1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 10:58:26.06 ID:uukBxqBBO

QB「その手にぶら下げたコンビニ袋の中身のことかい?
あるいは、その胸の2つの饅頭のことかい?
もしくは君自身のことかい?」
マミ「あなたはどれが……いいかしら?」

QB「……」ゴクッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:01:01.25 ID:uukBxqBBO

QB「…順番に食べたい」

マミ「いいわよ。はい、豚まん」

QB「あつ、でも美味しいよ」モグモグ

マミ「季節外れだけど」モグモグ



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:02:55.51 ID:uukBxqBBO

QB「ごちそうさま…」キュップイ
マミ「じゃあ次はコレ、ね」プルンプルン

QB「いい肉マンだ…」ハアハア



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:06:02.91 ID:uukBxqBBO

QB「わぁ!すごい、二つもある」

マミ「当たり前じゃない」

QB「頂きます…」

マミ「あっ」

QB「あれ、おかしいよ。先っぽが肉っぽくない!ていうか堅いよ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:08:57.18 ID:uukBxqBBO

QB「なんで固くなっているんだい?」

マミ「いやぁ、聞かないで…あっ」

QB「ふぅん…ちゃんと答えないと、念話で今の様子を実況するよ」

マミ「えっ」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:13:33.38 ID:uukBxqBBO

マミ「…き、気持ちよくって…固くなってるの…」

QB「違うだろ!コラァ!インキュベーター様の指でビクンビクンしてるメスブタだろうが!」

マミ「ヒィィ…あっ」

QB「豚まんの分際で感じやがって!こうしてやるわ!」ペロペロ^ω^



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:15:31.09 ID:uukBxqBBO

マミ「いやぁぁっ!おっぱいだけで感じちゃうよぉ!」

QB「おっぱいだぁ!?肉マンだろうがぁ!」ペロペロ^ω^

マミ「あっ…ひゃあ…!」

QB「ごちそうさま!マミ」キュップイ

マミ「!?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:17:47.64 ID:uukBxqBBO

QB「僕はお腹いっぱいだよ、マミ。ごちそうさま!」

マミ「ちょ…こ、これからじゃないの?」

QB「なにをいっているんだい、マミ?僕は豚まんを二つも食べた。」

QB「それとも…まだマンがあるとでもいうのかい?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:20:29.16 ID:uukBxqBBO

マミ「あるわ…!まだ、私のマンが!」

QB「へぇ…どこにあるというんだい」

QB「見 せ て よ」

マミ「…最初に言った通りよ…私自身が……ゴニョゴニヨ」

QB「聞こえないよ。ふざけているのかい?」

マミ「私が…豚まんよ…だから…食べて!」パァァァ



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:24:13.32 ID:uukBxqBBO

QB「いいだろう巴マミ。それが君の願いなんだね」

マミ「そうよ…!コレが、私の願い!」

マミ「今までずっと厨二だのデブだのぼっちだの言われてきたけど…!」

マミ「私だって…輝けるのよ!」

QB「マミ…わかったよ。ほら、出すんだ」

マミ「うん……」クパァ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:27:18.57 ID:uukBxqBBO

QB「ほぅ…これはまた立派な肉マンだね」ジュルリ

マミ「さあ、QB!私の中に…入って!」

QB「マミぃぃぃぃ!」

マミ「キュゥべぇえぇえ!」




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:30:53.06 ID:uukBxqBBO

マミ「あっ、はあっ」

QB「マミ…マミのマンマン、温かい…」

マミ「あああっ!しゃ、しゃべるらけでふりゅえてぇ…、き、もちっ…!」

QB「マミ…これが君のGスポットだ。ここをこうしてあげよう」

マミ「ぁぁぁぁぁぁぁぁっ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:33:42.68 ID:uukBxqBBO

QB「そうか。マミの豚まんが汁まみれで気づいたよ。君はもう、果ててしまうんだろう?」
マミ「いいん、のぉ、しょこおっ…あは、ぁつ、んん」

QB「いいだろう。最後まで見届けよう、巴マミという存在の結末を…!」クリクリ

マミ「いゃぁぁぁぁいくぅ、いっちゃぅぅうぅぅぅ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:36:08.41 ID:uukBxqBBO

さやか「たいへんだよ、まどか!念話がうっすら聞こえてくる!」

まどか「さやかちゃん、私も気づいてるよ」

さやか「マミさんの叫び声が聞こえる…!」

まどか「マミさん…!」

さやか「はやく助けないと!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:38:16.82 ID:uukBxqBBO

まどか「でも一体マミさんはどこで襲われているのか…わかんないよ」

ほむら「巴マミなら自宅よ」

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「さっきコンビニでブタマンを買い物をしているのを見たわ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:39:52.01 ID:uukBxqBBO

杏子「肉マン!たべてえ」

さやか「よし、みんなでこのままマミさんちへ行ってマミさんを助けよう!」

まどか「今回は必ず助けるから…マミさん!マミさん!」ダッ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:45:55.25 ID:uukBxqBBO

QB「プハァ…一発ヤったあとの一服はうめえぜ」

マミ「どうだったかしら…私の豚まん…」

QB「…マミ…君はもっと自信を持つべきだ」

マミ「キュゥべぇ…」

マミ「私…今までこんな風に、誰かと抱き合う悦びなんて知らなかった」

マミ「そのまま、誰からにも快楽を教えられることなく生きていくんだって」

QB「…」プハァ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:48:59.51 ID:uukBxqBBO

QB「君は一番ネタキャラだからね。しかし身体はどうだ」

QB「デブデブ言われるわりにはまどかたちと比べて成長期なだけじゃないか」

マミ「キュゥべぇ!」

QB「マミ!」(裸で抱き合う


ガシャーン

まどか「マミさぁぁぁぁああぁぁぁぁあああん!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:53:29.30 ID:uukBxqBBO

さやか「マミさん!大丈夫…って」

ほむら「これは!?」

杏子「なんだ豚まんがいるじゃんかよ」

まどか「どういうことなんですか!マミさん!」

まどか「いつも先輩面してるくせにQBをハメるなんて…!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 11:55:51.29 ID:uukBxqBBO

まどか「見損ないました」

ほむら「変態」

さやか「キモッ…獣姦かよ」

杏子「豚まん!」

マミ「ああぁ、なぜか感じちゃうう」ビクビク



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/07(木) 12:02:14.19 ID:uukBxqBBO

それからしばらくして、私巴マミはQB以外には話す人がいなくなりました。

またぼっちの始まりです。

しかし、あの頃のぼっちとは違うわ!

そうよ、今では私を女にしてくれるパートナーがいるんだから!



マミ「ただいま、キュゥべぇ…ピザマン買ってきたわ」

QB「その手にぶら下げたコンビニ袋のことかい?
あるいは、その胸の2つの饅頭のことかい?
もしくは君自身のことかい?」
マミ「…あなたはどれが…いいかしら?」





元スレ
マミ「豚まん買ってきたわ」