1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:28:31.51 ID:Q0OZBVZF0

美希「結局お仕事で何もできなかったの。明日もお仕事…」

P「おい、美希!明日休みになったぞ!」

美希「え、ホント!?」

P「ああ。せっかくの休みだから俺がどっか連れて行ってやるよ」

美希「じゃあミキ、>>5に行きたいの!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:37:48.77 ID:44hHTQp60

八つ墓村



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:43:38.88 ID:Q0OZBVZF0

P「八墓村?あれって実在するのか?」

美希「ハニー知らないの?八墓村にはモデルがあるんだよ」

P「へー。それで、それはどこなんだ」

美希「岡山」

P「遠っ」

美希「連れて行ってくれるって言ったの!」

P「わかったよ、行けばいいんだろ」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:48:08.42 ID:Q0OZBVZF0

美希「着いたのー!」

P「ここが八墓村のモデルか」

美希「さっそく探検しよっ」

P「ところで、何でここを選んだんだ?」

美希「今年は肝試しできなかったから、やりたいなって」

P「別に毎年するもんでもないだろ」

美希「早く行こうよ、ハニー!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:51:47.48 ID:Q0OZBVZF0

P「なんか不気味な場所だな…」

美希「何か出そうだね」

「祟りじゃー!!」

美希「わっ!びっくりしたの。おばあさん、何してるの?」

村人「これを言うと観光客が喜ぶんです」

美希「そうなんだ。でも喜ぶっていうよりビックリするって思うな。ね、ハニー」

P「」

美希「ハニー!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:55:39.18 ID:Q0OZBVZF0

P「あのババア、覚えとけよ…」

美希「あはっ、あれぐらいで気絶するハニーも悪いよ」

P「俺は恐いの苦手なんだ」

美希「じゃあミキが守ってあげるの」

P「いざとなったら頼む」

美希「あ、あそこに何か落ちてる」

P「これは…>>18!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 00:57:07.74 ID:lRGa74jZ0

コトリバコ



23: >>20知ってるわ 2013/10/14(月) 01:01:44.92 ID:Q0OZBVZF0

P「コトリバコ…」

美希「何それ?」

P「知らない方が良い。美希、絶対これに触るなよ!あと『コトリバコ』で検索もするな!」

美希「わ、わかったの」

P「なんて場所に来ちまったんだ!早く帰るぞ!」

美希「ちょっと待ってよ!」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:08:47.14 ID:Q0OZBVZF0

P「あれ?ここって…」

美希「さっき通った道だね」

P「くそっ、今度はこっちに行くぞ!」

美希「さっきのおばあさんに聞こうよ」


美希「湖に着いたの」

P「嫌な予感しかしないが…」

美希「足!足が出てるの!犬神家!」

P「」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:12:55.36 ID:Q0OZBVZF0

P「これ以上関わりたくないが放っておくわけにもいかないよな…美希、あれを引き上げるぞ」

美希「らじゃーなの!」

P「よし、俺が右足持つから」

美希「ミキが左足だね」

P「いくぞ、せーの!」

美希「なのっ!」

ザパア

>>32「……」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:15:22.07 ID:lRGa74jZ0

どざえもんの春香



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:21:59.85 ID:Q0OZBVZF0

美希「きゃああああああ!!!」

P「」

美希「ハニー!起きて!起きてよ!ミキ恐いよ!!」

村人「どうかされましたか?」

美希「あっ、おばあさん!春香が…春香が!!」

村人「た、祟りじゃああああ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:29:35.49 ID:Q0OZBVZF0

P「はっ」

村人「気が付かれましたか?」

P「春香…春香…」

美希「ハニー!しっかりして!」

P「美希」

美希「ミキ、どうしたらいいかわからないの…」

P「そんなこと言われても俺も…」

貴音「話は聞かせていただきました」

P「貴音!?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:33:05.98 ID:Q0OZBVZF0

貴音「どうやらプロデューサーは祟られてしまったようですね」

村人「やっぱり祟りだったんじゃあああ」

P「それで春香が?」

貴音「ええ、おそらく。ここに来てから何かおかしなことがありませんでしたか?」

美希「おかしなことなんか何もなかったよ」

P「…コトリバコ」

貴音「それが原因でしょう」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:37:55.66 ID:Q0OZBVZF0

貴音「このままでは次の犠牲者がでるかもしれません」

P「どうすればいいんだ!」

貴音「幸い、私が除霊の術を心得ております」

美希「じゃあ早くハニーに除霊してほしいの!」

貴音「ただし、除霊には準備するものがあります」

P「それがないといけないのか。それは何だ?」

貴音「>>46>>48>>50です」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:45:19.77 ID:UyNZ+fGB0

雪歩のスコップ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:45:21.03 ID:JYxmM5IG0

処女



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:47:26.11 ID:kD61o9VF0

犠牲者の腕



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 01:54:31.17 ID:Q0OZBVZF0

貴音「雪歩のすこっぷは私が持ってきました」

P「じゃあ後は…」

美希「処女と」

村人「溺れていた人の腕」

貴音「春香の腕もここに用意しています」

P「やめろ!見せるな!」

貴音「ちゃんと布に包んでますよ」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:00:38.05 ID:Q0OZBVZF0

