1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:29:47.20 ID:yeGH/PYy0

――朝 結衣宅

結衣(……バレンタインか。 気合いれて行こう。

 去年は大変だったからなぁ。

 後輩ができた今年は……想像したくもないな。

 かといって学校行かないわけにもいかないし)

ピンポーン

結衣「はいはい」

京子「ゆっぅふうえいぃー!」

結衣「どんなだよ。 朝から元気すぎるだろ……」

京子「男子の気持ちを代弁してみました」

結衣「男子ってそんななのか?」

京子「しらん!」ドヤッ

結衣「……」

京子「まーまー、さっさと行きましょうぜ姉御」

結衣「……はぁ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:30:35.24 ID:yeGH/PYy0

――登校中 通学路

結衣「京子は気楽でいいなぁ」

京子「実はそうでもない」

結衣「そうなの?」

京子「うむ」

結衣「京子もか」

京子「すでに3個ある!」

結衣「早いな」

モブ娘A「あのっ」

結衣「はい」

モブ娘A「こ、これ、船見さんに!」

結衣「あぁ、ありがとう」

モブ娘A「あっ、その、えっと、ありがとうございましたぁぁあっ」ダッ

京子「1個目ーゲッツ」ビシッ

結衣「人事だと……ってわけでもなさそうだな」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:31:27.97 ID:yeGH/PYy0

モブ娘B「歳納さん!」

京子「Oh Yes!」

モブ娘B「PRESENT FOR YOU!」

京子「Yes very thank you!」

結衣「日本語でいいだろ」

京子「バリエーションゆたかな方が楽しいだろー?」

結衣「私はそんな元気がないよ」

京子「今日という日を楽しもうぜぇー」ベタベタ

結衣「寄るなうっとおしい」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:33:10.67 ID:yeGH/PYy0

――学校 下駄箱

結衣「あれっ、今年は2個しか入ってない」

京子「そりゃそーでしょ」

結衣「ん?」

京子「去年の覚えてない?」

結衣「去年……」

京子「いくらラッピングしてあっても、下駄箱に食べ物入れるとかちょっと考えられないねキリッ」

結衣「ぁー言ったかもしれない。 キリッはいってないけど」

京子「言った言った。 やーあの時影で見てた子の引きつった顔は忘れられないよ」

結衣「こんな一言だけで変わるものなのか」

京子「まぁ実際あんまり気持ち良い物じゃないからねぇ」

結衣「そういう京子は何個入ってたんだ?」

京子「なんと、0個」

結衣「よかったな」

京子「うーむ。 少し複雑」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:35:15.39 ID:yeGH/PYy0

――一階廊下

結衣「そろそろか」

京子「予感的中」

後輩A「船見先輩!」

結衣「ありがとう」

京子「早っ!」

後輩B「船見先輩!」

後輩C「あ、私も!」

後輩D「うちは歳納先輩に~よろしゅうおねがいしますぅ~」

後輩F「あたいも歳納先輩に!」

結衣「あ、ありがとう……ははは」

京子「おおきにー! まいどー!」

結衣「元気だな」

京子「あたいったらもてもてね!」

結衣「喋り方感染ってるぞ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:37:35.72 ID:yeGH/PYy0

――二階廊下
結衣「教室つくまでに8個か……」

京子「去年の倍だねぇ」

結衣「いちいち数とか覚えてないよ」

京子「でも今年は普通の市販チョコばっかりでいいね」

結衣「あぁ、それは覚えてる」

京子「日持ちしないから手作りでもらっても困るドヤッ」

結衣「ドヤッはしてないと思うんだけどな」

京子「してたしてた」

結衣「してない」

モブ娘C「あー船見さんー歳納さんーこれー」

結衣「ありがと」

京子「褒めてつかわす!」

モブ娘D「こっちもーはい」

結衣「ありがとう」

京子「もっと貢いでもいいのよ? ふふん」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:39:23.08 ID:yeGH/PYy0

