1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:41:23.31 ID:u3F3Xiv80

京子「ねぇ、結衣」

結衣「何?京子?」

京子「私達ってさ進学したら共学に行くこともあるんだよね」

結衣「まぁ、そうだな」

京子「ってことはやっぱり結衣って高校で彼氏作ったりするの?」

結衣「……」

結衣(え…?何言ってるんだ京子…?)

結衣(彼氏…?)



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:45:27.31 ID:u3F3Xiv80

結衣「ど、どうしてそんなこと聞くんだよ…?」

京子「いや~結衣ってもてそうじゃん?やっぱ彼氏とか作るのかなって」

結衣「……」

結衣「そ、それはわからないなぁ…」

京子「わからない…?」

京子「わからないって…もしかして結衣ってレズなの!?」

結衣「っ!」

結衣「ちげーよバカ!できるかわからないって意味だよ」

京子「あ、そういうことね」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:50:48.01 ID:u3F3Xiv80

京子「大丈夫だって結衣って結構可愛いし普通にもてるよ!」

結衣「……」

結衣「そういうお前はどうなんだよ…」

京子「何が?」

結衣「いつもちなつちゃんに抱きついてるだろ、お前こそそっち系じゃないのか?」

京子「あれはスキンシップに決まってるじゃ~ん」ケラケラ

京子「私だって彼氏ぐらい作ってデートしたいよ♪」

結衣「じゃあ…まずはその適当な性格から直すんだな…」

京子「失礼な!これは個性だよ!」

結衣「ははは…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:56:44.24 ID:u3F3Xiv80

【結衣のマンション】

結衣「……」

『わからないって…もしかして結衣ってレズなの!?』

『ちげーよバカ!できるかわからないって意味だよ』

結衣「何であんな必死に否定したんだろ…」

結衣「……」

結衣「ああそうか、京子に引かれたくなかったからか…」

結衣「まぁ普通に考えれば気持ち悪いよな…」

結衣「はぁ…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:01:20.52 ID:u3F3Xiv80

結衣「…って何落ち込んでるんだよ私」

結衣「そもそも女同士ってのが始めからおかしかったんだよ」

結衣「それに、これで京子一生とお別れなわけじゃないだろ、これからも親友として京子と一緒に居られるじゃないか」

結衣「そうだよ、落ち込むことなんてなにもない」

結衣「なにも…」

結衣「……」

結衣「もう寝よう…」

―――
――




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:06:39.46 ID:u3F3Xiv80

結衣『京子、今日はうち泊まってく?』

京子『あ~…』

京子『ゴメン、今日はちょっと無理かな~』

結衣『何か用事でもあるのか?』

京子『えへへ///』

結衣『なんだよ、気持ち悪い』

京子『驚かないでよ…』

京子『実は今日彼氏とデートなんだ~♪』

結衣『っ!』

京子『とうとう京子ちゃんにも春が来ちゃったよ~』

結衣『……』



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:10:20.31 ID:u3F3Xiv80

京子『結衣?』

結衣『え…?』

京子『もしかして驚いて声も出なかった?』ニヤニヤ

結衣『そ、そうだな…ビックリしたよ…』

京子『でしょでしょ~』

結衣『うん…』

京子『だからゴメンね結衣』

京子『今度また泊まりに行くから』

結衣『ああ…』

京子『そんじゃ私はデートに行ってくるね~』ビシッ

結衣『行ってらっしゃい…』

―――
――




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:18:50.56 ID:u3F3Xiv80

【夜 結衣宅】

結衣「っ!!」ガバッ

結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」

結衣「……」

結衣「夢…?」

結衣「何で…こんな…」

結衣「……」

結衣「水でも飲んでこよう…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:19:53.72 ID:u3F3Xiv80

結衣「……」ゴクゴク

結衣「ふぅ…」

結衣「……」

結衣「はは…私って案外弱い人間なんだな…」

結衣「あれはただの夢だろ…?」

結衣「しっかりしろよ私…」

結衣「……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:25:38.58 ID:u3F3Xiv80

結衣「ぅぅ…」グス

結衣「京子…」ポロポロ

結衣「やっぱり…つらいよ…いやだよ…」

結衣「京子と一緒にいたいよ…」

結衣「なんで…なんでなんだよ…」

結衣「きょうこ…きょうこぉぉ…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:30:52.94 ID:u3F3Xiv80

【ごらく部 部室】

京子「でさ~これがホント可愛くってさ~」

ちなつ「ほんとですかぁ?」

京子「いやいやホントホント、可愛いんだってこれが~」

結衣「……」

あかり「……」ジー

あかり「結衣ちゃん?」

結衣「……」

あかり「結衣ちゃん!」

結衣「え…?」

結衣「な、何?あかり?」

あかり「最近結衣ちゃん元気ないよ…?」

結衣「え…?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:33:10.31 ID:u3F3Xiv80

結衣「そ、そうかな…」

あかり「ずっとしかめっ面してるんだもん、心配だよぉ」

結衣「……」

結衣「大丈夫だよあかり、たいしたことじゃないよ」

結衣「心配してくれてありがとうな」

あかり「う、うん…」

京子「…って二人とも私の話聞いてるのか~?」

結衣「ごめん、まったく聞いてなかった」

京子「なぬー!!」

あの日以来、私は京子に普段どうりに接することができなくなっていた

私はもう京子を普通の目で見ることができない

自然と私達の間には壁ができていった



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:38:51.44 ID:u3F3Xiv80

結衣『京子、今日も泊まりにくる?』

京子『え…?あ~えっと…』

京子『さすがにしょっちゅう泊まるのは…』

結衣『何遠慮してるんだよ、中学時代いつも泊まってただろ』

京子『そ、そうかな…?』

結衣『そうだろ、しょっちゅう泊まってたぞお前』

京子『……』

結衣『勝手に居座ったこともあったけな、はは…懐かしいな…』

京子『やめてよ…』

結衣『私とお前の仲だろ?今更遠慮することなんて…』

京子『もうやめてよ!』

結衣『』ビクッ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:43:03.25 ID:BRSjl4p10

京子『……』

京子『知らないの…?』

京子『最近さ私達二人がデキてるって学校中で噂がになってるんだよ…?』

結衣『え…?』

京子『あの二人はレズなんじゃなかって』

京子『気持ち悪いって…』

結衣『そ、そんな根も葉もない陰口言わせておけばいいだろ…』



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:47:13.07 ID:BRSjl4p10

京子『何言ってるの…?』

京子『おかげで彼氏に振られそうなんだよ…?』

京子『ずっと気まずくてさ…あんまり口利いてくれなくなったんだよ…』

京子『これで振られたらどうしてくれるの!?』

結衣『っ!』

結衣『何でだよ…なんでそんなこと言うんだよ…』

結衣『ずっと一緒だって子供の頃約束したじゃないか!』

結衣『それなのに彼氏彼氏って…そんなにアイツのことが大切なのかよ!!』

結衣『そんなにアイツと一緒にいたいのかよ!?』

京子『……』

結衣『あ…』



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:53:10.23 ID:BRSjl4p10

京子『そっか…そうなんだ…』

京子『やっぱり結衣はそういうのなんだね…』

結衣『ち、違う…』ガシッ

京子『離してよ…』

結衣『は、話を聞いてくれよ京k…』

京子『離して!!』バシッ

京子『最低…』

結衣『ち、違う、私はただお前と一緒に居たいだけで…』

京子『私と一緒に居たい…?』

京子『なんなのそれ…?』

京子『結衣の勝手な独りよがりに私を巻き込まないでよ…気持ち悪い…』

結衣『きょ、京子…?』

京子『もう私に二度と近づかないでよ!!結衣なんてだいっきらい!!』

―――
――




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:00:51.93 ID:BRSjl4p10

【深夜 結衣のマンション】

結衣「うわあああぁぁぁっ!!!」ガバッ

結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」

結衣「……」

結衣「…………」

結衣「ははは…」

結衣「一生お別れなわけじゃない…?」

結衣「これからも親友として京子と一緒に居られる…?」

結衣「ははははは!!」

結衣「ほんっと馬鹿みたいだよな!」

結衣「一緒に居れるわけないだろ!当たり前じゃないか!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:12:06.23 ID:BRSjl4p10

結衣「……」

結衣「そうだよ、とっくに気づいていたさ…」

結衣「当たり前じゃないか…」

結衣「……」

結衣「京子は何も間違ってない…間違ってるのは私だ…」

結衣「大切にしないと…」

結衣「今京子といるこの時間を…」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:14:08.73 ID:BRSjl4p10

【商店街】

結衣「えっと…他に買うものは…」

結衣「そうだ、京子のためにラムレーズン買っておかないと」

結衣「あいつと一緒にいる時間はもう限られて…」

結衣「あれ…?」

京子「……」テクテク

結衣「京子…?」

京子「――――」テクテク

男「――――」テクテク

結衣「え…?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:18:44.11 ID:BRSjl4p10

結衣「……」

結衣(あれ…?なんで京子が知らない男と一緒にいるんだ…?)

