1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:29:20.827 ID:/2DE3G4/0.net

俺「貧乳姉(ヒンチチネェ)が泣いてんだろ!!」

貧乳姉「しくしく・・・」

乳姉「んなこと言われたって・・・別にあたしもでかいわけじゃないし?」

乳姉「貧乳が小さいだけじゃん?」

貧乳姉「小さいって言ったぁぁぁぁぁっ!!メソメソ」

俺「あーもう、良いから辞めろって!!」

乳姉「それにあんただって目の保養になるっしょ?」ニヤニヤ

俺「ぐうの音も出ない」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:33:31.385 ID:/2DE3G4/0.net

陰毛姉(マンゲネェ)「はーお風呂気持ち良かった」

俺「ああコラ!!陰毛姉!!ブラ一丁でうろつくのやめろ!!」

陰毛姉「ちょっ…なになに急に!?あっ、こら!!パンツ穿かせようとしないで!!」

俺「だーくそっ!!」

陰毛姉「なんなのよ、一体!?」

俺「見ろ!!貧乳姉はまだ生えて無いんだぞ!!」

貧乳無毛姉(ヒンチチムゲネェ)「しくしく」

陰毛姉「それは貧乳無毛の発育が悪いだけっしょ、ウチのせいにされても困るし」

俺「まあそれはおっしゃる通りだが」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:37:13.782 ID:/2DE3G4/0.net

陰茎兄(マロニィ)「あー風呂はやっぱ最高だな!!おいお前も入って良いぞ」

俺「あっ陰茎兄!!聞いてくれよ…」チラッ

陰茎兄「ん?」ズルムケ

俺「あ…うん、何でもない…」

貧乳姉「い、陰茎君!!パンツ穿きなよ!!」

陰茎兄「なに貧乳姉?どうかしたの?穿いて無いのはいつものことじゃん?」

貧乳姉「俺君のことも考えてあげてよ!!まだ子どもちんちんなんだよ!!」

俺「しくしく…」

陰茎兄「あー失敬失敬」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:42:09.462 ID:/2DE3G4/0.net

陰茎兄「まーでも使ってりゃ剥けるはずだけどなぁ…」

乳姉「そうそう、揉まれてれば大きくなるんだけど」

陰毛姉「触ってれば毛も生えてくんじゃないの?」

俺「…」

貧乳姉「…」

陰茎兄「ま、いいや俺先寝るー」スタスタ

乳姉「あ、陰茎待ちなさい!!今日という今日はおっぱいマッサージしてもらうわよ!!」ダダダッ

陰毛姉「ズルイ!!ウチの陰毛カットが先だから!!」ダダダッ

俺「行っちゃったね」

貧乳姉「うん…」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:45:48.801 ID:/2DE3G4/0.net

俺「じゃあ俺お風呂入って来るね」スタスタ

貧乳姉「あっ…あ、あ…一緒…」

俺「ん?」

貧乳姉「あ…一緒…はい」

俺「一緒に?」

貧乳姉「こくこく」

俺「良いよ、子どもちんちん見られるの恥ずかしいから…」

貧乳姉「俺君…」



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:50:04.859 ID:/2DE3G4/0.net

俺「はぁ…早く大人になりたい」

ガラガラ カポーン

???「おうシケた面してんな!!どうした!?」

俺「ふぇっ…!?」

勃起兄(タツニィ)「なーんだなんだ?ビビリすぎだぜガハハ!!」

俺「勃起兄!!いつ帰ったの!?マグロはたくさん釣れた!?」

勃起兄「ああ、釣れた釣れた!!なんせこの…」ザパーン

勃起陰茎「ギンギン」

勃起兄「竿があるからなぁ…ガハハ!!」

俺「やっぱ勃起兄は凄いや!!」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 09:58:31.168 ID:/2DE3G4/0.net