――二年 教室

綾乃「歳納京子……」

結衣「お、おはよう綾乃」

京子「なんだよー綾乃ももうぐったりかー?」

千歳「おはよー二人共ー」

結衣「おはよう千歳」

千歳「綾乃ちゃんたらー超たらしなんやでー」

綾乃「そういうのじゃないわよ……」

京子「ちなみに京子様は合計8個なうだ!」

綾乃「そう、まだ一桁なのね……」

京子「おぉう……」

結衣「私も次で二桁か……」

千歳「ふふふー捗るわぁ~」

結衣「失血死はやめてくれよ……?」

千歳「この日のために修行してきたから大丈夫や!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:41:10.80 ID:yeGH/PYy0

綾乃「そういうわけで、はい」

結衣「ん、私もこれ」

京子「どうもどうも」

千歳「チョコはなぁ。 うちもらってもなぁ」

結衣「あぁ、千歳にはこれで」

千歳「煎餅やんーわざわざ用意してくれたんー?」

京子「うわかぶった」

千歳「もー二人ともええこやなぁー」

綾乃「私はふ菓子で」

千歳「おおきに~。 うちからはちゃんとチョコやでー」

結衣「ありがとう」

京子「なんかお婆ちゃんにお菓子貰ってるみたい」

綾乃「わかるわー」

千歳「わかられたわぁ~」クスクス



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:42:55.06 ID:yeGH/PYy0

級友A「あぁーちょっとそこの四人こっちこっち」

京子「どうしたねA子ちゃん!」

級友A「あんたらが来る前にこれだけ届いてるんだからね」

結衣「うわ」

綾乃「あぁ……」

級友B「ついでに私たちのも混ぜといたからー」

結衣「わからなくなるよ」

級友C「抜かりはないわ!」

級友D「名前書いた紙入れておいたからー」

綾乃「それなら安心バッキンガムね」

結衣(まだ朝なのに綾乃壊れてる)

綾乃「あぁ、違うわね。 そう、安心東照宮よ」

結衣「綾乃、大丈夫?」

綾乃「だ、大丈夫、大丈夫よ……ふふ……」

千歳(ダメそうな綾乃ちゃんもかわええわぁ~)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:45:02.41 ID:yeGH/PYy0

――同時刻 一年教室

あかり「えっ」

級友1「いつもお世話になってるからー」

あかり「ありがとぉ~」ニコニコ

級友2「あ、私も私も」

あかり「わぁー」

級友3~7「うちらもー」

あかり「えへへ、あかりこんなに貰っちゃっていいのかなぁ?」

級友8「あかりちゃんー先輩が呼んでるよー?」

先輩A「赤座さんにこれ」

あかり「えぇっ、ありがとうございます~」アセアセ

先輩B「こっちも、美味しく食べてね?」

あかり「えへへ、ありがとうございますぅ」ニコッ

先輩AB(まじ天使……!)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:47:19.40 ID:yeGH/PYy0

あかり「なんだかたくさん貰っちゃったぁ」

ちなつ「なんでこんなに貰うんだろうね」

あかり「ほんとだよぉ。 それにあかりお返し全然できなさそう……」

ちなつ「んー、いいんじゃない? 名前も知らない人居るし」

あかり「うんー……」

ちなつ「んーーーー、あかりちゃんが色々貰うのはわかるけど」

あかり「わかるの?」

ちなつ「わかるよ。 私がなんでこんなことに……」

向日葵「私もそのセリフを言いたいですわ」

櫻子「――」プシュー

ちなつ「……なんだか京子先輩絡みのようなきがしてならない」

あかり「京子ちゃんが?」

ちなつ「なんか変なイベントでも開いてるんじゃないかーって」

向日葵「私が言うのも憚られますが、可能性はありそうですわね」

あかり「京子ちゃんかぁ……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:49:11.79 ID:yeGH/PYy0

