SS速報VIP:P「亜美、今日はこれを履いてくれ」亜美「えっ」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/17(木) 23:25:00.12 ID:ctG7HpSX0

亜美「兄ちゃん、これって……」

P「見ての通り、成人用紙おむつだ」

亜美「いや、何えばってんの? オムツっしょ? どう見てもオムツじゃんこれ?」

P「もう亜美もカラダだけはオトナだからな。ちゃんと成人用だ」

亜美「兄ちゃん、アタマのネジどこに忘れてきたの?」

P「……亜美。俺がふざけてこんなこと頼んでいると思ってるのか?」

亜美「真面目に『オムツ履け』って言ってるほうが、明らかに病気だよ?」

P「そうじゃないんだ、亜美。俺の言うことを、少し聞いてくれ」

亜美「って言うか、なんで兄ちゃんは紙おむつを手に持って、真顔になれるの?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382019899




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/17(木) 23:25:48.04 ID:ctG7HpSX0

P「あれは……そうだな。俺がまだ、幼稚園の頃だ。純粋無垢な子供時代さ」

亜美「今はもう、すっかり汚れてしまったね」

P「同じクラスの女の子で、まだオムツが取れない子がいたんだ」

亜美「それは珍しいかもね」

P「その子はオムツが取れないことを、内心気にしていた。
  だけど、幼稚園と言う場において、『せんせー、といれ!』と言えるだけの度胸は
  彼女にはなかった。だから時折彼女は、ふとした瞬間に小便を漏らすんだ」

亜美「まぁ、幼児だしね」

P「その子はその瞬間に『あっ』と言う顔をして、顔を赤くして泣いてしまう。
  恥ずかしい、もう幼稚園生なのに、私はまだ、オムツの中におしっこをしちゃう」

亜美「えらく具体的かつ赤裸々な内心だね、兄ちゃんの創作だろ絶対」

P「俺は……その子の泣き顔が、大好きだったんだ」

亜美「もしもし、おまわりさん?」

P「お前どこ電話してんだよ!」

亜美「してないよ! これからしようと思ってシミュレートしてただけだよ!」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/17(木) 23:26:05.88 ID:ctG7HpSX0

P「……そんなわけで、あの時の気持ちに戻りたいんだ」

亜美「忘れるまでぶん殴ってあげるから、そこに正座しなよ」

P「亜美!!」

亜美「ちょっと! にじり寄らないで! マジで警察呼ぶよ!?」

P「どうか! 一生の! お願い!」

亜美「何の真似だよ!」

P「このことは誰にも言わない、俺と亜美だけの秘密にしておくから!!」

亜美「お前は秘密にしたいだろうけど、こっちは言いふらしてやりたいよ!!」

P「ちょっとだけだから! オムツ履いて!!」

亜美「ちょっともへったくれも、オムツ履いたら既成事実だよね!?」

P「……そんなにイヤか?」

亜美「喜んで履くヤツはいないと思うけどね! いたらヘンタイって呼んでやるよ!」

P「二度も三度もお願いしないから! 今日だけ! ねっ、お願いだから亜美!」ドゲザー

亜美「…………わかったよ」

P「……亜美っ!」ムギュー

亜美「くっつくなヘンタイ!」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/17(木) 23:26:37.31 ID:ctG7HpSX0

亜美「えっと……兄ちゃん?」

P「黙って履け!」

亜美「……履いたけど」

P「そうか。じゃあ、こっちにきてくれ。そのちょうちんスカートを上に履いてな」

亜美「兄ちゃん、これ……オムツ丸見えなんだけど……」

P「ぱんつじゃないから恥ずかしくないもん!」

亜美「亜美はめちゃめちゃ恥ずかしいわ! むしろお前も恥ずかしいわ!」

P「よし、そのままおしっこしろ!」

亜美「お、お、おしっこぉおおおおお!?
   む、無理だよ兄ちゃん……そんなの……赤ちゃんみたいだよ……!」

P「赤ちゃん! 俺の赤ちゃんになるんだ亜美!」

亜美「亜美はもうカラダだけじゃなくて、心も半分オトナなんだよ!」

P「ここには俺とお前しかいないんだ! オトナになって汚れた心を!
  羞恥心と言う名の醜悪な精神のヴェールを! 脱ぎ去れ! 脱いで赤子になれ!」

亜美「兄ちゃんの目が怖い! 完全にアレな感じになってる!」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/17(木) 23:27:18.67 ID:ctG7HpSX0

P「仕方がないな……まずは、こうして、と……」

  がちゃっ。がちゃっ。

亜美「ちょっと待って兄ちゃん! 何を当たり前のように錠で拘束してんの!?」

P「これでトイレには行けないだろう。そしてお前がさっき飲んだジュース……。
  あの中には、強烈な催尿作用を起こす利尿剤が含まれていた……」

亜美「……へ?」

P「亜美。これが意味するところが、お前にはわかるか」

亜美「わかるよ! どうしても兄ちゃんは亜美にオムツでおしっこさせたいんでしょ!?」

P「物分かりの良い子で助かるよ。なぁに、別に無理矢理してくれとは言わないさ。
  我慢できなくなって、どうしようもなくなってから、尿意から解放されることを
  心の底から喜べる状態になってから……自然にするんだ」

亜美「もうやだ……もう亜美アイドル辞めたいよ……」グスッ

P「……ふふっ。良い泣き顔だ……俺のジョンもその泣き顔に同情しつつ興奮している」

亜美「くっ……しかもなんか急に……おしっ……こ…………ううっ!」

P「まだだ。まだ耐えられる! 我慢できなくなってから一気だ!!」グイグイ

亜美「そうやって亜美の下腹部、刺激するのやめてよぉ!!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/17(木) 23:27:59.94 ID:ctG7HpSX0

  じわっ。

P「……ん? 仄かに香る尿素とアンモニア臭?」

亜美「…………うえっ?」


  じょんじょろりん じょんじょろりん


亜美「ああああああっ!! 兄ちゃん耳塞いで! 見ないで!
   見ないでってばああっ…………ああああああっ!!」


  じょんじょんじょばじょば じょばじょんじょん


P「おお……高分子吸収体が横モレをしっかりガードして、それでも亜美の放尿の
  音は止むこともなく……そして恥辱に塗れて、狂おしく泣く亜美!!

  最高だ、最高だ亜美! 今お前は、すべての拘束から解き放たれ、
  再び赤子となるための手段を手にしたのだああああっ!!」


  …………どぴゅ


P「…………ふぅ」ガチャガチャ

亜美「えぐっ、えぐっ…………」

P「放心状態……やむを得ない、か……。やはり赤子に戻るには精神力が要る」

亜美「にぃ……ちゃ…………ん……ひぐっ、ぐすっ……」

P「手錠は外しておいた。オムツは女子トイレの汚物入れに捨てておけよ」

亜美「なんでお前だけすっかり賢者モードだよ!?」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/17(木) 23:28:30.72 ID:ctG7HpSX0

――二時間後

P「……ふむ。ちゃんと捨てていったか、オムツ」

  ひょい。

P「…………これであと三年は、戦えるッ!!」

社長「あー、Pくん」

P「あ、はい、なんですか社長?」

社長「キミ、明日から来なくていいから」

P「…………デスヨネーwww」



おわれ。




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/17(木) 23:35:39.43 ID:ctG7HpSX0

SS初投稿なので俺はもうこれで満足です……続きは誰かが書いてください……。



元スレ
SS速報VIP:P「亜美、今日はこれを履いてくれ」亜美「えっ」