1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:31:24.02 ID:eZCLj7RX0

―教室

まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん!声が大きいよぉ!」アタフタ

さやか「あー……ごめんごめん、アハハ」

まどか「もぉー……」

さやか「……で、さっきの話。本当?」

まどか「…………うん。やっぱりこれって、変……なのかな?」

さやか「うーん……流石にあたし達の年でまだってのは、ちょっと遅いんじゃない?」

まどか「うぅ、そんな……どうしよう」グスッ

さやか(あ、ヤバい本気でヘコんでる)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:38:06.99 ID:eZCLj7RX0

さやか「ご、ごめんごめん!さっきのは嘘!」

まどか「ふぇ?」

さやか「まだ生えてない子も沢山いるって!」

まどか「……本当?」

さやか「本当だって!あたしだって実はそんなに生えてないし!だから気にしなくても大丈夫!」

まどか「……何でだろ、私、さやかちゃんのこと信じたいのに、嘘つきだなんて思いたくないのに……全然大丈夫だって気持ちになれない」

さやか「じゃ、じゃあどうしたら……」

まどか「……見せてよ」

さやか「え?」

まどか「さやかちゃんのおまた、見せてよ!」

さやか「いやいやいや」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:43:47.19 ID:eZCLj7RX0

―トイレ

さやか(断りきれなかった……)

さやか「……ほんのちょっとだけだからね?」

まどか「早く、早く♪」

さやか「…………うぅー///」ピラッ

さやかがスカートをたくし上げてショーツの前面を少し下ろす

綺麗に整えられた茂みがわずかに露わになった

まどか「わぁー」

さやか「はい、おしまい!」バッ

まどか「ホントだ……結構薄いんだね」

さやか(手入れしててよかった)

さやか「ま、これでまどかも信じてくれたよね?」

まどか「まだだよ」

さやか「え?」

まどか「さやかちゃんや私が特殊なだけで、ほかの人はもっと生えてるのかもしれないもん!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:48:10.59 ID:eZCLj7RX0

さやか「そ、そんなこと言ったってさ……」

仁美「あらお二人とも、こんなところで何を話しこんでいらっしゃいますの?」ヒョコッ

まどか「あ、仁美ちゃん。丁度良かった」

仁美「何でしょうか?」

まどか「おまた見せて」

さやか「ちょ、仁美にこういう話は……」

仁美「構いませんわ」

さやか「なんと」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:53:09.29 ID:eZCLj7RX0

仁美「どうぞ」ピラッ

仁美の陰毛はとても太く、かつ小さく縮れていた

そうそれはまるで、乾燥わかめのような……

さやか「あんた何の抵抗も無いのね……」

まどか「おぉー……チリチリしてるね」

仁美「ふふ、まどかさん。ここからが本領発揮ですのよ?」

まどか「へ?」

仁美「こうやって、お湯をかけると……」ジョロジョロ

ワサワサワサッ

まどか「すごーい!増えた!」

仁美「うふふ」

さやか「こんなの絶対おかしいよ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:59:11.19 ID:eZCLj7RX0

――

まどか「さやかちゃんの嘘つき!仁美ちゃんはフサフサのニョロニョロだったよ!」プンプン

さやか「ご、ごめん」

さやか(なんか納得いかない)

まどか「もうやだー!不良になってやるー!」ワーン

さやか「わーストップストップ!」

さやか(くそう、どうにかして生えてない人を探さないと……)

さやか(あ……そうだ、あいつならきっと!)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:03:58.20 ID:eZCLj7RX0

―昼休み、屋上

ほむら「何の用?こんなところに呼び出して」ファサッ

さやか(もうなりふり構ってらんない!)

