ほぼ同じスレタイで内容が違う作品



SS速報VIP:輿水幸子「プロデューサーさん、女の子の扱いを知らないなんて可哀想ですね!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:46:54.20 ID:PMbfa3WH0


モバP「んなことねーよ! ウチにはお姫様が2人もいるんだかんな! 妻と、娘がな!」

幸子「……ふふーん! カワイイボクの機微をわからない貴方の言う事なんて、信じられませんね!」

幸子「大体、娘さん今年5歳でしょう? だったら、まだ両親に甘えたい盛り……そりゃ慕ってない方がおかしいでしょう!」

モバP「ハッ! 大体、機敏だのなんだの言う前に、少しはトレーニング強化案でもして実力を上げろってんだ!」

幸子「む! な、なんですか! カワイイボクには、そんな……」

モバP「だが、負けたんだろう? この前のフェス」

幸子「う……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376326014




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:49:42.74 ID:PMbfa3WH0


幸子「あ、アレは……その……」

モバP「幸子よぉ……俺にはわかる。お前は馬鹿じゃねぇ。負ける前は確かに驕っていた……だが、お前は改善点に既に気付いている! そうだろう!?」

幸子「そ、そうです! 歌唱力も……踊り続けるためのスタミナも……まだまだ、足りなかった……!」

モバP「応、ちゃんと意味のある敗北だったわけだ……だが、お前は今、機敏だとかなんだとか理由を付けて、前に進めないでいる!」

幸子「くぅ……!」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:52:51.68 ID:PMbfa3WH0


モバP「幸子……俺はおめぇを、トップアイドルに足る人材だと確信している……そのカワイイ発言は、決して過言ではないとな」

幸子「そ、そんなことは当然です! 言うまでもなく!」

モバP「だがなぁ……それこそさっきの例を出せば、無条件にカワイさに気付いてくれるのは、基本的に肉親しかいねぇ!」

モバP「あのフェスは、宣伝等の戦略は事前ルールとして差を付ける事が出来なかった……そしておめぇは同じ条件で! 実力で! 他のアイドルに負けた!」

モバP「ファンに……いや! 『輿水幸子』を知らない人に、そのカワイさを届けるには……まだ、てめぇの土台が足りてねぇ!」

幸子「……ぅ……」プルプル




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 01:53:35.82 ID:PMbfa3WH0


モバP「幸子……おめぇが不安になるのもわかる。なんせ、お前はスタートダッシュがうまく決まった方だからな……躓いたダメージがでかいのもな……」

モバP「だが、ここでお前は実りある挫折をしれたんだ……これはでけぇぜ! 一度折れてから立ち直った人間は、強い!」

モバP「だからよう……ここでいっちょ、もう一度立ってみねぇか? アイドルとして……新生する『輿水幸子』を……俺を含めた皆に、見せつけてやらねぇか?」

幸子「…………やっぱり、わかってない……」ゴシゴシ




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:00:50.67 ID:PMbfa3WH0


モバP「あん? 何がだよ?」

幸子「……プロデューサーさん、まさかそんな調子で娘さんに接してるわけじゃないでしょうね?」

幸子「何と言うか……息子に接しているような感じですよ、今のは……」

モバP「心配すんな! ちゃんと使い分けてる……お前には、この息子式励まし方法が有効と思ったからやっただけだ!」

幸子「息子扱いしないでください! デビュー当初、男の娘疑惑があったの、本気で嫌だったんですからね!」ムキーッ!




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:02:45.38 ID:PMbfa3WH0


幸子「あーもう……なんだか、落ち込んでるのが馬鹿らしくなっちゃいました……ちょうど時間ですし、レッスンに向かいますね!」

幸子「そうです……ボクのカワイさを知らしめるためにも、こんなところで立ち止まってはいられません!」

モバP「応! そのいきだ! 今日からマスタートレーナーさんに頼んどいたからきびしくなるぜぇ! 地獄の特訓メニュー、やり遂げてこい!」

幸子「……え”」

モバP「……カワイさを知らしめるためにも、立ち止まっていられないんだろう?」ニヤリ

幸子「は……諮りましたね! プロデューサーさん!」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:05:27.23 ID:PMbfa3WH0


