1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:15:29.65 ID:gD6UUAzf0

こあみ「とかー」ポカポカ

春香「イライライライラ」

伊織「イライラを口に出していう人は初めて見たわ」

春香「さっきからずっと頭に乗っかられて叩かれているんだよ!」

ちひゃー「くっ」ペシペシ

律子「これくらいスキンシップよ」

春香「ちょ、地味に痛いから!!」ポカポカ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:17:36.98 ID:gD6UUAzf0

こあみ「とかー」

春香「……もう怒った」つハンマー

こあみ「とかー」ポカポカ

春香「えいっ!!」ドカッ

こあみ「と~か~」

伊織「ちょっ!こあみを自分の頭ごと叩くなんてバカなんじゃない?」

雪歩「いま私のハンマーを使った音がした気がしたんだけれど…」

春香「はらほれひれ…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:19:47.99 ID:AQEySES+0

カービィかな?



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:20:54.78 ID:gD6UUAzf0

>>4当たり。読んでたら懐かしくなったんで書いた元ネタは「本音はつらいデ」
伊織「はぁ…大丈夫?」

春香「な、なんとか」
春香『大丈夫なわけないよ!』

伊織「え?」

雪歩「いま…」

春香「どうしたの?」

伊織「……そうね。春香は相変わらずドジね」

春香「伊織ちゃんひどいよ~あははは」
春香『伊織だってツンデレのくせに!!』

雪歩「え?」

伊織「なるほど、ね」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:24:51.96 ID:gD6UUAzf0

春香「うあああ~!!本音が勝手に!?」

伊織「やっぱり本音なのね」ピキピキッ

春香「一体どうしてぇ~」
春香『ちょっと本音とか最悪!!』

雪歩「こ、こあみちゃんから、聞こえるよ?」

伊織「ほんとね」

春香「とってよ~」

伊織「いいわよ。あんまり続くと関係がこじれそうだし。雪歩、引っ張るわよ」

雪歩「うん。んしょっと、んしょっと」

伊織「んしょっと、んしょっと」

春香「痛い痛い痛い!!」
春香『イタイイタイイタイ』



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:32:23.75 ID:gD6UUAzf0

亜美「どうしたの~」

春香「こあみが取れなくなちゃって」

亜美「え?どったの?」

春香「ちょっと転んじゃって…」
春香『こあみがうっとうしいからハンマーで殴ったらくっついて』

亜美「……」イラッ

春香「イタイイタイイタイ!!」

亜美「はるるんひどいYO!でも面白いから許してあげる」

春香「これずっとこのままなのかな?」

律子「書物にはそのうちとれるって書いてあるわ」つデデデでプププな物語

春香「えぇ~お仕事とかどうしよ~」

雪歩「さすがにここままだと大変だよね」

伊織「まぁ、その前に事務所内でぎくしゃくすると思うわ」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:38:36.47 ID:gD6UUAzf0

貴音「今日のらぁめんはとても美味でしたね」

響「自分もおいしいと思ったぞ!あさっりしていて、すごく美味しかった!!」

貴音「あの叉焼…分厚く、そしてあっさりとした琥珀色のスープの上で漆黒の存在感を」

響「口に入れた瞬間とろけたぞ。また行きたいな」

貴音「そうですね、響」

春香「プロデューサーさんに相談したほうがいいのかな?」
春香『いいなぁ~私も夜ご飯ラーメンにしようかな?』

雪歩「深刻そうな顔して考えてることが…」

伊織「…ここまでテンプレね。後はどう転ぶか…」

春香「え~助けてよ~」

伊織「面白そうだから、観察してあげるわ」ニヒヒッ

亜美「んっふっふ~。はるるんの本音聞かせてもらいましょうか~」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:48:30.19 ID:gD6UUAzf0

響「ちょっとなにするさ~」

春香「………」

亜美「さぁ!!はるるん!!名づけて”本音を聞かせてもらいまSHOW!”」

響「え?本音?」

春香「……」
春香『巨乳ロリポニテ、八重歯、方言、動物好き、元気っ娘、実はさみしがり屋』

響「ちょっ///そんなに褒めてもなにもでない…」

春香『一方の私はドジ、リボン…いいよね響ちゃんは…いっぱい個性あって…』

響「そ、そんなことないぞ!!春香にもいっぱいいいところが」

春香『だから臭いって個性が一つくらい増えても気にしないよね』
春香「あーーーあーーー!!あーあーあーあーあーーーー!!」

響「ぐすっ…春香そんなこと思っていたんだ…ひどいぞ」

春香「これは違うの!!私の本音じゃなくて!!」

響「本音なんだ。やっぱり自分って…ぐすっ」

春香「違うの!!これはこあみが勝手に!!」
春香『その泣きまねでプロデューサーさんを落とそうとするとか、ほんっと卑怯なんだからっ!』

響「うわーん!!春香のばかーー!!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:52:02.54 ID:gD6UUAzf0