―― 二年教室
京子「へーちょっくしょん!」

結衣「うわ、なんだよ」

京子「だれかが麗しの京子様の噂をしているに違いない!」

結衣「そら今日は噂だらけだろ」

京子「それはやばい! くしゃみ死する!」

結衣「しねーよ」

京子「いや、わからないぞ」

結衣「わかるよ」

京子「わかあrないよ!」

結衣「噛むほど力説しなくても」

京子「バレンタインってテンションあがるじゃん?」

結衣「上がらないよ」

京子「さっきからYOYOって結衣はラッパーかYO」

結衣「……」

京子「暴力反対だYO」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:52:57.91 ID:yeGH/PYy0

――昼休み 二年教室

級友A「はーい、船見・歳納宛は教室の前のドアへー」

級友B「杉浦・池田宛は後ろのドアへー一列でならんでねー」

級友C「最後尾はこちら」

級友D「はいそこー通行人の邪魔にならないようにねー」

結衣(なんだこれ)

京子(予想外すぎる)

綾乃「ふふっ、ありがとう」ニコッ

後輩G「は、はいっ」

千歳「ありがとぉ~。 飴ちゃん一個もってき~」

モブ娘D「えへへ」

結衣(さすが生徒会……!)

京子(あれが営業スマイルか!)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:55:12.78 ID:yeGH/PYy0

―― 一年教室

あかり「あの」

先輩E「いいのいいの」

あかり「その」

先輩F「気にしないでー」

あかり「えっと」

先輩G「お返しは考えなくていいからねー」

あかり「は、はぁ。 ありがとうございます」

向日葵「綺麗なラッピングですわね……ありがとう」ニコッ

モブ娘G「生徒会がんばってねー」

櫻子「僕と契……ううん、なんでもない」

モブ娘H「もー大室ちゃんったらー」

ちなつ「やーん、ありがとうございますぅ~」

先輩H「あはは、ちなつちゃんは可愛らしいねぇ」

ゆき&めり(な、なにこれ……)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:57:26.79 ID:yeGH/PYy0

―― 放課後 茶道部室

あかり「た、大変だったぁー……」

ちなつ「なんだったんだろうねアレ……」

京子「よーっ! 京子様のご到着だぞ皆の者ー!」

ちなつ「……」

京子「反応薄いね」

あかり「あはは、ちょっと疲れちゃって」

京子「うわー、二人共たくさん貰ったんだなぁ」

結衣「やぁ……」

ちなつ「結衣せんっ……ぱ……えぇ……」

あかり「結衣ちゃんは凄いねぇ」

結衣「どうしようねこれ」

ちなつ「さすが結衣先輩ですぅ! って、言える感じじゃないですね」

結衣「ちなつちゃんも大変だったみたいだね」

ちなつ「全くです。 なんでこんなことになってしまったのやら」チラッ



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 00:59:50.25 ID:yeGH/PYy0

京子「いい質問ですねぇ!!」

ちなつ「まさか本当に京子先輩が?」

京子「や、そういうわけじゃないんだけどね」

結衣「……」

あかり「こんなにチョコ貰っちゃうのにはなにか理由があったの?」

京子「いい質問」

結衣「さっさと進めろ」

京子「実はですね」

ちなつ「……」

京子「現生徒会とごらく部にはファンクラブがですね」

あかり「えぇーっ!?」

ちなつ「そんなものが……」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:01:26.94 ID:yeGH/PYy0

京子「まぁ、私美人だし? 結衣はTケXソだし?」

結衣「やめろ」

京子「やっTー!」

結衣「……」ゴゴゴ

京子「すみません」

ちなつ「で、ファンクラブってなんなんですか?」

京子「その名の通り、ファンクラブだよ。 ごらく部の私たち四人と、後生徒会ね」

あかり「それでチョコが?」

京子「まぁーそんな感じだろうと狂気のマッドプロフェッサー京子は予見している!」

結衣「はぁ……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:03:32.44 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「でもファンクラブって」

