1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:39:05.71 ID:RRC4OS+B0

---劇場(事務所)

P「おはようございまーす」

小鳥「おはようございますプロデューサーさん」 ハァ… カタカタ

P「どうしたんですか?小鳥さん 新しいカップリングでも見つけたんですかね」

小鳥「違います!私だってちゃんと仕事してますよ…」

律子「ではデスクの引き出しを見せて下さい」

小鳥「スイマセンでした…元・殺し屋に見つかったら逃げられないピヨ…」

P「冗談はさておき、何かあったんですか?」

小鳥「劇場を設立してからもう7ヶ月経つじゃないですか」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:39:54.21 ID:RRC4OS+B0

律子「そうですね 春香達以外のアイドルにも仕事が増えてきてますし、大分軌道に乗ってきましたね」

P「事務仕事が大変になってきたとか? 俺ももっと頑張りますし、律子だってアイドルの仕事をしながら手伝ってくれるよな?」

律子「勿論です!私に任せて下さい!」

小鳥「違うんです…確かに事務仕事は大変ですけど…」

P「?」

小鳥「春香ちゃん達は言わずもがな、とても仲良しで、それが仕事にも良い影響を与えて良いんですけど…」

P「………皆の輪に溶け込めない子か…」

小鳥「はい…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:40:31.90 ID:RRC4OS+B0

律子「でも、仲良くなりすぎるのも考えすぎですよ?あくまで仕事なんですから 公私のケジメはしっかりしてもらわないと」

小鳥「勿論わかってます。でも…さすがに…桃子ちゃんは…」

P「…桃子はなぁ…」

http://s-up.info/view/201201/117359.jpg



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:41:05.95 ID:RRC4OS+B0

律子「確かに桃子は…同年代の子とは馴染めてないですね…」

小鳥「はい…あまり世話を焼くのもおせっかいですが…桃子ちゃんは、皆と仲良くしたがってるように見えるので…」

P「…………」

律子「プロデューサーに対してはどうです?」

P「確かに年少組の中では距離を取ってますね…。星梨花や育は話かけるんですが…本人が突っぱねちゃって…」

P「その後、桃子と2人で話すと、弱音を吐いたりもします…」

律子「え?桃子がですか?」

P「あぁ… 『ホントは皆とかわいいシールを交換したい……おしゃべりしたい』 とボソッと言ってたよ…」

小鳥「やっぱり…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:41:53.49 ID:RRC4OS+B0

律子「昔の千早とも距離の取り方が違いますしね…」

P「そうだな、桃子は皆と仲良くしたいんだが、どうしても素直になれないというか…」

P「子供扱いすると怒りそうだし、かといって俺達大人が無理に介入すると、桃子のプライドを傷つけてしまいそうで…」

小鳥「私も同じ感想です…。時々すごく寂しそうな顔するんです…。」

律子「子役時代に何かあったんですかね…」

P「その事は俺にも話さないよ、だから俺も無理には聞かない事にしてる」

律子「そうですか…」

小鳥「困りました…」

ガチャ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:42:34.31 ID:RRC4OS+B0

千早「プロデューサー、今の話…」

P「!?千早…居たのか!?」アタフタ

千早「聞くつもりは無かったのですが…」

P「…まぁ、あまり皆には言う話じゃないから…黙っていてくれると助かる」

千早「はい…」

P「今日は千早に同行だったな よし、仕事に行くぞ」 ガチャ


千早「……桃子…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:43:14.51 ID:RRC4OS+B0

---夕方 事務所

千早「戻りました」

P「ただいま~」

桃子「おかえり、お兄ちゃん」

P「おう、桃子 ただいま」

桃子「…桃子ね、ドラマの撮影で疲れちゃった ボーッとしてないで肩揉んで」

P「へいへい」

千早「…………」

桃子「ほら、さっさとやって」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:44:07.34 ID:RRC4OS+B0

