1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:54:28.18 ID:ESO+7C2b0

まどか「熱い~」

さやか「ねえ杏子、まだ~?」

杏子「あともうちょっとだよ。この丘を超えれば…」

杏子「私が育てたんだ。とっても甘くて美味しいぞ」

ほむら「…」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 21:58:48.22 ID:ESO+7C2b0

マミ「ねぇ、佐倉さん。その林檎、ジャムにしても美味しいかしら」

杏子「ジャムでもジュースでも何でもいいよ。まあとにかく、その場で食ってくれよ」

杏子「ほら、見えてきた…」

まどか「わぁ!とっても大きな林檎の木!沢山の実がなってるね!」

杏子「ああ、とっても甘くて…美味しいぞ…それはそれは…」

さやか「ジュルル…」

杏子「私が登って実を取ってやるよ。ほら」ポイ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:02:32.11 ID:ESO+7C2b0

さやか「うわぁ!とっても美味しそう!」パクッ

さやか「えへへ…」ジュルジュル…

マミ「本当ね、沢山貰っていくわ」

杏子「ほら、まどかとほむらも食べろよ!」

まどか「ありがとう、杏子ちゃん…ほむらちゃん、はい」

ほむら「…」

杏子「どうしたんだ?林檎はとっても美味しいぞぉ…甘くて、ジューシーで…」

杏子「それに頭も良くなる!」

さやか「アンタ頭良いの?」

杏子「いや、それは…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:04:18.10 ID:ESO+7C2b0

杏子「ほら、何とまどってんだよ。早く食べな」

まどか「うん、じゃあーん…」

ほむら「…まどか!食べちゃダメ!」

杏子「おい何やってるんだ!別に毒は入ってないぞ!」

まどか「どうしたのほむらちゃん…」

ほむら「黙りなさい…」ボコッ

杏子「うわぁ!」

まどか「ほむらちゃん!やめて!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:07:03.03 ID:ESO+7C2b0

まどか「ここは…」

ほむら「危なかったわね、このまま食べてたら…」

ほむら「あいつのオモチャになってたわ」

魔女「シャアアアアア」

まどか「うわぁ!何この化け物…真っ赤な…蛇?でもとっても大きい…」

ほむら「生前から幻覚を使えるって話は聞いてたけど…まさかこんな所で使ってくるとはね…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:10:46.26 ID:ESO+7C2b0

まどか「まさか…この蛇って…」

ほむら「ええ、佐倉杏子の成れの果てよ。あなたは早く逃げなさい」

まどか「でも…腰が抜けちゃって…助けて…」

魔女「チロチロチロ…」

ほむら「ああ!また頭が…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:15:40.91 ID:ESO+7C2b0

杏子「おい…大丈夫か?二人とも熱中症にかかっちゃって…」

マミ「突然バタッって倒れたからびっくりしたわ」

さやか「ほら、冷えピタ貼って…なんか飲み物飲ませた方がいいんじゃないかな」

杏子「あ、それならさっきの林檎で作ったジュースがあるぞ。ほら、とっても美味しい…林檎のジュース」

ほむら「…」

杏子「林檎はな、頭も良くなるし…しかも美容にもいいんだ。まあ二人はもういらないかもしれないけどな」

さやか「アンタも要らないよ」

まどか「ウェヒヒヒ…」

杏子「ささ、飲みな。私が作ったんだ、飲まなきゃ怒るぞ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:19:33.20 ID:ESO+7C2b0

まどか「わぁ…採れたてだから美味しそう…」

ほむら「まどか!飲まないで、死ぬわよ!」

まどか「ウェヒヒヒ…いただきまーす」

杏子「オイオイ、毒を盛ってると思ってるのか?冗談きついよ。それを飲めば、善と悪の違いがわかるようになって…そうだな、神様みたいになれるよ」

杏子「まどかとか神様姿が似合いそうだよな」

まどか「ウェヒヒヒ…」

ほむら「やめなさい!」

まどか「ウワッ!」

杏子「おいテメェ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:23:03.81 ID:ESO+7C2b0