さやか「あのさ、聞きたいことあるんだけど……転校生って、アソコの毛生えてる?」

ほむら「……気でも触れたの?さっさと檻のついた病院にでも入ってきなさい」

さやか「やっぱ駄目か……」

まどか「私が知りたかったんだけど……駄目だったよね、ごめんね……」

ほむら「生えているわ」

さやか「おい」



54: 名前訂正 2011/07/12(火) 23:12:53.60 ID:eZCLj7RX0

さやか「えー……まどかより成長してなさそうなのにー?」ジトー

ほむら「胸を見て話をしないで」

さやか「じゃあ見せてみろよ」

ほむら「ふざけるのは顔だけにしなさい。できるわけないでしょう」

まどか「私も、確認したかったな……」

ほむら「なら全然構わないわ」ファサッ

さやか「おい」

ほむらがショーツとストッキングをいっきに下ろす

ファサッ

彼女の髪のように、綺麗な直毛であった

まどか「本当に生えてるんだね……しかも割としっかり」ドヨーン

さやか(転校生なら、って思ったのに……)アチャー

ほむら(え、なんでがっかりされてるの!?)




58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:18:29.14 ID:eZCLj7RX0

まどか「はぁー……」ズーン

ほむら「ま、まどかぁ……私、何か悪いことした……?」オロオロ

さやか(もう私じゃ手に負えない)

ガチャ

マミ「あら、皆集まってどうしたの?」

さやか「あ、マミさん。何しに来たんですか?」

マミ「ここでお昼ご飯を食べようと思って……」

さやか「……一人で?」

マミ「……ええ」

さやか「……」

ほむら「……」

マミ「……」

まどか「マミさん、おまた見せてくれたら一緒に食べてあげますよ」

マミ「脱ぐわ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:24:46.99 ID:eZCLj7RX0

ティロッ

巴マミがショーツを下ろす

さやほむ「ひっ」

そこに広がっていたのはまさに人類未踏のジャングル地帯

その秩序の欠片も感じられない無法地帯の出現に、さやかとほむらは大自然を前にした時に似た恐怖さえ覚えたのだった

さやほむ「あっ……あっ……」ピクピク

まどか「私、もう生きていけない……」

マミ「……?鹿目さん、どうしたの?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:33:08.25 ID:eZCLj7RX0

――

マミ「ふふっ、そんな事で悩んでいたのね」クスクス

まどか「そんな事って!私にとっては一大事なんですよ!?」

マミ「陰毛の多い少ないをそんなに深く考えている人なんていないわ。鹿目さんの気にしすぎよ」

まどか「で、でも、皆と違うし……子供みたいだし……」

マミ「違ったっていいじゃない、人間だもの。別に子供っぽくなんかないわ」

マミ「それに鹿目さんみたいにすべすべで綺麗なおまた、私は好きよ?」

ほむら「私もよ」

さやか(流石にその発言はどうかと)

まどか「マミさん……ほむらちゃん……」ウルッ

マミ「だから元気出しましょう?貴女が落ちんこでいたら、周りの人まで困ってしまうわ」

まどか「……へへっ」

まどか「なんか、悩んでたのが馬鹿らしくなってきちゃった。ごめんねさやかちゃん、心配かけて」ニコッ

さやか「やれやれ、これでやっと一件落着?」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:33:37.56 ID:eZCLj7RX0



「一体何の話をしてるんだい?」


全員「!?」

マミ「貴女は……」

さやか「杏子!」

杏子「よう」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:41:36.83 ID:eZCLj7RX0

さやか「アンタ生徒じゃないでしょ、何しに来たのよ」

杏子「ちょいと昼飯でも頂こうかと思ってね」ニヒヒ

杏子「それよりさ、陰毛がどうとか聞こえたけど」

まどか「うん。マミさんの、凄かったんだよ」

杏子「へぇー、どれどれ」ピラッ

マミ「きゃっ」

杏子「うおおおおおおおおおおお!!すっげえええー!」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:42:31.56 ID:eZCLj7RX0

マミ「そ、そうかしら?」テレテレ

杏子「やっぱすげーなマミは!大人の女性って感じだな!」

まどか「えっ……?」

さやか(バカ!)