京子「生徒会は恒例なんだけどねー」

あかり「そうなんだぁー」

京子「ごらく部はたまたまだよ」

ちなつ「たまたまって」

京子「というか結衣が全面的に原因?」

結衣「やっぱりか」

あかり「去年もたくさんもらったーっていってたもんねぇ」

京子「まー、ほら、かっこいい子がいると

 基本的にファンクラブは形成されてしまうもんじゃん?」

結衣「私らが入学したときはソフトテニス部にファンクラブがあったな」

京子「そうそう。 あの頃のテニス部はかっこよかったよねー」

結衣「まぁ、たしかに。 名前も覚えてないけど」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:06:09.10 ID:yeGH/PYy0

京子「でも先輩が卒業しちゃってー、一年の頃からイケメン度に定評のあった結衣とか

 後聞きだけど千鶴とかあたりで次期ファンクラブができるのではって噂があってさ」

ちなつ「でもそれなら突然ごらく部まるごとファンクラブって変じゃないですか?」

京子「それはほら、私美人だし?」

ちなつ「……」

京子「いやはや、本当に冗談じゃなく、そうなっちゃってるんだよ」

ちなつ「ってことは」

京子「うむ。 あかりは天使可愛いとか、ちなつちゃんはもふかわいいとか

 身内っていうのを差し引いて考えてもも、絵になる4人だからねぇ」

あかり「皆は可愛いけど、あかりはそんな事ないと思うんだけどなぁ」

結衣「いや、あかりは人気でそうなタイプだと思うよ」

あかり「そうなの?」

ちなつ「わかります」

京子「むしろ結衣の次に人気あるんじゃないかってぐらいじゃ?」

あかり「えぇっ、まさかぁー」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:08:08.06 ID:yeGH/PYy0

京子「さて」

ちなつ「はい?」

京子「全然知らない相手からのチョコはひとまず置いておいて」

結衣「……」

京子「ごらく部はごらく部で友チョコパーリィしようじゃないか!

 レッツパーリィ! ひあういーごー!

 というわけで各自持ってきているであろう友チョコを」

ちなつ「……」

あかり「……」

結衣「……」

京子「えっ。 もしかして友達だと思ってたの私だけとか? なにそれかなしい」

ちなつ「……ふぅ、ちゃんとありますよ」

あかり「ぇへへー黙る流れかなって!」

結衣「京子のは無いかもしれないなぁ」

京子「結衣さんだけきつい!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:10:31.28 ID:yeGH/PYy0

京子「さぁ諸君、出したまえ!」

ちなつ「私は生チョコですぅ~」

京子「ほほう!」

あかり「あかりはー皆がチョコかなって思ったからクッキーにしたんだよぉ~」

京子「気がききますなぁ!」

結衣「あれ、私もそう思ってパウンドケーキにしたんだけど」

京子「ご安心! 私はチョコケーキっぽいなんかだ!」

ちなつ「ぽいってなんですか、ぽいって」

京子「んー、実は失敗してドライフルーツのアレ、二倍いれちゃったんだよね」

あかり「二倍……」

京子「で、味見してみたらドライフルーツが強くて強くて」

ちなつ「だからっぽいなんですね」

京子「そのとおり! ま、4つバランスは悪くないと信じよう!」

あかり「あはは」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:13:26.35 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「はい、どうぞ」

京子「さんきゅーちなっちゅあぁぁぁっつ!」

ちなつ「熱いに決まってるじゃないですか!?」

京子「不意打ちだった」

ちなつ「正面突破ですよ……。 はい、結衣先輩、あかりちゃん」

結衣「ありがとう」

あかり「ありがとーって、ちなつちゃんあかりブラック無理なんだけど!?」

ちなつ「あれっ? 櫻子ちゃんからあかりちゃんはブラックゴクゴク飲めるって聞いてたけど」

あかり「飲めないよ!?」

ちなつ「あれー? ごめんね、ミルク取ってくるー」

あかり「自分でいくからいいよぉーごめんねー」

結衣「……何」

京子「お、おっとなーと思って」

結衣「いや別に……」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:18:17.37 ID:yeGH/PYy0

あかり「わー、この生チョコおいしいー」

ちなつ「えへへ、ありがと。 でも溶かして混ぜて固めただけだよ?」

結衣「おい京子、ちょっと酸っぱいぞこれ」

京子「ドライフルーツましましだからね! ラムレーズンも当社比二倍!」

結衣「狙って倍にしたんじゃないだろうな」

京子「まさか」

ちなつ「結衣先輩のケーキすごく美味しいですぅ! ほっぺがどぅるーんですぅ!」

結衣「あ、ありがとう」(どぅるーん!?)

