SS速報VIP:P「IQOS吸うか……」藍子「藍子吸う!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566833432/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 00:30:32.70 ID:3zWK4NJ90

――事務所


P「ふわぁ……いい加減休憩しないと眠くなってきたな……」



藍子「あわ、あわわわわ……」



P「んー……いや、もうちょっと我慢するか……」

P「いや、でもやっぱ吸いたいな……キリもいいし、そろそろいいかな」



藍子「ひゃー!!」ピューッ!


……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566833432




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 00:45:46.00 ID:3zWK4NJ90

――休憩所

ガチャッ!

藍子「あわわわわっ!」


ありす「あ、おはようございます、藍子さん」

夕美「あれ、藍子ちゃんどうしたの?」

美波「ずいぶん慌てているけど……」

文香「何か……あったのでしょうか……?」


藍子「そ、それが、Pさんがあわわわわわ……」ユルユルフワフワ

夕美「えっ?」

ありす「Pさんが」

美波「藍子ちゃんを」

文香「吸いたい……と?」

藍子「はっ、は、はい……はい、はい……事務所に入ったらPさんが言ってて……」

ありす「聞き間違いなんじゃないですか? 言葉の意味が分からないんですけど」

夕美「吸いたいって、お花に集まる虫じゃないんだから」

藍子「……はっ!? も、もしかして……わ、私の……お、おっぱい……を、吸いたいってことじゃあ……」

夕美「……」

美波「……」

ありす「……」

文香「……」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 00:56:13.07 ID:3zWK4NJ90

藍子「そ、そんな……でも、私、そんなこと突然言われてもどうしたらいいか……」アワアワ

夕美「あ、藍子ちゃん……」プッ!

美波「さすがにそれは」ンフッ

ありす「私が言える立場ではありませんが、あり得ませんね。よりにもよって藍子さんになんて」ンフフッ

文香「……」プーッ! クスクスクス

藍子「な……な、なんでですか!」

美波「だ、だって……藍子ちゃん、た、確かに、ね? 吸うのだって……出来なくはないと思うけど……」ンフフフッ

文香「以前の……愛海さんからの情報ですと……プロデューサーさんの、好みの胸の大きさは……私くらいだと、お話していたので……」ケラケラケラケラ

夕美「さ、さすがに……む、無理がある、かな……」ププププッ!

藍子「う、うう……」

ありす「現実を見ましょう、藍子さん。残念ですが藍子さんの胸の大きさで吸いたい、と思う男性は多くは無いかと……」

藍子「う、うわああああああああん!!」タタタタッ!

ガチャッ!

夕美「あっ……藍子ちゃん、出て行っちゃった」

美波「……ちょっと、言い過ぎちゃったわね」

文香「はい……」ケラケラケラゲホッ、ゲホッ

ありす「ですが、これが現実というか……そういえば」

夕美「どうしたの?」

ありす「いえ……少し興味が沸いただけですが、私の胸……大人になったらどれくらいの大きさになるのかと思いまして」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 00:59:28.87 ID:3zWK4NJ90

ありす「きっと私も、大人になれば文香さんのような女性になると思います。そうすればプロデューサーさんの好みの女性になるはずですが……」

夕美「まあまあ、ありすちゃんはまだまだ大きくなるから、ね?」

文香「はい……焦ることは、ないと思います……」

ありす「ですがやっぱり気になります……そうです、いいことを思いつきました!」

ありす「晶葉さんに頼んでタイムマシンをお借りして、大人になった私に会いにいけばいいんですよ!」

夕美「あ、いいアイデアじゃない?」

美波「でも晶葉ちゃんが簡単にタイムマシンを貸してくれるかしら? ほら、よくタイムマシンって色々あるっていうもの」

文香「そう、ですね……様々な書で、タイムマシンを利用するには……制約があると、読んだことがあります」


ガチャッ!!


