1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:49:33.53 ID:DV8Vd7lr0

とある日の放課後


京子「ちなつちゃーん!かわいいよぉ~」スリスリ

ちなつ「京子先輩!やめてください~!」イヤイヤ

結衣「おい京子!いいかげんにしろ!」グイグイ



あかり「…ふぅ~お茶おいしいよぉ~」

ちなつ「あかりちゃんいたの?」

あかり「ひどぉい!ずっといたよぉ~!」プンスカ



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:50:30.30 ID:DV8Vd7lr0

京子「ちょっと私トイレいってくるねー」

京子「まっててねーちなつちゃーん♪」

ちなつ「帰ってこなくてもいいです」ツンッ

京子「またまた照れちゃってー♪」

結衣「いいからさっさと行って来い」

京子「へへ、ほーいっ」トテテ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:51:19.80 ID:DV8Vd7lr0

5分後

ガラッ

京子「ただいまー♪」

結衣「んー」

あかり「おかえりぃ」ニコニコ

ちなつ「もう、帰ってくるの早いですよー」ツンデレ

京子「結衣ーっ♪」ダキッ

結衣「っ!?」

京子「ゆいぃーただいまー//」むぎゅー

結衣「おっおい!//ひっつくな!//」

ちなつ「」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:51:48.60 ID:DV8Vd7lr0

京子「結衣ぃ~//」スリスリ

結衣「お、おい!//どうしたんだよ!//」

京子「えへへ~、結衣に甘えたいんだもん//」

結衣「な、な…?///」

ちなつ「」

あかり「アッカリーン」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:52:56.95 ID:DV8Vd7lr0

結衣「お、おいお前…また頭打ったのか…?」

京子「打ってないよー、普通に帰ってきたよ?」スリスリ

結衣「…生徒会室に寄ったとかじゃないよな?」

京子「え、それなら寄ったよー」

京子「西垣ちゃんから栄養ドリンク貰ったー」ぎゅーっ//

結衣「…犠牲になったのか」サスケェ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:53:29.22 ID:DV8Vd7lr0

結衣「おい京子…とりあえず離してくれ、な?」

京子「うぅ…わかったよ…」

京子「後でまた甘えていーい?//」ウワメ

結衣「っ…//わかった、わかったから、ちょっと待っててくれ」

京子「どっかいっちゃうの…?」ションボリ

結衣「あぁ、すぐ戻るよ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:54:05.72 ID:DV8Vd7lr0

生徒会室

結衣「失礼します…」ガラッ

綾乃「あら船見さん、どうかしたの?」

結衣「あぁ、ちょっと西垣先生に用があってさ」

千歳「先生ならさっき理科室行ったで~?」

結衣「そっか…ありがと、ちょっと行ってくる」タタタッ


綾乃「…あの人また何かやらかしたのかしら…」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:55:23.58 ID:DV8Vd7lr0

結衣「理科室に行くのも久しぶりだな…」

ドカーーーーーーーーーーーーーーーン!!

結衣「うわぁぁぁっ!?」ビクゥッ!


奈々「ごほっごほっ…」

奈々「理科室を奪還して早々爆発とは…さすが私と褒めてやりたいところだ」

りせ「……」

奈々「あぁ、すまんすまん、気をつけるさ」


結衣「あ、あのぉ…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:56:33.87 ID:DV8Vd7lr0

奈々「お、船見か」

奈々「お前も爆友になりにきたのか?」ニコニコ

結衣「いえ、それじゃなくて…」

結衣「さっき歳納(京子)に変なドリンク飲ませませんでした?」

奈々「変なドリンクとはなんだ、あれはれっきとした発明品だぞ?」

結衣「…嫌な予感しかしない…」

奈々「あれは私が新たに開発したドリンクでな」ドヤァ

奈々「あれを飲んだ者は、『好きな相手にとにかく甘えたくなってしまう』んだ」ドヤァ

結衣「」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:57:18.12 ID:DV8Vd7lr0

結衣「好きな相手に…甘えたくなる…?」

奈々「そうだ。辺りかまわずではなく、好きな相手限定だ」

奈々「…ふふ、さては船見、お前歳納に甘えられただろ?」

結衣「っ!あ、いやその…」

奈々「いっておくが『好き』というのは恋愛感情での『好き』だからな」

結衣「な…?//」

奈々「よかったなぁ船見」ニヤニヤ

結衣「っべ、べつに私は…//」カァァ



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:58:00.45 ID:DV8Vd7lr0

りせ「……」

奈々「ん?効果の持続時間か?」

奈々「あまりに長いと問題が生じるだろうということで、10時間にしてある」

奈々「まぁ明日の朝には戻っているだろう」

結衣「そうですか…よかった」ホッ

奈々「まぁ、いまのうちに愛を育んでおくといいぞ」ニヤニヤ

結衣「余計なお世話です//失礼します//」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 11:59:23.91 ID:DV8Vd7lr0

