1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 23:03:37.19 ID:JUBEWUF+0

P「たるき亭からいったん戻ってきたのはいいものの」

P「あずささんすっかり酔いつぶれちゃったな……」

P「ソファでぐっすりだ」

あずさ「すぅ……んん……」ゴロン

P「わわっ、あ、あずささんのパンツが丸見え……」

あずさ「んふ……すぅ……」

P「か、風邪ひかないように俺のジャケットでもかけて……」

P「……」

P「ゴクリ……」

P「チャンス……だよな……」ツンツン

あずさ「すぅ……すぅ……」

P「起きないな……」

P「よし、コンマぞろ目が出るたびにあずささんのパンツを1センチずつおろそう」



189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 00:10:31.54 ID:yJ1wnFIY0

P「少しずつ少しずつ・・・」

あずさ「んっ・・・」

P(やばい起きそう)

P(昔テレビでやってたイライラ棒ってこんな感じなんだろうか)

P(この際一気にズラした方が起きないんじゃね?)

P「あずささん、お許し下さい!」ズルッ



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 00:20:09.07 ID:yJ1wnFIY0

P(うわぁ、思ったよりは毛深くないんだな)

P(それよりもパンツで抑えられてた汗っぽいフェロモンで俺の股間がヤバイ)

あずさ「すぅ・・・すぅ・・・」

P(案外反応なしとはコレは全部脱がしちゃっていいってことですかね?)スルスルスル

P(足広げちゃいますね…)ヨイショット



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 00:32:36.31 ID:yJ1wnFIY0

P「これがあずささんの・・・ちょっとじっくり見せてもらいますよ」

P(近づくとさっきより濃いフェロモンか匂いで頭がクラクラしそう)

P(どれどれ・・・ビラビラは結構ピンクで肉厚なんだな)

P(それよりも包皮からクリが顔を出してるよ・・・)

あずさ「すぅ・・・すぅ・・・」

P「あずささんごめんなさい、広げちゃいますよ」クパァ



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 00:42:09.05 ID:yJ1wnFIY0

P(緊張して手が震える・・・)

P(ピンク!膣!おしっこの穴!クリトリス!ヤバイヤバイヤバイ)

P「はぁはぁ・・・」(落ち着け落ち着け落ち着け)

P(あんまり色づいてないってことは未経験ってことかな!知らないけど!)

P(心なしかじっと見てたらと濡れてきたような…)



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 00:54:41.63 ID:yJ1wnFIY0

あずさ「んんっ・・・///すぅ・・・すぅ・・・」

P「ダメだ俺もう・・・小指だけだから小指だけだから!」

P(小指の先が膣口に触れるっ・・・!)ピトッ

P(温かいなぁこのまま進めちゃいますよ・・・)クチュッ

P(ヌルヌルじゃないか!小指ても結構締め付けてくるような気が・・・)

P(あっ・・・第二関節まで入っちゃった)



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 01:06:46.37 ID:yJ1wnFIY0

P(第三関節まで入れるとなにか引っかかりみたいのがあるなぁ・・・)

P(ひょ・・・ひょっとしてコレ、もしかして処女膜か、あわわわ)

あずさ「んっ!んっ・・・すぅ・・・すぅ・・・」

P(やはり強めのアルコールをバンバン飲ませたかいがあったな、これはそうそう無理しても起きない)

P(貴重な現役アイドルの処女膜を指で感じてる男はそうそういないぞ)クチュ…クチュ…

P(愛液がソファーまで垂れてきた・・・)



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 01:19:35.85 ID:yJ1wnFIY0

P(俺のアレがパンパンになってパンツと擦れて発射しそうだ、脱がないと・・・)カチャカチャ

P(うわっ先走りが垂れて、それと昨日風呂入ってないから匂いがヤバイ)

P(このままいじり過ぎちゃうと処女膜破いちゃいそうだから、一旦指を抜いて今度はクリを攻めよう)ネチャア…

P(改めて見ると思ったよりずっとあそこ薄毛なんだな、グラビア用に剃ってるのかと思ってたけど)

P「あずささん、頼むから起きないで・・・」プニッ

あずさ「ううっ・・・ん///」

P(あずささん起きてないよね・・・なんだか顔が赤いんだけど生理現象だよね!)