結衣(なんで京子が男と並んで歩いてるんだろ…?)

結衣(あはは…おかしいなぁ…)

京子「―――!―!!」

男「―――」

結衣(楽しそうに話してるや…)

結衣(……)

結衣(ああ…)

結衣(そっか…最近京子に感じてた違和感はそういうことだったのか…)

結衣「ああ…」

結衣「うわあああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:24:25.02 ID:BRSjl4p10

【結衣のマンション】

結衣「はぁ……はぁ……はぁ……」

結衣「京子が知らない男と…楽しそうに…」

結衣「私に内緒で…付き合って…どうして…何で…」

結衣「京子が…汚い男と…嫌だ…」

結衣「京子が汚される…触られて…迫られて…」

結衣「やめろ…やめろよ…」

結衣「……」

結衣「ふふ…」

結衣「あははは…何考えてるんだよ私…」

結衣「ダメだダメだしっかりしろ…」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:29:51.91 ID:BRSjl4p10

結衣「……」

結衣「京子はあの男に騙されてるんだ…」

結衣「京子の体が目当てで…近づいて…」

結衣「私の京子を弄んで…」

結衣「助けないと…」

結衣「私が助けてやらないと…京子のこと守ってやらないと…」

結衣「京子を正気に戻さなきゃ…」

結衣「……」

結衣「私の京子をあんな奴に汚させてたまるか…」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:34:35.38 ID:BRSjl4p10

【結衣のマンション】

結衣「ねぇ、京子」

京子「な~に?結衣?」

結衣「今日うちに泊まっていかないか?」

京子「むむ、結衣から言ってくるなんて珍しいね」

結衣「そうか?」

京子「そうだよ」

京子「さては夏休み早々私が居なくて寂しくなっちゃたとか?」ニヤニヤ

結衣「ねーよ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:35:56.15 ID:BRSjl4p10

京子「結衣はホームシックが酷いから京子ちゃんが助けてやらないとな!」

結衣「何言ってるんだよお前」

京子「テヘッ」

結衣「……」

結衣(大丈夫だよ京子…私がお前のこと守ってやるからな…)

結衣(絶対にアイツをお前の傍に近づけさせないから…)

―――
――




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:39:56.24 ID:BRSjl4p10

【朝 結衣のマンション】

京子「ん…ぁ…」

京子「あれ……?」

京子(私いつの間に寝てたんだろ…)

京子「ふわぁ…」


ジャラ 


京子「……」

京子「え……?」


ジャラ ジャラ


京子「何これ…?」

京子「鎖…?」

京子「な、何で!?どうして…!?」グイグイ

京子「動けない…」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:44:56.08 ID:BRSjl4p10

バタン

結衣「あ、やっと起きたんだ」

京子「ゆ、結衣…?」

結衣「全然起きないから心配したよ…」

京子「ねぇ…結衣、なんで私は鎖で繋がれてるの…?」

京子「これって…結衣がやったの…?」

結衣「そうだよ」

京子「な、何で?どうして?」

結衣「どうしてって…」

結衣「京子を守るためだよ」

京子「え…?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:46:39.40 ID:BRSjl4p10

結衣「京子は今悪い男に騙されてるんだ…」

結衣「触られて弄ばれて汚されて…」

京子「何…言ってるの…?」

結衣「でも安心していいよ」

結衣「もう誰にも私の京子を汚させたりしないから…」ギュッ

京子「ゆ、結衣…!?」ビクッ

結衣「大好きだよ…京子…」ギュウ

京子「な、何で…?だって結衣は…」

結衣「もう自分に嘘をつくのはやめたよ…」

京子「嘘…?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:50:50.95 ID:BRSjl4p10

結衣「私はね、京子のことが大好きなんだ」

京子「え…?」

結衣「親友としてじゃなくて…家族としてじゃなくて…」

結衣「一人の女の子として、恋愛対象として京子のことが『好き』なんだよ」ニコ

京子「……」ゾク

結衣「好きだよ、京子」

京子「っ!」バタバタ

結衣「暴れても誰も助けにこないよ…京子…」

結衣「それにその鎖は絶対に外れない…」

京子「ゆ、結衣…」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:51:43.71 ID:BRSjl4p10

結衣「ふふ、そうだ…」

結衣「京子、お腹空いたでしょ?」

京子「え…?」

結衣「すぐ朝ごはん作ってあげるから待ってってね」

結衣「それじゃ、いい子にして待ってるんだよ」

京子「っ!」

京子「ま、待ってよ結衣!行かないd…」

ギィィィッ

バタンッ!

―――
――




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:57:01.51 ID:BRSjl4p10

結衣「ほら京子、口を開けて」

京子「……」

結衣「食べないと体に悪いよ」

京子「いらない…」

結衣「どうして?」

京子「何でこんなことするの…?」

結衣「……」

京子「ねぇ…結衣、もうこんなことやめよう…おかしいよ…」

京子「今なら私も黙ってるから…」

結衣「ふふ…」

結衣「そんなに彼氏のことが大事なんだ?」

京子「!?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 20:59:31.46 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「な、なんで…結衣が知ってるの…?」

結衣「私が知らないとでも思ったのか?」

結衣「商店街で楽しそうにイチャついてただろ」

京子「っ!」

京子「そんな…見てたの…?」

結衣「うん、憎くて憎くてしかたなかったよ」ニコ

京子「」ゾク

結衣「あの男、私の京子に気安く近づいてさ…本当に苦しかったなぁ…」

結衣「もっと早くに気づくべきだったよ…」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:00:30.97 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「それじゃあ…何…?私が男と付き合ったからこんなことするの…?」

結衣「そうだよ、京子が汚されるのを黙って見過ごすわけないじゃないか」

京子「っ!」

結衣「京子はあの男に騙されてるんだよ…?」

結衣「京子の体が目当てで近づいてさ」

結衣「だから私が守ってやらないとな」ニコ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:04:52.31 ID:BRSjl4p10

京子「なんで…」

京子「なんでなの…」

京子「結衣はそんなに私が男と付き合うのが気に入らないの!?」

結衣「……」

京子「結衣に一体何がわかるの!?」

京子「私達はお互いに好きあってるんだよ!?」

結衣「……」

京子「結衣は女の子同士で好きあうのがおかしい事だってわからないの!?」

京子「結衣の勝手な独りよがりに私を巻き込まないでよ!!」

京子「気持ち悪い…」

京子「気持ち悪いよ!!結衣なんて大嫌い!!」

結衣「っ!」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:08:06.88 ID:BRSjl4p10


バチンッ!

京子「あうっ!」

結衣「……」

京子「ぅ…」

結衣「京子…すっかりあの男に騙されてるんだね…」

結衣「こんなに毒されて…可哀相に…」

結衣「でも大丈夫、私が正気に戻してやるからな」ギュッ

京子「」ビクッ

結衣「ごめんね京子、痛い思いさせて…」ナデナデ

結衣「京子のためなんだ…」

京子「ぅぅ…」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:09:01.72 ID:BRSjl4p10

