1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:35:30.24 ID:U3se4vdb0

結衣「ほらあかり、食べてみて」

あかり「……結衣ちゃん、京子ちゃん達の分は?」

結衣「え?京子達の分もちゃんとあるよ」

あかり「そうなんだ」ホッ

結衣「はい、京子。ちなつちゃんも」

京子「あ、ありがと結衣(……ラムレーズン、まぁチョコより嬉しいけど)」

ちなつ「ありがとうございます(……チロルチョコ、もらえたのは嬉しいけど)」

あかり「ね、ねぇ結衣ちゃん?その、あかりのチョコ二人のと少し違わない?」

結衣「ああ……手作りで頑張ってみたから、ちょっと不恰好かも」

あかり「しかも大きいしハート型だよ、これって……」

結衣「うん、本命チョコだよ」


京子・ちなつ「「ちょっと待てえええええええええええ!!!!」」
 



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 23:49:42.29 ID:U3se4vdb0

京子「ちょちょちょ、ちょっと待って結衣!そんなの初耳だぞ!?」

ちなつ「そうですよ!あかりちゃんのと私のと間違えてるんじゃないですか!?」

結衣「二人とも落ち着いて」

ちなつ「落ち着いていられますか!嘘ですよね結衣先輩!?」

京子「結衣、お前のキャラらしくないぞ!どうしちまったんだ!」

結衣「考えたんだ、バレンタインデーってどういう日か知ってるよな?」

京子「チョコを送る日」

結衣「何で送るかも知ってるだろ?」

ちなつ「……好きな人に、想いを伝えるため」

結衣「うん、だから思い切って今日あかりに気持ちを伝えることにしたんだ」

結衣「それで昨日ずっと作ってたら材料がなくなったから二人のはコンビニで」

結衣「それであかり、私のチョコは迷惑だったか……?」

あかり「ううん、あかりも嬉しいけど……」

ちなつ「うがああああああああこんなの認められませんんんん!!!!!」

京子「ちょっとちなつちゃんストップ!本当にストップ!暴力はいけない!!!」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 10:04:21.78 ID:09UFYSbi0

あかり「えーっと義理がお友達とかにあげるチョコだよね」

結衣「うん」

京子「こ、これって本命ラムレ?」

結衣「チョコじゃない時点で察してくれ」

京子「うわぁあああぁあぁあん…ちなちゅー、慰めて!」

ちなつ「ちょ、ちょっと邪魔です京子先輩!!」

あかり「…ほ、本命って好きな人にあげるチョコだけど」

結衣「まじまじと見つめられと恥ずかしいんだけど」

あかり「…あかりに本命?」

結衣「な、何回も聞き直すなよ…」

あかり「あーそっかぁ、結衣ちゃんがあかりに本命チョコかぁ…」


あかり「ええええええええええええええええええええええええええええ」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 10:15:35.56 ID:09UFYSbi0

あかり「なんで!?なんで、あかりなの!!」

結衣「なんでって言われても…」

あかり「だ、だってだだだって、そんな素振り一切無かったよね!?」ワタワタ

結衣「私そんなちなつちゃんみたいにグイグイ行くような性格じゃないし…」

結衣「だ、だから今日みたいなイベントに思い切ってあかりにと」モジモジ

あかり「ゆ、結衣ちゃん」

京子(顔真っ赤にしてモジモジしてるよ結衣のやつ)

京子(これは恋する乙女ですわ)

ちなつ(幼馴染みなんて全員消えればいいのに)



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 10:31:00.71 ID:09UFYSbi0

あかり「うぅ…」

結衣「あ、ごめん、急にこんなことして迷惑だったよな」

あかり「め、迷惑なんかじゃないよぉ!!」

あかり「でもね、あかりこんな風に気持ち伝えられるの初めてで」

あかり「頭の中ぐるぐる、ぽわぽわ、しちゃって…」

結衣「…」

あかり「うぅ、そんな見つめないでよ結衣ちゃん」モジモジ

結衣「あのさ、返事は今すぐにとは言わないよ」

結衣「一晩でも二晩でも、どんなに時間がかかってもいい」

結衣「…ど、どんな答えだろうと私は覚悟は出来てるから」フルフル

あかり「う、うん…」

結衣「わ、私今日はもうあがらせてもらうね、それじゃ!」

バタンッ



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 10:57:12.51 ID:09UFYSbi0

あかり「ぇへへ…」

京子「にやにや」

ちなつ「イライラ」

あかり「な、なぁに2人とも?」

京子「いや、あかり嬉しそうだなぁと思ってさ」

あかり「そ、そんなことないよぉ!!」

あかり「ゆ、結衣ちゃんとはただの仲の良い幼なじみで…」

あかり「それにちなつちゃんの事応援するって決めてたもんっ!」ニコッ

ちなつ「じゃあ結衣先輩の件は断るの?」

あかり「うん、結衣ちゃんには悪いけど…」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 11:18:46.57 ID:09UFYSbi0