???「はぁっ、はぁ……ま、間に合ったでしょうか……」

夕美「へ?」

美波「あのー……お客様、ですか?」

文香「……」

???「あ……貴方たちは、文香さんに美波さんに夕美さんですね! それに……」

ありす「……はい?」

???「この時代の私……! よかった、ちゃんと時間を移動出来たみたいですね」

ありす「えっ?」

夕美「この時代の私って……もしかして、あなた……」

文香「あ、ありす……さん? なのでしょうか……?」


ありす(26歳)「はい、私は晶葉さんのタイムマシンを使って14年後の未来から来た橘ありすです。よかった、今日は事務所にみんなが集まっている日だと覚えていたので……!」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 01:12:15.14 ID:3zWK4NJ90

ありす「す、凄い……私に、胸が……!! あ、あの! 未来の私! 私は未来でどれくらいの胸の大きさになっているんですか?」

ありす(26歳)「はい? ええと、確か最後に更新した事務所のプロフィールは……92のGだったような……」

ありす「そ、そんなに……! 藍子さんとは違って私には明るい未来が待っていたんですね!」

ありす(26歳)「ってそうです、その藍子さんです! こんな話をしている時間はないんです! みなさん、藍子さんはどこにいるんですか!?」

美波「藍子ちゃんならさっき出て行っちゃったけど……」

ありす(26歳)「あああああ……間に合ってなかったんですか。ど、どうしよう……」

夕美「お、落ち着いてありす……さん。未来から来たって、何があったの?」

ありす「そう言われるとそうですね。なぜ未来からわざわざ私たちの時代にやってきたんですか?」

ありす(26歳)「説明している時間が……いえ、ですが、みなさんにも知っておいてもらったほうが……」

ありす(26歳)「……いいですか、よく聞いてください」

文香「は、はい……」

ありす(26歳)「今、未来は大変なことになっています。人類が滅亡するかどうか、その瀬戸際に立たされているんです」

夕美「え、ええええっ!?」

ありす「明るいと思っていた私の未来は真っ暗じゃないですか!」

ありす(26歳)「私は、人類が滅亡する未来を変える為にこの時代にやってきたんです」

文香「……その、人類滅亡の話は、さておき……藍子さんとは、どのような関係が?」

ありす(26歳)「この場に藍子さんがいないということは……みなさん、私の記憶が正しければ今日藍子さんは事務所で何かあったはずです」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 01:19:34.97 ID:3zWK4NJ90

夕美「今日って……藍子ちゃんならさっき、Pさんに胸を吸われるとか変なこと言って……」

ありす(26歳)「そうです。当時の私を含めたみなさんは、藍子さんのお話を笑い飛ばしてしまい、それで藍子さんは事務所を飛び出してしまったはずです」

美波「まさか、それが人類滅亡のきっかけになったり……なーんて……?」

ありす(26歳)「きっかけといえば、きっかけになるんです。順を追って説明しますと……まず、今日藍子さんはみなさんに笑われたショックから、豊胸手術を受けてしまうんです」

夕美「豊胸手術が人類滅亡のきっかけ……?」

ありす「意味が分かりませんが」

ありす(26歳)「最後まで聞いてください。そして、藍子さんは『私はHカップになりました!』と言いながらある日事務所に来ました」

ありす(26歳)「それが悲劇の始まりでした。その時の藍子さんは既に、デレステの影響でファン数が日本人口をはるかに超える人数となっていました」

ありす(26歳)「世間では藍子さんが突然巨乳になったことにより大規模な社会混乱を巻き起こし、世界を巻き込み……ついに第三次世界大戦が起きてしまったのです」

文香「は?」

ありす(26歳)「世界は巨乳党と貧乳党の2つに分かれて、互いを憎み合い殲滅戦争に至るまでになってしまいました」

ありす(26歳)「藍子さんは半数以上のファンを裏切り巨乳になったことで国際指名手配され、今でも行方を捜索されています」

ありす(26歳)「そして……ここからが人類滅亡の危機が訪れました」

夕美「あ、その話はまだだったんだ」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 01:25:11.95 ID:3zWK4NJ90

ありす(26歳)「人類がお互いに争い合っている中、外宇宙からの侵略者……宇宙人がやってきたんです」

ありす(26歳)「人類同士の争いが長く続いたせいで、外宇宙に対する脅威から身を守る術を持っていなかった人類は瞬く間に……」ギュッ……!

