1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 20:18:59.65 ID:iVCk8kV70

響「ちばるよー!!」



雪歩「えっ?」

貴音「面妖な」

やよい「ちば…?」

伊織「……」

響「む、なんかテンション低くないか?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 20:30:26.10 ID:iVCk8kV70

雪歩「えっと、急にどうしたの?

響「むしろ今更すぎるくらいさー」

やよい「たしかに、千早さんに名前で呼んでもらったら嬉しいかも!」

伊織「なんだかむず痒いけれど……そうね」

貴音「……して、なにか策はあるのですか?」




響「…………」

一同「…………」

伊織(ああこれ面倒な予感がするわ……)



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 20:38:00.92 ID:iVCk8kV70

伊織「もういっそストレートにお願いすればいいんじゃないかしら」

やよい「も~、ちゃんと考えようよ」

雪歩「そ、そうだよ」

春香「うんうん、そうだよ!!」

響「そうだそうだー!」



伊織「面倒事がひとつ増えたんだけど」

貴音「??」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 20:49:57.39 ID:iVCk8kV70

春香「普通にお願いするんじゃなくて、みんなの個性的な魅力で攻めたらいいんじゃないかな」

雪歩「み、みりょく…」

伊織「ほら案の定こうなった」




響「……春香!!」

やよい「春香さんっ!!」

貴音「春香」

雪歩「春香ちゃん!!」

春香「わっ!?」


伊織「わるいけd

響雪歩やよい貴音「ありがとう!!」

伊織(……もう帰りたい)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 20:59:14.49 ID:iVCk8kV70

春香「じゃあ、私は千早ちゃんを事務所に呼んでくるね~」


ガシッ


伊織「ちょっと待ちなさい」

春香「うえっ!?」

伊織「アンタ絶対私たちのアプローチに困惑する千早を見たいだけでしょ」

春香「のワの;」


ヤルゾーオー!





小鳥(買い出しから戻ってきたら楽しそうなことになってました)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:05:05.70 ID:iVCk8kV70

prrrrr



春香「あ、千早ちゃん今どこ?」

春香「うん、うん!待ってるね!」


pi


春香「千早ちゃん、もうすぐ事務所にくるって」

響「よーし、準備ばっちり!」

雪歩「頑張ろうね」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:10:35.38 ID:iVCk8kV70

ガチャ


千早「お疲れ様です」

千早「……?」

千早(誰もいないのかしら……)





響「よーし、まずは自分からいくぞー!!」

伊織「せいぜい頑張りなさいね」

貴音「ご武運を」

響「なんくるないさー!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:16:41.58 ID:iVCk8kV70

響「はいさーい、千早!!」

千早(でも春香は事務所で待ってるって……)

響「ん?元気ないぞ~?」

千早(コンビニにでも買い出しにいったのかしら)

響「おーい、ちはやー?」

千早(鍵もかけないなんて、不用心ね)




雪歩「ここ、これって……」

やよい「響さん、無視されちゃってます-!!」

貴音「なんと!?」

伊織(ねえ、これって)

春香(イヤホンつけて音楽きいてるから……)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:25:25.30 ID:iVCk8kV70

千早(いつもは騒がしい事務所も、誰もいないと広く…)

響「ひっく…ぐすっ」

千早(感じ……る)



響「うぅー…ちはやぁ、ぐすっ」ポロポロ

千早「!?」

千早「ど、どうしたの…我那覇さん?」

響「…う」

千早「う?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:31:08.60 ID:iVCk8kV70

響「ちがうっ…の!!」

千早「違うって、なにが」

響「我那覇って、ひっく…ぅぅ」

千早「」

千早(泣いている……それに、我那覇って呼ぶなということはつまり)

千早「……」




伊織「これきっとダメなパターン入っちゃったわよ」

雪歩「千早ちゃんも泣いちゃいそうだよぉ」

貴音「ああ、わたくしはどうすれば……」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:44:18.80 ID:iVCk8kV70

ギュッ


響「わっ!?」

千早「いままで辛かったわよね…」

響「え、う、うん……」

千早(やっぱりご両親になにか……)

響(突然無視されるとは思ってなかった……)




春香「ねえ!なんかいい雰囲気だよ!!」

伊織「互いに勘違いしてそうだけどね」

小鳥「いいと思います!!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 21:52:47.09 ID:iVCk8kV70

千早「大丈夫、何があっても私……ううん」

千早「私たちは我那……響の味方だから、ね」

響「……!!」パァァ

響「ちはやぁ!!」

千早「きゃっ!?」






やよい「響さん、ちゃんと名前で呼んでもらえましたぁ!!」

貴音「一時はどうなるかと思いましたが」

伊織「いくつか地雷が埋まってるけど」

雪歩「ちゃんと誤解をといてあげなくちゃ……」


ひびちは



元スレ
響「千早にちゃんと名前で呼ばれ隊!」