あの日以来京子私を見ると怯えるようになった

私の言うことを素直に聞いてくれるようになったのは嬉しかったけど

あんなに元気で無邪気だった京子から笑顔が消えたのはとても辛かった

これも全部あの男のせいだ…早く京子を…



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:10:14.58 ID:BRSjl4p10

結衣「京子、お口開けてごらん」

京子「ん…」

結衣「はい、あ~ん」

京子「……」パクッ

京子「……」モグモグ

結衣「おいしい?」

京子「……」

結衣「……」

結衣「はぁ…」

結衣「明日はもっとがんばるよ」

―――
――




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:11:20.19 ID:BRSjl4p10

結衣「なんで口を聞いてくれないんだろ」

結衣「やっぱりこの前叩いたことをまだ根に持ってるのかな…」

結衣「何とかして京子のご機嫌を取らないと…」

結衣「……」

結衣「そうだ…」

結衣「京子にプレゼントを買ってあげよう!」

結衣「うん、それがいい!」

結衣「何がいいかな、ラムレーズン?」

結衣「いや…もっと別のがいいな…」 

結衣「楽しくなってきたぞ」

―――
――




91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:12:54.72 ID:BRSjl4p10

京子「……」

結衣「今日の晩御飯はどうだった?」

結衣「今日のは結構腕によりを掛けて…」

京子「……」プイ

結衣「……」

結衣「やっぱりダメか…」シュン

京子「……」

結衣「ふふふ」

結衣「実は今日、京子にプレゼントがあるんだ!」

京子「え…?」

京子「プレゼント…?」

結衣「そうだよ」ガサゴソ

結衣「京子に似合いそうなの探してきたんだよ、喜んででくれるかな」ヒョイ



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:15:43.55 ID:BRSjl4p10

京子「え……?」

京子「何…それ…」

結衣「首輪だけど?」

京子「く…首輪…!?何で…?」

結衣「京子に着けてあげるんだよ」

京子「え…?」

結衣「お前も手足を鎖に巻かれてずっと苦しかっただろ?」

結衣「首輪ならお前も苦しくないだろ?」ニコ

京子「ひっ…」

結衣「ほら顔上げて」

京子「い、いや…来ないで…」

結衣「逃げるなよ」ガシッ



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:18:30.76 ID:BRSjl4p10

京子「は、離してっ!」バタバタ

結衣「暴れるなって…着けられないだろ…」

京子「やめて…やめてよ結衣ぃ!!」ジタバタ

結衣「……」グイッ

京子「私こんなのいらない!!」

京子「嫌!いやだぁ!」ブンブン

結衣「チッ…」イラ

結衣「大人しくしろよ!!」


バチンッ!


京子「あぐっ!」バタン



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:20:48.32 ID:BRSjl4p10

結衣「なんなんだよ…」

結衣「せっかく京子のために買ってきてやったんだぞ!お前はそれを無駄にするのか!?」グイッ

結衣「お前が苦しそうだからせっかく気を使ってやったのに、何で抵抗するんだよ!?」グイグイ

京子「く、苦しい…」

結衣「京子のためなんだぞ、どうしてわかってくれないんだよ!」

結衣「それなのにお前はいつもいつもそうやって自分勝手に振舞って!」

結衣「わかってるのか!?」ドンッ!

京子「ぐっ!」バタッ

結衣「はぁ…はぁ…」

京子「ぅ…ぁ…」

結衣「なぁ、聞いてるのか?京子?」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:21:33.94 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「…なさい…」グス

京子「ごめんなさい…ごめんなさい…」ポロポロ

京子「暴れないから…嫌がらないから…もう叩かないで…」ポロポロ

結衣「……」

京子「お願い…」

京子「お願い…します…もう許してください…」ポロポロ

結衣「京子…」

結衣「……」ギュッ

京子「あ…」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:23:50.77 ID:BRSjl4p10

結衣「ごめん、ごめんな、私はただお前のことが心配なだけなんだ…」

結衣「お前が落ち込んでたから、励まそうと思って…」

結衣「私だって本当はこんなことしたくないんだよ…許してくれ…」ナデナテ

京子「……」

京子「結衣は…悪くない…悪くないよ…」

結衣「京子…分かってくれて嬉しいよ…」ニコ

京子「うん…」

結衣「それじゃ、首輪着けるから顔上げてごらん」

京子「……」クイッ

結衣「いい子だ」ガチャ

ガチャ ガチャ

結衣「首輪着けたら手足の鎖は外してやるからな」ガチャガチャ

京子「ぅ…」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:26:18.06 ID:BRSjl4p10


ガチャガチャ

ガチャン


結衣「できた…」

京子「ぁ…ぅ…」

結衣「鎖が減って少し楽になっただろ?」

結衣「手足は自由になったし少しは動き回れるようになった、これで一緒の布団に寝られる」

結衣「お前も床で寝るのはもう嫌だろ?」ナデナデ

京子「うん…」

京子「ありがとう…結衣…」

結衣「っ!」

結衣「そう言ってもらえて嬉しいよ京子!」

京子「……」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:27:04.56 ID:BRSjl4p10

結衣「今日はもう疲れたろ?」

結衣「さっそく一緒に寝ようか、京子」

結衣「ほら、おいで…」

京子「うん…」ゴソゴソ

結衣「ふふ…」ギュッ

京子「ぅぅ…」

結衣(ああ…京子の温もりがこんなに近くに感じられる…)

結衣(やっぱり京子は私の傍にいてくれるんだね…)

結衣「おやすみ、京子」ナデナデ

京子「うん…」

京子「おやすみ…結衣…」

―――
――




109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:27:54.53 ID:BRSjl4p10

京子と一緒に過ごして二週間が経った

京子は前にも増して口を聞かなくなった

でも特に嫌われたというわけではなく

むしろ京子の方から積極的に私に体を預けてくれるようになった

素直に嬉しかった



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:28:26.27 ID:BRSjl4p10

結衣「今日は登校日か」

京子「……」

結衣「京子と離れるのは嫌だけど、学校はちゃんと行かなきゃなダメだよな」

結衣「京子、一人でお留守番できる?」

京子「……」コクン

結衣「うん、いい子だ」ナデナデ

結衣「昼前には帰ってくるから、

京子「……」コクコク

結衣「それじゃ、行ってくるよ京子」

京子「……」

京子「行って…らっしゃい…」フリフリ

結衣「っ!」

結衣「うん、行って来るね京子!」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:30:32.16 ID:BRSjl4p10

【学校】

結衣「……」

結衣(京子が居ないと…こんなに退屈なんだな…)

結衣(早く帰りたい…)

綾乃「船見さん」

結衣「綾乃?何かな?」

綾乃「今日は歳納京子はお休みなのかしら?」

結衣「ああ、そうらしいね」

綾乃「もう!夏休み最初の登校日なのに何やってるのかしら歳納京子は!」プンプン

綾乃「学校を無断欠席するなんて罰金バッキンガムなんだから!」

結衣「ブブッ!」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:32:16.31 ID:BRSjl4p10

千歳「そないなこと言うて、ほんまは歳納さんにずっと会えんで寂しいんやろ?」

綾乃「な、ななな何いってるのよ千歳!!/// そ、そそそんなわけないでしょ!!///」

綾乃「わ、私は歳納京子が無断欠席したことが許せないだけよ!///」

千歳「せやろか?」ニヤニヤ

綾乃「そうよ!!」

結衣「ははは…」

結衣「……」

結衣「綾乃だったら…まだよかったのにな…」ボソ

綾乃「え?何か言ったかしら船見さん?」

結衣「いや、何でもないよ」

綾乃「?」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:34:02.60 ID:BRSjl4p10

【結衣のマンション】

結衣「ただいま、京子」

京子「お帰り…」

結衣「うん、ただいま」ニコ

結衣「寂しかっただろ?」ギュッ

京子「うん…寂しかった…」

結衣「ごめんな京子…明日はずっと傍にいてやるからな」

京子「うん…」

本当に些細なことだけど

京子との距離が縮まっていくのを、絆が強くなっていくのを感じた

やっぱり私は京子のことが好きなんだと改めて実感する

いや私だけじゃなくてきっと京子も私のことが…

私は幸せだった…



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:37:11.51 ID:BRSjl4p10

【翌日 夜 結衣のマンション】

結衣「……」ギュッ

京子「んん…」

結衣「京子…」ナデナデ

京子「うん…」

結衣「……///」ドキドキ

結衣(京子の心臓の鼓動が伝わってくる…)

京子「……」

結衣(京子も私と同じでドキドキしてるんだ…///)

結衣(ああ…)

京子「結衣…?」キョトン

結衣「っ///」ドキ



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:37:50.36 ID:BRSjl4p10

京子「どうしたの…?」

結衣「……」

結衣「京子、こっちに顔向けてごらん」

京子「……?」

結衣「ん…」チュッ

京子「っ…!?」

結衣「ちゅっ……んむ……」チュー

京子「~~~っ」

結衣「ぷはっ…」

京子「う…ぁ…」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:38:42.28 ID:BRSjl4p10

結衣「京子…」

京子「な、なんで…こんな…」

結衣「ああ…ドキドキしてきたよ…京子…///」ギュッ

京子「ゆ、結衣…!?」

結衣「ねぇ…していいかな…?」

京子「え…?」

京子「するって…何…を…?」

結衣「何言ってるんだよ…もうわかってるだろ?」

京子「っ!」

結衣「京子…」ナデ

京子「ぃ…ゃ…」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:39:15.94 ID:BRSjl4p10

結衣「大好きだよ…京子…」

京子「離してっ!」ドンッ

結衣「きょ、京子…?」ヨロ

京子「い、嫌…いやっ!」

結衣「何で逃げるの?」

京子「ひっ…こ、来ないで…!」

結衣「何でそんなに怯えてるの?」

京子「おかしい…おかしいよ!!」

京子「だって私も結衣も女の子なんだよ!?」

結衣「関係ないだろ」

京子「何…言ってるの…?」

結衣「お互い愛し合ってるんだ、これぐらい当然だろ」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:42:05.50 ID:BRSjl4p10