ありす(26歳)「生き残った数少ない人類はようやくお互いに協力し合い、侵略者に抵抗している状態ですが……いずれ……」

美波「藍子ちゃんが豊胸手術をしただけでそんな事態にまで発展するなんて……」

ありす(26歳)「侵略者が地球に来ることを未然に防ぐ手立てはありません。なのでせめて人類同士の争いを失くし、一刻も早く脅威に対抗できる未来にするために私が来ました」

ありす「そういうことだったんですか」

文香「まるで意味が分かりませんが……」

夕美「とりあえず、藍子ちゃんを見つけて豊胸手術を止めさせればいいってこと?」

ありす(26歳)「そうです、その為にはまず――」ピクッ!

ありす「えっ!? わ、私の体が……」

美波「2人のありすちゃんの体が透明に……!?」

ありす(26歳)「しまった……タイムパラドックス……! もう、私の存在が……みなさん、お願いします! 藍子さんを見つけて、世界を――」

ありす「文香さ――」

シュウウウウウウ……

美波「ありすちゃんが……消えた……!?」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 01:32:56.36 ID:3zWK4NJ90


ガチャッ!!

晶葉「おい! いまウチのラボの計測器が時空の歪みを検知した! 何があった!!」

夕美「あっ、晶葉ちゃん……それが……」ライライライラック……

晶葉「現代と未来のありすが消滅して……未来の地球に宇宙からの侵略者……だと……!?」

真奈美「なんだって! それは本当かい!?」

晶葉「こうしてはおれんな……私たちも何かしらの対策を早急に立てねば……」



――こうして、外宇宙から来る侵略者の存在を私たちは知った。

――晶葉ちゃんが国連に掛け合って、各国政府の間で緊急防衛体制が整えられて、地球連合軍が樹立されることになった。

――第三次世界大戦は起きなかったけど……藍子ちゃんは、その日以来私たちの前から姿を見せなくなった。


……
…………



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 01:33:23.53 ID:3zWK4NJ90

……??



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:00:32.63 ID:3zWK4NJ90

――14年後、ワシントン上空


――地球は外宇宙から来た侵略者、Unknown Space Aberrant Menace INvader……通称ウサミン星人と戦争をしていた。

――人類は晶葉ちゃんが各国の技術者たちと総力を挙げて開発した可変戦闘機、ウサちゃんロボで人類を地球上から排除しようとするウサミン星人に抵抗している。

――パイロット適正のある人たちはみんな戦いに向かった。プロデューサーも、私たちも……。



P「くそっ! ウサミンシップからまた増援かよ……! みんな、ウサちゃんロボの損傷具合は大丈夫か!」

美波「はい、まだ動けます!」

夕美「この前の戦いだって円盤たくさん墜としたんだから……親玉のウサミンシップが来ているからって!」

卯月「菜々ちゃん……どこ、菜々ちゃん……!」

智絵里「う、卯月ちゃん……迂闊に動いたら危ないから――」

ズドーン!!

ドガアアアアアアアアアアアンッ!!

ピーッ!!

美波「敵の攻撃!?」

夕美「智絵里ちゃんのウサちゃんロボの反応が……!」

P「智絵里いいいいいいい!!!!」


ウサミン星人A『ニンゲンよ、ムダなテイコウはヤメテ、ワレワレにシハイされロ!!』

卯月「えええい!! メガトンウサちゃんパンチ!!」バコンッ!!

ウサミン星人A『ギャアアアア!!』ドカーン!!

美波「卯月ちゃんがウサミン星人の戦闘機を……私たちも続きましょう!」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:07:15.00 ID:3zWK4NJ90


菜々『やめてください、みなさん!』

夕美「あれは、ピンクのウサちゃんロボ……!」

P「その声は……!」

卯月「菜々ちゃん!」

菜々『卯月ちゃん、みなさん……お願いです、どうか……どうか、ウサミン星人の言う通りに……みなさんだけは、ナナが助けてあげます、だから……』

卯月「菜々ちゃん、どうして……!!」

夕美「ウサミン星人なのに、アイドルをやって……私たちをずっと騙してたの!?」

菜々『違う……違うんです! 確かに、最初は斥候として、地球に来ました……だけど……だけど……』

菜々『みなさんと、一緒に過ごしていくうちに、ナナは……!』

卯月「菜々ちゃん、私たちのところに戻ってきてください! 私たち……ずっと、ずっと一緒に、アイドルとして頑張ってきて……それ以上に、もっと……」

菜々『でも! ナナが凛ちゃんと未央ちゃんを……! 卯月ちゃんは、そんなナナに、戻ってなんて……どうして言えるんですか!』

卯月「もう誰にも、いなくなってほしくないから……だから……!!」

ウサミン星人B『キサマ! ナカマをセンノウするつもりカ! ゆるさんゾ!!』

卯月「!?」ビクッ!