P「…」モミモミ

P「…あのな、桃子」

桃子「なに?手は休めないでね」

P「今度新しくオープンした遊園地を紹介する仕事があるんだ。 残念ながら桃子には仕事の依頼が来てないんだが…」

桃子「………で?」

P「未来達には仕事の依頼が来てて、下見を兼ねて今度遊びに行くんだよ」

桃子「ふーん」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:45:10.85 ID:RRC4OS+B0

P「それで、未来達と休みが合わなくてな…。未来、昴、ロコ、ジュリアは4人で行くんだけど、やよいと星梨花、育には保護者が必要だから俺も同行するんだ」

桃子「……何が言いたいの?」

P「…いや、その~、、、桃子も一緒に行かないかな~?って…」

桃子「……」

P「歳も近いしさ…皆で行ったら楽しいぞ~」

桃子「………桃子、行かない」ガタッ

P「も、桃子!?」(しまった…切り出し方を間違ってしまったか…)

桃子「…桃子には仕事入ってないんでしょ?…関係無いよ もうマッサージいらない 桃子帰る」

P「  」(やってしまった…)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:45:42.60 ID:RRC4OS+B0

千早「………」

やよい「ただいま戻りましたー」ウッウー

P「あぁやよい お、おかえり…」

桃子「…………」

やよい「何かあったんですかー?」

桃子「なんでもないよ やよいさんには関係ないし」

P「桃子…やよいに当たるなよ…悪いのは俺なんだから…」

桃子「なに?桃子に意見するの?お兄ちゃん黙っててよ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:46:31.54 ID:RRC4OS+B0

やよい「う……」

千早「……桃子、ちょっと会議室に来なさい」

P「ち、千早…」

桃子「千早さんまで…なによ、」

千早「いいから来なさい」

桃子「……わかった」

バタン

P「…大丈夫かな千早…」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:47:18.27 ID:RRC4OS+B0

-会議室

桃子「なによ、千早さんまで桃子にお説教するつもり?」

千早「桃子」

桃子「桃子、悪いことなんてしてないもん」

千早「私はアナタの事、とっても好きよ」

桃子「な、なによいきなり…」

千早「お芝居に関する姿勢や努力、実力にはとても関心するわ」

桃子「当然よ、芸歴なら桃子の方が先輩なんだから」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:48:12.35 ID:RRC4OS+B0

千早「…でも」

桃子「…?」

千早「事務所のあなたは、プロデューサーや皆に対するあなたは、とても息苦しそうに見えるわ」

桃子「……」

千早「高槻さんや春香、それに他の皆は、とても楽しそうにしているわ」

桃子「べ、別にいいでしょ、桃子だってお仕事はちゃんとしてるもん!」

千早「ええ、周りはそれで良いのかもしれないけれど」

千早「あなた自身、それで良いのかしら」

桃子「…なによ…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:48:52.47 ID:RRC4OS+B0

千早「…昔の私のことは聞いてるかしら?」


桃子「……お兄ちゃんからちょこっと…」

千早「そう、別に同情して欲しいわけじゃないのよ」

桃子「……」

千早「私がふさぎこんでいたのを助けてくれたのは、春香や事務所の仲間達だったわ」

千早「ずーっと、歌の仕事以外興味の無かった私だけれど、今では休みの日でも事務所に来たい程だわ」

桃子「千早さん、何が言いたいの?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:49:54.98 ID:RRC4OS+B0