モバP「いんや? ちゃんと事前に伝えたぜ? 落ち込んでて聞き逃したんじゃないか?」

幸子「くぅぅぅぅ……!! ああもう、イイですよ! お望み通り、その地獄なんたら、正面突破してやろうじゃないですかコンチクショー!」

マストレ「その言葉を待っていた!!」

幸子「はっ……マスタートレーナーさん!?」

マストレ「プロデューサーから話は聞いた……本来は、もう少し実力を付けた子を見るのだがな……」

幸子「ふふーん! そんな危惧……ボクの成長力で吹き飛ばして差し上げます!」

マストレ「ほう……すっかり心に火がともった様だな……面白い、ついてこい!」

幸子「はい! それじゃあ、行ってきますね! プロデューサーさん! 成長したボクを見て……腰を抜かさないでくださいね!」

モバP「おうさ! 楽しみにしてるぜ、幸子ォ!」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 02:08:58.04 ID:PMbfa3WH0


モバP「……いったか……やれやれだぜ……」

ちひろ「……正直、肝が冷えましたよ、プロデューサーさん……」

モバP「おっと、ちひろさん……」

ちひろ「負けて落ち込んでる幸子ちゃんに、あんな強い口調で……彼女、繊細なところがあるのに。やめます、とか言われたら、どうしようかと思いました」

モバP「ははは……すみません。ですが……無理にでも、背中を押してやるべき状況だと思ったんで」

ちひろ「もう……デリカシーが足りませんよ!」

モバP「ははは……! 違いない……! 俺には……どうも、ね……」

ちひろ「……まあ、今回は幸子ちゃんも元気になってくれたようですし……今回は、結果オーライということにしておきます。もうちょっと、言葉に気を付けるようにしてくださいね!」

モバP「ええ……ええ……すみませんね……ちひろさん……」




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 17:58:47.46 ID:PMbfa3WH0

>>9
6のとこと二重投稿になってますね……すみません、カットで……。

>>17
……しまったな……幸子と幸子で被ってしまった……。
事前準備が足りませんでした、申し訳ありません。

スレタイ最初の「プロデューサーさん」部分を削って

輿水幸子「女の子の扱いを知らないなんて可哀そうですね!」

とかなら差異が……とかも思ったけど、今さら変えれないんですよね。
読ませてもらいましたが、内容はだいぶ違うんで……ご容赦ください。



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 17:59:54.21 ID:PMbfa3WH0

●数日後


モバP「よう幸子、おはようさん!」

幸子「おはようございます……って、遅いですよ! プロデューサーさん!」

モバP「悪ぃ悪ぃ! ちょいと打ち合わせで手間取ってな……と? そりゃあなんだ? 宿題か?」

幸子「ふふーん! 宿題なんかとっくに終わらせてますよ! これは復習を兼ねた、ノートの清書です」

モバP「ほへー……さっちゃんは真面目だなァ!」

幸子「もっと褒めてくれていいんですよ! ……若干、馬鹿にしたような言い方なのが気になりますが……」

モバP「んなことねーよ! 俺なんか、中学生時代なんぞまともに勉強した事なかったぜ!? お陰で就職には苦労したわ……」

幸子「そういえば……プロデューサーさん、高卒でここに入ったんでしたっけ」

モバP「うんにゃ……正確には大学中退だな。その大学の名前も、たぶん言ってもわからねぇと思うぜ」




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:00:59.96 ID:PMbfa3WH0


モバP「そういや同業者には、秋月っていう高校在籍時からアイドルやって、今は敏腕プロデューサーなんて経歴を持ってる、化け物じみた奴もいるらしいが……」

モバP「残念ながら当時の俺は、天才でも秀才でもなく、加えて努力家でもなくてな……」

モバP「学もなく、まったくのペーペーだった俺がこの事務所に入れたのも、単純に人材不足だったかららしい。人事が整った今じゃ、当時の俺見てぇなやつはたぶん採用しねぇだろうな」

モバP「ま……幸子には釈迦に説法だろうが、勉強はきちんとしといたほうがいいぜ! 絶対将来のためになる……人生の先輩からのアドバイスだ!」

幸子「はいはい……自分語り乙です」

モバP「おぅい!? ちょっと冷たいんでねーの!?」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:02:12.28 ID:PMbfa3WH0


幸子「ま、ボクがカワイク頑張るのは当然ですが……プロデューサーさんだって、今は立派な人じゃないですか」

幸子「おばあちゃんが言っていました……ちゃんと仕事して、自分の家族を養ってるのなら、それで立派なんですよ!」

幸子「だから、ボクが褒めてあげますよ! だから、もっとカワイイボクのために頑張ってくださいね!」ドヤァ…

モバP「…………」

幸子「な、なんですか!? 急に黙らないでくださいよ……」

モバP「……いやー、正直『カワイイボクの旦那様になるなら、高学歴、高身長はもちろん、年収2千万以上は当然ですね!』くらいのセリフは出てくるかなー、と覚悟してたんで……」