P「卯月!」

菜々「うづ――」

奈緒「ダメだ、卯月!!」ビュンッ!

ドガアアアアアアアアアンッ!!!!

奈緒「ぐわああああああああ!!!!」

卯月「奈緒ちゃん!?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:12:12.48 ID:3zWK4NJ90

美波「奈緒ちゃん!? このおおおお!!」

夕美「ウサミン星人、許さない! Pさんは奈緒ちゃんを!!」


P「奈緒、奈緒……大丈夫か、しっかりしろ!!」

卯月「奈緒ちゃん! 私を庇って……」

菜々『そ、そん……な……』

奈緒「……あ、ああ……あたしは……だいじょうぶ、だ」ハァ、ハァ、ハァ……

バチッ、バチバチッ……

P「ウサちゃんロボは動かせるか、ここから離れるぞ!」

奈緒「いや……いい、ん……だ……」

卯月「いや、いや……そんな……奈緒ちゃん!」

奈緒「かれ、ん……が、まってる……一人きりに、しておけない、から……」ハァ、ハァ……

菜々『なお……ちゃん……』

奈緒「……菜々、さん……卯月の、そばに……いてやって、くれ……凛に、頼まれていたけど……あたしの、代わりに」

卯月「あ……あああ……」

P「くそっ、奈緒!!」

奈緒「ゴメン、P、さん……あとは――」バチバチッ……

ドガアアアアアアアアアアンッ!!!!

菜々「奈緒ちゃあああああああん!!!!」


――加蓮……今、そっちに行くよ。


……
…………



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:15:34.64 ID:3zWK4NJ90

――日本、双海総合病院


加蓮「……」


ピッ、ピッ、ピッ……


加蓮(な……お……)


ピーッ……


加蓮「……」


……
…………



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:20:13.49 ID:3zWK4NJ90

――ワシントン上空

美波「Pさん、船から文香さんから通信が!」

P「どうした、文香!」

文香『前線部隊の消耗率が……3割を超えたようです……このままでは、戦線を維持……できません……』

夕美「ウサミンシップからの攻撃が凄すぎて……敵の戦闘機の数も多くて味方がどんどん墜落していく……」

卯月「これ以上誰も死なせない! 奈緒ちゃんも、凛ちゃんも、未央ちゃんも……みんな、みんないなくなって!!」

菜々『ナナは……私は……私は、やりたいことは……』

ウサミン星人C『シね! ニンゲン!!』

菜々『……わあああああ! ウサミンビーム!!』

ウサミン星人C『ギャアアアア!!』ドカーン!!

卯月「菜々ちゃん……!」

菜々『私は……無くしたくなかった……みんなと一緒にいたあの場所を……だから、私が……ナナが、守らないと……みんなを、卯月ちゃんを!』

夕美「菜々ちゃん!」

美波「戻ってきてくれたのは心強いけど……!」

P「戦力差じゃあ……だけど、奈緒や智絵里……みんなの分まで、俺は……!!」

ビーッ!! ビーッ!!