ちなつ「ふーん、あかりちゃんちょっとこっちおいで」

あかり「え?どうしたの」トテトテ

ちなつ「ちょっと、肩に糸くず付いてるからね」

あかり「あーそっかぁ、ありがとちなつちゃ…」

ちなつ「…」ツネッ

あかり「いひゃい!?ひ、ひなふひゃん、ほっへひっはらないへ!!」

ちなつ「あかりちゃん、ほんとにそれでいいの?」パッ

京子「そうそう、さっきまであーんなニコニコしてたくせにさ」

あかり「…」ヒリヒリ







125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 11:33:45.94 ID:09UFYSbi0

ちなつ「あかりちゃんが本当に結衣先輩の事を何とも思ってないなら…」

ちなつ「私は断るのが当たり前だと思うけど」

あかり「だ、だから結衣ちゃんはただのお友達で」

あかり「結衣ちゃんなんて…」

あかり「運動神経が良くて、お料理作るのが上手で、いつもみんなに優しくて…」

あかり「そ、それにクールなのに寂しがり屋さんで…」

あかり「そこがなんだか可愛らしくて」ドキドキ

あかり「あ、あれ…?」

京子「もう答え出てるじゃん、あかり」

ちなつ「…ほんっと良い子な割には頑固なんだから」

あかり「うぅ…」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 11:58:02.27 ID:09UFYSbi0

あかり「で、でも…」

京子「あかりも結衣の性格よく知ってるだろ?」

京子「あまり表面上に出さない結衣が想いを伝えるなんてさ」

京子「…多分ずーっと溜めこんでたんじゃない?」

京子「あかりが好きって気持ちを」

ちなつ「早く行きなよあかりちゃん、今ならまだ追いつけるから」

京子「お返しはあかりを貰って、結衣ちゃん…でいいだろ」

あかり「あぅ…」モジモジ

京子「お、おい冗談だからな、真に受けるなよ?」

あかり「わ、分かってるけど…」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 12:08:56.32 ID:09UFYSbi0

あかり「京子ちゃん、ちなつちゃんありがとう…」

あかり「ここまで言ってもらって自分に嘘を付くのはみんなに悪いから」

あかり「…あかりもきっと結衣ちゃんが好きなんだと思う」

あかり「結衣ちゃんのことを考えると胸がドキドキしてね…」

あかり「か、顔がリンゴみたいに真っ赤になるの」モジモジ

ちなつ「それを言うのは私たちじゃなくて」

京子「結衣に、だろ?」

あかり「あ、うん、えへへ、そうだね」

あかり「…ちなつちゃん、京子ちゃん」

あかり「こ、これからも友達でいてくれる?」

京子「ったく何年幼なじみやってきたと思ってんだよ」

ちなつ「あかりちゃんは中学校に入って最初の友達だもん」

ちなつ「これからもずっと変わらないよ」

あかり「…ありがと、2人とも」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 12:25:12.13 ID:09UFYSbi0

ちなつ「あー疲れた」

京子「ちなつさんお疲れ様です、お茶どうぞ」

ちなつ「…人の恋路を応援するなんてどうかしてましたね」

ちなつ「ましてや結衣先輩とあかりちゃんですよ」

京子「後悔してる?」

ちなつ「…あかりちゃんも結衣先輩も私の大切な存在ですから」

ちなつ「後悔はしてませんよ」

京子「えへへ、ほんといい子だなぁちなちゅは」スリスリ

ちなつ「…」

京子「あれ、いつもみたいに嫌がらないの?」

ちなつ「きょ、今日だけは特別です」フイッ

京子「へへへ、なでなでしてあげる」

ちなつ「…」





141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 12:46:19.03 ID:09UFYSbi0

あかり「はぁはぁ…」トテトテ

あかり「結衣ちゃんもうお家帰っちゃったかなぁ」

あかり「…ハート型のチョコレート、えへへ」

あかり「あかりは結衣ちゃんの特別……」

あかり「早く結衣ちゃんに会いたいのに、この信号だよぉ」

あかり「…」キョロキョロ

あかり「だ、大丈夫だよね車も来てないし」

<ブロロロロ プープップー!!