まどか「ねえ杏子ちゃん……、それじゃあもし、生えてない人がいたとしたら?」

杏子「は?あたし達くらいの歳でってこと?」

まどか「うん」

杏子「この歳にもなって生えてないとか、恥ずかしくて生きていけないレベルだろ」

杏子「あたしだっら魔女化するわ」ケタケタ

まどか「……」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:50:34.48 ID:eZCLj7RX0

さやか「あんた、ちょっと黙りなさい!」ガバッ

杏子「うわっ、なんだよ」モガモガ

まどか「…………」

マミ「鹿目さん……」

ほむら「まどか、気にしてはダメよ、今のは佐倉杏子の狂言であって……」

まどか「……ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「?」

まどか「私、魔法少女になる」

ほむら「っ!?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:57:28.41 ID:eZCLj7RX0

ほむら「何を言っているの、やめなさい!」

QB「なら願いを言ってごらんよ、まどか」ヒョコッ

ほむら「インキュベーター……!」

まどか「キュゥべえ、言うよ!」

まどか「私のおまたにいっぱい毛が生えてほしい!それが私の願い!」

ほむら「駄目ぇぇぇーーーっ!!」

ピカー

QB「君の祈りはエントロピーを凌駕した」

ほむら「あぁ……なんてこと!」

QB「さあ、解き放ってごらん。その新しい力を」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:04:38.43 ID:4+ZmMrGR0

ニョキニョキッ

まどかの恥丘に、髪と同じ桃色の陰毛が生え始める

まどか「……やった、生えた!」

杏子「おお、まあまあ立派なもんじゃねーか」

まどか「これでもう、誰にも変だなんて思われないよ!」ニコニコ

ほむら(こんなことって……でも、まどかは嬉しそうだし、これでよかったの……?)

マミ「……と、ともかく、魔法少女デビューおめでとう、鹿目さん」

さやか(さすがにこんな願いで魔法少女にはなりたくないわー)

ニョキニョキニョキッ

まどか「……あ、あれ?」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:11:43.08 ID:4+ZmMrGR0

まどかの陰毛が成長し続ける

先ほどまでマミと同等程度だったが、今ではその倍近くある

まどか「キュ、キュゥべえ!これ、止まらないんだけど……」

QB「『いっぱい』って言ったじゃあないか」

まどか「生えすぎだよ!」

QB「知らないよ」

まどか「これじゃ下着からはみ出ちゃうよぉ……」

さやか「えっと……とりあえず、切ればいいんじゃない?ほら、ハサミ」

まどか「うん……」

まどかが自分の陰毛にハサミを当てる

ガキンッッ!

さやか「!?」

まどか「……刃が欠けちゃった」

さやか「どんだけ剛毛なのよ!?」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:18:54.13 ID:4+ZmMrGR0

その後も毛は伸び続ける

杏子「おいおいおいおい……どうすんだよこれ、1mくらいあるぞ」

まどか「いやあああああ助けてえええええ」

ほむら「マドカァー!」

マミ「そうだ!美樹さん、剣を使って!」

さやか「その手があった!まどか、動かないでね……!」ヒュンッ

さやかが変身し、まどかの陰毛に剣を振るう

ベキッ

さやか「……折れた」

QB「当たり前じゃないか、まどかと君とでは持っている魔力の次元が違う。適うわけが無いよ」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:22:45.41 ID:4+ZmMrGR0

ほむら「何も、魔力をそのまま全部使うことないじゃない!」

まどか「うわあああああああん」

QB「はぁ……そんなに陰毛が生えているのが嫌なら、方法が無いわけじゃないよ」

マミ「早く教えなさい!」

QB「見ての通りまどかの陰毛は魔力によって凄まじい強度を持っている。けどね」

QB「根元の皮膚は祈りの対象じゃないから、強化もされてない、人並の強度さ」

さやか「それって、つまり……」

QB「抜けばいいんだよ」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:27:40.98 ID:4+ZmMrGR0

――

さやか、ほむら、マミ、杏子の四人が並んで5m程に達したまどかの陰毛を一束掴む

まどか「み、みんな……一体何をするの?」

今までパニックに落ちていたまどかが冷静さを取り戻す

さやか「まどか、今からアンタを助けてあげるから……ちょっと我慢してなさい」

まどか「えっ?えっ?」

さやか「いいわね皆?いくわよ!」

ほむマミ杏「応!」

さやか「せーの!」

四人が全力で、一斉にまどかの陰毛を引っ張る

グイィィィッ!!!

ブチブチブチブチブチィィッ!!

まどか「あんぎゃああああああああああ!!!!!!!!!」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:35:39.61 ID:4+ZmMrGR0

さやか「よし、次!」

さやか「せーの!」

ブチブチブチブチブチィィッ!!