京子「結衣のパウンドケーキなんて混ぜて焼いただけじゃないかぁー!」

ちなつ「京子先輩のだって混ぜて焼いただけじゃないですか。

 しかも分量ミスって」

京子「反論できない!」

結衣「そう考えると一番手間かかってるのはあかりか」

あかり「そうかなぁー?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:19:42.69 ID:yeGH/PYy0

京子「型抜きとかめんどいよなぁ」

あかり「楽しいよぉー?」

京子「楽しいのは楽しい! だがめんどい! 略してたのめん!」

結衣「無理やりすぎるだろ」

京子「ホビロン!」バンッ

ちなつ「ちょっと京子先輩暴れないでください!」

京子「すまぬ、すまぬ……!」

結衣「京子お前変じゃないか?」

京子「そんな事はない!」

あかり「テンション高いねぇー」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:20:49.40 ID:yeGH/PYy0

結衣「あっ、お前酒入りチョコ喰っただろ」

京子「貰ったからねぇー」

ちなつ「酔ったんですか!?」

京子「酔ってないよ」

あかり「なんだーよかったー」

京子「べらんめぇ!」

あかり「酔ってない!?」

京子「ごめんごめん、今日は私も疲れててさ。 無理にがんばろうとするとね」

結衣「疲れてるなら落ち着けよ」

京子「……」キリッ

ちなつ「それはそれで不気味ですぅ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:22:16.39 ID:yeGH/PYy0

京子「さて、友チョコパーリィも終わった所で……」

結衣「ん?」

京子「本命チョコパーリィに移行しますか」

ちなつ「は?」

京子「さぁちなつちゃん、私への本命チョコをギブミー!

 べいべー、ぷりーず、ぎぶみーっ!」

ちなつ「はぁ?」

京子「ちょ、ちなっさんこわいです」

ちなつ「京子先輩なんかに本命チョコがあるわけないじゃないですか」

京子「えぇー……」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:23:29.80 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「私の本命チョコはぁー! もちろん結衣先輩へのですぅぅぅ!」ドンッ

あかり(これが)

京子(チョコ)

結衣(だと!?)

ちなつ「自信作なんですよ! えへへへへ」

  「キシャー」ウネウネ

あかり「」

京子(生きてるじゃん)

結衣(どうしよう)

京子(こっちみんな)

結衣(えぇ……。 あかり白目向いてるし)



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:26:41.28 ID:yeGH/PYy0

京子「わっ、私も本命チョコ用意してきたんだぞー!!」

ちなつ「なっ、私受け取りませんよ!」

京子「ちなつちゃん宛だと思った? 残念、結衣宛でした!」

結衣「はぁ!?」

ちなつ「なんと!?」

京子「ふっふっふ……修羅場ですなぁ!」

結衣「いろんな意味でな」
   (しかし、困ったな……これじゃ……)

あかり「」

結衣(おいあかり、もし本命チョコ持ってるなら今出さないと空気だぞ)ボソボソ

あかり「……はっ、えっ、あかり?」

ちなつ「ええ、あかりちゃんまでも!?」

京子「あかりはないだろー」

あかり「えっ、えっと」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:29:39.76 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「さぁ、結衣先輩! 私と京子先輩、どっちを選ぶんですか!」

京子「Which do you choice!」

結衣「いや、どっちっていわれても。 えー」

あかり(……本命チョコ……)