亜美「あれはやりすぎっしょ→」

春香『念仏は唱え終わった~?』

亜美「本音で脅さないでYO!!」

春香「全力でごまかしたつもりなのに…」

伊織「はっきり聞こえていたわね」

雪歩「はい、お茶です。これを飲んでリラックスしてください」

春香「ありがとう」
春香『毎日毎日プロデューサーさんにお茶の差し入れしてうらやましいな~』

伊織「あら?気を抜くと本音が漏れるみたいね」

春香「いまのはセーフ!」

雪歩「春香ちゃんもプロデューサーにお茶入れる練習してみる?」

春香「教えてくれるの?」

雪歩「はい」

春香「ありがとう。持つべきものは友達だね」
春香『なーにが男の人は苦手ですだぁ?男の人が大好きです!の間違いだろ』

雪歩「……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 19:56:47.99 ID:gD6UUAzf0

春香『萩原雪歩17歳、男の人が大好きです!いまのはプロデューサーと言い間違いをっ!
プロデューサーに穴を掘られて感じちゃいますぅっ!の間違いじゃないのかなーって』

亜美「くくく…」

伊織「お腹が痛いわ…すごいクオリティ…」

律子「くっ…」

ちひゃー「くっ」ペシペシペシペシ

雪歩「……」

春香「違うの!これはこあみが勝手に!!ほら!こあみっていたずら好きでしょ!」
春香『そうだよ!本音だよ!プロデューサーさんは渡さないんだからっ!』

雪歩「ぐすっ…春香ちゃんひどいよぉ…」

春香「ちょっ泣くなんて!!」
春香『プロデューサーさんの湯飲みにおしっこ入れてるの知っているんだから!!』

雪歩「はわわわっ!!ど、どうしてそれを!?」

伊織「ちょっ、ちょっと待って…いますごい事実が本音から聞こえた気が」

亜美「もうゆきぴょんの入れたお茶飲めないよ…」

雪歩「こ、これは違うんです!!はぅぅぅっ!穴を掘って埋まってますぅぅ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:02:52.54 ID:gD6UUAzf0

春香「結果オーライ」

P「春香~サイン会行くぞ~」

春香「はい!プロデューサーさん!」

亜美「面白そうだからついていこうYO!」

律子「あんたは仕事でしょ!」

握手会会場
女ファン「春香ちゃん、いつも応援しています!頑張ってください!」

春香「ありがとうございます」
春香『わ~こんなかわいい女の子に応援されたら頑張らなくちゃ』

女ファン「///」

男ファン「春香ちゃん!応援してるから、頑張ってね!これプレゼント」つ花束

春香「わー綺麗なお花!大切にします!」
春香『どーせ後からプロデューサーさんがゴミ…』

P「わーっ!!わっー!!」

男ファン「ひ、ひどいっ!」ダッ

春香「ごめんなさい!」
春香『察しろよ、バカ』



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:07:06.76 ID:gD6UUAzf0

キモオタ「フヒヒッ春香たん今日も可愛いお」

春香「ありがとうございます」
春香『キモッ』

キモオタ「春閣下のサービスだお///」

春香「そ、そうなんですっ!そこにひざまずきな…」
春香『はぁ~アイドルやめたくなる瞬間ってこういう人に会ったときだよね~』

キモオタ「フヒヒッ!!春閣下最高だお!!」

春香『よかった…』

P「今日の春香はおかしい…」

春香「あ、ありがとうございます!」
春香『今日はなんのクッキー作ろうかな~』

春香「だから!違うんですっ!!」

P「集中力がなくなって、独り言が多くなってるな。帰ったら事務所で聞いてみるか…」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:17:30.93 ID:gD6UUAzf0

@事務所
春香『はぁ~疲れた~』

伊織「あんた本音の扱い方上手になってない?」

春香『本音をコントロールできるのって無の境地に達するくらい難しいと思うよ?』

亜美「本音で会話wwwww」

伊織「あんた出家したら?」

P「春香?今日はいったいどうしたんだ?」

春香「な、なんでもありません!大丈夫です!」
春香『プロデューサーさんが心配してくれてる、これはこれでラッキー?』

P「まぁ、アイドルを心配するのは俺の仕事だしな?」

春香「そ、そうですよね」
春香『アイドルだから心配するんですか?一人の女の子として心配してほしいです…』

P「んんん?ま、まあうん。春香のことは心配だから。ほら、よく転ぶしな」

春香『プロデューサーさんの前だけはわざとです』
春香「違います!わざとじゃありませんからっ!」ドンガラガッシャーン

P「春香大丈夫か!?」

春香「イタタタ…大丈夫です。プロデューサーさん、ありがとうございます」
春香『チョロすぎwwwww大成功』



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:22:55.75 ID:gD6UUAzf0

P「う~ん…ブクブクブク」オレノハルカノイメージガ

亜美「兄ちゃん泡吹いて倒れちった」

伊織「仕方ないわよ。処女のアイドル好きな童貞男だから」

亜美「そだね→」

律子「う~ん、困ったわね」

伊織「どうかしたの?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:43:18.31 ID:gD6UUAzf0