まどか「ひぎゃぁぁぁ嗚呼あいいいいいいい!?!?!?」

さやか「次!」

ブチブチベリブチベリィッ!

まどか「あぎぃぃいいいいいいっいっいいいっいい」

さやか「オー!」

ブチベリベリブチベリィッ!

まどか「ぎぴぴぃぃっ!?」

さやマミ杏「エス!」

ベリベリベリベリベリィィッ!

まどか「ぎぎっ、ぎぎぎぎっぎぎっ」

遂にまどかが白目を向いて泡を吹き気絶する



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:40:32.64 ID:4+ZmMrGR0

―三十分後

杏子「ふぅ、とりあえず粗方抜きつくしたな」

ほむら「まどか……ごめんなさい、これも貴女の為なの」

さやか(痛覚オフのやり方教えてあげればよかった……)

マミ「とりあえず落ち着いてお茶で……も……!?」

マミが異変に気づく

杏子「どういうことだ、オイ……」

杏子「こいつ、また生え始めてるじゃねえか!」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:46:00.95 ID:4+ZmMrGR0

一度折れた骨は治ったとき、再び折れることの無いように以前より太くなるという

この毛も同じような性質なのだろうか

今度の毛は一本一本が指ほどの太さを持っていた


QB「駄目だったか……もう打つ手無しだね」

マミ「抜いてもまた生えてくるんじゃ、どうしようもないじゃない!」

ほむら「うぅ、まどか……」

杏子「くっそ、あたしが無毛をバカにしなけりゃ……」

まどか「……」ピクピク


誰もが絶望に飲み込まれようとしていた


だが―


さやか「次、いくわよ!」

全員「!?」


さやかは、まだ諦めてはいなかった



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:54:07.09 ID:4+ZmMrGR0

さやか「一回抜いて駄目だから何よ!だったらまた抜けばいいじゃない!」

さやか「奇跡も魔法も、無ければこの手で作ってみせる!それがあたし達魔法少女!条理を覆す存在でしょうが!」

杏子「さ、さやか……」

ほむら「……ふふっ、そうね、私にまどかを諦めるなんてことはできない。忘れるところだったわ」

マミ「大切な後輩のためだもの、やれるとこまでやらないとね」

QB「あの状態から持ち直すなんて……こ、これが友情パワーか……!」

さやか「さあ、準備はいい?いくわよ!!」

ほむマミ杏「「「応!!!」」」



だが、奇跡は


さやか「え、ちょっと何これ……毛が絡み付いてきて……うわあああっ!?」

杏子「さやかぁー!!」


起きなかった



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:02:12.54 ID:4+ZmMrGR0

――

今、ほむらとマミと杏子の前には直径15m程の毛玉がある

まどかとさやかの姿は……見えない


QB「驚いたよ。まどかの毛はもはや普通の毛の概念に留まらない」

QB「学習し、自衛のためなら攻撃もする。もはや、一種の生命体と言っても過言ではないね」

杏子「さやかは……どうなっちまったんだ……?」

QB「捕食、されたんじゃないかな」

杏子「畜生……ッ!」

杏子「返せ、さやかを返せよぉぉっ!!」ガンッガンッ

杏子が毛玉に攻撃を繰り返すが、まるで効果は無い

QB「あまり刺激しないほうがいい。君まで……」

杏子「うるせええっ!!返せ!返せえぇぇぇ!!!」ガンッガンッ

ドクン

全員「!?」

さやかを飲み込んでから沈黙を続けていた毛玉が、胎動する



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:07:57.51 ID:4+ZmMrGR0

ほむら「杏子!」

マミ「佐倉さん、危険よ!下がって!」

杏子「へへへ、いいぜ来いよ!ぶっ潰してやる!!さやかの敵討ちだ!」

毛玉から一本の毛が杏子の元へと伸びる

杏子「なっ……!」

マミ「あれは……」


その毛は、青い色をしていた

ほむら「まさか……」

杏子「さやか……なのか……?」



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:15:57.64 ID:4+ZmMrGR0

その毛は攻撃する様子を見せず、杏子の前で静止する

杏子「ああ、わかった……、やっぱりこの毛はさやかだ」

ほむら「……惑わされないで、さやかは死んだのよ!そこから逃げなさい!」

杏子「そんな所に居たんだな、危うくぶっ潰しちまうところだったんだぞ?」

杏子の目が虚ろになってゆく

ピトッ

