SS速報VIP:千川ちひろ「黄緑色の想い」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:47:55.97 ID:zvebzpbPP

モバマスSSです

地の文あります。苦手な方は注意してください
書き貯めは途中までしかないです

それでもよければオナシャス

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376812075




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:48:33.24 ID:zvebzpbPP

ちひろ「改めてみると大きい事務所だね」

P「何て言ったってこのビル全部が俺らの事務所だからな!」

ちひろ「で、いくらかかったの?」

P「……秘密」

ちひろ「彼女に隠し事はないんじゃない?それにお金の問題ならなおさらだよ」

P「大丈夫だって。ちひろが心配することないさ!」

ちひろ「……はぁ。まぁPさんが成功すれば問題ないか」

P「おう、任せとけ」

ちひろ「失敗すれば私たち借金まみれだねぇ」

P「……やめてくれよ」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:49:31.37 ID:zvebzpbPP

ちひろ「それで、明日からだけどお目当ての子は見つかったの?」

P「募集かけてるんだが……全然来なくてなぁ」

ちひろ「そりゃ名前も知られてない事務所にわざわざ来る子なんていないよ」

P「うっ……」

ちひろ「アイドルなしでどうやって事務所を動かすの?」

P「……大丈夫!きっと誰か来るって……!」

ちひろ「……なんか不安になってきたよ」

コンコン

ちひろ「……はーい!」ガチャ

ちひろ「どちら様でしょうか?」

A子「あの、アイドルの募集のチラシを見たんですけど……ここであってますか?」

P「よく来てくれたね!ここで合ってるよ!ささっ、中へどうぞ!」

A子「はっ、はい!失礼します」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:50:39.29 ID:zvebzpbPP

P「それで、お名前を聞かせてもらってもいいかい?」

A子「はい、A子と言います!」

P「A子ちゃんか。緊張しなくてもいいよ」

A子「はい」

P「A子ちゃんは何でアイドルになりたかったの?」

A子「えっと、私ってクラスでも地味な方で……アイドルになったらちやほやされるかなって」

P「はっはっはっ!正直な子だね!」

A子「えっと、ダメでしょうか?」

P「いやいや、好感が持てる理由だよ」

A子「それで、私は……」

P「うん、採用!」

A子「……! ありがとうございます!」ペコ

P「それじゃあ……明日から来てもらってもいいかな?」

A子「はい、わかりました!」

P「いい返事だな!……それで俺が君のプロデューサーのPだ。よろしくね」

A子「よろしくお願いします!」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:51:37.63 ID:zvebzpbPP

A子「それじゃ、また明日!」

P「おうっ、また明日な!」

ちひろ「お疲れ様です」

ガチャン

ちひろ「あんな簡単に決めても良かったの?」

P「ちひろも言ってたろ?アイドルがいなくちゃ事務所が動かない、って」

ちひろ「それはそうだけど……」

P「大丈夫。A子は磨けば光るタイプだって。俺が保証する」

ちひろ「信用できないなぁ……」

P「え、ひどくない?」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:53:16.95 ID:zvebzpbPP

ちひろ「そうだ!……Pさん事務仕事のやり方ちゃんと覚えてきた?」

P「……ちひろがいれば大丈夫だって!」

ちひろ「私だけでやるのは無理に決まってるでしょ!」

P「そこをなんとか……!」

ちひろ「はぁ……わかったわよ。それじゃPさんには新たに……」

P「お? 何でも言ってくれ!」

ちひろ「格闘技を習ってもらいます」

P「……は?」

ちひろ「このご時世いつアイドルが襲われても不思議じゃないんだよ?」

P「ボディーガードを雇えば――」

ちひろ「そんなお金ないでしょ。とういことでアイドルを守るためにやってもらうよ」

P「痛いのは嫌いなんだよなぁ……」

ちひろ「格闘技ならなんでもいいよ。でも実践的なものでお願いね」

ちひろ「事務仕事は私がやるから。Pさんはアイドルを育てることに専念してね」

P「わかったよ。それじゃよろしくお願いします。事務員さん」

ちひろ「よろしくお願いします。プロデューサーさん」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:54:21.53 ID:zvebzpbPP