勃起兄「それで…?何でシケた面してたんだ?」

俺「実は…」



勃起兄「ガハハハハ!!子どもちんちんかこりゃ良いや!!ガハハ」

俺「わ、笑わないでよぅ…」

勃起兄「あのな、誰だって最初は子どもちんちんなんだぜ?」

俺「う、嘘だ!!勃起兄は産まれた時から勃起ちんちんだって言ってたじゃないか!!」

勃起兄「そりゃお前俺は特別よ!!」

俺「なんで俺と貧乳姉だけ劣等種なんだ…」

勃起兄「それは違うぜ」

俺「違う…?」

勃起兄「見方を変えるんだ、貧乳姉なんてどう見ても毛の生えて無い中学生」

勃起兄「お前はどう見ても毛の生えてる小学生」

勃起兄「最高じゃないか!!」ペロッ



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:04:04.706 ID:/2DE3G4/0.net

俺「毛の無い中学生と毛の生えてる小学生が最高…?」

勃起兄「ああそうだ、そうだなぁ…お前いくつになった?」

俺「30だよ」

勃起兄「30か、貧乳は18だっけか」

俺「うん…」

勃起兄「30になったんならわかんねーかなぁ…中学生の魅力ってやつ」

俺「中学生の…魅力…?」

勃起兄「まあ良いや、すぐわかるようになるさ」

勃起兄「お前も親父の血を引いてるんだからな」

俺「父さん…」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:10:00.123 ID:/2DE3G4/0.net

きゃああああああっ!!!

勃起兄「悲鳴!?」ダダダッ

俺「待ってよ勃起兄!!」ダダダッ



鉄仮面「ククク…この中学生はいただいていくぞ」

貧乳姉「うっ…ぐっ…離し…て…」ジタバタ

勃起兄「テメェ…何者だ!?貧乳を離せ!!」

陰茎兄(チンコを折られている)「…うう」ピクピク

俺「陰茎兄…乳姉…陰毛姉…」

乳姉(乳首を洗濯バサミで挟まれている)「う…やめて…」ピクピク

陰毛姉(ケツまでびっしり毛を生やされている)「う…あ…あ…たすけ…」ピクピク

俺「なんて酷いことを…」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:15:00.472 ID:/2DE3G4/0.net

勃起兄「これ全部テメェがやったのか…?」

鉄仮面「だと言ったら?」

勃起兄「ゆるさねぇ!!」ビュンッ

俺「出たっ!!勃起兄のおちんちんビンタだ!!」

鉄仮面「フンッ!!」ガシッ

勃起兄「なっ…!!」

俺「受け止めた…嘘だよ…そんなこと…あり得ない…」ガクガク

鉄仮面「セイッ!!」シコシコ

勃起兄「うわああああああっ!?」ビュクビュクッ

ドサッ… ドサッ… ドサッ…

俺「たぁぁぁぁぁつぅぅぅぅニィィィィィィィィィィィッッッッ!!!!」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:19:32.052 ID:/2DE3G4/0.net

勃起兄(賢者タイム)「ガハッ…」ガクッ

俺「勃起兄!!動いちゃダメだ!!まだ射精てる!!」ガシッ

鉄仮面「他愛もない…フハハハハハ」シュッ

貧乳姉「俺君!!助けてぇぇぇぇぇぇっ!!!」

俺「貧乳姉ぇぇぇぇぇぇっ!!」

勃起兄「はぁ…はぁ…ったくザマアねーぜ、この俺が…」

俺「勃起兄!!どうしよう勃起兄!!」オロオロ

勃起兄「うろたえてんじゃねぇ!!」ビュンッ

バチッ

俺「おちんちん…ビンタ…勃起兄…?」

勃起兄「貧乳を助けられるのはお前しかいねぇんだ、そのお前がうろたえてんじゃねぇ」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:25:50.104 ID:/2DE3G4/0.net

