1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:53:22.82 ID:lOWk+5hN0

伊織「……ねぇ」

美希「…………」

伊織「ちょっと」

美希「……た」

伊織「……た?」

美希「たいよぉけ~ん……むにゃ」

伊織「」プチッ

伊織「いつまでも楽屋で寝てんじゃないわよ!」バン!

美希「ひゃあ!?」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:54:25.61 ID:lOWk+5hN0

伊織「ほら!早く着替えて撤収!」

美希「あれ、でこちゃん……」

伊織「ていうかよだれ……ん?何よ」

美希「おでこ……目が無いの。どうしたの?」

伊織「……普通無いわよ!」






こいつは、いったい何なのよ。



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:56:04.27 ID:lOWk+5hN0

P「これから、この事務所で一緒に活動することになった子だ。」

美希「ミキは、星井美希なの。

   の~んびり、アイドルやれたらなって思うな」



ワー、ヨロシクネ!

オオウ、パツキンデスナ~

テイウカ、スゴイ゙ネ…

クッ


伊織「…………」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:56:59.36 ID:lOWk+5hN0

美希「ねぇねぇ」

伊織「な、なにかしら?」

美希「ミキと同い年だよね?」

伊織「えぇ、そうみたいね。私、水瀬伊織よ」

美希「あぁ、それでいおりんかぁ」

伊織「……亜美真美ね。全く……」

美希「…………」ジーッ

伊織「……??」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:57:59.77 ID:lOWk+5hN0

美希「……でこちゃん」ボソッ

伊織「……!?」

美希「あ、なんか気に入っちゃった。ミキ、でこちゃんって呼ぼ」

伊織「ちょっとぉ!なんか馬鹿にしてない?」

美希「そんなことないよ?お人形さんみたいでかーわいいの」

伊織「そ……そう?」

美希「でーこちゃん♪」

伊織「っ……!やっぱやめなさいそれぇ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 04:59:20.32 ID:lOWk+5hN0

ファーストインプレッションは、決して良くなかったわよ。

化粧、金髪、イマドキで如何にもなファッション。

どこの学校にも何人かはいるような、

毎朝教員と揉めてまで、装飾品やら頭髪、制服改造に勤しむ輩と同じ匂いがしたわ。

しかもそのスタイル。何よそれ、何なのよそれ。

絶対年上かと思ったわよ。

一体何食べて育ったらそんな身体……コホン、まぁこの話はいいわ。



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:00:28.59 ID:lOWk+5hN0

とにかく、可愛い顔してるのは分かるけど、

とてもじゃないけどやる気の欠片も感じられなかった。

私は本気でアイドルやってるつもりだったの。

お遊び気分ならさっさとやめてほしいって……正直思ったわ。



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:01:22.73 ID:lOWk+5hN0

真「プロデューサー!美希がね、凄いんですよ!」

春香「そうそう!一回見ただけで振り付けぜ~んぶ覚えちゃって!」

ムコウノディレクターサンニモ、ホメラレチャイマシタ!

カッコヨカッタナァ、ミキ!






でも、違った。



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:02:26.91 ID:lOWk+5hN0

レッスンで何度か一緒になって、気にはなってた。

仕事の評判が入ってくるようになって、それで確信したわ。

あんたがただ、ルックスだけでスカウトされてきた訳じゃないってこと。

ホワイトボードが日に日に黄緑で侵蝕されていく様が、

見てて複雑だった。



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:03:34.68 ID:lOWk+5hN0

亜美「会場の兄ちゃん姉ちゃーん!」

あずさ「今日はとっても暑い中、私達のライブに来てくれて、ありがとうございま~す」

伊織「まずはあいさつ代わりに、一曲!」

「「「SMOKY THRILL!」」」





はぁ!?

ちょっ、勘違いしないでよね。

悔しくなんかなかったわ。

私は新進気鋭のアイドルユニット、竜宮小町のリーダーなの。

それ以前に、私は天下のスーパーアイドル水瀬伊織ちゃんよ?

あんたなんかに―――



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:04:40.24 ID:lOWk+5hN0

あずさ「……えぇ、分かっています。……はい、……はい。

    ……すみません、よろしくお願いします」

律子「あずささん……?」

あずさ「えぇ、向こうの皆がフォローしてくれています」

律子「でも、これ以上の遅刻は許されないわね……」

ネェリッチャン! コノクルマ、ソラトカトベナイノ?

トベタラトックニトンデルワヨ……

伊織「…………」ギュッ





あんたなんかに……



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:05:53.40 ID:lOWk+5hN0

亜美「うわぁ! 今ね、ミキミキがチョー頑張って繋いでくれてるって!」

律子「美希が!? そっか……ふふ」


伊織「……私達も、負けてられないわね――





嫉妬なんか、するわけ、無いじゃない……!



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:06:56.52 ID:lOWk+5hN0

あんたは……! いつもそうよ!

なんにも考えてないような顔しといて

人の心見透かしたようなこと言って……

暇さえあれば寝てばっか、打ち合わせも適当で……

そのくせ勘はよくて、仕事も、レッスンも!

あいつにも……所構わずベタベタして……!



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:07:59.66 ID:lOWk+5hN0

何よ――何なのよ――――!

私、負けたくないって……死に物狂いで、ここまできて!

なのに……! あんたは……!



   あんたは――

伊織「私は、いったい何なの――?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:11:11.56 ID:lOWk+5hN0

美希「……でこちゃん」

伊織「もう、嫌……。何言ってんの私」ポロッ

美希「泣いてるの……?」

伊織「……悪い?」

美希「……ううん」

伊織「…………」グスッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:12:37.09 ID:lOWk+5hN0

……………………




伊織「……私」

美希「……んー?」

伊織「天才って言葉嫌いなの」

美希「……天才」

伊織「テストで良い点とったりとか、その程度のことで

   そう呼んでくる輩っているじゃない」

美希「なんとなく分かるの」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:13:56.41 ID:lOWk+5hN0

伊織「腹立つのよね。私は天才じゃないの。

   真面目に勉強すれば誰だってとれるわって」

美希「……でこちゃんらしいの」

伊織「……それに」

美希「……?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:14:51.74 ID:lOWk+5hN0

伊織「天才はそんなに安いもんじゃないって知ってるもの。

   今、隣に本物がいるせいでね」

美希「…………」

伊織「……天才なんか、嫌いよ」

美希「でこちゃん」

伊織「…………」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:15:54.66 ID:lOWk+5hN0

美希「人に言われて嫌なことは、人にも言っちゃダメって思うな」

伊織「……そうね」

美希「でーこちゃん」

伊織「……ん?」

美希「ミキのこと、嫌い?」

伊織「…………」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 05:17:03.87 ID:lOWk+5hN0

暇さえあれば寝てばっか


打ち合わせも適当で


そのくせ勘はよくて


そうやってまた、人の心見透かしたみたいに――――





美希「……♪」


伊織「……バカ」





おわれ


元スレ
伊織「あんたが憎い」