― 翌日 ―

A子「おはようございます」

ちひろ「おはようございます、A子ちゃん」

P「おはよう! 早いな」

A子「学校が終わってからすぐ来たんで……」

P「はっはっはっ! んじゃ今日は基本的なレッスンから始めようか」

A子「はい! お願いします、プロデューサー!」

P「プロデューサーじゃない!」

A子「!?」ビクッ

P「レッスンの間は先生と呼ぶように!」ドヤァ

A子「……ふふっ。はい、先生!」

P「うむ」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:55:18.25 ID:zvebzpbPP

P「それじゃあ、今日はここまで!」

A子「ハァハァ……ありがとうございました! 先生!」

P「うむ!」

ちひろ「二人とも、飲み物を用意しましたよ」

A子「ありがとうございます、ちひろさん」

P「ちょっ……スポーツドリンクは二倍に薄めてくれよー」

ちひろ「Pさんはいらないようですね。これもA子ちゃんにあげましょう」

P「あっ、ちょっと、ごめんなさいひちろさん許してください!」

A子「ふふっ」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 16:59:16.64 ID:zvebzpbPP

A子「それじゃ今日はこれで失礼します。お疲れ様でした」

P「お疲れ様ー」

ちひろ「お疲れ様でした」

パタン

ちひろ「……ねぇPさん」

P「どうした?」

ちひろ「A子ちゃんに私たちが付き合ってるって言った?」

P「言ってないけど……それがどうかしたか?」

ちひろ「うーん……たぶん私たちのことを言わない方がいいかも」

P「そりゃどうして……?」

ちひろ「女の勘」

P「わからねぇ……まぁちひろが言うなら間違いないだろ。……ん、ちょっと待て」

ちひろ「何か問題でも?」

P「A子に言わないってことは……事務所でイチャイチャできないじゃん!」

ちひろ「それぐらい我慢しなよ」

P「ぐっ……まさかデートも禁止ってわけじゃ……」

ちひろ「A子ちゃんにわからないようになら大丈夫じゃない?」

P「お忍びデートってことか……それはそれで興奮するな」

ちひろ「……バカ」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:00:10.72 ID:zvebzpbPP

Pさんの言う通り、A子ちゃんはデビューから順調に売れていった

それがPさんの才能かA子ちゃんの才能かはわからないが……

私たちの事務所の名前を売るチャンスであった



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:00:51.05 ID:zvebzpbPP

A子「ねぇねぇ、Pさん」

P「おう?」

A子「私昨日とちょっとだけ変わったんだけど……どこかわかる?」

P「んー……コンタクトにした!」

A子「元からメガネかけてないよ」

P「じゃあ……髪切った!」

A子「それは1週間前のこと! はい、他には?」

P「あー……昨日はよく眠れた!」

A子「そんなこと聞くわけないじゃん!もうっ……正解は――」

P「化粧し忘れた!」

A子「」ギュウ

P「いででっ、ごめんなさい!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:01:44.70 ID:zvebzpbPP

A子「ったく……正解はマニキュアをちょっと変えてみたんだ♪」

P「あー……言われてみれば」

A子「本当に私の事ちゃんと見てるのー?」

P「見てる見てるずっと見てる」

A子「ふふっ、そんなわけないじゃん!」

P「いやいやほんとだって!お前昨日寝るとき歯磨きし忘れただろ」

A子「いやしたから! Pさん適当すぎ!」

P「そんなことねぇって!」

A子「ほんとかなぁ……? あ、レッスンの時間だ。行ってくるね」

P「行ってらっしゃーい」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:02:31.21 ID:zvebzpbPP

P「レッスンはトレーナーさんを雇ったからもう見なくていいと思うと……なんか悲しいなぁ」

ちひろ「そうですね」

P「もうA子に先生って呼ばれることもなくなるのか」

ちひろ「そうですね」

P「まぁおかげで事務仕事をする時間ができたんだけどな!」

ちひろ「そうですね」

P「……あの、ちひろさん?」

ちひろ「何でしょうか?」

P「怒ってます……?」

ちひろ「怒ってないですよ」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:03:11.47 ID:zvebzpbPP

P「いやいやいや。ちひろは怒った時は敬語でしゃべるもん。絶対怒ってる」

ちひろ「怒ってないですよ」

P「やめて! 敬語だと壁感じちゃう! Pさん悲しい!」

ちひろ「そうですか」

P「…………ごめんなさい」

ちひろ「……はぁ。いくらアイドルとコミュニケーションとる必要あるからって」

ちひろ「あんな仲良くする必要ないんじゃないですか?」

P「でもそのおかげでA子はここまで売れたんだぜ?」

ちひろ「うっ……それでもあんなの見せつけられたら……」

ちひろ「さびしいな……」

P「……! ああもうちひろはかわいいなあ!」

ちひろ「ちょ、離れてよっ!」

P「大丈夫だって! 俺はちひろ一筋だから!」

ちひろ「はぁ……わかりました。……変なこといってごめんね」

P「気にしないって」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:04:14.60 ID:zvebzpbPP