俺「だけど…俺…子どもちんちんだし…」

勃起兄「良いじゃねぇか子どもちんちんは子どもちんちんで!!」

陰茎兄「勃起兄……俺…」

乳姉「勃起兄……私も…そう思う…よ…」

陰毛姉「ウチ…もさ…」

俺「勃起兄…みんな…」ウルウル

勃起兄「コクリ」

勃起兄「見ろ、さっきやられはしたが奴に精液を付けることには成功した」

俺「これは…勃起兄の精液…?」

勃起兄「これを辿って行けば奴の居場所がわかるはずだ」

勃起兄「必ず…必ず貧乳を救いだせ、お前にしかできないんだ」

俺「勃起兄…わかった…俺、やるよ!!」



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:34:16.964 ID:/2DE3G4/0.net

陰茎兄「い、良いのかい勃起兄…あいつはたぶん…」

勃起兄「わかっている、俺のおちんちんビンタを受け止めることが出来たんだ」

勃起兄「間違いなく親父が言っていたプロトタイプ(認知しなかった子)だ」

乳姉「プロトタイプ…」ゴクッ

陰毛姉「ね、ねぇ勃起兄、二人は大丈夫よね…?」

勃起兄「ああ…あいつなら…きっと大丈夫さ」



俺「精液、あ、あっちにも精液!!」スタタッ

警察「そこの全裸の君!!待ちなさい!!」

俺「ごめんなさい…今は構っている暇は無いんだ!!」ダダダッ

警察「あっコラ!!待て!!」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 10:55:01.140 ID:/2DE3G4/0.net

俺「はぁはぁ…ここだ!!」

ガチャッ

鉄仮面「遅かったな、子どもちんちん」

俺「…!!貧乳姉はどこだ!?」

鉄仮面「クイッ」

貧乳姉「ああああああもうやめてぇぇっ無理だからぁぁぁぁぁぁっ!!」プッシャプッシャァ

俺「乳首とクリトリスにローター!?」

鉄仮面「それだけじゃない、媚薬も少々使わせてもらったよ」

貧乳姉(目がハート)「ああああっんっ…あはぁぁっ」ヒクヒク

俺「貧乳姉…!!なぜだ!?なぜこんなことをする!?」

鉄仮面「お前にはわかるまい…プロトタイプの悲しみは…」

俺「えっ…?」



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:02:07.828 ID:/2DE3G4/0.net

俺「聞いたことあるぞ…プロトタイプ…」

俺「父さんが最強のちんちんを作ろうと研究をしていたときに偶然産まれた悪魔のちんちん…」

鉄仮面「くくく…」鉄仮面パカッ チンコボロン

俺「黒の衝撃(ブラックインパクト)…!!」

プロトタイプ「この醜い姿のせいで私がっ…どれだけ辛い想いをしてきたか…」

プロトタイプ「貴様にはわかるまい!!」

俺「…わかるよ」

プロトタイプ「なっ…なんだと…!?」

俺「俺だって子どもちんちんなんだ、知ってるんだろ?」ボロン

プロトタイプ(――思ってたより子どもちんちん――ッ!?)



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:10:31.579 ID:/2DE3G4/0.net

俺「同じ悲しみを背負う者同士なんだ…もうこんなことはやめよ?」

プロトタイプ「ええい!!煩い!!」ガバッ

貧乳姉「きゃぁんっ…んあぁんっ」

俺「や…やめろ…何をするんだ!?」

プロトタイプ「私はこの処女とセックスし…完全体となる…」

プロトタイプ「そして私を笑って来た者共に復讐し…」

プロトタイプ「陰茎の王として君臨する…!!」グゴゴゴゴ

俺「地球が…泣いてる…」

プロトタイプ「フハハハハハハハ!!!!」クチュッ

貧乳姉「んあぁっ…」ビクンッ

プロトタイプ「挿入れるぞォォォッッッ!!!!」



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:22:16.055 ID:/2DE3G4/0.net

プロトタイプ(――挿入れる場所がわからぬ――ッ!?)

俺「そうか…あいつも童貞…」

俺「女の子に手で持って挿入する場所を教えてもらわないと…」

俺「どこに挿入れて良いかわからないんだ…!!」

プロトタイプ「ええい!!女ァァ!!私を導け!!」

貧乳姉「あっ…んあぁっ…」涙ツー

俺「貧乳姉…」

(勃起兄「必ず…必ず貧乳を救いだせ、お前にしかできないんだ」)