千早「過去に何か嫌な思いをしたのかもしれないけれど、今の仲間といて、嫌な思いをした事はあるかしら?」

桃子「…ううん…ない…」

千早「楽しかった事は?」

桃子「……ある…」

千早「もっともっと仲良くなりたい?」

桃子「………別に…」

千早「…皆と遊園地に行きたい?」

桃子「……別に…行きたくない…」

千早「桃子、私の目を見て言って」ジッ

桃子「……」ウルウル



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:51:15.87 ID:RRC4OS+B0

桃子「……行ぎだい…」グスッ

千早「そう」ギュッ

桃子「うぅ……桃子だっで、皆ど一緒に遊びだい…」ぐすん

千早「うん」ナデナデ

桃子「でもね、どうじだらいいがわがんないんだもん…」エーン

千早「うんうん」ナデナデ

桃子「皆に誘われてなかったり、嫌われてたりしたらどうしようって、不安で」エーン

千早「桃子、ゴメンね 問い詰めるような真似をしてしまって…」ナデナデ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:51:48.66 ID:RRC4OS+B0

桃子「びえええええん」

千早「高槻さんに一緒に行けるようお願いしましょう?私もついているわ」

桃子「…うん…」ぐすん

-事務所

P「も、桃子、さっきはその…すまない」

千早「プロデューサー、桃子は喉が渇いたそうです。すぐに桃子のお気に入りのジュースを買ってきてください」

P「お、おう」タッタッタ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:52:35.45 ID:RRC4OS+B0

桃子「……」

やよい「あの…私、何か悪い事しちゃったかなーって…」

桃子「…も、もも、」モジモジ

やよい「?」

桃子「も、桃子も、一緒に遊園地に行きたい!!!」

やよい「! 勿論ですー!一緒に行きましょうー!」

桃子「 」パァァァァ

やよい「皆で一緒の方が楽しいですー!み~んな、桃子ちゃんともっと遊んでみたいって言ってました~!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:53:22.10 ID:RRC4OS+B0

千早「良かったわね桃子」ナデナデ

桃子「うん…千早さん、あ、あの、ありがとう……」

千早「お礼はいらないわ 楽しんできて」

桃子「あの、そのね、ち、千早さんも一緒がいいの…」

千早「…! ありがとう桃子、喜んでお供するわ」クスクス

桃子「 」パァァァァァ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:53:53.62 ID:RRC4OS+B0

-翌日

P「ってな事がありまして」

小鳥「桃子ちゃん、良かったわね」

律子「…あの千早が?」

P「あぁ、実際千早は変わったよ 夏祭りの時も桃子の体調を心配したり、迷子の子を心配したり」

P「俺が出しゃばる必要なかったよ…失敗したけど…」

小鳥「ぐふふ…ちはもも…これはイケるピヨ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:55:04.19 ID:RRC4OS+B0

律子「後はそうですねぇ…」チラッ


静香「………」モッチャモッチャ ←1人でうどん食べてる

志保「……」ツーン ←1人でスマホいじってる

http://s-up.info/view/201201/117360.jpg
http://s-up.info/view/201201/117361.jpg



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:55:46.45 ID:RRC4OS+B0

律子「…ゴホン!アーアー、ところでプロデューサー殿、どんな遊園地なんですかー?」大声で(アイコンタクト)

P「(!)」

P「それがなー!フードコーナーに、うどんの有名なお店が入ってるらしくてなー!」大声で

静香「 」ピクッ

P「星梨花も楽しみにしてるんだよー!」

静香「 」ソワソワ モチョモチョ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:56:20.45 ID:RRC4OS+B0

小鳥「(!) そうなんですかー!お土産お願いしますねーー!」大声で

P「あぁ!ホームページ見ると、お土産屋さんにすっごくカワイイぬいぐるみがあるんだよなー!!」

志保「 」ピクッ


律子「(後少しですねwww) いやーいくらプロデューサー殿と千早がついていても、年少組のアイドルが4人も居たら大変ですねー!」

小鳥「私も律子さんもその日は仕事ですしー!」

P「サインでも頼まれたら大変だよなー! あー、後2人くらいしっかりした人が付いていればなぁー!」



  「「あ、あの プロデューサー!」」ガタッ!


P「どうした2人ともー!?」



終わり



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 00:59:28.63 ID:RRC4OS+B0

誰も居ないのによく頑張ったな俺

寝る


元スレ
グリマスP「千早と桃子」