幸子「なんですかそれぇええ!? イメージ悪過ぎでしょうが!?」




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:03:33.84 ID:PMbfa3WH0


モバP「はいはい……っと、さて冗談はこれくらいにして、次のライブの打ち合わせをはじめっか」

幸子「ちょっとぉ! スルーしないでくださいよ!?」

モバP「しかし……まだまだ難航してんだよな……今度のライブは、資金が多く使えてパフォーマンスにも制限がねぇ分、中々決めきれねェ……」

幸子「あ、スルー確定なんですね、もういいです……しかし、そんなの悩む必要なんてないでしょう?」

モバP「んぇ? ナンデ?」

幸子「ボクのカワイさを前面に押し出せば、何の問題もありません!」ドヤァ…

モバP「だから、その方法を考えてんだよ……」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:04:51.21 ID:PMbfa3WH0


幸子「ふふーん! まったくプロデューサーさんはダメダメですね! こんな天使が目の前にいるのに……」

幸子「それこそ、天使が空から舞い降りるくらいの、トップクラスにカワイイ演出が必要ですね!」ドヤァ…

モバP「まったく、簡単に言ってくれるぜ……いや……待てよ……? 舞い降りる、か……ありかも知れねェ!」ニヤッ

幸子「!!(プ……プロデューサーさんが悪い笑顔をしているッ! 一目でわかる……ロクでもないことを考えているとッ……!)」

幸子「(……もしかして……ボクの発言は……ウカツだったのでしょうか……?!)」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:06:29.16 ID:PMbfa3WH0

●ライブ当日

――バラバラバラバラ……

幸子「…………」

モバP「よしっと! 準備万端だな、幸子」

幸子「プロデューサーさん……確かにボクは……天使なので、空から舞い降りる、だなんて口走ってしまいました……」

モバP「いやー……昔取った杵柄ってやつだな! スカイダイビングのライセンスを持ってた事が、こんな形で役に立つとは……」

幸子「だからってねぇえ!! 本当に言葉通り、空から舞い降りる企画を考えるなんて、貴方はアホなんですかぁああ!!」




38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:08:05.82 ID:PMbfa3WH0


モバP「いやぁ、苦労したぜ……幸子のカワイさを前面に押し出すための企画、費用の捻出、安全性の確保、その全てを万全にするのは……」

幸子「努力の方向音痴すぎますよ、プロデューサーさん……」

モバP「だが、これが決まれば大インパクト間違いないし……協力者全てに感謝だな!」

幸子「ボクとしては、この企画にOKを出した全ての人に腹パンでもお見舞いしてやりたいです」

モバP「……幸子……」

幸子「……なんです?」

モバP「……グッドラック!」グッ b

幸子「さわやかにサムズアップしてんじゃねーよコンチクショー!!」




39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 18:09:12.27 ID:PMbfa3WH0


モバP「……いいか、幸子。このフライトは、新しい技術によって安全性はこれまでとは段違いに上がっている……」

モバP「だが、なめてかかれば命がないのは、かわらねぇ……いいか、手筈通りにやるんだぞ」

モバP「途中までは俺も一緒に飛ぶが……一定の高度にまで到達したら、すぐにパラシュートを開け! 後は自動的にステージまで到達するからな!」

幸子「あーもー……もう何を言っても無駄なのは良くわかりました……こーなったら、やってやろうじゃないですか!」

モバP「よっしゃあ! 気合は十分だな……行くぜ幸子ォ!」

幸子「え……あ……ちょ……まだ心の準備が……」

モバP「ウィーキャンフラーイ! イヤッホォォォォオオオオオオウ!!!!」

幸子「ちょまぁあああ!! フギャーーーァアアアアァアァァアアアア!!!!」




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:13:00.61 ID:PMbfa3WH0


●ライブ後

モバP「応! 幸子……見てだぜ、大成功だったな! 引っ掛かっちまったのはちょっと残念だったが……」

幸子「…………」ポスッ

モバP「んぇ? なんだいきなり……!」ボズッ!

