1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:43:30.783 ID:ndQJLVK40.net

少女「毎日毎日煙草とお酒に浸りスキあらばギャンブル三昧」

少女「そんなんだからお母さんも……」

少女「だからお義父さんを私が真人間にしてみせるっ!」

少女「まずは>>4よ!」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:44:54.662 ID:vZ1/ClpI0.net

フェラ



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:49:26.453 ID:ndQJLVK40.net

少女「欲求不満解消してスッキリすれば少しはマシになるよね?」

少女「ねえねえお義父さん!」

義父「……なんだよ」

少女「もう煙草もお酒もギャンブルもやめてよ!」

義父「ふん、お前には関係ないことだ」

少女「……そういうと思って――えいっ!」ズルッ

義父「うわっ! 何だ当然ズボンを脱がして……」

少女「私、お義父さんのために頑張ってバイトしたんだよ?」

義父「え……」

少女「頑張ってバイトして……」

少女「プロの人を雇ったの」

義父「は?」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:52:08.450 ID:ndQJLVK40.net

original-003179-007
 



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:55:29.620 ID:ndQJLVK40.net

少女「数時間後、阿部さんは上機嫌で帰っていった」

少女「何故か『具合が良かった』と言ってお代を受け取って行かなかったけど……」

少女「その後しばらくふさぎ込んでいたお義父さんはいつも以上にお酒をあびるようになっちゃった」

少女「まるで何かを忘れようとするように……」

少女「うーん、これじゃあ根本的な解決にならなかったのかな?」

少女「お金が浮いたことだし」

少女「>>12でもプレゼントしてお義父さんの心を動かそっと!」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 22:59:12.014 ID:xuu8VAjB0.net

コンドーム



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:01:29.899 ID:ndQJLVK40.net

少女「お義父さんにコンドームをプレゼントした」

少女「そしたら『もうちょっと早く渡して欲しかった!』って言われたよ」

少女「よくわからないけどタイミングが悪かったのかなあ」

少女「今度から常備しておこうっと」

阿部「ようお嬢ちゃん」

少女「あっ、阿部さんだ」

阿部「どうしたんだい今日は」

少女「お義父さんのためにコンドームを買いだめしておこうと思って」

阿部「>>15



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:04:08.795 ID:252jM5f80.net

お父さんをくれないか



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:07:40.729 ID:ndQJLVK40.net

阿部「お父さんをくれないか」

少女「えっ、それって……」

阿部「俺はあの一晩ですっかり参っちまってね」

阿部「他の男にピクリとも反応しなくなっちまったんだ」

阿部「あいつ……君のお父さんを除いて、ね」

阿部「デリバリーをやってたのは趣味で俺は自動車修理工で十分に三人くらいなら養っていけるだけの蓄えがある」

阿部「だから俺にお父さんを――」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:09:29.427 ID:ndQJLVK40.net

original-003179-018
 



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:11:34.500 ID:ndQJLVK40.net

少女「うーん、お義父さんには家庭に入ってもらうってのもアリっちゃありかも」

少女「でもそれでいいのかな?」

少女「阿部さんはいい人だけど、お義父さんはきっとまだ……」

少女「うーん……」

>>24
お義父さんを
1.あげる
2.あげない



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:12:45.675 ID:ykVvyFBl0.net

あげる



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:15:13.120 ID:ndQJLVK40.net

少女「うんっ! 阿部さんにならお義父さんを任せても安心かも!」

阿部「おっ、嬉しい事言ってくれるじゃないの」

阿部「それじゃあこれからいっちょう、一掘りイッてくるとするか」

少女「あ、待ってよー阿部さん」

阿部「おいおい、そんな他人行儀な呼び方よしてくれよ」

阿部「俺のことはパパって呼びな」

少女「パパ……!」キラキラ



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:17:09.662 ID:ndQJLVK40.net

ガチャ

<オーイ、イマカエッタゼ

義父「あ、あの声は……!」ガクガク

義父「くそ、また来たのかあのホモ野郎……!」

義父「嫌だ……あんな屈辱はもう嫌だ……!」

義父「どうにかして追い払わ――ん?」コロン

義父「そうだ、この>>30を使えばなんとかなるかもしれない」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:19:06.032 ID:VlRKunx90.net

道下



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:23:42.359 ID:ndQJLVK40.net

義父「独自に開発した道下アンドロイド(全年齢対象)を使えば時間稼ぎくらいには……!」

道下「ウホッイイオトコ」

義父「くっ、もうじき奴がくる……頼んだぞ道下!」

少女「ただいまー」

阿部「よう、早速で悪いが俺のケツに――ッ!」

阿部「お前は……道下……正樹?」

道下「ボクアベサンミタイナヒト……スキデスカラ」

阿部「そんな……お前は……!」ドクンドクン

義父(よし今のうちに逃げよう)

少女「どうしたのパパ?」

阿部「俺は……!」

>>34
阿部さんが選んだのは
1.義父
2.道下



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:26:49.334 ID:r8QHdVdn0.net

1



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:34:29.697 ID:ndQJLVK40.net

義父「」コソコソ

阿部「だが俺は……!」クルン

義父「!」ビクッ

阿部「こいつを愛するって決めちまったんだ」

阿部「硬く一本反り立つスジすら通せねえで」

阿部「何が漢だってんだ、なあ!?」ガシッ

義父「ひぇっ」

阿部「いいぜ……道下(おまえ)への想い、今ここで――」ゴソゴソビーン

義父「や、やめっ」ジタバタ

阿部「全て勃ち斬る!」ズプゥヌゥ!

義父「ア、ア、」

「アッーーーーーー!」

少女「わぁ……綺麗……」ジーン



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22(金) 23:38:23.310 ID:ndQJLVK40.net

少女「こうしてお義父さんとパパは無事に結ばれました」

少女「不摂生をするとパパに”おしおき”されるのでお義父さんは煙草とお酒をすっぱりやめました」

少女「パパは相変わらずで、お仕事も忙しいのによく家事を手伝ってくれます」

少女「なんだかお家の中がほっこりあたたかくなったような気がします」

少女「お義父さんはどんどん血色は良くなっていくのに瞳からは光が失せているような……?」

少女「でも、そんなことはどうでもいいのです」

少女「私は今、とても幸せなのだから」

――しあわせ家族計画END


元スレ
少女「お義父さんがクズすぎる」