1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:20:32.98 ID:DqxCi6B/0

P「好きなんです!!ずっと前から」

小鳥「え?」

P「付き合ってください」

小鳥「えっと・・・ごめんなさい」

P「・・・ンデ」

小鳥「プロデューサーのことはちょっとそういう風には見れません・・・ごめんなさい」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:25:06.20 ID:DqxCi6B/0

P「なんでですか!!!」

小鳥「ひっ!」

P「こんなに好きなのに!!!どうして!!!」ガシッ

小鳥「痛いです!やめてください!!」

P「何でなんですか!!!」ユサユサ

小鳥「お、落ち着いてください!!離してください!!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:29:41.22 ID:DqxCi6B/0

P「どうしてですか!!なんでですか!!理由を教えてくださいよ!!」ユサユサ

小鳥「離してください!!」バシッ

P「はぁ・・・はぁ・・・どうして・・・」

小鳥「恐いです・・・プロデューサーさん」

P「なんでそういうこと言うんですか!!こんなに好きなのに!!おかしいですよ!!!」

小鳥「も、もう私帰ります鍵お願いしますね」スタスタ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:35:12.27 ID:DqxCi6B/0

P「待ってくださいまだ話は終わってませんよ!!」ガシッ

小鳥「離して!!誰か助けて!!」

P「小鳥さん!!好きなんです好きなんですよ!!」

小鳥「やめてください!!誰か!誰か!!」ジタバタ

P「小鳥さん!!」

小鳥「いい加減に・・・」


ズルッ



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:39:51.98 ID:DqxCi6B/0

P「うわっ!!」

小鳥「きゃっ!!」


ドサッバタッ
ゴスッ


P「痛た・・・小鳥さん・・・僕は・・・僕は押し倒してしまうほど貴女が好きでたまらないんです!!」

小鳥「」

P「小鳥さん?」

小鳥「」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:44:34.92 ID:DqxCi6B/0

P「あぁ・・・やっと黙って僕の話を聞いてくれる気になったんですね嬉しいです」

小鳥「」

P「改めて・・・僕の彼女になってください!!」

小鳥「」

P「黙るってことはOKですか?」

小鳥「」

P「嬉しいですやっと・・・やっと気持ちが伝わったんですね」ダキッ

小鳥「」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:50:39.21 ID:DqxCi6B/0

P「僕は今とっても幸せです」スリスリ

P「キスしていいですか?」

小鳥「」

P「小鳥さん・・・かわいいです///」チュッ

P「あっすいません舌・・・入れちゃいました」

小鳥「」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 00:55:25.04 ID:DqxCi6B/0

P「許してくれるんですか?そういうところも好きです///」

P「すいません勃ってきちゃいました」

小鳥「」

P「はい正直挿れたいです」

小鳥「」

P「いいんですか!?」

小鳥「」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:00:07.95 ID:DqxCi6B/0

P「小鳥さんに挿入できるなんて夢のようです」ヌギヌギ

P「小鳥さん挿れますよ」

小鳥「」

P「うっ当ててるだけで出そうです」

P「じゃあ挿しますよ」ツプッ

P「ああああああ」

P「き、気持ちいいです小鳥さん!!」ヌプヌプ

P「小鳥さん小鳥さん小鳥さん」ヌプヌプヌプ

P「出るっ!!」ドピュル



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:05:45.23 ID:DqxCi6B/0

P「はぁはぁ・・・すいません膣で」

小鳥「」

P「すいませんわざとです小鳥さんとの子供が欲しくて」

P「早く生まれてくるといいですね」

P「名前は何にしますか?」

P「あははそうですね気が早いですね」

P「小鳥さんもう寝ましょうか」

P「ソファで一緒に寝ましょう」

P「おやすみなさい小鳥さん」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:13:23.94 ID:DqxCi6B/0

終わりですありがとうございました

次から小鳥さん大勝利ルート



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:17:13.57 ID:DqxCi6B/0

P「好きなんです!!ずっと前から」

小鳥「え?」

P「付き合ってください」

小鳥「えっと・・・ごめんなさい」

P「え・・・あ・・・そうですか・・・」

小鳥「すいません・・・」

P「いえ・・・」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:22:55.02 ID:DqxCi6B/0

小鳥「私もう帰りますね鍵お願いします・・・」

P「お疲れ様です・・・」


ガチャッバタン


P「ふられちゃったか・・・ハァ・・・」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:29:44.73 ID:DqxCi6B/0