あかり「あ…」






144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 12:51:07.56 ID:09UFYSbi0

結衣「こらこら、信号よく見ないと」グイッ

あかり「っと、危なかったぁ…」

あかり「ゆ、結衣ちゃんありがとうっ!」

結衣「おっちょこちょいなんだからもっと周り見ないとダメだろ?」

あかり「えへへ、そうだね」

結衣「…」

あかり「…」

あかり「あ、あのね」

結衣「ま、まぁ立ち話もなんだしウチ寄っていかない?」

あかり「う、うん…」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 13:13:12.73 ID:09UFYSbi0

あかり「ぇへへ、いつの間にか結衣ちゃん追い越してたみたいだね」

結衣「ちょっと本屋で立ち読みしてたんだ」

あかり「そうなんだぁ、結衣ちゃんも本読むんだね~」

結衣「む、それちょっと失礼じゃないか?」

あかり「ふふふ」

結衣「…くすっ、今まで料理の本見てたんだ」

結衣「いつもカレーやオムライス作ってる気がするからね」

結衣「レパートリーが少ないというかさ」

あかり「で、でも少ないレパートリーでも完璧に作るのは大変だと思うよ」

結衣「レパートリーが少ないのは否定してくれないのか…」

あかり「あっ…」

結衣「なーんてな、気遣ってくれてありがとな」ナデナデ

あかり「えへへ」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 13:30:32.67 ID:09UFYSbi0

結衣「ただいまーっと」

あかり「お邪魔しま~す」

結衣「お茶でも淹れるから適当にくつろいでてよ」

あかり「あ、うん…」

あかり(普段何気なく来てる結衣ちゃんのお家だけど)

あかり(意識しちゃうとやっぱりドキドキしちゃうよぉ…)

あかり(ふ、ふたふたふた、2人っきり…!)

結衣「はい、粗茶だけど」

あかり「うひゃう!?」

結衣「どんなリアクションだよ…」





152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 13:40:13.09 ID:09UFYSbi0

あかり「こ、この紅茶美味しいね…」ズズッ

結衣「だから粗茶だって」

結衣「でもさ、あんなに急いでどこ行くつもりだったんだ?」

あかり「そんなの決まってるよぉ…」

結衣「うん?」

あかり「ゆ、結衣ちゃんに会いたかったからだもん」モジモジ

結衣「そ、そっか…」

あかり「うん…」

結衣「…」

あかり「…」

結衣「……」

あかり「……」




154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 13:58:36.55 ID:09UFYSbi0

あかり「あ、あのね結衣ちゃん…」

あかり「返事を伝えにきたの、さっき貰ったチョコの…」

結衣「…」

あかり「こんな風に誰かに好きだって伝えられるの初めてだった」

あかり「だから頭の整理とかつかなくて」

あかり「自分がどういう気持ちかよく分からなかったの」

結衣「うん」

あかり「で、でもねあかりは結衣ちゃんの特別な存在なんだって」

あかり「そう考えたら、ぇへへ、なんだか嬉しくて」

あかり「今なら自信を持ってはっきりと言えるもん」

あかり「…あかりも結衣ちゃんが大好き、だよ」ニコッ



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 14:14:19.09 ID:09UFYSbi0

結衣「ほんとに…?」

あかり「け、結構恥ずかしいから何回も聞かないでよぉ…」モジモジ

結衣「誰かに言わされてるとかではないよね?」

あかり「む、あかりが信じられないの?」

結衣「い、いやあかりは優しいから…私を気遣って」

あかり「ち、違うもんっ!!あかりそんな軽い女じゃないよぉ!」

結衣「…どこで覚えたんだそんな言葉」

あかり「そんなに信じられないなら…結衣ちゃん目閉じて」

結衣「へ?」

あかり「いいから、早くしてよぉ!」



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 14:29:44.12 ID:09UFYSbi0

結衣「…」

あかり「ど、どうして閉じてくれないの!?」

結衣「な、なんとなく」

あかり「じゃ、じゃあ、あかりが閉じるもん」ツムリ

あかり「…」ソロソロ

結衣「ちょ、ちょっと!あかり顔近い!!」

あかり「…」

ゴチンッ

あかり「ふぎゃっ!」

結衣「だ、大丈夫か!?…モロに壁とぶつかったけど」

あかり「…」グスッ

あかり「うぅ、うわぁぁぁぁぁああああああ…」ポロポロ



166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 14:43:28.79 ID:09UFYSbi0