モバP「んぐ……何いきなり、腹パンしてくれてんだ……?」

幸子「…………!」プルプル

幸子「バカ……プリョデューサーしゃんのバガ! こ……怖かったん……でずがらね……」グズグズ

モバP「……すまねぇ、悪ぃ、許せ……」ポンポン

幸子「……頭ぽんぽんだけじゃ、いやでず……もっと優しく撫でてください……」

モバP「ああ……おめぇはよくやったよ……怪我もなく、なによりだ……良く頑張ったな、幸子……」ナデナデ




42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:13:59.24 ID:PMbfa3WH0

●数日後

幸子「ふふーん! カワイイボクとデートできるだなんて、プロデューサーさんは幸せモノですね!」

モバP「……こりゃあ、遊びに来たわけじゃなくて、一応次のイベントのための下見なんだがなぁ……」

幸子「でも、実際に遊んでみてもいいんでしょう? 名目上は、オフ返上の仕事ってことなんだから楽しまないと損です!」

幸子「それにプロデューサーさん……他に言うことはないんですか?」

モバP「?」

幸子「もう! 今日はセクシーにオシャレしてきたのに……本当にダメダメですね! そんなんじゃ奥さんも愛想つかしちゃいますよ!」

モバP「……ハハッ、セクシーとか、10年はええよ!」

幸子「なんですか、その言い草!……あ、わかりました! ボクのセクシーさにも気付いてたけど、言えなかったんですね! 奥さんに操を立てるとは……プロデューサーさんは愛妻家ですね! ……それとも恐妻家?」

モバP「……いってろ! ほら……いくぞ!!」




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:17:35.06 ID:PMbfa3WH0


幸子「ほらほら、プロデューサーさん! 次は絶叫マシンに乗りますよ!」

モバP「はいはい……まーったく、元気なモンだねぇ……」

幸子「おお……意外に空いてますね……すぐに乗れそうです!」

モバP「そりゃあいい、俺は面倒が嫌いなんだ……(ん? なんだあのカッパみたいなの……?)」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:18:23.38 ID:PMbfa3WH0

●絶叫マシーン搭乗、発進後

幸子「……プロデューサーさん、さっきからチラチラボクを見て、何を気にしてるんです?」

モバP「……なあ、幸子。もうお前も気付いてるんだろ?」

幸子「……ええ……ボク達の後ろのお客さん、レインコートみたいなの着てますね……」

モバP「……もしかして……このマシーンって……水がかかるタイプのやつじゃあ……」

幸子「……でも、今さら気付いても、遅いですよおおおお!! フギャー!」バシャーン!!

幸子&モバP「「ガボゴボガボゴボボ!!」」




45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:19:43.41 ID:PMbfa3WH0

●絶叫マシーン

幸子「…………」ビチャビチャ

モバP「…………」ビチャビチャ

幸子「……なんで、気がつかなかったんですか! 聞いたら、レインコートが備え付けてあるのを、見つけてたみたいなのに!」

モバP「幸子てめぇ! 俺にそんな察しの良さを求めてんのか!?」

幸子「それ言われると反論できませんね!」

モバP「だろう?!」

幸子「…………プッ! ハハハハハ!! あーもう……2人してびしょ濡れになって何やってんだか……」

幸子「まあ……今回の事は、サプライズの演出ってことにしといてあげます! ハ……クシュン!」

モバP「おっと……流石にそれじゃあ、風邪引くな……俺の上着を……と思ったが、俺も濡れてるんだった……」

幸子「というか、なんか不慣れっぽいですけど、プロデューサーさんは家族をこういう所に連れてきた事がないんですか? だめですよ、家族サービスも考えてあげないと……」

モバP「……ともかく、このままじゃ2人とも風邪ひきかねん。スタッフさんに聞いて、どうにかなるか……」

幸子「……プロデューサーさん……?」




46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:22:47.99 ID:PMbfa3WH0

●さらに数日後

幸子「(……あの遊園地の下見の時、明らかにプロデューサーさん、話を逸らしたましたよね……)」

幸子「(もしかして……仕事にかまけて、家庭がうまくいってないとか……)」

幸子「(それならいけませんね……おやすみを上げれるよう、ボクからちひろさんに相談してみましょうか……)」

幸子「……おや、手帳が落ちてる……って、これプロデューサーさんの……」

幸子「……今日はプロデューサーさん、もう営業に出かけちゃってるんでしたっけ。まったく、何をやってるんだか……」

幸子「ちひろさんに、相談がてら届けておきますか……」スッ……バサァ!