239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 01:28:26.48 ID:yJ1wnFIY0

P「あずささん、今から携帯で全部動画撮っちゃいますけど嫌なら返事して下さい」

あずさ「すぅ・・・すぅ・・・」

P(流石にタヌキ寝入りなら飛び起きて拒否するよね・・・)

P「じゃあOKってことで。後、安心して下さい、家でオナニーのネタにするだけなんで家宝にして誰にも見せませんから」

P(スタンドアローンのPCに保存でウイルス対策もしてますから!)

P「はい、録画スタート・・・」ピッ



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 01:38:36.33 ID:yJ1wnFIY0

P(その可愛い寝顔から撮っちゃいますね)

P(次はあそこをじっくり撮らせてもらいますよ・・・)

P(さっきちょっと触ったせいかクリがすごい勃起してる…)

P(もう一度広げちゃいますね・・・)ネチャァ

P(きれいな膣内全部撮られちゃってますよ…)トロッ

P(ピンクのあそこからトロトロが溢れてる)



250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 01:56:59.36 ID:yJ1wnFIY0

P(出てきた愛液を右手の指にまぶして、スジをなぞって上下に指を動せて・・・)プチュ…プチュ…

あずさ「うっ・・・」

P(動かした反動と刺激でお豆が包皮から出たり入ったりしてる・・・)クニュクニュ

P(このまま親指と人差し指で摘んで・・・)プニッ

あずさ「んっ!んん!」ビクッ

P「起きちゃうか」

あずさ「すぅ・・・すぅ・・・」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 02:12:30.89 ID:yJ1wnFIY0

P(安心しろ、小鳥さんで実験した時は最後まで行けたじゃないか)

P(某有名大の希代の発明はよく効くなぁ)

P(この指先に伝わるお豆の肉感は映像で残せないのが残念だ・・・)

P「次はもっと強めに行きますよ」

P(よく丘と包皮の周りを揉みほぐして、クリを飛び出させる・・・)グニグニ

ぷにっ

P(すごい・・・飛び出て充血したお豆がすごい自己主張してる・・・)

P(蛍光灯でトロトロした愛液のせいで飛び出たクリがテラテラして・・・)



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 02:27:48.42 ID:yJ1wnFIY0

P(このクリトリスはばっちり録画しないと…)

P(ついでにその耐えながら真っ赤にしてるお顔と一緒に映るようなアングルで・・・)

P(どんどんいじっちゃいますよ・・・)

あずさ「あ・・・う・・・」

P(この飛び出たお豆を親指と人差指で摘み転がす・・・)

ブチュ・・・ブチュ・・・

P(すごい嫌らしい音が・・・耳に・・・)



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 02:48:36.99 ID:yJ1wnFIY0

あずさ「やっ///んっ///」クチュブチュ

P(このコリコリした感触、愛液でヌルヌル感、これは一生忘れられないだろうな・・・)クチュクチュ

P(あずささんも寝てる間に男にこんなはしたない事されて、お嫁に行った時旦那さんに申し訳ないなぁ)クチュクチュ

あずさ「あっ・・・んん///」クチュクチュ

P(あずささん、あそこ愛液でドロドロです・・・)クチュクチュ

P(このままお豆を指で強く…)ギュゥゥゥ

あずさ「ううっ・・・!!!!」

P(あずささんイクんですか、ばっちり撮ってますから!)

あずさ「んんんんんっ……!!!!」ビクッ

プシュ!



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 03:06:20.37 ID:yJ1wnFIY0

ピュ!ピュ!

P(小さな尿道口から粘性の低い液体が・・・)

プシャーーーー!!!