律子「あずささんが…」

あずさ「あらあら~」

春香『ぎくっ』

律子「そうとう怒ってらっしゃいます」

あずさ「プロデューサーさんに変なこと言ったのは誰かしら~」

亜美「ぎくって口で言ったよ?」

伊織「正確には頭にめり込んだこあみが言ったのよ」

春香「どうしたんですか~?」

あずさ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

春香『怖い怖い怖い』

あずさ「私がそんなに怖いの?」

伊織「ちょっとオレンジジュース買ってくるわ」

亜美「お供しまっす」

春香「ちょっと逃げるの?」

伊織「私の座右の銘は怖くなったらすぐ逃げるよ」
亜美「生きて会おう!」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:48:48.16 ID:gD6UUAzf0

あずさ「プロデューサーさんを気絶させた悪い子は誰かしら~」

春香「亜美ちゃんだと思います~」
春香『私ですよ私です!』

あずさ「私の運命の人…プロデューサーさんにひどいことするなんて、ほっとけないわ~」

響「プロデューサーは自分と一生を共に!!」

あずさ「あらあら~」ゴチンッ

響「きゅ~」

春香「そ、そんな酷いことするのは誰でしょうね~」
春香『いまグーで殴りました!グーで!』

あずさ「もしかして私の目の前にいるのかも…」

春香「皆プロデューサーさんのこと好きですよね!」
春香『うっとうしんだよ、このあばずれ女!』

あずさ「そうかしら~異性として好きなのは私だけ」

春香「じゃあみんな一緒ですよ!!」
春香『とっとと迷子になって、二度と事務所に帰ってくるな!』

あずさ「言いたいことはそれだけかしら~」ピキピキッ

春香「あ~本音がついつい出ちゃう~」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:53:16.77 ID:gD6UUAzf0

あずさ「春香ちゃん、目覚めたらきっといい子になっているから、大丈夫よ~」

春香「いや…」
春香『アイドルが本気のグーパンって』

こあみ「とか~」

こまみ「ち~」

あずさ「きゃっ!そこは胸だから!ちょっと服の下にはいらな…!!」

春香「え?」

あずさ「くすぐった…あ、あぁん…」

こあみ「とかー」

こまみ「ちー」

春香「助かったの?」

亜美「ナイスタイミングで目覚めたね」

伊織「あいつが絡んだあずさほど怖いのはないわね」

春香「これで、私…本音が漏れないの?」

亜美「なんだか面白くなくなっちゃったね」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 20:56:52.92 ID:gD6UUAzf0

あずさ「」ビクンビクン

春香「ま、まぁっ!この春閣下に怖いものなんてないですし!」

伊織「本音は?」

春香「怖かったよ~」グスッ

伊織「まったく」

亜美「それじゃ→次は亜美の番だね!」

真美「え?なんの話?」

亜美「真美いっくよ→」

真美「え?こまみを頭に乗っけて?」

春香「それっ!」

伊織「それっ!」

亜美「はうっ!」

真美「はうっ!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 21:01:17.93 ID:gD6UUAzf0

P「はっ!悪い夢を見ていた」

亜美「兄ちゃんおっはよ~」

真美「おっはよ~」

P「なんだ事務所にいたのか」

亜美「このプリティーセクチーな亜美の存在を忘れるなんてひどいですな」

真美「兄ちゃん、こんなところで寝てたら風邪ひくよー」

P「すまんすまん、って亜美抱きつくなよ」

亜美「んー、数時間ぶりの兄ちゃんの匂い~」
亜美『やっぱり兄ちゃんのこと大好きだよ』

P「おいおい照れるだろ」

春香「亜美ちゃんはいつもと変わらないんだね」

伊織「案外ストレートね。邪悪成分がもっと入ってる気がしたけれど」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 21:06:19.88 ID:gD6UUAzf0

亜美「真美は抱きつかなくっていいの~」
亜美『兄ちゃんの顔とってもPで暖かいよ~』

真美「えっ?兄ちゃん苦しそうだし真美はいいかなって」
真美『真美は恥ずかしいからいいや…』

春香「思春期ですね」

伊織「そうね」

真美『汗のにおいかがれると恥ずかしいし…』

亜美「……」
亜美『亜美が平気なのって子供ってこと?』
P「……」

春香「そうだよ」

終わり

最後まで整合性とれずに口調までおかしくなった
反省している


元スレ
春香「本音はつらいよ」