A子ちゃんがPさんに好意を抱いているのはわかりきったことだ

あの時、A子ちゃんに私たちのことを話さなかったのは正解かもしれない

問題はPさんがA子ちゃんの方へ行ってしまうことだ

それでも……Pさんの言うことを信じたい




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:05:01.44 ID:zvebzpbPP

B子「最近A子って明るくなったね」

A子「そうかな?」

B子「うん、少し前はTHE・地味子って感じだったのに」

B子「今じゃ男子が放っておかない程になってしまって……うぅ、お母さんうれしいよ」

A子「いや、同い年でしょ」

B子「そうだっけ?」

A子「はぁ……で、いきなりそんなこと言いだしてどうしたの?」

B子「A子様に頼みがあるのです!」

A子「変な言い方しないでよ……」

B子「いやさ、あたしにも最近好きな人ができたわけよ」

A子「マジで!? どのクラス!?」

B子「うちの学校じゃないんだよ」

A子「んじゃどこ校?」

B子「わかんない」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:06:03.13 ID:zvebzpbPP

A子「はぁ?」

B子「喫茶店で偶然あってさー。めっちゃくちゃ優しいんだよその人!」

A子「……」

B子「それに話おもしろいし! もう一目ぼれだね!」

A子「またぁ?」

B子「別にいいじゃん! それでその人と会う時にA子も一緒に来てくれない?」

A子「私が行く必要ってなくない?」

B子「緊張するじゃん! 頼むよA子様ー」

A子「……はぁ、わかった。それでいつ?」

B子「明日」

A子「いきなりすぎだよ……ちょっとPさんに聞いてみるよ」

B子「A子はPさんにべったりだねー」ニヤニヤ

A子「そんなんじゃないし」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 17:07:02.95 ID:zvebzpbPP

P「おう、わかった。明日は休んでも大丈夫だぞ」

P「ん、それじゃまた」

ちひろ「A子ちゃんから?」

P「そそ。明日休みが欲しいって。どうせ何もなかったから息抜きさせるのにちょうどいいだろ」

ちひろ「そうね。ここのところずっと頑張ってくれてたもんね」

P「そうだな……なぁ、ちひろ」

ちひろ「何?」

P「明日デートしない? どうせ急ぎの仕事もないだろ?」

ちひろ「そうねぇ。久しぶりのデートってものいいね」

P「だろ? んじゃいつもの場所で待ち合わせでいいか?」

ちひろ「うん、わかった」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:09:46.88 ID:zvebzpbPP

― 翌日 ―

A子「まだその人は来ないの?」

B子「……まだ来てない」

A子「もう2時間も待ってるよ……前あった時にメアド聞いとけば良かったのに」

B子「あの時は話すだけで精一杯だったんだよ!」

A子「はぁ……こんなことなら事務所に行ってPさんと話しとけば良かったよ……」

B子「なっ!? あたしの恋がこれにかかってるんだよ!? この薄情者!」

A子「はいはい……」

B子「うぅ……っ! 来たよ、A子! あの人が来た!」

A子「嘘っ! どこどこ!?」

B子「ほら、あの今入ってきた人……ってあれ?」

B子「もしかして……女連れ……?」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:10:12.17 ID:zvebzpbPP

B子「はぁ……そりゃあんな良い男に彼女がいないわけないか……」

B子「さらばあたしの青春……」

B子「A子ぉ……この後カラオケでも行かない? 何かすっきりしたいよ……」

B子「ちょっとA子? あたしの話聞いてる?」

A子「何で……」

B子「ん?」

A子「何でPさんがここに……」





A子「何でPさんがちひろさんといるの?」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:11:27.87 ID:zvebzpbPP