京子「やめてよ…」

結衣「ほら、おいで…京子」

京子「もうやめてよ!!」

結衣「え…?」

京子「関係ない…?」

京子「お互い愛し合ってる…?」

京子「勝手に決め付けないでよ!!」

結衣「な、何いってるんだよ…お前だって私のこと好きだろ…?」

京子「っ!」

京子「ふざけないでよ!!そんなの全部結衣の身勝手じゃん!!」

京子「私にはちゃんと好きな人がいるんだよ!?」

京子「それなのに私の気持ちを無視してさ!!」

京子「結衣ことなんてだいっきらい!!」

結衣「っ!」プチン



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:43:02.52 ID:BRSjl4p10

京子「はぁ…はぁ…」

結衣「……」

京子「……」

京子「ゆ、結衣…?」

結衣「ふふふ…」

結衣「ああ…そうなんだ…やっぱり京子は…」ユラ

京子「え…?」

結衣「そうだったのか…」

結衣「ふふふ…」

結衣「あははははははははははは!!!」

京子「」ビクッ



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:43:48.24 ID:BRSjl4p10

結衣「だよな!!やっぱりこんなの気持ち悪いよな!!」

結衣「そうだよ!!お前の言ってることが正しいよ!!間違ってるのは私さ!!」

結衣「お前は女の私じゃ嫌なんだろ!?」

結衣「お前だって大好きな彼氏としたいんだろ!!」

京子「っ!」

結衣「あははははははは!!!」

結衣「はははは…」

結衣「はぁ…」

京子「」ビクビク

結衣「あ~あ~京子と相思相愛になれたと思ってたのになぁ…」

結衣「ははは…私の勘違いだったのかぁ…」

結衣「まいったな…」

京子「ゆ、結衣…?」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:46:07.33 ID:BRSjl4p10

結衣「……」

結衣「ふふ…」

京子「っ……!」ゾクッ


ジャラジャラ


結衣「来いよ…」

京子「え…?」

結衣「来いっていってるだろ!!」グイッ!

京子「がっ…!」

結衣「そうだよ、始めっからこうしとけばよかったんだよ…!」グイグイッ!

京子「結衣っ!引っ張らないで苦しい…っ!」



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:48:07.94 ID:BRSjl4p10

結衣「うるさい!」グイイッ!

京子「ぐっ!」

結衣「はははは!」

京子「ゲホッ…ゴホッゴホッ!」

結衣「ふふ、捕まえたよ京子…」ガシッ

京子「ひっ…」

京子「い、嫌だ…離して!離してよ!!」バタバタ

結衣「逃げられるわけないだろ、力は私の方が上なんだから…」

京子「嫌だ嫌だいやだぁぁ!!」バタバタ

結衣「あはははは!京子は本当に可愛いなぁ!!」ギュウッ

京子「はなしてよぉ…」ポロポロ

結衣「おいおい泣くなよ!こっちがシラけるじゃないか…」



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:52:14.74 ID:BRSjl4p10

京子「お願い、やめてっ!やめてよ結衣ぃ!!」バタバタ

結衣「暴れるなよ、服が脱がしにくいだろ…?」

京子「なん…でっ…なんでっ!」

結衣「大人しくしろ…」ガバッ

京子「んぐぐ…」

結衣「京子!…きょうこっ…!」

京子「い、嫌…恐いよ!…やめて!やめてよ結衣!!」

結衣「はぁ…はぁ…はぁ…」

京子「うあぁぁ…」

京子「いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:00:51.24 ID:BRSjl4p10

しばらく前――

京子「ねぇ、結衣」

結衣「何?京子?」

京子「私達ってさ進学したら共学に行くこともあるんだよね」

結衣「まぁ、そうだな」

京子「ってことはやっぱり結衣って高校で彼氏作ったりするの?」

結衣「……」

結衣「どうしてそんなこと聞くんだよ…?」

京子「いや~結衣ってもてそうじゃん?やっぱ彼氏とか作るのかなって」

結衣「……」

結衣「それはわからないなぁ…」

京子「わからない…?」

京子「わからないって…もしかして結衣ってレズなの!?」パァー



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:01:45.81 ID:BRSjl4p10

結衣「ちげーよバカ!できるかわからないって意味だよ」

京子「っ……!」

京子「あ、そういうことね」

京子「大丈夫だって結衣って結構可愛いし普通にもてるよ!」

結衣「そういうお前はどうなんだよ…」

京子「何が?」

結衣「いつもちなつちゃんに抱きついてるだろ、お前こそそっち系じゃないのか?」

京子「あれはスキンシップに決まってるじゃ~ん」ケラケラ

京子「私だって彼氏ぐらい作ってデートしたいよ♪」

結衣「じゃあ…まずはその適当な性格から直すんだな」

京子「失礼な!これは個性だよ!」

結衣「ははは」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:05:16.21 ID:BRSjl4p10

【京子宅】

京子「……」

『もしかして結衣ってレズなの!?』

『ちげーよバカ!できるかわからないって意味だよ』

京子「うわああああぁぁぁぁ!!!」

京子「え?え…?」

京子「嘘でしょ…マジで…?」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:11:44.27 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「あはは…」

京子「結衣はてっきり私のことが好きだと思ってたのに…」

京子「告白する前に終わっちゃったよ…」

京子「結衣ってそういうのダメだったのかぁ…」

京子「ちなつちゃんにキスしたりしてたからてっきり私は…」

京子「……」グス

京子「あ…ヤバイ…泣きそう…」

京子「うう…」ポロポロ

京子「いやだぁ…なんで…なんでなの…結衣…」ポロポロ

京子「こんな振られかったってないよ…あんまりだよ…」ポロポロ

京子「うわあああぁぁぁぁん!!」ポロポロ

―――
――




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:15:15.26 ID:BRSjl4p10

京子『ねぇ結衣、今日泊まりにいっていいかな?』

結衣『ん?ダメに決まってるだろ』

京子『え…?なんで…』

結衣『今日は彼氏が泊まりに来るんだよ』

京子『っ!』

結衣『ごめんな、京子』

京子『あ、うん…』



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:15:54.11 ID:BRSjl4p10

京子『きょ、京子ちゃん寂しくて死んじゃいそうだよ』

結衣『はいはい…』

結衣『と言うかお前もいつまでも私に引っ付いてないで彼氏ぐらい作れよ』

京子『わ、私は結衣にぞっこんである!』

結衣『はぁ…』

結衣『何馬鹿言ってるんだよ』

結衣『あかりやちなつちゃんだってもう彼氏がいるんだぞ』

結衣『お前もいつまでもそんなこと言ってないで…』

―――
――




154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:17:12.70 ID:BRSjl4p10

【夜 京子宅】

京子「ふざけんなぁぁぁぁぁ!!!!!」ガバッ

京子「はぁ……はぁ……はぁ……」

京子「……」

京子「え…?」

京子「な、なんだ夢かぁ…」

京子「……」

京子「流石にきっついなぁ…これは…」

京子「結衣もあかりもちなつちゃんも…?」

京子「いやいやいや笑えないよ…これは…」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:20:39.18 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「彼氏か…」

『私だって彼氏ぐらい作ってデートしたいよ♪』

京子「……」

京子「あ…ヤバッ…気持ち悪くなってきた…」

京子「うう…」ガクッ

京子「無理だよ…」

京子「結衣みたいな王子様がずっと傍にいるんじゃ…いまさら戻れるわけないだろ…」

京子「……」グス

京子「あははは…」ポロポロ

京子「なんで…」ポロポロ

京子「なんでこうなっちゃったのかなぁ…」ポロポロ



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:22:52.50 ID:BRSjl4p10

その日以来、私は結衣に壁を作るようになっていた

たぶん結衣に嫌われるのが…気持ち悪がられるのが恐かったからだと思う

今思えば、結衣にかまを掛けたのは正解だったのかもしれない

もしあのまま告白でもしようものなら

今の関係すら壊れていたかもしれないのだから



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:27:48.11 ID:BRSjl4p10

【商店街】

京子「ぎくしゃくしてるなぁ…最近…」

京子「はぁ…こうなるなら聞かなきゃよかった…」

京子「結衣と一緒に居るのが最近恐いよ…」

京子「好きなのに…どうして…」

京子「はぁ…」

男「あの~ちょっとすみません」

京子「え?」

―――
――




164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:28:45.46 ID:BRSjl4p10

京子「え、えっと…こ、ここがそうですね」

男「ああ、ここですか」

男「すみません、わざわざ道案内までさせてしまって」

京子「い、いえ…」

男「助かりました」

男「それじゃ、自分はこれで」

京子「ど、どういたしまして」カチコチ

京子「……」

京子「あはは…私ってここまで男耐性なかったんだ…」

京子「汗掻き過ぎだよ…」

京子「相手ちょっと引いてたし…」



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:34:26.87 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「うん!無理!」