結衣「あ、あかり、ごめん…ごめんな」ギュッ

あかり「は、離してよぉ…あかりの事なんて嫌いなんでしょ」

結衣「なんとなくあかりがやろうとしてたことは分かってたけど…」

結衣「な、なんか照れくさくて…」

あかり「…」ジッ

結衣「わ、分かったよ」

結衣「自分からするのは初めてだから」

結衣「上手く出来るかどうかわからないけど…」

あかり「そんなの関係ないもん」

あかり「結衣ちゃんとキスすることに意味があるの…」ギュッ

結衣「あかり…」

結衣「…」チュッ

あかり「んっ…」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 14:56:50.85 ID:09UFYSbi0

あかり「…ぇへへ」

結衣「あーもう恥ずかしい」

あかり「あかりはキス結衣ちゃんが初めて…じゃなかった」

結衣「!?」

結衣「に、二回目ってこと?」

あかり「さ、三回目かな」

結衣「…」

結衣「…あかりって結構軽い女だったんだ」

あかり「ち、違うよぉ!どっちも無理やりだもん…」

あかり「1回目がちなつちゃんで、2回目が池田先輩に…」グスン

結衣「あー…私も千歳にやられたな」

あかり「で、でも本当に好きな人とするのは初めて、だよ」

結衣「…私もだよ、あかり」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 15:09:36.54 ID:09UFYSbi0

あかり「えへへ、結衣ちゃ~ん…」スリスリ

結衣「こらこら、甘えん坊だなあかりは」

あかり「ふふふ、いっぱい甘えちゃうもんね~」

結衣「ふふ」

あかり「あ、あれ?この袋にチョコいっぱいあるけど…」

結衣「あーそれは学校で貰ったんだ」

あかり「一つ、二つ、三つ、四つ…………十」

結衣「あは、あはは…」

あかり「…」ジッ

あかり「結衣ちゃんの浮気者」

結衣「なっ!?」



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 15:19:06.67 ID:09UFYSbi0

あかり「どうせ貰うとき鼻の下伸ばしてたんだろうなぁ」

結衣「そ、そんなワケないだろうが!」

あかり「…とっかえひっかえで女の子と遊んでるのかな?」

結衣「ちょ、ちょっと」

あかり「あかりとは遊びだったんでしょ」

結衣「あ、あかり昼ドラの見すぎだって!!」

あかり「…ふーんだ」

結衣「だいたいせっかく作ってくれたのに貰わないわけにもいかないだろ?」

結衣「貰った時はあかりと恋人だったワケじゃないし」

あかり「…ふーんだ」

結衣「うっ…」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 15:29:04.95 ID:09UFYSbi0

結衣「…」タジタジ

あかり「…」

あかり「結衣ちゃん、許してあげるよぉ」

結衣「ほ、ほんとか?…って言っても私は悪いことしてないんだけど」

あかり「…」ジトッ

結衣「うっ、わ、私が悪かったです…」

あかり「でもその代わりに条件があるんだけど」

結衣「じょ、条件って…」

あかり「…も、貰ったチョコの数だけあかりにキスして」

結衣「なっ!?」



184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 15:37:17.20 ID:09UFYSbi0

結衣「じゅ、10回だぞ10回!?」

あかり「そこは喜ぶところだと思うけど、違うの?」ジッ

結衣「いやあかりと10回もキス出来るなんて嬉しいけど…」

あかり「えへへ」

結衣「わ、分かったよ…今日中にすればいいんだろ?」

あかり「…」フルフル

結衣「えっ違うの?」

あかり「ご、5分以内…」

結衣「は?」



186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 15:55:25.19 ID:09UFYSbi0

結衣「ご、5分以内にあかりと10回キスしろってこと?」

あかり「…あと一回5秒以上すること」

結衣「…」

あかり「べ、別に嫌ならやめていいんだよ?」

あかり「…ゆ、結衣ちゃんはモテモテだから他に女の子いるだろうし」

あかり「どうせあかりは結衣ちゃんのお遊びだから…」イジイジ

結衣「イラッ」

結衣「あかり、こっち向け」グイッ

あかり「えっ?」

結衣「…んっ…」チュッ

あかり「!?…んむぅ…」



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 16:05:01.60 ID:09UFYSbi0

結衣「ん、あと9回だな」

あかり「ふぁ…」

結衣「ふふ、自分から言ったんだろあかり?ちゃんと持つのか?」

あかり「…ゆ、結衣ちゃん」ギュッ

結衣「可愛いよあかり、大好き」

結衣「………」チュッ

あかり「…んう」

結衣「………」チューッ

あかり「…ふぁ…」

結衣「………」チュッ

あかり「………」

結衣「…」チュッ

あかり「………ん」





195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 16:18:00.00 ID:09UFYSbi0