P「あーA子遅いなあ……」

ちひろ「そうだね……最近は時間よりも早く来てたのに」

P「後10分ぐらいたったら電話してみるか」

ちひろ「事故にあってたりしたら困るしね。その方がいいかも」

ガチャン

A子「……」

P「おっ、ようA子! 今日は遅かったな」

ちひろ「おはようA子ちゃん」

A子「……てたの」

P「ん?」

A子「Pさんとちひろさんはいつから付き合ってたの?」

P「……どこで聞いたんだ?」

A子「昨日駅前の喫茶店でPさんとちひろさんが一緒にいるのを見たんだ……」

A子「すごい楽しそうだったよね? やっぱ二人って付き合ってるんだよね?」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:12:28.62 ID:zvebzpbPP

P「あー……ばれちゃしょうがねえな」

ちひろ「……! 待ってPさん――」

P「大丈夫だって! そう、実は俺たち付き合ってたんだ!」

A子「……いつから?」

P「A子が事務所に入るずっと前からだな」

A子「……っ!」

P「いや、別に隠す必要もないと思ってたんだけどな。どうせいつかは知られるんだし」

P「それじゃレッスンの時間だし頑張ってこいよ!」

A子「……いやだ」

P「ははっ! そんなすねんなって」

A子「私……アイドル辞める」

P「え……」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:13:18.58 ID:zvebzpbPP

P「……おいおい冗談きついぜ、A子」

A子「私が一人で舞い上がってるの見て楽しんでたんだ?」

P「……? 待て話が―」

A子「私がPさんのこと好きになってるのわかってて隠してたんでしょ、ちひろさん」

ちひろ「……っ!」

A子「面白かった? 私が一人で空回りしてるの見てるのは!?」

A子「自分の彼氏を好きになってるの見て優越感に浸ってたんでしょ!?」

ちひろ「……」

A子「答えてよっ!」

P「おいA子! いい加減に―」

A子「Pさんは黙ってて!」

P「……」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:14:43.23 ID:zvebzpbPP

A子「……Pさんたちが悪くないのはわかってるよ……」

A子「最初は目立ちたいからアイドル目指してたんだけどさ」

A子「いつの間にか……Pさんがいてくれればそれで良くなったんだよ……」

A子「Pさんが見てくれていれば良かったんだよ……」

A子「でもさ……やっぱり無理だった……」

A子「Pさんの彼女になりたかったよ」

P「……」

A子「アイドルとプロデューサーなのにね……アイドル失格だね」

P「A子……」

A子「もう私には目標がないんだ……」

A子「だからさ……アイドル…………辞めるよ」

P「……まっ―」

A子「さようなら」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:16:12.29 ID:zvebzpbPP

ちひろ「A子ちゃん……」

P「……だ、大丈夫だって」

ちひろ「……戻ってくると思う?」

P「…………それは難しいな……」

ちひろ「……私が隠そうなんて言わなければ―」

P「そんな落ち込むなよ。別にちひろが悪いわけじゃないって」

ちひろ「でも―」

P「俺がA子との距離を間違えちまっただけだよ。……俺らが付き合ってるのなんて関係ないよ」

ちひろ「……」

P「大丈夫! 次からはうまくやるから!」

ちひろ「……うん」

P「よし! ……それじゃまずはA子に電話してみるか!」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:17:22.64 ID:zvebzpbPP

A子ちゃんは私たちの事務所に戻ってくることはなかった

A子ちゃんの電撃引退は少しだけマスコミを騒がしたが、すぐに他のスキャンダルに埋もれていった



私たちの事務所の経営は危うくなった……

それは当然だろう。何せ売出し中のアイドルがいなくなってしまたのだから

そんな時Pさんが突然大金を持ってきた

そのおかげでまだ事務所を存続していられるが……




どこから持ってきたかをPさんは教えてくれない




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:18:32.49 ID:zvebzpbPP

――月日が経ち、事務所に新しいアイドルが入ってきた


その頃からPさんはアイドルとの接し方を変えていた




30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:19:37.51 ID:zvebzpbPP

凛「お疲れ様、プロデューサー」

P「お疲れ様です、渋谷さん」

凛「ねぇ、プロデューサー?」

P「どうしました?」

凛「目の下、クマできてるよ」

P「あー……本当ですね」

凛「たまには休憩も必要だよ。今プロデューサーに倒れられたらみんなが困るんだからね?」

P「気を付けます」

凛「それに……私も困るし」

P「大丈夫ですよ。ちゃんと管理はしますから」

凛「うん。それじゃまた明日」

P「ええ、また明日」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:21:47.57 ID:zvebzpbPP