京子「よく考えれば最近話した異性はお父さんと先生と結衣だけだし…」

京子「おまけに通ってるのは女子校、そりゃこうなってもしかたないよね!」

京子「……」

京子「あれ…?今何か変なこと言ったような…」

京子「ん~…」

京子「まっ!いっか!」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:39:08.04 ID:BRSjl4p10

【結衣のマンション】

結衣「ねぇ、京子」

京子「な~に?結衣?」

結衣「今日うちに泊まっていかないか?」

京子「っ!」

京子「むむ、結衣から言ってくるなんて珍しいね」

結衣「そうか?」

京子「そうだよ」

京子「さては夏休み早々私が居なくて寂しくなっちゃたとか?」ニヤニヤ

結衣「ねーよ」



177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:39:58.10 ID:BRSjl4p10

京子「結衣はホームシックが酷いから京子ちゃんが助けてやらないとな!」

結衣「何言ってるんだお前」

京子「テヘッ」

京子(やっぱり結衣が傍にいると落ち着くなぁ~)

京子(恐いなんてやっぱり私の思い込みか…)

―――
――




178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:41:52.19 ID:BRSjl4p10

【朝 結衣のマンション】

京子「ん…ぁ…」

京子「あれ……?」

京子(私いつの間に寝てたんだろ…)

京子「ふわぁ…」


ジャラ 


京子「……」

京子「え……?」


ジャラ ジャラ


京子「何これ…?」

京子「鎖…?」

京子「な、何で!?どうして…!?」グイグイ

京子「動けない…」



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:42:50.32 ID:BRSjl4p10

結衣「あ、やっと起きたんだ」

京子「ゆ、結衣…?」

結衣「全然起きないから心配したよ…」

京子「ねぇ…結衣、なんで私は鎖で繋がれてるの…?」

京子「これって結衣がやったの…?」

結衣「そうだよ」

京子「な、何で?どうして?」

結衣「どうしてって…」

結衣「京子を守るためだけど…?」

京子「え…?」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:46:35.52 ID:BRSjl4p10

結衣「京子は今悪い男に騙されてるんだ…」

結衣「触られて弄ばれて汚されて…」

京子(へ?悪い男…?)

京子「何…言ってるの…?」

結衣「でも安心していいよ」

結衣「もう誰にも私の京子を汚させたりしないから…」ギュッ

京子「ゆ、結衣…!?///」

京子(ちょ、ちょちょ!///え?え…?)

結衣「大好きだよ…京子…」ギュウ

京子(えええぇぇぇぇ!?///)

京子「な、何で…?///だって結衣は…」

結衣「もう自分に嘘をつくのはやめたよ…」

京子「嘘…?」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:50:25.14 ID:BRSjl4p10

結衣「私はね、京子のことが大好きなんだ」

京子「え…?」

結衣「親友としてじゃなくて…家族としてじゃなくて…」

結衣「一人の女の子として、恋愛対象として京子のことが『好き』なんだよ」ニコ

京子「……///」ドキッ

結衣「好きだよ、京子」

京子(え…?じゃ…じゃあ…何…?)

京子(結衣は私のことが好きだから監禁したの…?)

京子(私を自分のモノにしたいから…?独り占めしたいから…?)

京子(それじゃ…結衣は私のこと…)



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:56:27.56 ID:BRSjl4p10

『大好きだよ…京子…』

『一人の女の子として、恋愛対象として京子のことが『好き』なんだよ』

京子(……)

京子「~~~//////」カァー

京子(も、もしかして両思いだったの!?///)

京子(結衣が私に嫌われないためにノンケのフリをして…)

京子(それを私が誤解して…勝手に落ち込んで…)

京子(でも本当は結衣は私のことが大好きで…)

京子(……)

京子(ただのすれ違いだったのかよ!!)

京子「~~~~///」バタバタ

結衣「暴れても誰も助けにこないよ…京子…」

結衣「それにその鎖は絶対に外れない…」

京子(ちげーよ!!!)



187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:02:05.61 ID:BRSjl4p10

京子「ゆ、結衣…」

結衣「ふふ、そうだ…」

結衣「京子、お腹空いたでしょ?」

京子「え…?」

結衣「すぐ朝ごはん作ってあげるから待ってってね」

結衣「それじゃ、いい子にして待ってるんだよ」

京子「っ!」

京子「ま、待ってよ結衣!行かないでよ!!」

京子「違う…違うの!!私はてっきり…」


ギィィィッ

バタンッ!



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:02:45.52 ID:BRSjl4p10

京子「あ……」

京子「行っちゃった…」

京子「……」

京子(監禁かぁ…)

京子(結衣がこんなことするなんて思ってもみなかったよ…)

京子(それにあんな恐い結衣初めて見た…)



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:06:18.64 ID:BRSjl4p10

京子(……)

京子(でも…)

『京子を守るためだよ』

『もう誰にも私の京子を汚させたりしないから…』

京子「ちょっとだけかっこよかったな…///」

京子「えへへ~///」

京子「…って何考えてるんだ私はー!!!」

京子「監禁!監禁だよ!」

京子「早くこの状況から脱出しないと…」



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:12:11.30 ID:BRSjl4p10

京子「……」

京子「って言っても…まぁ、普通に両思いだし」

京子「私も結衣のことが大好きだって伝えればすぐに開放さr…」

京子(いや…待てよ…)

京子(この状況…)

京子(監禁なんてこれから先絶対に経験できないよね…)

京子(これって結衣の新しい一面を見れるチャンスなんじゃ…)

京子(……)

京子(好きな人の事をもっと知りたくなるのは当然のこと……だよね…?)

京子(よしっ!)

京子(せっかく監禁されたんだ…全力で抵抗してやるか…)

―――
――




194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:18:16.10 ID:BRSjl4p10

こうして結衣と私の監禁生活が始まった――


結衣「ほら京子、口を開けて」

京子「……」

結衣「食べないと体に悪いよ」

京子「いらない…」

結衣「どうして?」

京子「何でこんなことするの…?」

結衣「……」

京子「ねぇ…結衣、もうこんなことやめよう…おかしいよ…」

京子「今なら私も黙ってるから…」

結衣「ふふ…」

結衣「そんなに彼氏のことが大事なんだ?」

京子「!?」

京子(か、かかか彼氏!?)



196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:20:50.42 ID:BRSjl4p10

京子(え…?彼氏!?)

京子(今彼氏って言ったよね!?)

京子(ちょ、ちょっと!それどういう設定なんすか結衣さん…)

京子「……」

京子(ま、まあ…とりあえず適当に話を合わせときますか…)

京子「な、なんで…結衣が知ってるの…?」

結衣「私が知らないとでも思ったのか?」

結衣「商店街で楽しそうにイチャついてただろ」



200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:26:04.00 ID:BRSjl4p10

京子(商店街…?しょうてんがい…男…?)

京子(私男の人と話してなんか…)

『あの~ちょっとすみません』

『すみません、わざわざ道案内までさせてしまって』

京子(……)

京子「っ!」

京子(あの時かぁぁぁ!)

京子(ちょっと、ちょっと待て…いやいやいや…)

京子(さすがにそれは自己完結すぎるよ結衣…)



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:31:04.23 ID:BRSjl4p10

京子「そんな…見てたの…?」

結衣「うん、憎くて憎くてしかたなかったよ」ニコ

京子「」ゾク

京子(憎んでるのかよ!?)

京子(ははは…こりゃすごい嫉妬心だ…)

京子(なんかおもしろくなってきたなぁ~)

結衣「あの男、私の京子に気安く近づいてさ…本当に苦しかったなぁ…」

結衣「もっと早くに気づくべきだったよ…」

京子「……」

京子(ふむ…)

京子(ここはちょっと一芝居打ってみるか…)



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:35:36.70 ID:BRSjl4p10

京子「それじゃあ…何…?私が男と付き合ったからこんなことするの…?」

結衣「そうだよ、京子が汚されるのを黙って見過ごすわけないじゃないか」

京子「っ!」

京子(ヤンデレかよ!)