杏子「私が苦労して育てたリンゴなんだぞ!」

ほむら「…」

杏子「何の理由があって飲ませないか知らないけどさ…まあお前も飲めよ、熱中症で頭がボーっとしてるんだな…」

杏子「ささ、早く飲みな」

まどか「おかしなほむらちゃん…」

ほむら「まどか…やめて…」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:27:14.51 ID:ESO+7C2b0

ほむら「やめて…」

まどか「ゴクゴクゴク…」

杏子「お、いくねえ!」

まどか「わぁ!とっても美味しい!」

杏子「そうだろ?なんせ私が育てたリンゴだからな!」

杏子「ほら、ほむらも…うわっ」

杏子「イテテテテ、お腹が…」

さやか「転校生!杏子に何やってんのさ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:30:10.85 ID:ESO+7C2b0

魔女「キキキキ…」

ほむら「まどか!早く吐き出しなさい!飲まされた物を!」

まどか「ケホッ、ケホッ」

ほむら「とにかく一時撤退した方が良さそうね。この魔女、相当ヤバイ…」

魔女「チロチロ…」

魔女「ガラガラガラ…」


まどか「ごめんね、ほむらちゃん…」

ほむら「気にしないでいいわ。貴女は私が守るもの」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:33:01.84 ID:ESO+7C2b0

ほむら「佐倉杏子、巴マミ、美樹さやかが魔女化した今、唯一この街に居る魔法少女は私だけ…」

ほむら「三人の魔女も他の魔女に比べて妙に強力…」

まどか「うぅ…」メソメソ

ほむら「とにかく、今日は寝ましょう。これから三体の魔女戦わなきゃいけないんだから…」


ほむら「Zzz...」

まどか「…ムクッ」

まどか「…」フラフラ

ほむら「まどか…?」

まどか「ウェヒヒヒ…」フラフラ

ほむら「まどか、待ちなさい!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:37:01.36 ID:ESO+7C2b0

まどか「ウェヒヒヒ…」

ほむら「まどか!何処行くの?外は危険よ…」

まどか「マミさんち…今日もお茶会…」

まどか「ケーキ食べて…ウェヒヒヒ」

ほむら「しっかりしなさい!」

まどか「ウェヒ…マミさん、来ましたよ」


ほむら「…最悪だわ」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:40:12.51 ID:ESO+7C2b0

魔女「カラカラ…」

ほむら「大きな黄色いティーポット…巴マミの成れの果てね」

魔女「フツフツ…」

まどか「わぁ!ほむらちゃん!今日はマミさんのお父さんとお母さんを紹介してくれるんだって!」

魔女「カラカラ…」

ほむら「しっかりしなさい!まどか!まどか!」

まどか「ウェヒヒヒ…ご無沙汰してまーす…」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:44:20.79 ID:ESO+7C2b0

ほむら「いい加減にしなさい!まどか!」

魔女「カラカラ…」

魔女「フツフツフツフツ…グラグラグラグラ…」

ほむら「ポットのお湯が沸騰してる!これは…」

ほむら「まどか、ごめん」ボコッ

まどか「げふっ!」

魔女「コトコト…」

まどか「ひ、ひぃ…また魔女…」

ほむら「早く所、終わらせてもらうわよ」カチャ



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:50:22.63 ID:ESO+7C2b0

魔女「カラカラ…」

ほむら「死になさい!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほむら「あの時散弾銃を何発かあの魔女に撃ちこんだ…でも、その攻撃法は大きな失敗だったの」

「失敗?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
魔女「キー…カラカラカラ」

まどか「ティーポットに穴が!これは、効いてるの…かな?」

ほむら「まずった…」

魔女「カカカカ…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほむら「穴を開けてしまったのよ。ティーポットに穴を開ければ…出てくる物は」

「紅茶か…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:54:41.01 ID:ESO+7C2b0

まどか「血じゃないよね…あれってまさか」

ほむら「煮たった紅茶…まどか、早く逃げなさい!」

魔女「フツフツフツ…」ジョボジョボ

ほむら「うわっ、銃が!」

ほむら「なんて事なの、銃がドロドロに溶けてる…」

ほむら「これは相当やばいわね」

魔女「カラカラ…」ドボドボ

ほむら「とにかく逃げ場は」

まどか「ほむらちゃん!この扉、開かないよ!」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 22:58:32.48 ID:ESO+7C2b0