P(バスタオル用意しといて良かった・・・)

あずさ「ふぅ・・・ふぅ・・・」

P(あずささん出しちゃった後、綺麗にしますね・・・)

P(ソファに飛び散った潮や愛液を拭いて・・・)

P(別のタオルを持ってきて・・・あずささんの腰を持ち上げてと・・・)



272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 03:17:21.47 ID:yJ1wnFIY0

P(まんぐり返し状態になった・・・)

P(指で肉ビラをかき分けて沿うようにタオルでなぞって一枚一枚大事に・・・)

あずさ「んっ・・・」

P(指がお豆に当たっちゃった・・・)

P(拭いても拭いてもあそこから溢れてくるな・・・)

P(こうなったら・・・)



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 03:45:29.71 ID:yJ1wnFIY0

P「あずささん、ごめんなさい。今日はここまでにするつもりだったんですが、僕もう我慢できません」

P(実は小鳥さんといっしょにアイドル全員の生理周期を調べあげたんですよ・・・)

P(気持ち悪いでしょ・・・)

P(けど、そんなクズみたいな僕をいつもあずささんは女神のような優しさで僕を包んでくれていた)

P(そして今日はあずささんの安全日だってことを知ってるんですよ)

P(女神のようなあなたは、僕がこれからする行為を許してくださりますよね・・・)



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 04:04:20.48 ID:yJ1wnFIY0

P(やばいチンコがパンパンに充血してる、長く持たないぞ)

P(チンコから先走りが垂れて大変だ、コレじゃあずささんのことをどうこう言えないな・・・)

P(あずささんの記念すべき時だ、ちゃんと記録に残しておこう・・・)

P(左手に写ったスマホの画面には、RECの文字と、はちきれんばかりの自分のチンコが映って・・・)

P(おそらく乙女である最後の姿のあずささんの顔が映る・・・)

P(テラテラ光る赤黒い亀頭があずささんの神聖な場所に近づく・・・)

ぷちゅり・・・

P(亀頭とクリトリスがキスをしてる・・・)



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 04:14:13.85 ID:yJ1wnFIY0

P(女性と男性で一番敏感なとこが・・・)

あずさ「ううっ///」

P(頭のなかがスパークする!耐えろ耐えろ!!)

P(硬くなったチンコであずささんの縦筋を上下になぞる・・・)ネチャァ

P(女性器の凹凸の感触がやばいやばいやばい)

プチュプチュ

P(俺のカウパー液とあずささんの愛液が混ざり合って嫌らしい音が・・・)



289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 04:25:00.78 ID:yJ1wnFIY0

あずさ「んっ!んっ!んっ!」クチュクチュ

P(いよいよか・・・右手で肉ビラをかき分けて、膣口を露出させて・・・)

P(先走りをまとわせたチンコを開かれた膣口に押し当て・・・)

P(亀頭が中にハマるっ・・・)

P(温かい!柔らかい!ヌルヌルしてる!)

P(落ち着け!お前はカメラマンでもあるんだ!冷静にあずささんが女になるとこを取るんだ!)



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 04:39:24.71 ID:yJ1wnFIY0

P「ふぅふぅふぅ!」

あずさ「ん・・・」

P(下から突き上げるように進ませて・・・うっだんだん締まってきた・・・)グチュ・・・

あずさ「う・・・ん・・・」

P(ケーキにナイフを入れてるようだ、熱いいいいいい)

P(膣壁のヒダ部分のボコボコした感触があああああああ!)

P(ん?あれ?なにか当たってる、なにかが妨げてる!入れた距離的に子宮口でもない・・・)

P(ということは・・・これは・・・)



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 05:04:40.92 ID:yJ1wnFIY0

P(いままで処女前提で話を進めてきたが、実際こうなると罪悪感が湧いて冷静になって来たな…)

P(だいたい相手を酔わせて性交に持ち込むなんて準強姦じゃないか・・・)

P(でも下半身は全然まだ燃えたぎって言うこと聞かないぞ・・・)

P(あずささんのご両親、そして未来で現れるであろう運命の人ごめんなさい)

P(ん?よくよく考えるとここまで都合が良すぎるぞ、他のアイドルたち、律子や小鳥さんも今日はもう帰ってる)

P(明日はあずささんの忙しいスケジュールの中の数少ない休日で今日は安全日だなんて)

P(それに夜に好きでもない異性相手に二人でべろべろになるまで飲むなんておかしいだろ)

P(これは運命なんだ、俺こそが運命の人なんじゃないか?)