幸子「! しまった……挟んであった紙がバラバラに……もー、ボクなにやってんだか……ん?」

幸子「…………そういう……ことだったんですか……プロデューサーさん……」




47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:23:56.28 ID:PMbfa3WH0

●さらに数ヵ月後

モバP「……うし……今年も、ちゃんとこの日に休みを取れてよかったぜ……」

モバP「っと……途中で花屋によらねーと……」ピンポーン

モバP「はいはーいっと……やれやれ、出かける前の来訪者とは……」

モバP「新聞なら間に合ってますよー……って、幸子!? なんでここに! それに……それ、花束?」

幸子「……すみません。プロデューサーさん……手帳を落とした事があったでしょう? あの時、ボクがそれを拾ったんですが……その時、中身を見てしまったんです」

モバP「……そうか、そう言う訳か。で……今日花束を持って訪ねてきたってことは……」

幸子「はい……奥さんと、娘さんへの……弔いの花です」

モバP「……俺は今から、墓参りにいくんだが……」

幸子「……一緒に行っても、いいですか? 差し出がましいかもしれませんが……」

モバP「ここまで来といて、今更何言ってんだよ……いいぜ、付いて来な」




48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:24:40.74 ID:PMbfa3WH0


モバP「アイツとは高校時代から交際しててなあ……金銭的な余裕がなくなって、大学辞めざる負えなくなり、不貞腐れてた俺を……叱咤してくれたもんさ……」

モバP「就職先が決まって、子供も出来て……俺が、夫と親父ってやつをやれるんだなァ、って思ってた矢先のことだった……」

モバP「今は設備が整ってて……滅多にはそんなことはないんだが……やっぱ、女性が子供産むのは、命がけなんだよな……」

モバP「起きちゃいけねぇ不幸が……そん時に、一気に来やがったんだ……」

幸子「…………」

モバP「ついたぜ……ここだ……」




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:25:32.76 ID:PMbfa3WH0


モバP「……ずいぶんと久々だぜ……仕事仕事だからな……命日だけは、どうにか休みとれるようにしてるがな……」

幸子「プロデューサーさん……もしかして……ボクのことを、死んだ娘さんのように思ってたんですか?」

モバP「あん? いきなり何言ってんだよ?」

幸子「その……奥さんや娘さんが生きてるかのように、今まで話してましたし……」

幸子「あの……結構前ですけど……ボクがフェスで負けた時、息子流励ましなんて言ってましたし……その……」

モバP「はッ! 馬鹿言え! おめーなんざ、俺の妻や娘なんぞと、全然違うね!」

幸子「な! なんですかその言い方……!」

モバP「お前は『輿水幸子』……世界一カワイイ、俺の担当アイドルだろうが! 同一視なんて、妻にも娘にも……何よりお前に失礼な事、とてもじゃねーが、出来ねーよ、バカが」