ー小鳥家ー

小鳥「好きです・・・かぁ」ボソッ

小鳥「とっさのことでびっくりして断っちゃったけど・・・嬉しかったなぁ」

小鳥「そ、それに私と付き合ってもPさんがっかりさせちゃうし」

小鳥「周りのアイドルにも影響あるだろうから!!」

小鳥「誰に言ってるんだろ・・・」

小鳥「もう寝よ」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:35:09.84 ID:DqxCi6B/0

小鳥「寝れない・・・」

小鳥(P「好きなんです!!」)

小鳥「///」ドクンッ

小鳥「プロデューサー///」

小鳥「プロデューサー私も・・・」

小鳥「///」

小鳥「プロデューサー///」クチュッ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:40:24.57 ID:DqxCi6B/0

小鳥「濡れてる///」ヌチュッ

小鳥「好き・・・です私もプロデューサーのこと好き!」

小鳥「プロ・・・デューサー///」ヌチャッヌチャッ

小鳥「あっ・・・///やぁ・・・///凄いっ・・・溢れて///」

小鳥「はぁっ・・・///イくっ・・・」ビククンッ

小鳥「はぁはぁ・・・シーツ・・・すごい汚れちゃった・・・」

小鳥「///」カァァッ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:45:45.45 ID:DqxCi6B/0

ー翌朝ー

小鳥「おはよーございまーす」(結局あの後2回もシてほとんど寝れなかったなぁ)

律子「大丈夫ですか?体調悪そうに見えますけど」

小鳥「だいじょーぶです・・・ナントカ」

律子「そうでうか?無理しないでくださいよ?」

小鳥「はいありがとうございます」

P「おはようございます」

律子「おはようございます」

小鳥「オハヨゴザマス」ボソッ

P「・・・」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:55:11.52 ID:DqxCi6B/0

ー仕事中ー

P「律子これってどうなってたっけ?」

律子「それなら小鳥さんが」

P「小鳥さんここって」

小鳥「アッソレナラコレミテ」プイッ

P「・・・どうも」

―――――――――――――――――

P「小鳥さんこれお願いします」

小鳥「ソコオイトイテクダサイ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 01:56:33.67 ID:DqxCi6B/0

P「小鳥さんここの連絡先って」

小鳥「コレデシラベテクダサイ」ドサッ

―――――――――――――――――

P「小鳥さん今日の」

小鳥「ホワイトボードニカイトキマシタ」

―――――――――――――――――



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:02:34.59 ID:DqxCi6B/0

P「あの・・・小鳥さん今日変ですよ?昨日のアレなら気にしなくても」

小鳥「そそそそそんなきにしてなんかいませんよ!!」

P「で、でも」

小鳥「あ、あれ?」フラリ


ドサッ


P「こ、小鳥さん!?」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:08:00.88 ID:DqxCi6B/0

小鳥「ん・・・あれ?」

P「あ・・・良かったやっと目が覚めましたか?」

小鳥「私・・・」

P「仕事中に倒れたんですよ小鳥さん」

小鳥「すいません・・・」

P「謝らないでください連日残業続きでしたから仕方ありませんよ」

小鳥「でも・・・仕事が」

P「それに昨日は僕が変なこと言って小鳥さんに気を使わせてしまったのもあるでしょうから」

小鳥「・・・」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:11:53.21 ID:DqxCi6B/0

P「もう昨日のことは忘れてください」

小鳥「・・・他の人たちは」

P「もうみんな帰りましたよ」

小鳥「プロデューサーさんは・・・ずっと私のこと見ててくれたんですか?」

P「ええ・・・心配でしたから」

小鳥「ありがとうございます」ニコッ

P「っ・・・」ドキッ



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:16:14.39 ID:DqxCi6B/0

小鳥「・・・」

P「・・・」

小鳥「昨日の・・・昨日のお返事しても・・・いいですか?」

P「え?でも断られて・・・」

小鳥「あれはいきなりでびっくりしたからつい口をついて出ちゃっただけです」

P「じゃ、じゃあ」

小鳥「でも一応理由はあります他のアイドルへの影響とか色々」

P「・・・」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:22:46.91 ID:DqxCi6B/0

小鳥「でもやっぱり私・・・プロデューサーのこと好きみたいです///」

P「///」

小鳥「私と付き合ってください///」

P「はい///」

小鳥「これで恋人同士ですね///えへへ///」

P「は、はい///」(かわいい)

小鳥「私めんどくさいですしもう若くないですけど告白したからには責任とって下さいね」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:28:04.17 ID:DqxCi6B/0

