1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:42:11.324 ID:RgL1Ejl30.net

キョン「…五万か」

ハルヒ「少ないとか言わないでしょうね?」

キョン「そんなことないよ、ありがとう」

ハルヒ「あえて少な目にしてるんだからね、あんたが働くように」

キョン「ちゃんと仕事探してるって」

ハルヒ「ちゃんとおいしいもの食べてるの?材料買ってきたから今から何か作るわよ」

キョン「すまんな」

ハルヒ「えっと調味料はと…冷蔵庫に誰かの料理あるけど、誰かきたの?」

キョン「いやそれは…」

ハルヒ「有希でしょ?」

キョン「…昨日来たんだよ」

ハルヒ「来たなら来たって言えばいいでしょ、何で秘密にしようとしたの?」

キョン「お前が気にするかと思ってな…」

ハルヒ「気にするわけないでしょ、むしろ会いたいくらいだわ!」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 08:49:34.729 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「…もしかして」

キョン「おい今度は何だよ…」

ハルヒ「やっぱり、この脱衣場の引き出し女ものの服や下着が入ってる!」

キョン「だから長門のだって言ってるだろ」

ハルヒ「だからなんで有希の下着や服が入ってるのよ!」

キョン「あいつたまに泊まるからそうしたいっていったんだよ」

ハルヒ「はぁ?ならこうするわ!」

ガサガサ

キョン「俺の引き出しひっくり返すなよ」

ハルヒ「あんたのならほかのところに移動してよ、とりあえず有希の引き出しの上は私専用の引き出しだから」

キョン「何で部屋の持ち主の俺が脱衣場に服を置けなくなるんだよ、そういうところ変わってないな」

ハルヒ「どうせ家賃の一部も私のお小遣いから払ってるんでしょ?」

キョン「いやそれは長門が…あっ」

ハルヒ「有希からもお小遣い貰ってるの?」

キョン「いや…この部屋の家賃払ってるのあいつなんだ」

ハルヒ「はぁ?」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:00:57.264 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「何でそのこと私に黙ってたのよ!」

キョン「お前にいう必要ないだろ?」

ハルヒ「お小遣い貰ってる身でありながら生意気よ!」

キョン「それは…ありがたいと思ってるが」

ハルヒ「有希からはお小遣いいくらもらってるの?」

キョン「え?」

ハルヒ「家賃だけじゃないでしょ?」

キョン「…八万」

ハルヒ「そう…はい五万円、今月から10万あげるから」

キョン「いいのか?」

ハルヒ「あんたに心配されるほどの仕事してないから安心して」

キョン「そうだよなお前の働いてる会社最近景気よさそうだからな」

ハルヒ「それよりも有希にこそ無理するなって言ってあげたら?」

キョン「ああ…」

ハルヒ「有希の料理があるなら私が作る必要はないわね」

キョン「帰るのか?」

ハルヒ「買い物してくるのよ、歯ブラシとか着替えとか代えの下着とか」

キョン「今日泊まる気なのか?」

ハルヒ「有希も泊まってるんでしょ?それとも今日は私がいたら困るの?」

キョン「そういうわけじゃないが…」



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:05:02.224 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(せっかくキョンを自立させてやろうって私が気をつかってたのに有希の奴甘やかしちゃって)

ハルヒ(部屋の家賃だって本当は私が払ってもよかったのに、これだとキョンがいつまで当たっても自立しないじゃない)

ハルヒ(しかもしょっちゅう部屋に泊まってるとか信じられない)

ハルヒ(歯ブラシと石鹸とコンドー…そういえば有希とエッチしてるのかしら、戻ったら部屋を探してコンドームあるか調べてみるべきね)



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:09:31.903 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「ただいま」

キョン「早かったな…」

ハルヒ「別に下着と歯ブラシかってきただけだし」

キョン「そうか…」

ハルヒ「料理しようと思ってたけどその必要なくなったから部屋の片づけしてあげるわ」

キョン「いや部屋はそんなに散らかってないぞ」

ハルヒ「遠慮しないの、男はがさつだから細かい汚れとか放置してるでしょ?ほらほらあんたは居間でテレビでもみてて」

キョン「そうか…なら頼む」

ハルヒ(さてと、確かに部屋はキレイにしてるわね)



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:12:26.521 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(大したもの無いわね…)

ハルヒ(ゴミ箱は空か…今朝有希がゴミを出したのかしら)

ハルヒ(箪笥の中とか…何もないわ、というか生活感ないわねここ)

ハルヒ(やはりここはあのあからさまに不自然なバッグね、キョンが持ち歩きそうでもないし使い込まれた形跡もない)

ゴソゴソ

ハルヒ(…やっぱり)



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:19:22.184 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「さぁご飯食べるわよ」

キョン「ああ、これが一食分だから二食分を二人出たべればちょうどいいだろ」

ハルヒ「ラベルまではって有希って几帳面ね」

キョン「…もういいだろ」

ハルヒ「そうそう、さっき箪笥の上にバッグあったの見たんだけど」

キョン「ゴホッ…そっそうか」

ハルヒ「中に入ってたの見たわ、いつ使ったの?」

キョン「さぁ覚えてないなぁ」

ハルヒ「昨日使ったんじゃないの?」

キョン「お前に関係ないだろ!」

ハルヒ「別にいいでしょ、ローションとか大人のおもちゃとかもあったけど、あれも使ったんでしょ?」

キョン「それを聞いてどうするんだ?」

ハルヒ「ただの世間話でしょ?私と世間話したくないっていうの?」

キョン「世間じゃなくて俺の事だろ…」

ハルヒ「あんただって私に聞きたいことあれば聞けばいいでしょ、いいから昨日有希とエッチしたか答えなさいよ!」

キョン「…昨日はしてない」

ハルヒ「昨日は?」

キョン「ご飯が覚めるぞ~」

ハルヒ「覚めたらレンジで温めなおせばいいでしょ?」

キョン(もっと厳重にかくしておくべきだった…)