魔女「グツグツグツ…」ドボドボ

ほむら「銃じゃもっと穴を開けてしまう…爆弾なんて使ったら」

ほむら「四方八方に紅茶が飛び散ってしまうわ」

ほむら「どう対処すれば…」

魔女「フツフツフツ…」ドボドボドボ

ほむら「とにかく近くの家具の上に逃げましょう、このままじゃ溶かされちゃう」

まどか「マミさん…やめて、こんなことやめて…」

ほむら「あれは巴マミじゃないわ、あれは魔女よ、巴マミじゃないの」

魔女「カラカラ…」ドボドボ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:06:14.49 ID:ESO+7C2b0

ほむら「…どうすれば」

まどか「あの、ほむらちゃん…」

ほむら「何?今考えてるの」

まどか「あの、私…考えたんだけど…あの魔女の上に乗って、蓋を開けてしまって」

まどか「そこにお水を思いっきり入れて、紅茶を冷やしちゃうの」

ほむら「…なるほど」





41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:10:40.53 ID:ESO+7C2b0

ほむら「でも水が無いわ」

まどか「そうだよね…そうだ、おしっことかどうかな」

ほむら「駄目よ。おしっこは熱いから冷やせないわ」

まどか「そうだよね…」

ほむら「ん、待って。盾の中に」

ほむら「ああ、良かった!グリーフシードを凍結するための液体窒素があったわ!」

ほむら「さっそく魔女に飛び乗って…」

まどか「やったあ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:15:28.61 ID:ESO+7C2b0

魔女「コトコトコト」ドボドボ

ほむら「悪いけど、蓋を開けさせてもらうわよ」ガチャ

魔女「!?」

魔女「キャアアアアアアアアアア」

ほむら「何だ、人間らしい声あげられるんじゃない」

魔女「カカカ…カカカ…」

ほむら「もう一杯、紅茶おかわり頼むわね…液体窒素で」トロトロ

魔女「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

まどか「マミさん…さようなら」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:17:51.01 ID:ESO+7C2b0

ほむら「ふぅ…家に居てもこれだから…」

まどか「私達だからってのもあるんじゃないかな、襲われやすいのは」

ほむら「そうね。魔女との因果は強いから…」

ほむら「残るは蛇の魔女、そして…人魚の魔女ね」

まどか「うん」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:20:17.36 ID:ESO+7C2b0

ほむら「人魚の魔女は今までに何度も戦ったわ」

まどか「強いの?」

ほむら「強いってより、攻撃的なのよ」

ほむら「結界の中でちょっと音を立てただけで全力で攻撃してくる…」

ほむら「強さも…そこそこあるわね」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:25:02.64 ID:ESO+7C2b0

オクタヴィア「…」ユラユラ

ほむら「…」

まどか(さやかちゃん…)

オクタヴィア「…」ユラユラ

ほむら(貴女は台座の周りに爆弾を…)

まどか(うん)

ほむら(私は…この魔女の体を登らなきゃ。まんべんなく攻撃したいから…)

まどか(気をつけてね…)

オクタヴィア「…」ユラユラ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:28:44.19 ID:ESO+7C2b0

ほむら(この赤いリボンを使って爆弾を括りつけて…)

ほむら(兜の穴から爆弾を何個かねじ込みましょう)

オクタヴィア「ヴォ…ヴォヴォ」

ほむら「…」

オクタヴィア「…」ユラユラ

ほむら「…ふう」

まどか(こっちはセット完了したよ)

ほむら(こっちも完了したわ)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:32:59.64 ID:ESO+7C2b0

ほむら(デトネーションコードを伸ばしていって)

ほむら(信管に接続)カチッ

オクタヴィア「ヴォ?」

ほむら「…」

オクタヴィア「ヴォヴォヴォ…」ユラユラ

ほむらタイムヒューズをゆっくりと伸ばしていって…)

まどか(ほむらちゃん、これが爆破スイッチだね)

ほむら(ええ、寄越しなさい)



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:34:59.95 ID:ESO+7C2b0

まどか(いや…私が爆破するよ)

ほむら(いいのね?)