ちなつ「私は覚悟出来てますよ! 十割十分本気です!」

京子「だったら私は120%中の120.4%だ!」

結衣「なんだよその中途半端な数字は!」

あかり「……」

ちなつ「さぁ、生きるも死ぬも結衣先輩次第です!」

結衣「生死に関わるの!?」

京子「結衣は死なないわ。 私が守るもの」

結衣「そんな唐突にエヴァネタを挟まれても!?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:32:27.90 ID:yeGH/PYy0

あかり「あのっ」

ちなつ「!?」

京子「おう!」

結衣(おっ)

あかり「あ、あかり用事思いついたから先に帰るねっ!」

結衣「えっ、ちょっとあかり」

あかり「じゃあねー!!」

結衣「あかり……えぇー……」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:33:02.84 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「あかりちゃん、空気を読んで……」

京子「その犠牲無駄にはしない……」

結衣「えぇー……」

ちなつ「さぁ、天国と地獄!」

京子「ラヴィ!」

結衣「落ち着け」

ちなつ「結衣先輩のためならたとえワニの川大蛇の森!」

京子「たとえ火の中水の中草の中綾乃のスカートの中!」

結衣「お願いだから落ち着いてくれ……」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:35:15.59 ID:yeGH/PYy0

―― 河川敷

あかり(はぁ。 逃げてきちゃった……。

 あんな真剣な二人見てたら、出せないよ。 あかりのチョコなんて……。

 ……はぁ。 追いかけてきてくれるわけないよねぇ。

 結衣ちゃん。

 どうして好きになっちゃったんだろう。

 そうだよね。 あかりはちなつちゃんの応援するって、決めたのに……。

 はぁー……。 一生分のため息ついちゃってる気がするよぉ)



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:36:34.23 ID:yeGH/PYy0

あかり(……チョコどうしよっかな……。 もう要らない、よね。

 自分で食べるのってなんだか、すごく惨めだし……。

 捨てちゃおう、かな。

 食べ物を粗末にしたら怒られちゃうけど、いいや。

 えーい!




 ……なんて、できないよやっぱり。

 はぁ。 あー……好きになりたく、なかったなぁ……)



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:38:20.42 ID:yeGH/PYy0

あかり(……はぁ。 帰ろう。 帰ってもらったチョコ食べて寝よう。

 明日きっと、京子ちゃんか、ちなつちゃんか、

 どっちかとお付き合いすることになったって

 結衣ちゃんから聞かされるんだろうなー……。

 応援、するしかないのかな。

 さようなら、私の恋心。 

 いっそ結衣ちゃんのファンクラブにでも入ろうかなぁー。 なんて。

 あはは。

 うん……、もう、かえ……ろ……)



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:40:16.92 ID:yeGH/PYy0

あかり「……」

結衣「……」

あかり「ねぇ、なんで結衣ちゃんがいるの?」

結衣「なんでって、追いかけてきたからに決まってるじゃないか」

あかり「どうして? ちなつちゃんと、京子ちゃんはいいの?」

結衣「あぁ。 断ってきた」

あかり「えっ」

結衣「あかりは、焦るとちょっと変なこと言うからさ」

あかり「え?」

結衣「用事を"思いついた"なんて、さ」

あかり「あっ」

結衣「そんな言い方したら、気になるじゃないか」

あかり「そっか……」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:42:11.25 ID:yeGH/PYy0

あかり「ごめんね。 もっとうまく言えたらよかったのに」

結衣「ううん。 どっちにしても追いかけるつもりだったからさ」

あかり「どうして?」

結衣「だって、あー、その、これ。 えっとー、受け取ってくれる?」

あかり「え……? これ……」

結衣「私の本命チョコ。 あかりへの、さ……」

あかり「本当に?」

結衣「あぁ」

あかり「……」

結衣「……」

あかり「……うん、えへへ、ありがとう……」

結衣「はぁー……良かった」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:43:53.76 ID:yeGH/PYy0