結衣「京子はあの男に騙されてるんだよ…?」

結衣「京子の体が目当てで近づいてさ」

結衣「だから私が守ってやらないとな」ニコ

京子「なんで…」

京子「なんでなの…」

京子「結衣はそんなに私が男と付き合うのが気に入らないの!?」

結衣「……」



207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:39:31.73 ID:BRSjl4p10


京子「結衣に一体何がわかるの!?」

京子「私達はお互いに好きあってるんだよ!?」

結衣「……」

京子「結衣は女の子同士で好きあうのがおかしい事だってわからないの!?」

京子「結衣の勝手な独りよがりに私を巻き込まないでよ!!」

京子「気持ち悪い…」

京子「気持ち悪いよ!!結衣なんて大嫌い!!」

結衣「っ!」

京子(……決まった…)



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:44:25.15 ID:BRSjl4p10

京子「あうっ!?」

結衣「……」

京子「ぅ…」

京子(うう…叩かれた…)

結衣「京子…すっかりあの男に騙されてるんだね…」

結衣「こんなに毒されて…可哀相に…」

結衣「でも大丈夫、私が正気に戻してやるからな」ギュッ

京子「っ///」ドキッ

結衣「ごめんね京子、痛い思いさせて…」ナデナデ

京子(やめろぉ///頭撫でるなぁ///)ゾクゾク

結衣「京子のためなんだ…」

京子「ぅぅ…///」

京子(……)

京子(結衣…愛がすごく重いよ…)



211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:49:46.12 ID:BRSjl4p10

監禁されてからというもの

結衣は私に対してすごく優しくなった

結衣がご飯も食べさせてくれるし、体も結衣が洗ってくれる

黙ってても結衣がなんでもやってくれた

鎖で拘束されてることを除けばまるでお姫様みたいな扱い

悪い気は…全然しなかった!



212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:51:09.01 ID:BRSjl4p10

結衣「ほら…お口あけてごらん」

結衣「京子の好きなラムレーズンだよ」

京子「うう…///」

結衣「ほら…あ~ん」

京子「あ~ん///」

京子「……」モグモグ

結衣「おいしい?」

京子「……」プイ

結衣「ああ…」シュン

京子(……///)ドキドキ

京子(弱った結衣ってこんなに可愛かったんだ…///)



214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:55:32.02 ID:BRSjl4p10

結衣「なんで何も言ってくれないんだよ…」

結衣「京子…せっかく一緒にいるのに寂しいよ…」ギュッ

京子「あう…///」

京子(ほんと無駄に抱きしめてくるなぁ…)

結衣「つらいよ…」ギュウ

京子「うう…///」

京子(やめてよ…そんな風にされたら私も抱き返したくなっちゃうだろうが///)

京子(……)

京子(まぁ…手足動かせないんだけどね…)

―――
――




216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:59:28.28 ID:BRSjl4p10

京子「……」

結衣「今日の晩御飯はどうだった?」

結衣「今日のは結構腕によりを掛けて…」

京子「……」プイ

京子(ごめんね結衣…)

結衣「……」

結衣「やっぱりダメか…」シュン

京子(いえいえ、今日もすっごく美味しかったよ!)

京子「……」

結衣「ふふふ」

結衣「実は今日、京子にプレゼントがあるんだ!」

京子「え…?」

京子「プレゼント…?」キラキラ



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:04:48.47 ID:LH/gUnbZ0

結衣「そうだよ」ガサガサ

京子(何かな何かな~)

結衣「京子に似合いそうなの探してきたんだよ、喜んででくれるかな」ヒョイ

京子「え……?」

京子「何…それ…」

結衣「首輪だけど?」

京子(……)

京子(首輪!?)



218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:05:12.66 ID:LH/gUnbZ0

京子「く…首輪…!?何で…?」

結衣「京子に着けてあげるんだよ」

京子「え…?」

京子(Oh…まじっすか…)

京子(結衣ってそういう趣味あったんだ…)

結衣「お前も手足を鎖に巻かれてずっと苦しかっただろ?」

結衣「首輪ならお前も苦しくないだろ?」ニコ

京子(はぁ…適当に抵抗しときますか…)



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:08:19.91 ID:LH/gUnbZ0

京子「ひっ…」

結衣「ほら顔上げて」

京子「い、いや…来ないで…」

結衣「逃げるなよ」ガシッ

京子「は、離してっ!」バタバタ

結衣「暴れるなって…着けられないだろ…」

京子「やめて…やめてよ結衣ぃ!!」ジタバタ

結衣「……」グイッ

京子「私こんなのいらない!!」

京子「嫌!いやだぁ!」ブンブン

結衣「チッ…」イラ

結衣「大人しくしろよ!!」



224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:11:52.68 ID:LH/gUnbZ0

バチンッ!

京子「あぐっ!」バタン

京子(うう…またぶたれた…)

結衣「……」

結衣「なんなんだよ…」

結衣「せっかく京子のために買ってきてやったんだぞ!お前はそれを無駄にするのか!?」グイ

結衣「お前が苦しそうだからせっかく気を使ってやったのに、何で抵抗するんだよ!?」グイグイ

京子「く、苦しい…」

京子(ちょ、ちょっと…愛が重い…愛が重いよ!!)

結衣「京子のためなんだぞ、どうしてわかってくれないんだよ!」

結衣「それなのにお前はいつもいつもそうやって自分勝手に振舞って!」

結衣「わかってるのか!?」ドンッ!

京子「ぐっ!」バタッ

結衣「はぁ…はぁ…」

結衣「なぁ、聞いてるのか?京子?」



227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:15:42.55 ID:LH/gUnbZ0

京子「……」

京子「…なさい…」グス

京子「ごめんなさい…ごめんなさい…」ポロポロ

京子「暴れないから…嫌がらないから…もう叩かないで…」ポロポロ

結衣「……」

京子「お願い…」

京子「お願い…します…もう許してください…」ポロポロ

結衣「京子…」

京子(う~ん、私ってむっちゃ演技派!)

結衣「……」ギュッ

京子「あ…///」



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:17:08.54 ID:LH/gUnbZ0

結衣「ごめん、ごめんな、私はただお前のことが心配なだけなんだ…」

結衣「お前が落ち込んでたから、励まそうと思って…」

結衣「私だって本当はこんなことしたくないんだよ…許してくれ…」ナデナテ

京子「……」

京子(結衣って本当にヤンデレの素養があったんだなぁ…)

京子(こりゃ浮気したら殺されそうだなぁ…ははは…)

京子「結衣は…悪くない…悪くないよ…」

京子(悪いのはからかってる私です…ほんとごめんなさい…)

結衣「京子…分かってくれて嬉しいよ…」ニコ

京子「うん…」



231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:21:55.68 ID:LH/gUnbZ0

結衣「それじゃ、首輪着けるから顔上げてごらん」

京子「……」クイ

結衣「いい子だ」ガチャ

ガチャ ガチャ

結衣「首輪着けたら手足の鎖は外してやるからな」ガチャガチャ

京子「ぅ…///」ドキドキ

京子(なんでドキドキしてるんだろ私…///)


ガチャガチャ

ガチャン


結衣「できた…」

京子「ぁ…ぅ…///」

京子(結構…悪くないかもしれない…///)



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:22:55.42 ID:LH/gUnbZ0

結衣「鎖が減って少し楽になっただろ?」

結衣「手足は自由になったし少しは動き回れるようになった、これで一緒の布団に寝られる」

結衣「お前も床で寝るのはもう嫌だろ?」ナデナデ

京子「うん…」

京子「ありがとう…結衣…」

結衣「っ!」

結衣「そう言ってもらえて嬉しいよ京子!」

京子「……」

結衣「今日はもう疲れたろ?」

結衣「さっそく一緒に寝ようか、京子」

結衣「ほら、おいで…」

京子(あ、添い寝だ…///)



235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:28:44.08 ID:LH/gUnbZ0

京子「うん…」ゴソゴソ

結衣「ふふ…」ギュッ

京子「ぅぅ…///」

京子(結衣に意識的に抱きしめられて寝るのは初めてだなぁ///)

京子(ああ…結衣の温もりがこんなに近くに…)

結衣「おやすみ、京子」ナデナデ

京子「うん…///」

京子(おやすみ…結衣…)

―――
――




240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:32:17.54 ID:LH/gUnbZ0

【深夜 結衣のマンション】

京子「んん…」

京子「……」

京子(目が覚めちゃった…)

京子「……」

「嫌だ…」グス

京子「……?」

結衣「嫌だよ…」ポロポロ

京子「結衣…?」



241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:32:53.08 ID:LH/gUnbZ0

結衣「嫌だよ…」ポロポロ

京子(寝言…?)