まどか(うん。何だかんだいってさやかちゃんは大切な友達。だから私が)

ほむら(頼むわよ)

まどか(さようなら、さやかちゃん)カチャン

オクタヴィア「ヴォ?」

オクタヴィア「ヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」


ほむら「成功ね」

まどか「うん」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:37:54.54 ID:ESO+7C2b0

ほむら「ティーポットの魔女、人魚の魔女…」

まどか「最後は…」

ほむら「蛇の魔女ね。いい?奴は幻覚を使ってくる」

ほむら「絶対に惑わされないって意気込みを持ちなさい。もうあの三人は死んだ」

ほむら「成れの果ても三体中二体は殺した。それを常に頭の中に入れときなさい」

まどか「うん、わかってる」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:40:28.93 ID:ESO+7C2b0

ほむら「でも…いきなり攻撃するのも危険ね。今までのパターンからいって」

ほむら「あの魔女の弱点を見つけつつ、騙されたふりをする。それが一番ね」

まどか「難しいな…」

ほむら「大丈夫よ。私と貴女の二人で絶対にいけるわ」

まどか「うん…」

ほむら「じゃあ、教会へ向かうわよ」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:42:49.74 ID:ESO+7C2b0

魔女「シャシャシャ」

ほむら「…」

魔女「チロチロチロt…」

まどか「ほむらちゃん、あの舌チロチロが…」

ほむら「幻覚の合図ね」


杏子「おい、どうしたんだよ!二人とも!」

ほむら「ん…ああ、ごめんなさいね」

さやか「さっきから気絶したり、突然杏子を襲ったりで忙しいなあ~」

マミ「熱中症って怖いわね」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:44:50.97 ID:ESO+7C2b0

杏子「ほら、りんごジュース、もう生温かくなってるけど…」

まどか「ウェヒヒヒ、今はいいや」

杏子「そうか?じゃあまた後でな」

ほむら「ええ、さっきは殴ったりしてごめんなさいね」

杏子「気にしてないよ!あん時は熱かったんだもんな!



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:48:14.79 ID:ESO+7C2b0

杏子「熱くてイライラする気持ちはわかるし、それに思考能力も低下するしな…」

ほむら「そうね」

さやか「で、この後のスケジュールはどうする?」

マミ「どうしましょっか…」

まどか「ブツブツブツ…」

ほむら(まどか…?)

まどか「紅茶の魔女、人魚の魔女、蛇の魔女…紅茶の魔女、人魚の魔女、蛇の魔女…紅茶の魔女、人魚の魔女、蛇の魔女」

ほむら「大丈夫?」

まどか「うん、大丈夫だよ」

杏子「そうだな…そうだ!マミの家に行くとかどうだ?」

マミ「フフ、私は構わないわ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:50:53.73 ID:ESO+7C2b0

さやか「おじゃましまーす!」

マミ「ほら、お掃除してないけど…」

杏子「おい、またあの"こーちゃ"飲ましてくれよ!」

マミ「うふふ、気に入った?」

杏子「うん、あれ苦いけどケッコー好きなんだ!」


マミ「こうやって、茶葉とお湯をティーポットに入れて…」

まどか「!」

杏子「ん?どうした?」

まどか「いや、何でもないよ」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:53:51.35 ID:ESO+7C2b0

まどか(ほむらちゃん、あのティーポット)

ほむら(ええ、あの魔女とそっくりの形ね。この魔女、私たちの心を読んでるのかしら…)

マミ「はい、みんな。とっても美味しく作れたわよ」

さやか「わーい!頂きまーす!」

杏子「アチチ!」

マミ「意外と猫舌なのね、佐倉さんって」

杏子「そうでもないぜ!どっちかってと蛇かな」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:56:57.84 ID:ESO+7C2b0

マミ「ほら、二人とも飲みなさいな…」

杏子「どうしたんだ?紅茶が冷めちゃうぜ」

まどか「い、頂きます…」

ほむら「頂きます…」

まどか「うわっ!冷たい!」

さやか「ええ?どういうこと?」

マミ「あら、佐倉さんや美樹さんと同じ容器なはずなのに…」

杏子「本当だ、キンキンに冷えてやがる」

マミ「えええ?だってお湯を淹れたはずなのに…」パカッ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/12(火) 23:58:39.26 ID:ESO+7C2b0