毛と杏子が触れ合う

杏子「ふふ、そうかい。一人ぼっちは寂しいかい」

一歩一歩、毛塊へと近づいていく杏子

杏子「いいよ、一緒にいてやるよ」

ほむら「ああ……!」

杏子が、毛塊に完全に飲み込まれた



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:24:22.08 ID:4+ZmMrGR0

マミ「あは、は」

ほむら「!」

マミ「終わり、もう終わりよ。ここで皆終わるんだわ」

ほむら「巴マミ……?」

マミ「……いえ、終わりは始まり?そう、繋がっている……円環の理……」ブツブツ

ほむら「っ……気を確かに持ちなさい!」

マミ「ああ!早く私も導いてもらわなきゃ!」タッタッタッ

ほむら「待って!」

マミが毛塊へとダイブする

全身を毛に絡まれながら、マミが銃を乱射する

マミ「受け取って下さい!これが私のティロ・フィナーレ!ティロ・フィナーレ!ティロ・フィナーレェェェェェ!」

マミの姿は見えなくなった後、砲撃による衝撃が何回か起こり

毛塊は静止した


ほむら「終わった、の……?」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:33:52.99 ID:4+ZmMrGR0

ほむらがそう思いかけた、その時

毛塊が、孵化を始めた


塊が中央から割れ、中から人を模した毛の集まりが毛の触手に支えられて空高く昇っていく

その桃色の中には、青・赤・黄の毛も入っていた

そしてその人型から、沢山の毛が四方八方へと飛び出して行った

数瞬遅れて各所から聞こえる悲鳴

一般人が毛に捕らえられ、塊の中に消えていく

そして増えていく、新しい色の毛

緑、白、紫……どんどん増えていく

ほむら「綺麗……」

生命の神秘を見つめるような、そんな感動がほむらの胸を占める



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:39:24.49 ID:4+ZmMrGR0

あれから、十日ほどが経ったのだろうか

その間、ほむらはずっと動かなかった

しかしなぜか毛の触手はほむらを捕らえることをしなかった

人類を粗方飲み込みつくした毛塊は、色が増えすぎて黒く見える

この時になってようやくほむらは、その正体に気づいた

ほむら(ああ、これはあの時の……)

この毛塊はまどかから発生したものであり、まどかそのもの



『Kriemhild Gretchen』



そう、魔女化したまどかの姿であった



(参考画像:http://www.madoka-magica.com/special/dic/img/card28.png)



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:46:32.98 ID:4+ZmMrGR0

『ほむらちゃん』

ほむら「どうしたの?」

『ごめんね?最後まで残しちゃって。でもね、私の救済を一番ちゃんと見て欲しかったの』

ほむら「ええ、勿論わかっているわ」

『陰毛から生まれる憎しみ、悲しみ、不幸。そういったものを、全部取り除いた世界』

ほむら「それは、とても楽しそうな世界ね」

『うん。私が作ったんだよ』

ほむら「偉いわ、まどか」

『えへへ……』

ほむら「それじゃあ、そろそろ私もいいかしら?」

『うん、来ていいよ、ほむらちゃん。私の……救済の、世界へ』



220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:54:29.35 ID:4+ZmMrGR0

―――
―――――

ほむら「……ここは……?」


さやか「えーっ、まどかってまだ生えてないの!?」

ほむら「!」

まどか「さやかちゃん、生えてないって……何が?」

さやか「あ、あれ……なんだったっけ?」

杏子「おいおいさやか、大丈夫かよー」

ほむら「……」

マミ「ふふ、美樹さんったらおっちょこちょいなんだから」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:55:14.98 ID:4+ZmMrGR0

ほむら「……陰毛の、話じゃなかったかしら?」

美樹「へ?」

マミ「暁美さん?陰毛って……?」

杏子「何だよ?」

ほむら「…………ふっ」

ほむら「なんでもないわ」



223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 01:58:00.46 ID:4+ZmMrGR0

さやか「えーっ、まどかってまだ生えてないの!?」

おわり


元スレ
さやか「えーっ、まどかってまだ生えてないの!?」