P「はい、責任とります!とらせてください!!」

小鳥「ふふふ・・・プロデューサーさんこっちきて座ってください」

P「え?あ、はい」ボスッ

小鳥「幸せ・・・」ギュウッ

P「僕もです・・・」

小鳥「キスしてください・・・///」

P「・・・」スッ


チュッ



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:33:16.06 ID:DqxCi6B/0

小鳥「えへへ///」

P「小鳥さんすごいかわいいです」

小鳥「もう///・・・あ・・・」

P「ちょっ小鳥さん!」

小鳥「プロデューサーさん・・・おっきく・・・」

P「ぐっ・・・いやこれは」

小鳥「違うんですか?」シュン

P「すいませんそうです」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:38:31.78 ID:DqxCi6B/0

小鳥「へへへ・・・なんか嬉しいですこういうの」サワサワ

P「うっ・・・あんま触んないでください」

小鳥「どうしてですか?出しちゃったほうが楽なんですよね?」

P「そ、それはそうですけど」

小鳥「じゃ、じゃあ」ドキドキ


ズルッボロンッ


P「うっ」

小鳥「こ、こんなに大きいものなんですか!?」ドキドキ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:42:03.97 ID:DqxCi6B/0

P「わ、わかりませんよ多分普通だと思いますけど」

小鳥(本で見たのより迫力が全然違う・・・)ドキドキ

P「小鳥さん無理なら」

小鳥「パクッ」

P「っ・・・!」

小鳥「んっ」(おっきい///入りきらない///)



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:47:51.62 ID:DqxCi6B/0

P「あ・・・くっ・・・」

小鳥「んっ・・・んっ・・・」ジュルジュプッ

P「あっヤバ・・・い」

小鳥「ひもひいいれすか?」チュプッレロっ

P「小鳥・・・さんっそれ以上したら・・・」

小鳥「?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 02:53:31.87 ID:DqxCi6B/0

P「出るっ・・・!」


ビュルルッピュル


小鳥「んっ・・・きゃっ」

P「あ!す、すいません俺我慢できなくて

小鳥「ふわっ・・・すごいプロデューサーさんの匂い・・・」

P「小鳥さん・・・すごい上手でした」

小鳥「え!?あ、はい」(こういうときのために練習してたなんて言えない・・・)

P「小鳥さん・・・僕最後までしたいです・・・小鳥さんが良ければ」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 03:01:26.84 ID:DqxCi6B/0

小鳥「いいですよ///プロデューサーさんになら///」

P「小鳥さん!!」ガバッ

小鳥「ちょっとプロデューサーさんがっつきすぎですよ///」

P「小鳥さん!小鳥さん!」ギュウッ

小鳥「プロデューサーさん・・・きてください///」

P「小鳥さんすごい濡れてますよ・・・」

小鳥「だ、だってプロデューサーさんのこと好きで///それで・・・」

P「小鳥さん一生大事にします」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 03:07:27.87 ID:DqxCi6B/0

小鳥「はい///」

P「挿れますよ」ツプッ

小鳥「あっ・・・私初めてなんで優しく・・・」

P「はい」

小鳥(あっ///入ってきてる///でも痛気持いい・・・)

P「小鳥さん痛くないですか?」ジュプッ・・・ジュプッ・・・

小鳥「はい・・・意外と大丈夫みたいです」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 03:12:52.28 ID:DqxCi6B/0

P「小鳥さんの膣暖かくてすごい絡みついてきます」ジュプッヌプッ

小鳥「んっ///プロデューサーさん///激しっ///」

P「すいませんもうとまんないです」ズプッズヌッ

小鳥「あっ///プロデューサーさんの奥まで届いて///」

P「小鳥さんっすいませんもう・・・」

小鳥「いい・・・ですよ?膣に下さい///」

P「小鳥さん!出ますっ!!」


ドプッビュルルッ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 03:18:47.81 ID:DqxCi6B/0

小鳥「はぁはぁ///」

P「はぁはぁ・・・」

小鳥「プロデューサーさん・・・優しくって言ったのに・・・」

P「す、すいません僕つい・・・」

小鳥「ま、まぁ責任とってもらいますしそれにキモチヨカッタデスシ」

P「小鳥さん!」ダキッ

小鳥「うふふプロデューサーさん」ダキッ



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 03:19:21.75 ID:DqxCi6B/0

終わりですありがとうございました


元スレ
P「小鳥さん好きです!!僕と付き合ってください!!」