マミ「あらら…なんでかしら、ポットの中の紅茶もキンキンに冷えてるわ」

マミ「不思議ね…」

ほむら「チッ…」

杏子「なに怖い顔してんだよ!冷たかったぐらいで怒るなよ!」

まどか「ウェヒヒヒ…」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:03:34.56 ID:Za7t29dE0

マミ「じゃ、今日はここらへんでお開きにしましょうか」

さやか「マミさん!紅茶ありがとうね!」

杏子「それじゃ!」

まどか「ウェヒヒヒ…さようなら」

ほむら「…」

マミ「キャッ!」パリン

杏子「どうしたんだ?」

マミ「あーあ、ティーポット割れちゃった…これ大切な物だったのに」

杏子「ありゃりゃ…穴が開いちゃってるな」

マミ「お父さんとお母さんからプレゼントされた…本当に大切にしてたのに…」

マミ「ウ…グスン…グス」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:08:45.56 ID:Za7t29dE0

ほむら(…当て付けのつもりかしら)

まどか「うぅ…」

杏子「あーあ、こりゃ戻らないな…」

マミ「ウェ…グスン」

杏子「悪いけど、先に帰ってくれ!私はマミを慰めてる」

さやか「うん、わかった…」


さやか「マミさん、可哀想だね。大切なティーポットなのに…」

まどか「う、うん」

さやか「ま、口に液体窒素流し込まれるよりはマシだろうけどさー」

ほむら「そうね…」

さやか「それじゃ、また明日ね!」

まどか「うん、さようなら」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:12:45.19 ID:Za7t29dE0

ほむら「ハッ!」

まどか「ほむらちゃん、大丈夫?」

ほむら「ここは…」

まどか「上條くんの、病室だと思う…」

ほむら「なぜ?」

まどか「わからない…」

ガチャ

さやか「ほら、恭介!皆待ってるって言ったでしょ?」

上條「本当だ、嬉しいなあ」

さやか「もうバイオリン弾けるんだっけ?」

上條「ああ、かなり治ってきたからね。そうだ、一曲披露しようか」

さやか「わーい!」

さやか「じゃあみんな、シーッだよ。シーッ」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:16:20.66 ID:Za7t29dE0

さやか「少しでも物音立てたら、さやかちゃん怒っちゃいますからねー」

上條「じゃ、"アヴェマリア"だよ」

上條「~♪」

さやか「えへへ♪」ユラユラ

まどか「…」

ほむら「チッ」

上條「~♪」

ガチャ

杏子「さやか付き合ったんだって!?」

杏子「おめでとー!」パチパチ

さやか「わぁ!爆竹鳴らさないでよ!」

杏子「へへー、いい男じゃん!さやかにはもったいないぜ!」

さやか「どういたしまして…へへ」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:19:23.22 ID:Za7t29dE0

杏子「いえーい!」パチパチパチ

さやか「うわちょっ、服に火花が」

さやか「アチチチチチチ!」

上條「さやか、大丈夫かい!?」

杏子「あっ!ごめん!さやか!」バサバサ

さやか「ありゃりゃ…制服が焦げちゃった」

杏子「あああ、ごめんな!さやか」

さやか「ふん…ま、いいわよ。だって」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:22:28.91 ID:Za7t29dE0

さやか「恭介とラブラブになったからね~♪恭介大好き!」ギュウウ

上條「僕も大好きだよ、さやか」ギュウウ

まどか「…」

杏子「焼けるなあ~」グイグイ

杏子「じゃ、お幸せに~♪迷惑だしいこっか、まどかとほむら!」

まどか「う、うん。さようなら、さやかちゃん」

さやか「じゃねー♪」フリフリ



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:27:49.69 ID:Za7t29dE0

杏子「…」トコトコ

杏子「なあ!」

ほむら「…何かしら」

杏子「今日一日楽しかったよな!」

ほむら「…そうね」

杏子「素っ気ない返事だなあ~でもさ、こーゆう日々がいつまでも続けばいいのにって思わない?」

杏子「私たちだってさ、いつかは大人になって、ヨボヨボになるじゃん…」

まどか「…」

杏子「だから思うんだよな。こーゆう幸せな日々がいつまでも続けば…って」

ほむら「…そうね」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:30:07.57 ID:Za7t29dE0