俺「勃起兄…俺…俺…」

俺「そこをどけェェェェッ!!!」バチンッ

プロトタイプ「ぬぁぁぁぁぁぁぁっっ!?」ズサー

プロトタイプ「ば、馬鹿な…この私がおちんちんビンタを避けられなかった…?」



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:27:55.660 ID:/2DE3G4/0.net

プロトタイプ「ハッ…そうか、皮だ…皮が被っていることでちんちんの闘気が包まれて…」

プロトタイプ「私ですら感じることが出来なかった…」

俺「ごめんな、ブラックインパクト…悪いけど一足先に大人になるよ」

プロトタイプ「やめろォォォ!!私の…私の野望がァァァァァッ!!!」

俺「貧乳姉…俺を…俺のちんちんを導いてくれ」

貧乳姉「あっ…んあっ…」スッ

俺「ここだね?じゃあ挿入れるよ…」ヌチュゥ

貧乳姉「んっ…あぁんっ…」

プロトタイプ「うわあああああああああああああああああああああああ!!!!」

俺「貧乳姉っ…可愛いよ貧乳姉…」パンパン

貧乳姉「んっ…あっ…んっ…らめっ…」

プロトタイプ「なぜだああああああああああああああああああああああ!!!!」



69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:35:41.286 ID:/2DE3G4/0.net

俺「貧乳姉…もしかして意識を取り戻して…?」パンパン

貧乳姉「んっ…ダメっ…続けてっ…んちゅっ」

俺「んちゅぅっ…!?」パンパン

プロトタイプ「うわあああああああああああああああああああああああ!!!!」

貧乳姉「んちゅぱぁっ…んっ…あっ…」

俺「好きだよ!!貧乳姉!!」ギュッパンパン

貧乳姉「んっ…あっ…嬉しっ…んっ…私もっ」

俺「ああっ…もう射精そうっ」パンパン

貧乳姉「んっ…良いよ、膣内に射精してっ…」

俺「で、でも…」パンパン

貧乳姉「良いのっ…射精してっ…赤ちゃんっ…つくろっ…?」

プロトタイプ「おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

俺「貧乳姉っ貧乳姉っ…ああっ…むちゅーっ」ビューッビューッ

貧乳姉「んーーっ…!!」ビクンビクンッ



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:47:22.378 ID:/2DE3G4/0.net

プロトタイプ「体が…崩れ…?そうか…新しい王が選ばれたという…ことか…」

俺「まだ貧乳姉の膣内にいたいよ」

貧乳姉「もう…えっちなんだから…良いよ」

プロトタイプ「だが…覚えておけ…私は決して…消滅は…せぬ…」

俺「んちゅっ」ムクムク

貧乳姉「んっ…ちゅっ…あ、またおっきくなってきた」

俺「またして良い?」

貧乳姉「うん、良いよ…もっといっぱい私に射精してっ」キュッ

プロトタイプ「いつの日か必ず…肉体を…取り戻し…」

俺「貧乳姉っ…!!貧乳姉の子宮俺の精液でタプタプにしたいっ!!」パンパン

貧乳姉「あっ…んっ…良いよっ…子宮いっぱいに俺君の精液射精してっ」

プロトタイプ「再び…貴様の前に…その時こそは…私が…王と…なる…」サラァ…

俺「絶対受精して!!貧乳姉っ!!」ビュービューッ

貧乳姉「うんっ…孕ませてっ…!!あっ…ふぁっ…イクぅぅっ!!」ビクンビクン



74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 11:54:36.980 ID:/2DE3G4/0.net

俺「ほら早く!!皆待ってるよ!!」

貧乳姉「うん!!」

ガチャッ

ザッ…

勃起兄「…」

陰茎兄「…」

ザッ…

乳姉「…」

陰毛姉「…」

俺「え?え?あれ?」

勃起兄「新たなる陰茎の王!!エンペラーちんちん様の御帰還だ!!」

陰茎兄「王様ー!!」

乳姉「王様ー!!」

陰毛姉「王様ー!!」



79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/20(月) 12:03:31.962 ID:/2DE3G4/0.net

俺「これは一体…?」

勃起兄「王様、どうぞ玉座に」

俺「で、でも勃起兄…」

勃起兄「ニッコリ」

貧乳姉「ほら、玉座に座らないと!」

俺「う、うん…」スタスタ ポフッ

勃起兄「王様ー!!」

皆「王様ー!!」

こうして戦乱の世は平定した
ちんちんの争いが無くなったのは実に先代の王が治めていた時以来
15年ぶりのことであった


おわり


元スレ
俺「おい乳姉(チチネェ)!!風呂上りパンツ一丁でうろつくの辞めろよ!!」 乳姉「なんで?」