ガラッ

結衣「ただいま」

京子「ゆいぃー!」ダキッ

結衣「お、おい!//」

京子「寂しかったよー//」スリスリ

結衣「あーもうわかったから!//」

結衣「あかり、ちなつちゃん」

結衣「こいつちょっと西垣先生の薬でおかしくなってるんだ…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:01:09.23 ID:DV8Vd7lr0

結衣「だからとりあえず今日のところは連れて帰るよ」

あかり「うん、わかったよぉ(なんだか心配だよぉ)」

ちなつ「」

あかり「えと、ちなつちゃん…帰ろう?」

ちなつ「私は犠牲になったのだ…ごらく部に古くから続く因縁…その犠牲にな」

あかり「なんか悟りを開いちゃってるよぉ!」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:02:00.54 ID:DV8Vd7lr0

結衣の家


結衣「ふぅ…とりあえず帰ってきた」

京子「えへへ、ゆいーっ//」ぴとっ

結衣「あー、はいはい//晩御飯作るからちょっと待っててくれ、な?」

京子「えへへ、はーい//」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:05:41.83 ID:DV8Vd7lr0

結衣「ふぅ…今日は麻婆豆腐にしようかな…」

結衣「それにしても…」

結衣「京子が私のこと…//」

結衣「(正直すごく嬉しいよ…)」

京子「結衣ぃ…//」ぎゅっ

結衣「こらっ//待っててくれって言ったろ?」ナデナデ

京子「えへへ…//」

結衣「…かわいいな//」ボソッ

京子「ふぇっ?//」

結衣「な、なんでもないっ//」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:06:31.61 ID:DV8Vd7lr0

・・・・・・・

23時

結衣「(晩ご飯もあ~んで食べさせてやったりと大変だったな…)」ピコピコ

結衣「(まぁ悪くはなかったけど…//)…」ピコピコ

京子「…」ぴとっ

京子「ねぇーゆいぃ」

結衣「んー?」

京子「ゲームばっかしてないで私とも遊んで?」ウワメ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:07:09.80 ID:DV8Vd7lr0

結衣「…いいよ、おいで(今日は、特別)」

京子「えへへ、ゆーいぃ//」むぎゅっ

結衣「ん…//」ぎゅっ

京子「ゆい…あったかい…それにいい匂い…///」


京子「…大好き///」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:07:54.46 ID:DV8Vd7lr0

結衣「…」

結衣「私も…」

結衣「私も、京子のこと、好きだ…///」カァァ

京子「…ほんと?//」

結衣「うん、ほんと…//」

京子「えへへ…ありがと…//」ウトウト

結衣「ん?眠くなってきたのか?」

京子「うん…結衣にぎゅってされて、気持ちよくて…//」ウトウト



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:08:27.87 ID:DV8Vd7lr0

結衣「ふふ、そうか…なら寝てもいいよ」ナデナデ

結衣「ずっとこうしててやるからな…//」ぎゅっ

京子「…ゆ…いぃ…//」

京子「…//」スヤスヤ

結衣「…おやすみ、京子」ニコッ



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:08:59.49 ID:DV8Vd7lr0

翌日

京子「ちーなーつーちゃーん!」ダキッ

ちなつ「もー!離れてくーださーいーっ!」イヤーッ

結衣「こら京子、いやがってるだろっ」


あかり「ふぅ~お茶おいs…

3人「いたんだ」

あかり「いたよぉぉ!」泣



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:09:48.86 ID:DV8Vd7lr0

京子「あははは!あかりおもしれー!」

あかり「うわーん!」

ちなつ「ちょっと京子先輩!あかりちゃんをいじめないでください!」

京子「ちなつちゃんも『いたんだ』って言ったよね!?」

ちなつ「あかりちゃん、おいで~//」

あかり「うわーん、ちなつちゃーん//」ダキッ

ちなつ「ふふ、いい子いい子~//」

あかり「えへへ~//」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:10:24.99 ID:DV8Vd7lr0

京子「くそぅ、あかりのくせにちなちゅと百合百合しやがって~…」グヌヌ

結衣「あはは…」


結衣「(まぁ、なんだ)」

結衣「(京子が元に戻ったみたいでよかった…)」

結衣「(ちょっと寂しくもあるけど、ね)」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:19:58.13 ID:DV8Vd7lr0

夕方

京子「なー結衣ー、今日も晩御飯食べていっていい?」

結衣「あぁ、いいよ、ラムレーズンもあるし」

京子「さっすが結衣ー♪」

結衣「はいはい」クスッ

京子「…」

京子「ねぇ、結衣ぃ」

結衣「なに?」

京子「…帰ったらまた甘えてもいい?//」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:20:42.50 ID:DV8Vd7lr0

結衣「え…?//」

京子「だって…今日ずっと我慢してたし…//」

結衣「お、おまえ…薬がまだ…」

京子「あぁ、あれはもう切れたよ」

結衣「じゃぁなんで…ていうか、覚えてたんだな昨日のこと」

京子「うん、はっきり覚えてるよ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:21:13.95 ID:DV8Vd7lr0