杏子「この幸せは誰にも壊されたくないし、誰にも邪魔する権利は無いと思うんだよな…」

ほむら「チッ」

杏子「ん?どうした?」

ほむら「何でもないわ」

杏子「なんかおかしいなあ~糖分足りてないんじゃない?」

杏子「ほら、林檎…食うかい?」

杏子「この林檎には、おまじないをかけたんだ。何もかも忘れて、ずーっと幸せになれるおまじない…」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:32:52.64 ID:Za7t29dE0

ほむら「…」

杏子「ほら、美味しいぞぉ…」

ほむら「頂くわ…」

杏子「へへへ…うわっ」ボカッ

杏子「イテテテテテテ…」

まどか「ほむらちゃん!目を覚まして!」

ほむら「はっ、危なかった…」

杏子「やれやれ、他の二人を殺したみたいに私も殺すのかい?」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:41:55.29 ID:Za7t29dE0

杏子「鉄パイプなんて物騒なモノ持って…」

まどか「はぁ…はぁ…」

杏子「なあ、もう疲れただろ?二人で一緒に死ねるんだからさ…」

杏子「人は生まれながらにして罪を持つ…これは私が魔法少女時代、信仰していた宗教の教義なんだ」

ほむら「…」

杏子「生きてるうちに罪ってのは沢山背負うもんなんだよな。私だってATM破壊したり、万引きしたり…酷い事ばっかりやってたさ」

杏子「でも、こうやって魔女になってわかったのがさ、死ぬことは今までの罪から赦されることなんだってことさ」

杏子「私は死ねない体になったから罪を赦されるのは無理だけど…せめてほむらとまどか、お前らだけでも罪から解放させてやるよ」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:48:05.34 ID:Za7t29dE0

杏子「だからさ、林檎食べな」

まどか「…」プイプイ

杏子「はぁ…仕方がないな…じゃ、私がお前らが死ぬのを手伝ってやるか!」

まどか「な…体が小さく…」

杏子「へへへ…二人ともちっちゃくなって」ヒョイ

まどか「助けて!ほむらちゃん!」

杏子「ほむらは後で食ってやるから。じゃ、あーん」

ほむら「まどか!」

ほむら「待って、まどかを食べるなら私を先に食べなさい!」

杏子「ふん…どっちも一緒に死ぬのに…まいっか、先に食べてやるよ」ヒョイ

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「大丈夫よ、それじゃお先に…




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:50:32.19 ID:Za7t29dE0

杏子「あーん」

まどか「ほむらちゃん!やめて!杏子ちゃん!」

杏子「パクッ」

杏子「ゴクン…へへ、じゃ次はお前な」

まどか「ああ…そんな…」

杏子「あれ…なんかお腹の中が…」

杏子「まさか、ほむらてめえ!」

杏子「アチチチチチ」

魔女「ギャアアアアア、シャアアアアアアア」

まどか「ほむらちゃん…」

魔女「アアアアアアアアアアアアア」

まどか「そんな…」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 00:57:18.05 ID:Za7t29dE0

魔女「シャッ…シャッ…」

まどか「ほむらちゃん、大丈夫!?」グチャグチャ

まどか「ああ…これはほむらちゃんの、カチューシャ…」

まどか「ほむらちゃん…私を守って…ほむらちゃん。私、ほむらちゃんの分まで生きるからね!」



QB「ふん、じゃあ死ぬ直前に時間移動を…」

ほむら「ええ、まどかは私が死んだと思ってるでしょうけど」

ほむら「でもこれで、あの時間軸のまどかは救われた。それだけでも私は嬉しい」

QB「話してくれて感謝するよ。それじゃ」

ほむら「ええ、誰か前のループについて話したい相手が欲しかったの。流石に貴方以外は話せないからね」

QB「ま、この話を聞いたからと言って、まどかとの契約はやらせてもらうよ。こっちも仕事だからね」

ほむら「全力で阻止させてもらうわ。それじゃ」

終わり


元スレ
杏子「林檎食うかい?」