結衣「京子…一人にしないで…」

結衣「一緒に…いたいよ…つらい…よ…」

結衣「苦しい…よ…」ポロポロ

京子「……」

京子(寝てるし…ちょっとだけなら…いいよね…)



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:33:24.36 ID:LH/gUnbZ0

京子「結衣…」ギュッ

結衣「待ってよ…待ってよ京子…」

京子「大丈夫…私はどこにもいかないよ…」

京子「私はずっと結衣の傍にいるから…」

京子「だから泣かないで…結衣…」ナデナデ

結衣「きょう…こ…」グス

京子「よしよし…私はここにいるよ…」ナデナデ

結衣「ぅぅ…」

結衣「……」スヤスヤ

京子「……」

京子「おやすみ…結衣…」

―――
――




244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:39:33.37 ID:LH/gUnbZ0

結衣「今日は登校日か」

京子「……」

京子(とうこうび…?)

京子(……っ!)

京子(ヤベッ!登校日が今日だってこと忘れてた!どうしよう!)

結衣「京子と離れるのは嫌だけど、学校はちゃんと行かなきゃなダメだよな」

結衣「京子、一人でお留守番できる?」

京子「……」コクン

結衣「うん、いい子だ」ナデナデ

結衣「昼前には帰ってくるから」

京子「……」コクコク



245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 00:40:09.45 ID:LH/gUnbZ0

結衣「それじゃ、行ってくるよ京子」

京子「……」

京子「行って…らっしゃい…」フリフリ

結衣「っ!」

結衣「うん、行って来るね京子!」

バタンッ!

京子「……」

京子「あ~学校サボっちゃったな~」ゴロン

京子「まぁ、監禁されてるんだし…仕方ないよね」



253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:01:46.38 ID:LH/gUnbZ0

【学校】

千歳「そないなこと言うて、ほんまは歳納さんにずっと会えんで寂しいんやろ?」

綾乃「な、ななな何いってるのよ千歳!!/// そ、そそそんなわけないでしょ!!///」

綾乃「わ、私は歳納京子が無断欠席したことが許せないだけよ!///」

千歳「せやろか?」ニヤニヤ

綾乃「そうよ!!」

結衣「ははは…」

結衣「……」

結衣「綾乃だったら…まだよかったのにな…」ボソ

綾乃「え?何か言ったかしら船見さん?」

結衣「いや、何でもないよ」

綾乃「?」



254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:02:17.90 ID:LH/gUnbZ0

そのころ京子――

【結衣のマンション】

京子「あっはっはっは!ばっかでーこの主人公」ゲラゲラ

京子「あははは!」ゲラゲラ

京子「はぁ…」

京子「首輪になったおかげでずいぶん楽になったなぁ~」ゴロン

京子「漫画も読めるし、テレビも見放題だ~!」ゴロゴロ

京子「あ~ラムレーズン食いて~」

京子「……」

京子「冷蔵庫に届くかな」

京子「いやいや勝手に食べたらさすがにばれるよね…」

京子「でも今の結衣だったら冷静な判断ができない可能性も…」

京子「……」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:07:01.33 ID:LH/gUnbZ0

ジャララララ

京子「く、苦しい…首が…絞まる…」

京子「冷蔵庫まで…あと…ちょっとぉ…!」

京子「うぐぐぐぐ…」

京子「はぁ…はぁ…はぁ…」

京子「やっぱり無理か!畜生め!」

京子「結衣~早く帰ってきてくれ~」



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:11:12.94 ID:LH/gUnbZ0

【結衣のマンション】

結衣「ただいま、京子」

京子「お帰り…」

結衣「うん、ただいま」ニコ

結衣「寂しかっただろ?」ギュッ

京子「うん…寂しかった…///」

結衣「ごめんな京子…明日はずっと傍にいてやるからな」

京子「うん…///」



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:13:32.42 ID:LH/gUnbZ0

監禁されてから早二週間

結衣と一緒に過ごす日々はとても居心地がよかった

結衣に愛されてることが強く感じられる生活なんだから当然といえば当然か

この前まで結衣に感じてた壁が嘘みたいだった



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:14:02.36 ID:LH/gUnbZ0

【翌日 夜 結衣のマンション】

結衣「……」ギュッ

京子「んん…」

結衣「京子…」ナデナデ

京子「うん…///」ドキドキ

京子(結衣の心臓の鼓動が伝わってくるよ…)

結衣「……」

京子(結衣も私と同じでドキドキしてるのかな…?///)

結衣「……」ジー

京子「結衣…?」キョトン

結衣「っ///」



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:17:02.15 ID:LH/gUnbZ0


結衣「……」

結衣「京子、こっちに顔向けてごらん」

京子「……?」

結衣「ん…」チュッ

京子「っ…!?」

京子(え…?結衣…?)

結衣「ちゅっ……んむ……」チュー

京子「~~~っ///」

結衣「ぷはっ…」

京子「う…ぁ…///」トロン



265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:17:27.90 ID:LH/gUnbZ0

結衣「京子…」

京子「な、なんで…こんな…///」

京子(ゆ、ゆゆゆ結衣とキスしちゃった///キスしちゃったよ///)

結衣「ああ…ドキドキしてきたよ…京子…///」ギュッ

京子「ゆ、結衣…!?///」

結衣「ねぇ…していいかな…?」

京子「え…?」

京子「するって…何…を…?」

結衣「何言ってるんだよ…もうわかってるだろ?」

京子(するって…まままま、まさか…!?///)



266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:23:17.13 ID:LH/gUnbZ0

京子「っ!」

結衣「京子…」ナデ

京子「ぃ…ゃ…」ドキドキ

京子(いやいやいやいや)

京子(さ、さすがに私達には早いってぇぇぇ///)

京子(に、逃げなきゃ!!///)

結衣「大好きだよ…京子…」

京子「離してっ!」ドンッ

結衣「きょ、京子…?」ヨロ

京子「い、嫌…いやっ!」

結衣「何で逃げるの?」

京子「ひっ…こ、来ないで…!」

結衣「何でそんなに怯えてるの?」



268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:24:18.49 ID:LH/gUnbZ0

京子「おかしい…おかしいよ!!」

京子「だって私も結衣も女の子なんだよ!?」

結衣「関係ないだろ」

京子(うん!結衣と私の愛の前にそんなこと関係ないね!)

京子(でも…そういうことやるのはまだ早いって~!)

京子「何…言ってるの…?」

結衣「お互い愛し合ってるんだ、これぐらい当然だろ」

京子(もちろん!私と結衣は相思相愛だよ!)

京子(でも、まだそういうことはやっちゃだめなんだって~!)

京子「やめてよ…」



275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:44:16.01 ID:LH/gUnbZ0

京子(ぐぬぬ…仕方ない…ちょっと可哀相だけど…バッサリ言ってやる!)

結衣「ほら、おいで…京子」

京子「もうやめてよ!!」

結衣「え…?」

京子「関係ない…?」

京子「お互い愛し合ってる…?」

京子「勝手に決め付けないでよ!!」

結衣「な、何いってるんだよ…お前だって私のこと好きだろ…?」

京子「っ!」

京子(ぐぐ…負けるか!)

京子「ふざけないでよ!!そんなの全部結衣の身勝手じゃん!!」

京子「私にはちゃんと好きな人がいるんだよ!?」

京子「それなのに私の気持ちを無視してさ!!」

京子「結衣ことなんてだいっきらい!!」

結衣「っ!」プチン



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:44:54.41 ID:LH/gUnbZ0

京子「はぁ…はぁ…」

京子(ごめんね結衣…大好きだよ…)

結衣「……」

京子「……」

京子「ゆ、結衣…?」

結衣「ふふふ…」

結衣「ああ…そうなんだ…やっぱり京子は…」ユラ

京子「え…?」

結衣「そうだったのか…」

結衣「ふふふ…」

結衣「あははははははははははは!!!」

京子「」ビクッ

京子(え?え…?何!?なに!?)



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:49:13.69 ID:LH/gUnbZ0

結衣「だよな!!やっぱりこんなの気持ち悪いよな!!」

結衣「そうだよ!!お前の言ってることが正しいよ!!間違ってるのは私さ!!」

結衣「お前は女の私じゃ嫌なんだろ!?」

結衣「お前だって大好きな彼氏としたいんだろ!!」

京子「っ!」

京子(ゆ、結衣が壊れたぁ!!)