京子「西垣ちゃんのドリンク飲んだらすんごい結衣に甘えたくなっちゃって…」

京子「そしたら結衣が受けて入れてくれてさ、すっごく嬉しかったよ」

京子「好きって言ってくれたし…優しく抱きしめてくれたし…//」

京子「あんなことされたら…薬とか関係なく甘えたくなっちゃうよ//」

結衣「京子…//」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:22:04.85 ID:DV8Vd7lr0

結衣「うん、いいよ」

京子「結衣…」

結衣「私たち…その、両想い…なんだからさ///」

結衣「好きなだけ、甘えてくれたらいい///」

結衣「ただ、その…みんなの前では、恥ずかしいから…///」

京子「…結衣…、ゆいぃ~!///」ダキッ

結衣「うわっ!?////」

京子「好きっ!結衣大好き!///」ぎゅーっ

結衣「…あぁ、私も、ずっと好きだったよ///」ぎゅぅ

京子「えへへ…これからもずっと好きでいてね//」

結衣「当たり前だろ…そんなの…///」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:24:02.04 ID:DV8Vd7lr0

短いがこれで終わりなのだ…
支援、読んでくれた貴様は犠牲になったのだ…。
古くから文才のない俺の駄文、その犠牲にな。



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:31:35.35 ID:DV8Vd7lr0

おまけ

休日

京子「ゆいぃーお腹すいたー」

結衣「そうだな、ワックでもいくか?」

京子「うん、いくいくー♪」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:34:08.42 ID:DV8Vd7lr0

イラッシャイマセー!

京子「結衣は何にするー?」

結衣「私はチキンフィレオにしようかな」

京子「じゃぁ私はテリヤキバーガーにしよっと♪」

結衣「え」

京子「え?」

結衣「ダブチにしないの?」

京子「えー、だってダブチばっか飽きたもん」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:37:02.34 ID:DV8Vd7lr0

結衣「でもほらっ、やっぱ京子と言ったらダブチだし…」

京子「?…なんかよくわかんないけどダブチにしよっか?」

結衣「あぁ、うん。そのほうがいい、ぜったい」

京子「じゃぁピクルス抜いてもらうかー」

結衣「え」

京子「え?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:40:56.08 ID:DV8Vd7lr0

結衣「いや、ピクルス抜くとか邪道すぎるだろ」

京子「…なんか結衣おかしいよ?」

結衣「おかしくない。いいからピクルス入りで頼めよな?」

京子「うん…」


公園

結京「いただきまーす」

京子「うぅ…やっぱりピクルスまじぃ…」

結衣「そ、そうか…しょうがないなぁ京子は」あ~ん//

京子「…なにしてんの?」

結衣「あ、いや、だからその…食べてほしいんだろ?私に」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:43:55.09 ID:DV8Vd7lr0

京子「(…はは~ん、結衣のやつ…)」

京子「いや、いいよ。私頑張って食べるし」

結衣「え…」

京子「嫌いなものなんでもかんでも結衣に食べてもらってちゃ駄目だしね」

結衣「そ、そんなこと…」

京子「じゃぁ食べよっと」あ~ん

結衣「ま、まて京子!ちょっと待て!」アセアセ

京子「もう~なんだよ~(結衣可愛い)」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:47:14.98 ID:DV8Vd7lr0

結衣「ピクルスって実は食べるとお腹壊しやすいらしんだ…」

京子「ふ~ん?」

結衣「だから、京子が腹壊したらいやだし…私が食べるよ」

京子「そっかー、ありがとー結衣、はいっ(手渡し)」

結衣「え」

京子「なに?」

結衣「いや、その、それでいいのか?」

京子「は?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:50:42.93 ID:DV8Vd7lr0

結衣「だから…その…」

京子「なにさー?」

結衣「京子…私たち、恋人になったんだよな?」

京子「うん、そうだね…」

結衣「だから…その…//」

結衣「…//」ションボリ

京子「(さすがにからかいすぎたかなー…)」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 12:55:00.38 ID:DV8Vd7lr0

京子「はい、結衣っ」

結衣「え…?」

京子「あ~んっ//」

結衣「え…//」

京子「からかってごめんね。こうしてほしかったんでしょ?//」

結衣「…ぅん//」

京子「へへ、食べて…?私の食べかけのピクルス…//」

結衣「へ、へんなこと言うな!//…あ~ん…//」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 13:01:16.32 ID:DV8Vd7lr0

ぱくっ

結衣「…しょっぱい//」

京子「へへ…そっか//」

結衣「…京子、唇にケチャップついてる//」ぺろっ

京子「ひゃっ///ゆ、結衣…公園でこんな…//」

結衣「ふふ、からかったお返し//」

京子「むー…帰ったら覚えてろよー//」

結衣「それはこっちのセリフだ…//」


終わり
二人は家に帰って幸せなイチャイチャをして終了なのだ…


元スレ
結衣「好きな相手に…甘えたくなる…?」