302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 05:41:16.53 ID:yJ1wnFIY0

P(あずささん!愛してます!)

P(ぐっと腰に力を入れて突き進ませる・・・あずささんの純血がそれを拒んでいる・・・)グググ

あずさ「あうう…」

P(ぎゅっと締まってくる・・・!そして何かが裂けてるよう感触が亀頭から・・・)グチュウ…

P(これが処女膜を突き破り抜ける感触なのか・・・)

あずさ「あ・・・う・・・」

P(その感触が無くなって先に進めるようになった・・・)

P(ああっ・・・ついにあずささんは女になったんだ・・・)

P(あずささんの処女を俺が・・・嬉しさで頭がいっぱいになって・・・)

あずさ「う・・・」

P(あずささんの顔が苦悶の表情に、目から少し涙を滲ましてる・・・)



306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 06:08:47.07 ID:yJ1wnFIY0

P(ごめんね、あずささん、涙目のあずささんもすごい可愛いよ・・・この顔はばっちり映像で残しておかないと・・・)

あずさ「ふぅ・・・ふぅ・・・」

P(少しずつ少しずつ進める度に新たな発見が・・・)

P(膣壁を擦る感触がちょっと違う、ここは21年間未探索の部分なんだ、もっと意識を集中してあずささんを感じるんだ・・・)

P(上側の壁はヒダが発達してペニスに絡みついてくる・・・)

P(だけどおしりの方の壁は比較的結構つるつるしてるんだな・・・)

P(あずささんが呼吸するたびキツくなってくる・・・千切れそうだ・・・)

P(まるで生温かい手で強く握られてるよう・・・)

P(よく見ると膣とペニスの隙間から愛液といっしょに少し滲んだ血が・・・)



309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 06:26:52.14 ID:yJ1wnFIY0

P(ペニスの先端がぷりぷりした何かに当たった・・・)

P(子宮口かな?まだ少しペニスの方は余裕があるな・・・)

P(もうちょっとで根本まで入りそう・・・)ギュウウウウウ

あずさ「あううぅ////」

P(亀頭を胎内の奥に力強く押し付ける…亀頭の先の尿道と子宮口がディープキスをしている・・・)

P(あずささんの陰毛の感触が・・・根本まで入ったぞ)

P(この感触頭が眩む・・・)

P(もうダメそうだ、出る・・・)

びゅっ!



313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 06:34:37.84 ID:yJ1wnFIY0

びゅっ!びゅっ!びゅるるるるるる!

あずさ「ん!!!!」

P(溶ける!溶ける!溶ける!)

P「あああっ!」

P(あずささんの中が精液に反応してか急激に痙攣してぎゅうっと搾り取るように締まり始めた)

P「うぅ・・・止まらない・・・」



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 06:42:28.28 ID:yJ1wnFIY0

P「ハァハァハァ」

P(ついに最後までやっちゃった・・・あずささんを犯してしまった)

P(びゅっと尿道に残った精液の塊を出し終えた・・・)

P(名残惜しいけど一回抜かなきゃ・・・)

グチュウウウウ・・・

P(カリに膣壁のヒダが絡みついて引っ張られてる・・・)



320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 06:59:39.65 ID:yJ1wnFIY0

P(大量の精液と愛液で密着してこのなかバキュームカーみたいになってるな)グチュウウウ

P(ううっ・・・もうちょっとで全部抜けるぞ)

あずさ「んふっ・・・」

チュポン・・・

P「抜けた・・・」

ブチュブチュ・・・

P(うわぁ・・・閉じた膣口からすごい卑猥な音を出しなから血に混じった精液と愛液が溢れてる・・・)

P(1番重要なとこだ、ちゃんとピント合わせて撮らないと・・・)