結衣「ん、折り返しであと5回か」

あかり「あぅ…」フラッ

結衣「ふふ、立ってるのもやっとじゃないかあかり」

あかり「そ、そんなことないよぉ…」

結衣「無理しなくていいよ、カーペットの上に仰向けになって」

あかり「こ、こうかな…」ゴロン

結衣「…それじゃあかりの上にまたがるから」

あかり「あ、あの結衣ちゃん…?」

結衣「ん、逃げられないようにってワケじゃないけどね」

結衣「残り5回は大人のキスしてあげるよ」

あかり「お、大人のキス…?」







199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 16:37:37.69 ID:09UFYSbi0

結衣「…怖がらなくてもいいよ、私に全部任せて」

あかり「う、うん」

結衣「知識もそんなないし、経験ももちろんないけど」

結衣「あかりが好きってことは誰にも負けないから」

あかり「…その言葉が聞けて嬉しいなぁ」

あかり「あかりも結衣ちゃんのこと大好きだよ」

あかり「大人のキスなんなのかよく分からないけど…」

あかり「結衣ちゃんとなら怖くないよ」

結衣「…ありがと、あかり」

結衣「あかり、その、舌出してくれる?」

あかり「…?」ンベッ

結衣「…ちゅっ…あむ……」

あかり「んぅ!?…ふぁ…ぅ…」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 16:46:05.59 ID:09UFYSbi0

結衣「ん……」

あかり「ぁ…ゆ、結衣ひゃん」

結衣「だ、大丈夫かあかり?怖くなかった?」ギュッ

あかり「ゆ、結衣ちゃんの舌があかりのお口に入ってね…」

あかり「も、もう何も考えられないよぉ」

結衣「ふふ、でもあと4回残ってるからな」

あかり「うぅぅ…」

結衣「む、、無理しなくていいからね」ナデナデ

あかり「ううん、結衣ちゃんお願い、続けてほしい」ギュッ

結衣「うん…」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 16:57:31.24 ID:09UFYSbi0

結衣「…ちゅっ…っ…」

あかり「…んぅ…ゃ……あぅ…」

結衣「ん……ちゅ……」

あかり「ひゃ……ゆ…い…ひゃん」

結衣「ん、あかりは私だけのあかりだから…」

結衣「誰にも渡さないからな」

あかり「んぅ…あ、あかり…は結衣ちゃん…だけ」

結衣「ちゅっ…んむ………」

あかり「ぁ…はっ……ふぁ…」





212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 17:08:11.33 ID:09UFYSbi0

結衣「…おしまいっと、お疲れ様あかり」

あかり「…っはぁ、ゆ、結衣ちゃ……はう」クタッ

結衣「ほ、本当に大丈夫なのか?」

あかり「だ、だいじょうぶだよぉ…」

結衣「よく頑張ったねあかり、ご褒美あげなきゃな」

結衣「…なでなでされるのとぎゅーっとされるのどっちがいい?」

あかり「…どっちもがいい」

結衣「ふふ、分かったよ」ギュッ

あかり「ん、結衣ちゃん、大好きだよ…」

結衣「私もだよ、あかり」ナデナデ

あかり「…」

結衣「あかり?」

あかり「…」zzz



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 17:14:00.95 ID:09UFYSbi0

結衣「ふふ、寝ちゃったか」

結衣「まぁ無理もないか、あんなにキスして疲れただろうし」

結衣「…これより先のことはまた今度かな」

結衣「い、いやそんなガツガツしてたらあかりに嫌われちゃうな」

あかり「…むにゃ」

結衣「ほんと可愛い寝顔」ナデナデ

結衣「…私がずっとずーっと側にいるからね」

あかり「…んへへ」

結衣「ぷっ、なんだよその笑い方…」

結衣「あかり、大好きだよ」チュッ

結衣「…おやすみなさい」



216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/14(火) 17:14:27.30 ID:09UFYSbi0

区切りいいしこれでおしまい!


元スレ
結衣「あかり。はい、チョコあげる」 あかり「え?あ、ありがとう」