あかり「あの、じゃあこれ、も……」

結衣「うん。 ありがとう」

あかり「えへへ」

結衣「うー、なんかもう恥ずかしいなぁ」

あかり「恥ずかしいのはあかりだよぉ」

結衣「あはは」

あかり「でも、すごく嬉しい」

結衣「そっか」

あかり「でも、二人にすごく悪い、気分」

結衣「あかりはやさしいからね。 私があかりを選んだんだから、大丈夫だよ」

あかり「そうかな」

結衣「うん。 それに、あの二人はあかりと一緒で、優しいんだから、さ」

あかり「うん……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:46:00.18 ID:yeGH/PYy0

結衣「はぁー……ほんと恥ずかし」

あかり「あはは、顔真っ赤だよ」

結衣「あかりこそ」

あかり「えへへ」

結衣「あかりが本命チョコ出してくれたら受け取って、楽だったのに」

あかり「えー」

結衣「突然出てっちゃうんだもんなぁ」

あかり「だって……」

結衣「まぁ、いいんだけどさ」

あかり「うん」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:47:34.75 ID:yeGH/PYy0

結衣「な、なぁあかり」

あかり「何?」

結衣「その、えー、あれ、あれだよ、んー、いや、まだいいや」

あかり「ふふっ」

結衣「えっと、手、繋いでいい?」

あかり「う、うん」

結衣「……」

あかり「……」

結衣「……帰ろっか」

あかり「うん」

結衣「また、今度、二人でどっかいこうよ」

あかり「うん」

結衣「……そんな泣くなって」

あかり「うん、えへへ、しょうがないよ」

結衣「しょうがないか」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:48:53.14 ID:yeGH/PYy0

――あかり宅前

結衣「……じゃ、えっと、おつかれ?」

あかり「あはは、お疲れ様ぁー」

結衣「また明日ね」

あかり「あっ、結衣ちゃん」

結衣「ん?」

あかり「あかりは、結衣ちゃんの事、好きだよ」

結衣「あー……」

あかり「えへへ……」

結衣「私も、あかりのこと好きだよ」

あかり「えへへ。 また、明日!」

結衣「うん。 明日」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:49:44.39 ID:yeGH/PYy0

―― 少し前 茶道部室

ちなつ「選ぶまで帰しませんからね!!!」

京子「そうだそうだ! あかりが空気ながら空気読んでくれたんだぞ!」

結衣「わかった。 わかったから」

ちなつ「はい」ビシッ

京子「こいっ」ビシッ

結衣「……」

ちなつ「……」ドキドキ

京子「……」ドキドキ



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:51:21.21 ID:yeGH/PYy0

結衣「……二人共ごめん」

ちなつ「えっ」

京子「ちょ、ちなつちゃんはまだしも私もノーセンキュー!?」

ちなつ「ちょっと京子先輩どういう意味ですか」

結衣「そういうわけだから!」

京子「あっ、はい」

ちなつ「そんなぁ……」

結衣「本当にごめん。 でも私は、好きな人がいるから!」

京子「そっか。 じゃー仕方ないか」

ちなつ「うぅぅぅぅ」

結衣「そういうわけで、私も先に上がらせてもらうね。 また明日」

京子「またなー」

ちなつ「ま゛た゛あ゛し゛た゛ー」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:52:17.11 ID:yeGH/PYy0

京子「……負けたーぁ!」

ちなつ「結衣先輩……」

京子「まぁまぁ、元気だしなよちなっちゃん。 ほらこれでも食べて」

ちなつ「本命チョコじゃないですか」

京子「これは成功してるからさぁー」

ちなつ「それでも本命チョコなんて貰えるわけないじゃないですか」

京子「ちぇー食べたらちなつちゃんは私の物ーとかいえたのに」

ちなつ「はぁ。 そんなんだから結衣先輩に振られるんですよー」

京子「ぐぬぬ」

ちなつ「はぁー……」

京子「私の胸で泣いてもいいのよ?」

ちなつ「遠慮しときます」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:53:14.58 ID:yeGH/PYy0