P(すごい量出てるな・・・妊娠しなきゃいいけど)

P(正直この溢れ出てる精液をスマホの画面越しに見てるとまた元気になって来ちゃった・・・)



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 07:34:00.96 ID:yJ1wnFIY0

それから俺は撮影を止めて、再びあずささんを犯し始めた

今度は体全体を密着させて激しく責めることにした

さっきまで処女だったことなどお構いなしに一気に突っ込んでピストンをした

最初は眉間にしわを寄せて声を抑えてるような感じだったあずささんも、

だんだん声が艶っぽくなってきて、その顔は見るだけで射精しそうになってしまう

その度、俺はあずささんに抱きついてその可愛い口に舌を入れ、

お互い絡ませ合う唾液を混ぜ合うディープキスを繰り返して、必死に堪えた

あずささんは寝てるので混ぜあわせになった唾液の飲み込まなかった分は自分で啜った



334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 07:44:40.88 ID:yJ1wnFIY0

数分して落ち着いたら、亀頭が抜けそうになるまで抜いて一気に子宮口まで突き入れる

激しいストロークを5回ぐらい繰り返し、またディープキスをした

次にブラジャーの下から手を突っ込んで、クリトリスにしたような激しい責めを乳首に繰り返した

その度に膣内がぎゅっと締まって堪らなかった

最終的に恋人のSEXのようにお互いの指を絡ませながら、また激しいキスをして子宮を責めた

激しいピストンをし、一回目と同じように子宮口に深く押し付けて思いっきり射精した

ふぅ~っと深呼吸して賢者になった後、あそこから精液を吹き出してるあずささんの体を綺麗に拭いて

ぐちゃぐちゃになった身だしなみを整えさせ、体液だらけのソファを綺麗に片付ける仕事が残った



336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 07:52:42.92 ID:yJ1wnFIY0

どうしよう・・・あとは車であずささんの部屋まで送って鍵を借りて中に入って

それから・・・いかにも酔っ払って帰ってきたように工作して・・・

それから・・・それから・・・

それまでにどうかあずささん起きませんように・・・



338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 08:07:53.17 ID:yJ1wnFIY0

案の定、起きてしまった

幸運にも溢れ出る精液問題はある程度解決して

部屋まで運んだ後、ベットに寝かせようとした時だった

あずさ「ううん・・・ここは・・・」

P(やばいやばいやばい律子ならともかく自分の部屋に異性と一緒にいるって通報モノだろ・・・)

P「あっあずささんの部屋です!酔っちゃった後、たッ大変でそれで・・・」

P(酔いつぶれてからこの部屋まで時間的に大分ラグがあるだろ・・・)

あずさ「そうなんですか・・・すいません」

P「いえいえこちらこそ・・・」



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 08:36:24.65 ID:yJ1wnFIY0

P「ぼっ僕、もう帰りますんで!!!」

あずさ「待って下さい!!!」

P「はい!!!」

あずさ「あっあの・・・今日プロデューサーさん仕事お休みっておしゃってましたよね・・・」

P「はい・・・」(顔が急に赤くなって・・・)

あずさ「じゃあ、こっ・・・今夜も付き合ってもらえないでしょうか・・・」

あずさ「”今度こそは”私、酔いつぶれませんから!」

明日は仕事があるんだよなぁと思いながらもあずさの頼みを断れないP

一日中、犬の散歩やらあちこちの喫茶店巡りやら付き合わされた後

夜、部屋に戻りあずさが戸棚から出して薦めてくるヤケに甘いお酒を飲み

意識が消失したのは別の話

おわり



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/23(月) 08:55:24.02 ID:yJ1wnFIY0

一応言っておくと>>1とは別人です

どこかで読んだようなエロネタを引用して書いたのでもうストックがありません

変な表現ばっかでごめんね

私、JKなので少し寝た後、今週ある模試の勉強するから今日は無理です

誰か書くなら私なんか気にせず続きを書いてね


元スレ
P「酔ったあずささんが事務所で寝てる……」