結衣「あははははははは!!!」

結衣「はははは…」

結衣「はぁ…」

京子「……」

結衣「あ~あ~京子と相思相愛になれたと思ってたのになぁ…」

結衣「ははは…私の勘違いだったのかぁ…」

結衣「まいったな…」

京子「ゆ、結衣…?」



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:50:42.59 ID:LH/gUnbZ0

結衣「……」

結衣「ふふ…」

京子「っ……!」ゾクッ

京子(何か結衣が恐い…恐いよ…)


ジャラジャラ


結衣「来いよ…」

京子「え…?」

結衣「来いっていってるだろ!!」グイッ!

京子「がっ…!」

結衣「そうだよ、始めっからこうしとけばよかったんだよ…!」グイグイッ!

京子「結衣…引っ張らないで…苦しい…っ!」



284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:51:35.23 ID:LH/gUnbZ0

結衣「うるさい!」グイイッ!

京子「ぐっ!」

結衣「はははは!」

京子「ゲホッ…ゴホッゴホッ!」

結衣「ふふ、捕まえたよ京子…」ガシッ

京子「ひっ…」

京子(うわああぁぁぁぁ!!///)

京子「い、嫌だ…離して!離してよ!!」バタバタ

京子(ちょ、ちょちょっちょ!強引過ぎるって結衣ぃ!///)

結衣「逃げられるわけないだろ、力は私の方が上なんだから…」

京子「嫌だ嫌だいやだぁぁ!!」バタバタ

京子(ほんとやばいってやばいって///)

結衣「あはははは!京子は本当に可愛いなぁ!!」ギュウッ

京子「はなしてよぉ…」ポロポロ

結衣「おいおい泣くなよ!こっちがシラけるじゃないか…」



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:52:43.85 ID:LH/gUnbZ0

京子「お願い、やめてっ!やめてよ結衣ぃ!!」バタバタ

結衣「暴れるなよ、服が脱がしにくいだろ…?」

京子「なん…でっ…なんでっ!」

結衣「大人しくしろ…」ガバッ

京子「んぐぐ…///」

京子(う…あ…///)ドキドキ

結衣「京子!…きょうこっ…!」

京子「い、嫌…恐いよ!///…やめて!やめてよ結衣!!///」

結衣「はぁ…はぁ…はぁ…」

京子(ゆ、結衣の顔がこんな近くに…///)

京子「うあぁぁ…///」

京子「いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:56:10.84 ID:LH/gUnbZ0

京子「優しくしてえええぇぇぇぇ!!///」

結衣「……」

京子「……」

結衣「は…?」

京子(あ、ヤベッ…!)

結衣「え、えっと…」

結衣「や、優しくするわけないだろ!!今からお前を犯すんだ!!」

京子「いやあぁぁぁ!結衣に犯される~!!」

結衣「……」

結衣「ん…?」



292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 01:57:14.60 ID:LH/gUnbZ0

京子「こ、恐いよぉ…///」ウルウル

結衣「いやいやいや…」

京子「チッ…」

結衣「おかしい…何かがおかしい…」

京子「何もおかしくないよ~」

結衣「ちょっとまて」

京子「……」

結衣「……」

京子「……」

京子「ぷくくくっ…」プルプル

結衣「きょ、京子…?」



296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:00:14.22 ID:LH/gUnbZ0

京子「あはははははは!」

結衣「え?え…?」

京子「はぁ…」

結衣「え…?」

京子「結衣だ~いすき!!!」ガバッ

結衣「へ!?///」

京子「大好き!!大好き!!」ギュッ

結衣「なっ///ななな…」

京子「もう絶対離さないよ!!」ギュウッ

結衣「うえええぇぇぇ!!!?///」

―――
――




300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:05:08.74 ID:LH/gUnbZ0

結衣「それで…」

結衣「私をからかってたと…」

京子「失敬な!結衣のこともっと知りたいから体張ってがんばったんだよ!」

結衣「あ~…うん…」

京子「でも病んだ結衣はほんと可愛かったぁ~」

京子「それにかっこよかった!」

結衣「……」

京子「京子は今悪い男に騙されてるんだ…(キリッ」

結衣「っ!」

京子「でも大丈夫、私が正気に戻してやるからな…(キリッ」

京子「もう誰にも私の京子を汚させたりしないから…(キリリッ」

結衣「うわぁぁぁ…」



301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:05:34.16 ID:LH/gUnbZ0

京子「京子…すっかりあの男に騙され…」

結衣「うわあああああぁぁぁぁ///」ダッ

京子「え…ちょ…どこに行くの!?結衣!?」

京子「結衣!結衣さ~ん!!」


バタンッ!


京子「行っちゃった…」

―――
――




305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:09:44.87 ID:LH/gUnbZ0

ガチャ

結衣「はぁ…はぁ…はぁ…」

京子「お、おかえり…」

結衣「ただいま…」

京子「どこ行ってたの…?」

結衣「外走ってきた…」

京子「そ、そうですか…」

京子「……」

結衣「……」

京子「でも大丈夫、私が正気に戻してやるからな…(キリッ」ボソ

結衣「もうやめて…」グス

京子「ご、ごめん…」



309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:14:34.66 ID:LH/gUnbZ0

結衣「……」

結衣「いや、謝るのは私の方だよ…」

結衣「京子にあんな酷いことしようとして…」

京子「私は気にしないよ、楽しかったし!」ケラケラ

結衣「叩いたりもしたし…」

京子「だから気にしないって!」

結衣「でも…」

京子「……」

京子「はぁ…」

京子「結衣…おいで…」

結衣「え…?」



310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:19:06.57 ID:LH/gUnbZ0

京子「いいから、いいから」

結衣「京子…?」

京子「ほ~ら~捕まえた~」ギュッ

結衣「うわっ///」

京子「えへへ~」

結衣「~~~///」

京子「……」

京子「大丈夫、私はどこにも行かないよ」

結衣「っ!」

京子「私はずっと結衣のそばにいるから」

京子「心配しなくてもいいよ…」ギュウッ

結衣「……」



311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:21:15.93 ID:LH/gUnbZ0

結衣「ごめん…」グス

結衣「うっう…ごめん…ごめん京子…」ポロポロ

京子「だから気にしないって」ナデナデ

結衣「うぅぅぁ…」ポロポロ

結衣「あああぁぁぁぁぁ!!」ポロポロ

京子「はぁ…」

京子「ほんとに困った王子様だなぁ…」ナデナデ

―――
――




312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:22:32.35 ID:LH/gUnbZ0

結衣「京子、食器出すの手伝ってくれない?」

グイグイ

京子「う、うぐっ…りょ、了解っす!」

ジャラ ジャラ

結衣「……」

京子「お、終わったよ」

結衣「ありがとう」ニコ

京子「ど、どういたしまして…」

ジャラ ジャラ



313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:23:10.49 ID:LH/gUnbZ0

結衣「京子、風呂沸いたから一緒に入ろうか」

グイグイ

京子「う、うん…ちょ、ちょっと待って…」

結衣「早くしろよ」ニヤニヤ

グイイィィ

京子「うぐぐ…」

結衣「どうした?京子?」

京子「なんでもないです…」

ジャラ ジャラ



317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:25:41.19 ID:LH/gUnbZ0

結衣「もう電気消すよ?」

京子「うん」

ジャラ ジャラ

京子「……」

京子「ねぇ…結衣…」

結衣「何?京子?」

京子「もう、首輪はずしてくれない…?」

結衣「ダメ」

京子「いいじゃん!もう私はどこにも行かないってぇ!」



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:27:49.26 ID:LH/gUnbZ0

結衣「そもそもお前が私をからかうのが悪いんだぞ」

京子「うっ…!」

結衣「それにお前が私の気持ちを弄んだことに変わりはない」

京子「ううっ…!」

京子「でも結衣だって私に色々やったじゃん!」

結衣「お前、気にしないって言ってなかったっけ?」

京子「うぐっ…!」

結衣「まぁ…私の気が済むまで我慢するんだな」ナデナデ

京子「うう…///」



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:31:36.90 ID:LH/gUnbZ0

結衣「それにお前も悪い気はしてないんだろ?」

京子「っ!」ギクッ

京子「そ、そんなわけないだろ!///」

結衣「本当に?」ギュウッ

京子「ほ、本当だってぇ…///」

結衣「ふふ…」ナデナデ

京子「ふぁ…///」

京子(ど、どうしよう…)

京子(まだ監禁生活は終わりそうにないよ…)

結衣「まだ夏休みはたっぷりあるからな…」

結衣「まだまだこれからだぞ」ニヤァ

京子(このままじゃ結衣に調教されてしまう!!)


おわり



327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/03(土) 02:35:01.90 ID:LH/gUnbZ0

最後駆け足になってしまった

彼氏なんて初めからいなかったんや!


元スレ
京子「彼氏ぐらいほしいよね~♪」 結衣「そ、そうだな」