京子「……」

ちなつ「……」

京子「……」

ちなつ「……」

京子「ねーちなつちゃん、私と付きあわない?」

ちなつ「はぁ?」

京子「結衣にふられたことだしさー」

ちなつ「よくそんな事が言えますね」

京子「ポジティブシンキングだよ」

ちなつ「泣きながらそんな事言わないでください」

京子「ぐぬぬ」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:55:15.85 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「それに、今OKしたら傷の舐め合いするみたいじゃないですか」

京子「むー」

ちなつ「私と付き合いたいなら、それ相応のアプローチ後にしてください」

京子「もしかして脈あり?」

ちなつ「さぁ」

京子「もーこのツ・ン・デ・レ・さん。 きゃっ」

ちなつ「……」

京子「先輩に手を上げるなんて!」

ちなつ「知りません!」

京子「シークワーサー!」

ちなつ「……はぁ。 もういいです。 私たちも帰りましょう」

京子「そうだねー」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:56:44.36 ID:yeGH/PYy0

ちなつ「それじゃ、また明日ですね」

京子「おー」

ちなつ「ってなんでついてくるんですか」

京子「心が弱ってる後輩を一人になんかできない!」

ちなつ「ほっといてください。 そういう気分なんです」

京子「それを聞いたらますます!」

ちなつ「……」

京子「睨んでも無駄だぞー」

ちなつ「はぁ。 しょうがないですね……」

京子「寂しかったらどしどしメールしてくれちゃっても構わないんだからねっ!」

ちなつ「考えときます」

京子「ふへへ」

ちなつ「……はぁ」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:57:36.93 ID:yeGH/PYy0

――――
―――
――



結衣(ただいまーっと。 ふふ、あかりと……えへへ……。

 いかんいかん、顔がゆるみっぱなしだ。

 あかりのチョコ食べて気を引き締めないと。

 逆効果か。

 でも、一ついただこう。 えへへ。 いかん。

 キャラが壊れ始めている気がする。

 落ち着こう。 私が一番落ち着くべきだ……)



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:58:13.60 ID:yeGH/PYy0

あかり(ふぅ……恋してよかったーっ! えへへへへ……。

 結衣ちゃん食べてくれてるかなぁ……。

 自信作だから、喜んでくれたらいいなぁー……。

 えへへ……。

 ふへへ……。

 ああもう、にやにやが止まらないよぉ……)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:59:06.63 ID:yeGH/PYy0

結衣(……なんだこれ。

 ……なんだこれ。 チョコ、なのか……?

 味が、チョコじゃない……。

 見た目、匂い、口溶け、その辺りは完全にチョコなのに

 味が……味が……。

 味が、うすしおポテチだ……!

 はっきりいって、チョコとしてはあんまり美味しくない……な……)



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 01:59:40.68 ID:yeGH/PYy0

あかり(えへへ。 結衣ちゃんのチョコ。 おいしー。

 ふふっ、あかりのうすしお味チョコは食べてくれてるかなぁー?

 えへへー。 結衣ちゃんのチョコ、大切に食べよっと)



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 02:00:43.69 ID:yeGH/PYy0

結衣(……うすしおだよ……。 うすしお好きなのかなあかり。

 好きじゃなかったら、こんなの作らないか。 知らなかったなー。

 こうやって色々新しくあかりの事知っていけたらいいな。

 でもこのチョコは、あんまり美味しくないな……はは……は……)



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 02:01:13.34 ID:yeGH/PYy0

あかり(ふわー……。 もうこんな時間……。

 えへへ、チョコ眺めてるだけなのに、えへへ……。

 明日からー、結衣ちゃんとーえへへ……ふふ……。

 おやすみ、結衣ちゃん……)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 02:01:43.65 ID:yeGH/PYy0

結衣(んー、寝よう。 寝れる、かな。 はは。

 おやすみ、あかり……の作ったうすしおチョコ。

 明日から……あかりと……。

 おやすみ、あかり)



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 02:02:44.26 ID:yeGH/PYy0

another-005778-081
 



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 02:11:28.39 ID:yeGH/PYy0

支援とか乙っした。
久々にハッピーエンド書けてよかった


元スレ
結衣「バレンタイン、か……」