて
魔王討伐のため、勇者を旅立たせた。

勇者も自分の正義を信じるが故に
魔王を討伐せんと、賛同して旅に出た。

魔王が塞いだ"軸の歪み"さえも
無理矢理こじあけて城に突撃して。

そうして、あっという間に魔王の玉座
まで着き、魔王を斬りにかかった。

心優しき魔王は抵抗もせず、
それどころか、斬りにかかる勇者に対して
微笑み続けたまま、斬られてしまった。

そのまま魔王は倒れ、涙をうっすらと
浮かべながら横たわっていた。



14: ◆X9gBn93PwA 2012/03/22(木) 23:58:21 ID:3675lTo.


倒された魔王はしばらくすると
頭の方からどんどんと空気に
とけ込むように消滅していった。

それと同時に、勇者の回りに魔王の
魔力が溢れて身体に流れていく。

勇者「これは…」

しかし、何も起こらない。

勇者「あたたかい…?」

そう、暖かかったのだ。身体ではなく
心がとても暖かくなった。
それは魔王の優しさや気持ちが
流れてくるようで、とても心に響く。

気がつけば、勇者の目から大量の涙が
溢れ出していた。それは魔王の優しさに
気づいた勇者の暖かさかもしれない。

勇者「なんだよ、これ…」

涙を拭っても拭ってもそれは溢れていく。

勇者「ああ、そっか…こんなにも
   大切なことを忘れて…
   …いや、知ろうともしなかったのか」



18: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 08:16:33 ID:9kWLuk4Y


─何百年経った今でも、勇者はその魔王の
ことを思い出す。思い出す、というよりは
忘れられないといったほうが
正しいのかもしれない。

今まで数え切れないほどの魔王を
倒してきて、優しい魔王に会った
のは、その一度きりだったから。

勇者は、その優しい魔王に再び
会おうとするために魔王を倒し続けている。

…優しい魔王が生まれる、奇跡を信じて。



19: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 08:28:18 ID:9kWLuk4Y


─魔王城。

勇者「…魔王」

魔王「…勇者か」

勇者「そうだ」

魔王「……戦うつもりか?」

勇者「?…もちろんだ」

魔王「…なら、その前に少し話を─」

しないか、と言い切る前に勇者の剣に
よって魔王の首は斬られてしまった。

首を斬られても、体の構造が違うのか
魔王は首より上だけの顔で喋り続けた。



20: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 08:44:38 ID:9kWLuk4Y


魔王「…や…はり…おま…え…の…ゆう…
   しゃ…の…こころは…むし…ば…
   …まれ…て…いる…よう…せい…の」

そう言って、その魔王は息絶えた。
そして、空気となって消滅した。

その時、不意に勇者の目に涙が流れる。

勇者「あ、あれ…おかしいな。悲しく
   なんてないはずなのに─」

その涙とともに勇者はあの優しい魔王の
ことを思い出した。
何故か忘れていたそれを──。

勇者「…危ない。忘れるところだった」

しかし、何故忘れてしまいそうになって
いたのか?と勇者は考える。



21: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 08:52:15 ID:9kWLuk4Y


忘れるはずがないあの魔王のことなのに─

勇者「…心が蝕まれる…」

先ほどの魔王の言葉を思い出すように
その場で静かに呟く勇者。

勇者「…妖精…?」

妖精、といった言葉が妙に引っかかる。

勇者「─まさか!」

─もし、もしも妖精が心の中を
覗けることが出来るとするならば。

絶対的な悪の存在である魔王を
消滅させるためだけの存在ならば。

『ただ、善と悪を分け、悪を滅ぼす
ためだけに存在する──正義の鉄槌。』

─勇者の心は、不必要とされたのかも
しれない。そんな考えが巡った。



22: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:02:36 ID:9kWLuk4Y


妖精は、悪を滅ぼすために手段を
選ばない。だから、それを手伝おうと
する──主に勇者のような存在に力を貸す。

ただし、あくまで善の者に
力を貸すのではなく、悪を退治する者に
妖精はその力、加護を与えるのだ。

そう、絶対的悪の象徴である魔王を
消滅させるためならば、例えどんな
心の持ち主でも加護を与える。

─それ以上の悪は存在しないから。

しかし、それでも勇者はなかなか
世界中を探しても現れない。
それは、魔王だけは加護を打ち破る
可能性を秘めているという事ともう一つ。

──魔王を倒す意志がなくなったと
判断された者は、加護が尽きて…死ぬ。



23: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:12:29 ID:9kWLuk4Y


それから勇者は、魔王を倒し続けた。