ちひろ「……」

P「渋谷も順調だな。いいことだ」

ちひろ「……」

P「……どうかした?」

ちひろ「ううん、何でもない……Pさんが敬語使うのって違和感あるね」

P「心外だな……取引先とは敬語使ってるんだぜ?」

ちひろ「それはそうだけど……うん、やっぱ気になる」

P「そこは慣れてくれよ」

ちひろ「それしかなさそうだね」

P「しっかし、いつになったら二人で休みが取れるもんかね……」

ちひろ「仕方ないよ。今が大事な時なんだし」

P「そりゃそうなんだけどさ……」





32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:22:40.65 ID:zvebzpbPP

Pさんがアイドルに対して敬語を使うのは距離を取ろうとしているためらしい

それでも……凛ちゃんや他の子たちもPさんに対して少なからず好意を抱いている



このままでは……



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:23:55.99 ID:zvebzpbPP

ちひろ「……ねぇ、Pさん」

P「んー?」

ちひろ「今度の週末に二人でお休み取らない?」

P「それはいいけど……仕事は大丈夫なのか?」

ちひろ「大事な仕事はそれまでに終わらせればいいし、レッスンはトレーナーさんに見てもらえば大丈夫だよ」

P「それもそうか……よっしゃ! それじゃ休みのために頑張りますか!」

ちひろ「ふふっ、頑張ってくださいね。プロデューサー」

P「場所はいつもの喫茶店でいいか?」

ちひろ「そうだね。そこにしようか」




34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:24:53.44 ID:zvebzpbPP

正直言うと現在でも経営は怪しいところなのだ

そこにアイドル引退騒動が起きれば事務所は存続していけなくなってしまう



事務所を守るためには……





私の幸せを――



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:25:55.19 ID:zvebzpbPP

― 週末 ―

P「あれ? 今日は早いなちひろ」

ちひろ「そう?」

P「うん。さてはデートが楽しみだったんだろ?」

ちひろ「ふふっ……」

P「まぁ俺もちひろのこと言えないなあ。昨日は眠れなかったしな!」

P「今日は久しぶりに一緒にいられるからさ。いろんなとこ行こうぜ」

ちひろ「Pさん……少し話をしませんか?」

P「……? どうしたんだ改まって」






ちひろ「私たち……別れませんか?」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:27:03.15 ID:zvebzpbPP

P「……冗談でも笑えないぞ」

ちひろ「冗談でこんなこというわけないじゃないですか」

P「じゃあなん―」

ちひろ「Pさんに嫌気が差したんですよ」

P「……っ!」

ちひろ「お仕事も満足にできないようなどんくさい人と付き合うのはつらいんです」

P「昔はそうだったけどっ……今はたいぶ良くなっただろ?」

ちひろ「昔と比べれば……ふふっ、それはそうですよ」

ちひろ「それでも他の人と比べてどうですか? まともに仕事していると言えるんですか?」

ちひろ「この前もスケジュール管理できてなくて取引先との関係がなくなりかけましたよね?」

ちひろ「他にもいっぱいありますよ? それでも良くなったと言うんですか?」

P「……」




37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:28:42.72 ID:zvebzpbPP

ちひろ「事務所を開く前はわからなかったんですけどね……今じゃ嫌と言うほどわかりましたよ」

ちひろ「まっ、この機会にわかって良かったと考えるべきでしょうか」

P「……なぁ…………本当にそう思ってるのか?」

ちひろ「……どういうことですか?」

P「確かに仕事ができていないのは自覚しているさ。でも……」

P「本当に理由はそれだけなのか!?」

ちひろ「……当たり前じゃないですか」

P「……考え直してくれないか?……頼むよ……!」

ちひろ「……もう決めたんですよ」

P「そこをなん―」

ちひろ「あぁ、そうそう。私、しつこい人も嫌いです」

P「……っ!」

ちひろ「それではまた明日、事務所で会いましょう……さようなら」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:30:12.43 ID:zvebzpbPP

この日、私とPさんは別れることになった

私たちが別れることでA子ちゃんの時の悲劇は起こらないだろう

それにPさんの性格ならアイドルに手を出すことはしないはずだ

事務所も安泰というものだ






P「おはようございます、ちひろさん」

ちひろ「おはようございます、Pさん」







Pさんと別れたのは自分の意思だ

後悔はしていない




ただ……この気持ちをどうすれば良いのだろう


おわり



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 19:31:09.97 ID:zvebzpbPP

これで終わりです

BADエンドですまんな


元スレ
SS速報VIP:千川ちひろ「黄緑色の想い」