夕美「えっ、何!?」

美波「高エネルギー反応……どこから!?」

文香『この空域の後方から……接近する、反応があります……これは、戦艦……?』



???「お空にいるみなさん、聞こえますか!!」






15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 02:30:19.88 ID:3zWK4NJ90


菜々『えっ!?』

夕美「なに!?」

P「この声は……!」


藍子(Hカップ)「今日はみなさんに、私の歌を聴いてもらおうと思ってお邪魔しにきました!!」



美波「藍子ちゃん!?」

夕美「うそ、どうして……ずっと行方不明だったのに……」

卯月「白い戦艦の甲板の上に、藍子ちゃんが立ってる……」

藍子「美波さん、夕美さん、文香さん! 私たちの歌を、世界に響かせましょう! 分かり合う為に!」

晶葉『そうか、歌か!』

夕美「突然何の話!?」

晶葉『歌で互いを理解するんだ! お前ら仕事でそういうのやったことあるだろう! ほら、早く藍子のところに行け! 文香はシャトル使え!』

P「お前たちは藍子のところに行け! ここは俺と卯月と菜々さんで何とかする!」

美波「Pさんはそれでいいんですか!?」

P「俺たちのことはいい、行け!!」

卯月「行ってください!!」

菜々『今度は……守ってみせます! もう、ナナも失いたくないから!!』

夕美「……なんだかもうよく分からないけど、うん!」


……
…………



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 07:29:11.99 ID:3zWK4NJ90

美波「藍子ちゃん……」

藍子「みなさん、お久しぶりです」

夕美「豊胸してる……ホントにHカップになったんだ」

文香「作り物……ですか……」

藍子「そんなことより、今は歌いましょう。私たちの歌を届ける為に!」

美波「……そうね」

夕美「藍子ちゃん、歌えるんだよね?」

藍子「はい! 今の私なら、この歌をちゃんと歌うことが出来るんです!」



「「「「生存本能ヴァルキュリア!!」」」」



P「歌が……これが、アインフェリアの歌……!」

卯月「思い出に残っている歌よりも、ずっと、ずっと綺麗で……」

ウサミン星人D『ナンダ、コノオトは……』

菜々『これが歌です! 人間の思いを形にしたものです!!』

ウサミン星人総督『ココロに……ヒビく……ナンダ、コレは……』

卯月「それは、アインフェリアの歌を素敵だって心から思っているんです! 私たちも同じ気持ちです! 同じ気持ちになれるなら、私たちは戦う必要なんてないんです!!」

ウサミン星人総督『コレが……ニンゲンの、カンジョウ……』

P「歌がこの空に広がっている……だけど、昔のアインフェリアの歌はここまでじゃなかったはず……いや!!」


「「「「生き残れー! 胸がー! はりさーけそうなー」」」」


P「そうか! 今の藍子にははちきれんばかりの胸がある……だからこの歌を完璧に歌いこなせるようになったのか……!!」

菜々『ウサミン星人! これが、人間の……アイドルの力です!!』

ウサミン星人総督『アイドル……』


――アインフェリアの歌を聴き、ウサミン星人は人間の持つ可能性に感化された。

――人間とウサミン星人の争いは終わり、戦争は終結した。ウサミン星人と人間は互いに良き理解者として、地球圏で共存する道を選んだ。

――そして、戦争を終結させたアイドルの存在は双方にとっても大きなものとなったのだった。


……
…………



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 07:40:40.83 ID:3zWK4NJ90

――1年後、ライブ会場裏

P「ふー……とりあえず今回のライブも大丈夫そうか。後は予定通りに進行すれば……」

藍子「Pさん」

P「ん、藍子か。どうした、楽屋に戻っていないとダメだぞ」

藍子「私の出番、もうちょっと先ですから。休憩ですか?」

P「とりあえず問題なさそうだし、インターバルの時間は戻らなきゃならないから今のうちにな」

P「戦争も終わって平和になって、ライブ会場にウサミン星人も来るようになって最初は色々大変だったけど最近は慣れてきたし……っとと」

藍子「どうしたんですか?」

P「んんん……ああいいや、せっかく休憩しているんだからと思ったんだが……あれ、どこいった……?」ゴソゴソ

P(IQOSが無いな……楽屋に置いてきたままか)

藍子「……あ、そうです」

スススッ

P「なんだ?」

藍子「その……まだ、時間もありますし……Pさん、休憩するなら吸おうと思っていたんですよね?」

P「ああ、だけど忘れてきたっぽくて……楽屋に戻るのも面倒だしどうすっかな」

藍子「ふふふっ、私、今まで色々勉強してきたんですよ? だから……せっかく、今は二人きりですから……」スッ



藍子「藍子、吸いますか……?」



おわり





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/27(火) 07:42:25.33 ID:3zWK4NJ90

昨晩酔っぱらっていて良く分からないことになっていたのでとりあえず終わらせました


元スレ
SS速報VIP:P「IQOS吸うか……」藍子「藍子吸う!?」