あの優しい魔王のことを忘れないように
心に深く刻みながら、何度も何度も─。

加護が消えて自分が死んで新たな勇者が
優しい魔王を消滅させないためにも
魔王を倒すという思いも刻みながら。

もちろん、勇者はこの世の誰よりも
何よりも強いので魔王に殺されるなんて
いうことはなかった。



24: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:23:22 ID:9kWLuk4Y


─それから、何年の月日が経っただろうか。

また、魔王が復活した。
しかし、勇者はそこに違和感を覚える。

──どこにも魔物が存在していない。

今まで魔王城まで進むには魔物がいた。
復活までに時間がかかるのと食料が
ないため、魔王城に住むことは
出来なかったため、いつも魔王城に
復活の度に進まなければならなかった。

さらに勇者はあることに気がついた。
魔界に住んでいて気がつかなかったが
"軸の歪み"がいつの間にか塞がれていた。

勇者「…もしかして」



25: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:32:19 ID:9kWLuk4Y


魔王は復活してからすぐのおよそ3日間は
魔力が弱っているため、復活してすぐには
勇者は魔王に気が付かない。

気付いたとしても、勇者の住む場所から
魔王城までは何日か必要とする。

移動魔法も勇者はなるべく使わない。
優しい魔王が現れた時、そう、例えば
あの時のように"軸の歪み"を塞ぐための
時間を少しでも魔王に与えるために。

勇者は確信していた。今回の"軸の歪み"を
塞いだのは魔王である、と。

勇者「…ここまで長かった」

そうして勇者は、ようやく辿り着いた
魔王の玉座への扉を開ける。



26: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:44:40 ID:9kWLuk4Y


魔王「…あなたが勇者ね」

勇者「ああ」

魔王「あなたは…私と戦うつもりかしら?」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「…そうだな。戦わなくちゃいけない」

──それがたとえ、あの時と変わらない
優しい魔王の姿をしていた相手でも。

魔王「私の…いえ私たちの罪は…
   …数え切れないほどだものね」

勇者「…"軸の歪み"は…あなたが?」

魔王「…そうね。罪滅ぼしにはならない
   だろうくど、完璧に塞いだつもりよ」

勇者「…それなら、安心かな」



27: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 09:54:28 ID:9kWLuk4Y


勇者は瞬く間に魔王に近づき、斬り払った。
その速さは、魔王ですらも捉えきれない
ほどで、本当に一瞬の出来事であった。

勇者「…ありがとう」

勇者の剣から黒い血が流れていく。
そこから暖かい魔力が溢れている
ようにも思えた。ただ、魔王が消滅
すると同時に消えていってしまった。

勇者「…ごめんな」

だけども、次の瞬間に勇者の剣には
赤い血が流れ続けていた。
それはしばらく辺り一面、床にしばらく
広がり続けた。赤い血は勇者の首のない
身体から流れていた。



29: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 10:08:41 ID:9kWLuk4Y


─勇者が生まれる時、魔王は復活する。

勇者という存在は、魔王がいる象徴。
だから、魔王は何度でも復活する。

だから、勇者は勇者がいなくなれば
いいと考えた。魔王の消滅と同時に。

妖精は死なない。触れることもできない。
声が聞こえるだけ。心のない声が。

そして、妖精が見えるのは勇者だけ。

勇者がいない今、また魔界と人間界を
繋ぐ"軸の歪み"がない今は、妖精を
除いて真実を知るものはいない。



30: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 10:20:22 ID:9kWLuk4Y


──真実なんて誰も知らなくていい。

優しい魔王がいたことも。

自分という勇者がいたことも。


ただ一つ、願うとすれば──





──あの優しい魔王に、一番
始めの頃に出会いたかった。


出会った時にはすでに狂っていた。

涙なんて、流れただけだった。

心に響いても、心の傷は癒えなかった。



──でも、もう一度会えた時、
本当に心から嬉しかったと思えたよ。

…ありがとう。そして、ごめん。



31: ◆X9gBn93PwA 2012/03/23(金) 10:23:35 ID:9kWLuk4Y


少しアレな終わり方ですが、これにて
完結といたします(ノД`)

当初の予定では、勇者強すぎワロタww
といった展開を考えていましたが…

どうも苦手なみたいで…。


では、みなさん。
また出会える日まで、さようなら。


元スレ
SS深夜VIP:勇者「メラ…?」