P「残るは処女か」

貴音「正確には処女が初めての性交で得られる血が必要なのです」

P「じゃあこの中の誰かが俺と…」

貴音「誰も申し出なければ、私がお相手をさせていただきます」

村人「私は処女ではないので、選べませんからね」

P「ババアは黙ってろ」

貴音「美希…どうしますか?」

美希「…ミキ、やるよ」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:06:54.18 ID:Q0OZBVZF0

美希「だってこうなったのだってミキがわがまま言ったせいだし、ミキにやらせて欲しいの!」

貴音「わかりました。では美希の処女血ということで」

村人「こちらにお布団を用意してあります」

美希「ハニー、行こっ」

P「あ、ああ」

村人「…よかったのですか?あの方を助けるために遥々こんな田舎まで来たのでしょう」

貴音「良いのです。私はあの人が助かるのであれば、それ以上は望みません」

村人「そうですか」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:14:59.68 ID:Q0OZBVZF0

P「美希…」

美希「来て、ハニー」

P「いくぞ」ズプッ

美希「っっ!!」

P「だ、大丈夫か?」

美希「大丈夫…だよ。ちょっと痛いけど」

P「あんまり無理しなくても」

美希「心配しなくていいの。それより、ぎゅーってして欲しいな」

P「…わかった」ギュッ

美希「あっ!ハニー…!」ギュー

P「動くぞ」

美希「んっ…!あっ!」ビクッ



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:20:01.06 ID:Q0OZBVZF0

貴音「これで揃いましたか。ではプロデューサー、そこに横になってください」

P「これでいいか?」

貴音「はい。それでは除霊を始めます」

美希「ミキたちは見てていいの?」

貴音「問題ありません。ただ、少し離れていた方が良いでしょう」

美希「わかったの」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:28:33.95 ID:Q0OZBVZF0

貴音「エマタメヨキ…エマタイラハヲノモノコ…ヨミガミカノズロヨオヤ…」

美希(始まったの)

貴音「ネカタヨイイワカネカタ…」

美希(あのスコップとかってどうやってつかうんだろ)

貴音「ネスデイレキガキツ」ザシュ

美希(!春香の腕にスコップを…その上から血を垂らしてる…グロいの)



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:33:18.57 ID:Q0OZBVZF0

貴音「終わりましたよ」

P「これで除霊されたのか?」

貴音「はい。もう恐れることはありません」

美希「ハニー!」

P「うおっ、美希抱き付くなって」

美希「だって…だって…」

P「よしよし、もう大丈夫だからな」ナデナデ

美希「うんっ!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:38:35.03 ID:Q0OZBVZF0

貴音「では帰るとしましょう」

P「そうだな」

美希「おばあさん、ありがとうなの!」

村人「いえいえ、私は何も」

貴音「お世話になりました」

村人「またいつでも来てくださいね」

P「二度と来たくないよ…」

村人「幸多からんことを」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:43:39.95 ID:Q0OZBVZF0

小鳥「プロデューサーさん、昨日はどこへ?」

P「実は岡山に。あっ、お土産ありますよ」

小鳥「いいんですか?じゃあ私が一番乗りー」

小鳥「んー、おいしい!春香ちゃんのお菓子もおいしいけど、これもこれで…」

P(春香か…もういないんだよな)

小鳥「プロデューサーさん、どうしました?」

P「あ、いや、何でもないです」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:49:07.46 ID:Q0OZBVZF0

小鳥「あら、もうこんな時間。そろそろ春香ちゃんが来る頃かしら」

P「…来ませんよ」

小鳥「え?」

P「春香は来ません」

小鳥「だって今日は春香ちゃん午前中から撮影が…あ、もしかして春香ちゃんと喧嘩したんですか?それで今日は現場に直接」

P「違うんです!!」

P(もう春香がここに来ることはないんだ。触ることも、声を聴くことも…)

ガチャ

春香「おはようございます!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:52:50.45 ID:Q0OZBVZF0

P「!?」

小鳥「あ、春香ちゃんおはよう」

春香「おはようございます、小鳥さん」

P「春香、お前…」

春香「?どうしたんですか、プロデューサーさん」

P「お前…なんともないのか?」

春香「何のことですか?私はこの通り、元気ですよ!」

小鳥「プロデューサーさん、今日なんだか様子がおかしいのよ」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 02:57:24.99 ID:Q0OZBVZF0

P(おかしい…春香が生きてるはずがない…だって俺はこの目で見たんだから)

P(もしかして見間違いだったか?いや、それはない。俺だけならまだしも、美希や貴音も見ている)

P(あの遺体は間違いなく春香だった。じゃあ今、俺の目の前にいるのは…?)

春香「プロデューサーさん!大丈夫ですか?」

P「あ、ああ。大丈夫だ」

春香「元気だしてくださいよ!今日も張り切っていきましょー」


おわり



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/14(月) 03:00:48.80 ID:Q0OZBVZF0

美希とのイチャイチャが書きたかったのに、どうしてこうなった…


元スレ
美希「3連休もあと1日なの」