幸子「! プロデューサーさん……」




50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:26:25.38 ID:PMbfa3WH0


モバP「まあ……正直、子供がいたらこんな感じかな、という感想は抱いたことがあるぜ……お前と一緒にいたらな……」

モバP「俺の趣味のスカイダイビングを仕事に入れてみたりしてさ……その辺は、確かに同一視してんじゃねーか、と言われたら、強く返せる言葉はねーな……」

モバP「……指輪も付けたままで、妻や娘がいるみたいに話してたのは……女ばっかの職場で、安心感を持ってもらう意味もあったが……」

モバP「……そうなんだよな……アイツらは……死んでんだよな……もう、いないんだよな……」

幸子「……プロデューサーさん!!」




51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:27:14.87 ID:PMbfa3WH0


モバP「なんだよ……そんな大きい声ださんでも、聞こえてるぜ?」

幸子「プロデューサーさんは……ボクといなきゃダメです! ボクを一番にカワイイって言ってくれればいいんです!」

モバP「……幸子?」

幸子「あ……ええと……その……奥さんと娘さんの事を忘れろって言ってるわけじゃなくて……その……」

幸子「ボ、ボクと一緒にいてください! ボクが頑張って、プロデューサーさんをトップアイドルのプロデューサーさんにして上げます!」

幸子「そしたら、奥さんと娘さんにも、きっと誇れる事です……だから……だから……」

モバP「幸子……すまねぇな……気を、遣わせたか……?」

幸子「……そんな、事……」

モバP「でもなぁ……幸子、お前……そんな事いうんじゃねぇよ……! お前は、お前自身のために頑張りゃいいんだ……!」

幸子「……プロデューサーさん……?」

モバP「それに……お前に、そんな風に、いわれるとさぁ……俺……どうしたら、いいか……わからなくなっちまうよ……ッ!」ポロポロ




52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:28:40.05 ID:PMbfa3WH0


幸子「(プロデューサーさんは……右手で顔を押さえて……泣きはじめました……)」

幸子「(そんなプロデューサーさんを見たのは初めてで……どうしたらいいのか分からなくなってしまって……ボクはしばらく、そのまま突っ立っていました……)」

幸子「(ふと……プロデューサーさんの、所在なさげな左手を見て……気が付いたら、ボクはその手を握っていました……)」

幸子「(その時……なんとなくですが、奥さんと娘さんが死んでから、プロデューサーさんは、ちゃんと泣いてなかったんじゃないかな、と思ったんです)」

幸子「(ボクがやったことは、良い事かどうか、わかりませんが……ちゃんと泣けたのは、たぶん良いことだった。そう思っているんです……)」




53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:29:24.69 ID:PMbfa3WH0


モバP「ち……すまんな、醜態を曝した。年をとると、どうもいけねぇ」ズビッ

幸子「いえ……そんなこと……」

モバP「……うっし、掃除も完了だな!」

幸子「……綺麗になりましたね、お墓」

モバP「ああ……幸子の買って来てくれた花束も立派なもんだ……後は……お祈りだな」

幸子「……はい」




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:31:39.83 ID:PMbfa3WH0


幸子「(……プロデューサーさんの奥さん、娘さん……プロデューサーさんは、立派に仕事をしてくれてます……)」

幸子「(時々、変な方向に張り切りますけどね! まったく……カワイイボクに対して、もっとお姫様扱いしてくれてもいいのに……)」

幸子「(……でも、奥さんが好きになったのも、よくわかります。言葉づかいが乱暴、ちょっと不器用で抜けてる所もあるけど……優しくて、温かい……)」

幸子「(ですから……安心してください。プロデューサーさんにはボクがついています……!)」

幸子「(それに、プロデューサーさんには、ボクが……ボクが……? ……!? ボ、ボク、今何考えて……!!///)」




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:34:19.27 ID:PMbfa3WH0


モバP「………」スクッ

ビクッ! 幸子「プ、プロデューサーさん……?」

モバP「……よし、終わりだ。行くか」

幸子「あ、待って下さいよ! プロデューサーさん! もう……いいんですか?」

モバP「いいんだよ、墓参りなんてこんなもんだ」

幸子「……さっきまでピーピー泣いてたくせに……」

モバP「てめぇ!」

幸子「ふっふーん! 黙っててほしいなら、この後ご飯でも驕ってくださいね!」

モバP「チクショー! まあイイぜ、かまわん! 飯食いに行くぞ、幸子ォ!」

幸子「はい! しっかりとエスコートしてくださいね、プロデューサーさん!」


―終―




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 21:35:14.97 ID:PMbfa3WH0

そんなわけで終わりです。

今回のSS書いて学んだことは、事前準備は大事だということですな、うん。



58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 22:13:15.83 ID:Lm4FPfYe0

乙!アフターストーリーのいちゃいちゃタイムはまだですか?



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/13(火) 23:58:30.21 ID:PMbfa3WH0


>>58こうですか、わかりません!


幸子「ふふ……もう、結婚できる年齢になりましたよ、プロデューサーさん!」

モバP「……ガキが粋がってんじゃねえよ……ってのが、素直な感想だな」

幸子「嘘ですね! どれだけ一緒にいたと思ってるんです!?」

モバP「…………」

幸子「そしてだんまりですか……ふぅ……」

幸子「ねぇ……プロデューサーさん……未だに奥さんに操を立ててるんですか? 娘さんを裏切ることになると思ってるんですか?」

モバP「それは……違う……もう、ふっ切った……」

幸子「……やれやれ、強情ですね……じゃあプロデューサーさん、浮気でもいいから……身体だけの関係でもイイって言ったら……?」

モバP「……!! バッキャロウ!! 2度とそんなこと言うんじゃねぇ……はっ倒すぞ!!」

幸子「わかってますよ……こういうことを言えば、貴方が怒る事くらい……でも……それくらい、ボクは本気なんですよ……?」

モバP「……幸子……」


……あれ? なんか違う……?




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/14(水) 20:24:12.79 ID:hisnG12j0

>>60やったぜ。幸子はカワイイからきっと健気に待つんだろなぁ


元スレ
SS速報VIP:輿水幸子「プロデューサーさん、女の子の扱いを知らないなんて可哀想ですね!」