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:21:53.734 ID:RgL1Ejl30.net

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン(なんて重苦しい空気だ、食事がのどを通らん…)

ハルヒ「もういいわ、お風呂入るから」

キョン「そっそうか」

ハルヒ「話の続きはその後でいいわ」

キョン(まだ続くのか…) 



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:24:55.087 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「有希の奴なによ、前はキョンと付き合ってないとか言ってたはずなのに」

ハルヒ「キョンみたいな男を面倒みるのは私くらいかと思ってたのに」

ハルヒ「だいたいあの子昔からない考えてるかわからなかったのよね」

ハルヒ「立場をはっきりさせてあげなくちゃ、今度有希に直接会ってキョンに近づかないように言い聞かせてやるんだから!」

ハルヒ「このシャンプーもリンスも有希のものかしら、徐々に部屋を浸食されていったと思うと腹が立つわね!」



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:31:30.171 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「それじゃさっきの話の続きだけど」

キョン「何でバスタオル撒いてるだけなんだよ!」

ハルヒ「着替え買いそびれたからしょうがないでしょ!」

キョン「せめて何か着ろよ」

ハルヒ「童貞じゃあるまいし、女の裸なんて見慣れてるでしょ?」

キョン「お前の裸は見慣れてないだろ!」

ハルヒ「…はぁ?有希の裸はよくて私の裸はダメっていうの!?」

キョン「おい声が大きいぞ…」

ハルヒ「そうね、有希は声が小さくておしとやかだからいいんでしょうね!」

キョン「だから長門とはそういう関係ではないと…」

ピンポーン

キョン「誰かきたみたいだ、たぶん宅急便かな?ちょっと見てくるから待ってろ」

ハルヒ「私が出るわ!」

キョン「お前はその恰好だろ?」

ハルヒ「別にいいでしょ、ほらどきなさい!」

ガチャッ



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:34:25.904 ID:RgL1Ejl30.net

国木田「えっ涼宮さん!?」

ハルヒ「あれ有希じゃない…」

キョン「今日国木田が遊びにくる予定だったんだ」

ハルヒ「そっそう…」

国木田「なんか都合悪いみたいだから今日は帰るよ」

キョン「いやいてくれ」

ハルヒ「…私着替えてくるわ」

キョン「そうした方がいいな」

国木田「びっくりしたよ、キョンって涼宮さんと一緒に暮らしてたんだね」

キョン「ハルヒは今日たまたま来ただけだ」

ハルヒ(はぁ私何してるのかしら…)



68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:38:10.536 ID:RgL1Ejl30.net

国木田「あの…二人は良く会ってるの?」

キョン「月に一、二回かな」

国木田「そうなんだ」

ハルヒ「…」

キョン「谷口は元気か?」

国木田「いや僕に聞かれても…」

キョン「そうだよな」

ハルヒ「あのっ…私帰る」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「もともと帰る予定だったしいいでしょ、なんか今日いろいろ取り乱してごめん」

キョン「いい良きにするなよ」

国木田「そう、暗いけど大丈夫?」

ハルヒ「タクシーくるまでロビーで待つから大丈夫よ」



73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:43:23.177 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ(何やってるんだろ私…キョンと有希がエッチしてたからといって私には何も言う権利ないのに)

ハルヒ(むしろ二人が付き合ってるんなら私が一方的に邪魔してるだけじゃない)

ハルヒ(何回かキョンの方からそういう関係求めてきたことあったけど、私の方から突っぱねたんだし)

ハルヒ(キョンからしたら生活の面倒も見てくれてる有希の方が少しのお小遣いだけあげて偉そうにしてる私よりいにきまってるし)

ハルヒ(次にキョンに会うときは謝らないと…)

長門「…」

ハルヒ「有希」

長門「あなたが定期的に彼に会いに来ているのは知っている」

ハルヒ「あんたねぇ!私がキョンのためにいろいろ気を使ってたのに甘やかして何様のつもり!?泥棒!」

長門「私はあなたから何も盗んでいない」



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:48:24.749 ID:RgL1Ejl30.net

ハルヒ「現に私から…」

長門「彼はあなたのものじゃない」

ハルヒ「そうだけど、私がキョンの面倒見てたの知ってたんでしょ?」

長門「その以前から彼の面倒を私は見ていた」

ハルヒ「先に面倒みてたから偉いってわけじゃないわよ!」

長門「彼の生活のほとんどを私が面倒を見ている」

ハルヒ「それが甘やかしてるって言ってるのよ!」

長門「あなたも不十分であるけれど同じことをしている」

ハルヒ「自分は全部面倒見てるからキョンは自分のものと思ってるの?」

長門「だから彼は誰のものでもない」

ハルヒ「生意気よ!」



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:51:44.171 ID:RgL1Ejl30.net

長門「ここで大声を出すのは迷惑」

ハルヒ「あんたが大声出させてるんでしょ!」

長門「ついてきて」

ハルヒ「何よ…」

長門「このマンションに私の部屋がある」

ハルヒ「はぁ?自分の部屋があるくせにキョンの部屋に泊まったりするわけ?」

長門「彼には秘密にしている事、できれはあなたもそうして欲しい」

ハルヒ「まぁいいわ、そうするかどうかは話し合いの内容で決めてあげる」



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/08(水) 09:55:31.732 ID:RgL1Ejl30.net

話し合いで解決した




元スレ
ハルヒ「キョン元気にしてた?はい今月のお金」